AQtime Pro - メモリー プロファイリング

AQtime Pro: (主な機能に戻る)

AQtime Pro のメモリー プロファイリングは、アプリケーションのメモリーリークと、リソースリークを特定します。リークの問題を解決することにより、アプリケーションの高い効率性と、安定性を確保するのに役立ちます。AQtime Pro は、スタンドアロンのメモリー アロケーション デバッガーとして利用できるほか、Microsoft Visual Studio および Embarcadero RAD Studio に統合して使用することもできます。

メモリー リークの検出と監視

AQtime Pro は、様々なタイプのメモリーおよびリソースのリークを検出できます:

  • クラス インスタンス リーク
  • 未解放のメモリー ブロック
  • ハンドル リーク (ファイル、ミューテックス、セマフォ、レジストリ ハンドルなど)
  • GDI および GCI+ リソース リーク (ビットマップ、フォントなど)
  • COM および参照カウントのリーク
  • プリント スプーラーのメモリー リーク

メモリー アロケーションをリアルタイムに監視

AQtime Pro の Memory Monitor は、アプリケーションのメモリーおよびリソースのアロケーションをリアルタイムで表示するので、過度なメモリーおよびリソースの使用を検出できます。アプリケーションで使用される個々のクラスだけでなく、総メモリー使用量、カテゴリー別メモリー使用量 (ヒープ、予約された仮想メモリーなど)、リソース タイプ (ブラシ、フォントなど) を監視することができます。より包括的なアプリケーションのメモリー分析をするために、いつでも完全なメモリーのスナップショットを撮ることができます。

メモリーのスナップショット比較

AQtime Pro でアプリケーション メモリーのスナップショットを撮り、比較することでメモリー リークの特定やアプリケーション メモリーの使用量を分析することができます。本来よりも長く存在するオブジェクトの追跡が簡単になります。

コールスタックの確認

AQtime Pro は、すべてのライブ オブジェクトのコール スタックのアロケーションを追跡するので、リークしたオブジェクトが作られたソースファイル、関数、行の正確な場所が分かります。

メモリー リークの検出と管理 のブログはこちら。

 

ページ トップに戻る