AQtime Pro - コード カバレッジ分析

AQtime Pro: (主な機能に戻る)

AQtime Pro は、C/C++、.NET、Silverlight、Java、Delphi のアプリケーションのコード カバレッジ分析を提供します。AQtime Pro は、手動によるアプリケーションの実行中にコード カバレッジを計測するだけでなく、継続的なカバレッジ分析のために自動回帰テストに統合して利用できます。

未使用または未検証コードの検出

Fault Simulation

AQtime Pro のコード カバレッジ分析は、どのソース ファイル、関数、コード行がテストでカバーされたか、またはテストされていない、あるいは部分的にしかテストされていないかを確認することができます。これにより、作成すべき追加テストや既存のテストをどのように改良すべきか知ることができます。

カバレッジ対象の選択と除外

特定のソースファイル、名前空間、クラス、メソッドのカバレッジを確認したい場合、AQtime Pro は、簡単にコードをカバレッジ分析に含めたり除外することができるため、分析したい特定のエリアに焦点を当てることができます。

コード分析対象の選択と除外の詳細はこちら

カバレッジ データを手軽に分析

任意の詳細レベル (コンパイルされたモジュール、ソースファイル、関数) でコードカバレッジ レポートを分析できます。定義済みのフィルターを使用すると、一定のカバレッジ値以下、またはカバレッジされないコードだけにレポートを制限することができます。

プロファイリング結果のレポートの詳細はこちら

カバレッジ結果の比較

AQtime Pro は、過去のカバレッジ結果と現在のカバレッジ結果とを並べて比較することができます。新規コードの記述、既存コードの変更、新規テストの追加により、プロジェクト カバレッジがどのように変化したかを確認することができます。

カバレッジ データの結合

プロジェクト全体の集計カバレッジ統計を取得するために、複数のコード カバレッジの結果を結合することができます。これは、複数の環境で実行される大規模なプロジェクトで有効な機能です。

また、AQtime Pro は各カバレッジ セッション後に、自動的に結果を結合できるので、時間の節約と最終結果だけに集中することができます。

自動テストで AQtime Pro カバレッジ分析を使用したビデオはこちら。

 

ページ トップに戻る