ReadyAPI 3.x - バージョン履歴

 

最新バージョンの詳細情報はこちら。


 

過去のバージョン履歴

 

 


 


 


 


 


 


 


ReadyAPI 3.5.2 の修正点

バージョン 3.5.2 で修正された点は以下の通りです。

  • macOS コンピューターでの製品の安定性が向上しました。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

    • macOS マシンで、ReadyAPI がメニューを表示しないことがありました。 (RIA‑15257)

    • ReadyAPI インストーラーは macOS コンピューターでは実行できませんでした。 (RIA‑12470)

    • ユーザーが Linux ヘッドレス マシンでテスト ランナーを使用してテストを実行すると、例外が発生しました。 (RIA‑15414)

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る











  • LoadUI Pro コンポーネント自体の機能強化はありません。

 

ReadyAPI 2.8 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • より安定した分散負荷テストを利用できます。 接続が失われた場合、ReadyAPI は自動的に LoadUI Agents への接続を再確立します。

 

ReadyAPI 2.7 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • 印刷可能なレポートには、5 つの最も速いテストケースと 5 つの最も遅いテストケースに関する情報が含まれるようになりました。

  • 新しい 75 percentile メトリックが LoadUI レポートに追加されました。

  • MSSQL モニター は、名前付き SQL Server インスタンスをサポートします。

  • LoadUI は、新しい SQL Server XTP (In-Memory OLTP) カウンターを備えた新しい Microsoft SQL Server 2017 モニターを提供し、SQL Server のパフォーマンスを分析するのに役立ちます。

 

ReadyAPI 2.6 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • 任意のテスト実行のレポートを作成することが可能になりました (以前は、最新の実行でのみこれを実行できました)。 これを行うには、負荷テスト エディタの [Statistics] タブで実行を選択し、ツールバーの [Report] をクリックします:

    Create load test reports
    クリックして拡大表示

    ReadyAPI が誤ってシャットダウンされたために予期せず終了した実行であっても、レポートを作成できます。 詳細については、負荷テスト レポートを参照してください。

 

ReadyAPI 2.5 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


 

ReadyAPI 2.4 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • クラウド エージェントとの暗号化された通信: LoadUI は、暗号化された接続を使用し、クラウド マシン上で実行されている LoadUI Agents とデータを交換するようになりました。

  • 改善されたテスト エクスペリエンス:  テスト実行が終了すると、LoadUI は、エラーの調査、レポートの作成、テスト実行統計を表示するためのメッセージ ボックスを表示するようになりました。

  • 改善されたトランザクション ログ:

    • ロギングオプションでは、失敗したテストステップだけを記録するように選択できるようになりました:

      Load testing with ReadyAPI: Logging failed requests

      また、LoadUI には、すべての失敗した要求を記録するプリセット構成が含まれるようになりました。 それを使用するには、[Log] ページで [Configure Transaction Log to capture failures] をクリックします:

      Configure Transaction Log to capture failures
      クリックして拡大表示

    • トランザクションログに、テストケース内のすべてのリクエストに関する情報が表示されるようになりました。 以前のバージョンの製品では、トランザクションログには最後の要求に関する情報のみが含まれていました。

  • LoadUI は負荷テストの実行中にメモリの消費が少なくなりました。

 

ReadyAPI 2.3 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • MongoDB サーバーのモニタリング: MongoDB サーバー用のモニターを作成して、負荷の下でデータベースの動作をチェックします。MongoDB Monitorを参照してください。

  • Unix サーバー上の SNMP version 3 モニター をサポート。

  • Amazon クラウド サービスとのより緊密でスマートな統合:

    • LoadUI は、Amazon EC2 リージョンの情報を動的に取得できるようになりました。 任意の地理的リージョンでクラウド マシンを起動することができます。また、Amazon アカウントでサポートされている任意のタイプのクラウド マシンを使用できます。

    • テストを実行しているコンピューターが数分間使用できない場合、Cloud LoadUI Agents は、自動的に終了するようになりました。実行中のインスタンスに支払う費用を節約することができます。

  • より良いレポート:

    • テスト実行中にエラーが発生すると、LoadUI は Global Metrics グラフの下にメッセージを表示するようになりました:

      View Failuers message
      クリックして拡大表示

      メッセージをクリックすると、エラーの詳細な説明とともに LoadUI Log タブが開きます。

    • LoadTestRunner ユーティリティは、シミュレートされた仮想ユーザーの数と 1秒あたりのトランザクション数をログに記録するようになりました。

ReadyAPI 2.2 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • 新しい DataSource テスト ステップの共有設定がデフォルトで選択されます。 これにより、負荷テストのために準備されたデータソースがより良い方法で作成されます。 この設定は、[DataSource Options] ダイアログの[Load Testing] タブで確認できます。

  • 2つの新しい統計メトリクス – “95 パーセンタイル” と “98 パーセンタイル” – 負荷テスト結果の分析を容易にします。

  • ReadyAPI パッケージには、新しいバージョンの Amazon Java SDK ライブラリ (バージョン 1.11.136) が含まれています。 この新しいライブラリによって提供されるクラスとメソッドは、LoadUI の Groovy スクリプトで使用できます。

 

  • 製品名と機能名を変更しました。Ready! API は ReadyAPI、SoapUI NG - SoapUI、LoadUI NG - LoadUI になりました。

ReadyAPI 2.1 の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • 更新された負荷テスト レポート: レポート データを再編成し、いくつかのカテゴリーのグラフを追加しました。

  • 負荷テスト用の複合プロジェクト: テスト プロジェクトを複合プロジェクトにすると、Ready! API は 負荷テストを別々のファイルに保存します。以前は、複合プロジェクトでは、すべてのテストが同じファイル内にありました。

  • 統計ページのグラフの改善:

    • 系列を非表示または表示すると、グラフは自動的に垂直軸のスケールを再計算します。

    • Y軸スケールを等しく設定すると、グラフは水平スクロール時に垂直軸のスケールを自動的に変更します。以前のバージョンでは、スケールが変更されず、系列の値が上限を超えたときに空のグラフが表示されました。

    • Y軸のスケールを等しく設定すると、セッション間で保存されます。

 

Ready! API 2.0 の全体的な新機能および改良

ダッシュボード

新しいダッシュボードにより、Ready! APIをより効率的に使用できます。 直近の機能テスト、負荷テスト、セキュリティ テストの概要を簡単に確認したり、テスト結果の傾向を分析したり、ローカルおよびリモートマシン上で仮想サービスを開始/停止したりすることができます。 ダッシュボードには、現在の ワークスペース 内のすべてのプロジェクトのデータが蓄積されます:

ダッシュボード
クリックして拡大表示

ダッシュボードのストレージ サイズは、新しい Dashboard data limit, MB オプションによって制限されます。ダッシュボードびデータサイズがこの制限を超えると、もっとも古いデータが削除され、新しいデータが優先されます。

Ready! API の各コンポーネントの新機能

各コンポーネント製品の新機能は、それぞれの製品の新機能ページをご参照ください。

 

VirtServer

  • VirtServer は、トランザクション ログ ページで最後に選択した項目を記憶しているので、ページまたは仮想サービスを切り替える必要がある場合に簡単に見つけることができます。

 

ライセンス サブシステム

  • フローティング ユーザー ライセンスを管理するために使用する Protection! License Server は、ライセンス管理コンソールにアクセスできるユーザーのホワイトリストをサポートするようになりました。

    また、Ready! API のフローティング ユーザー ライセンスを使用できるユーザーのホワイトリストを動的に更新できます。詳細は、Managing Floating License Users をご参照ください。

  • 新しい SoapUI NG Pro ライセンスで、Secure Pro 機能が有効になります。 Ready! API 2.0 でセキュアなテストを作成し実行するために、追加の Secure Pro ライセンスは必要ありません。これは、従来の SoapUI NG Pro ライセンスには関係しません。 つまり、Ready! API 1.9 以前で購入した SoapUI NG Pro ライセンスをお持ちの場合は、特定のセキュリティ スキャンおよび機能に対して Secure Pro ライセンスが必要です。

  • Ready! API が 6時間アイドル状態になっていれば、自動的に フローティング ユーザー ライセンスが解放され、チームメートは自分のコンピューターで製品を利用できます。これにより、チームメートの誰かが Ready! API を閉じるのを忘れてしまった場合に、ライセンスのロックを回避できます。

  • ライセンスのアクティベーション中に表示される可能性のあるエラー メッセージが改訂されました。これにより、問題と可能性のある解決策をよりよく理解するのに役立ちます。

 

その他の強化点

  • 製品を使用するには、JRE 1.8.0.112 が必要です。詳細は、システム要件をご参照ください。

  • テンプレートとレポートを保存するためのカスタム レポート ライブラリを使用するには、Preferences でそのディレクトリを指定する必要があります。以前これを実行していた場合、アップデートにより上書きされ、Ready! API はデフォルトのディレクトリ (<Ready! API Installation>/bin/reports) を代わりに使用します。

  • 多数の不具合が修正されました。

 

推奨されない機能

  • DataGen テスト ステップは、推奨されません。データを生成するには、DataSource テスト ステップData Generator データソースを使用してください。

  • Ready! API は、Windows XP および初期のバージョンの Windows Vista をサポートしなくなりました。 Windows Vista Service Pack 2 以降をサポートします。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • 負荷テスト中に Oracle データベースのパフォーマンスを把握

    最新の LoadUI NG Pro では、API の負荷テスト中に Oracle データベースのパフォーマンスを監視できます。この強化により、LoadUI NG Pro は、MySQL、Oracle、MS-SQL を含む主要なリレーショナル データベース管理システムをサポートします。
    詳細は、こちら

  • Amazon 仮想プライベート クラウドから負荷テストを作成

    Amazon VPC から API への負荷を生成できるようになりました。これにより、EC-2 がサポートされていない地域から AWS で負荷テストを実行できます。
    詳細は、こちら

LoadUI NG Pro v1.9 リリースの詳細なリリース情報はこちら。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


  • Spike および Smoke 負荷テンプレートを追加。 (LOADUI-4427)

  • [Add Statistics] ダイアログでメトリックスの検索が可能になりました。 (LOADUI-4418)

  • Transaction ログのカラム幅がセッション間で保存できるようになりました。 (LOADUI-4322)

  • Java 仮想マシン (JVM) をモニターすることができます。 テスト用に JVM を準備を確認してください。 (LOADUI-4396)

  • Groovy スクリプト フィルターを使用して Transaction ログのリクエストをフィルターできます。(LOADUI-4150)

  • LoadUI Agent および LoadUI Cloud Agent に接続するために使用されるポートを変更できます。 (LOADUI-4282)

  • Setup および Teardown スクリプトが、virtRunner オブジェクトにアクセスできます。 テスト実行の前に virt を開始するためこのオブジェクトを使用して、その後これらを停止してください。(LOADUI-2979)

 

リリースノートの詳細はこちら。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


このリリースで、LoadUI NG は、API 負荷テストを作成するための最初のプロセスを簡単にするウィザードが追加されました。また、JBOSS/WildFly モニタリングのサポートが含まれました。API チームが積極的ににパフォーマンスとスケーラビリティをテストすることを容易になりました。LoadUI NG Pro は、エンタープライズ ソフトウェア チームのために、世界で最も簡単で包括的な API 負荷テストツールとして、API 経済のリーダーシップを取り続けています。

このリリースでの新機能:

  • API 負荷テスト ウィザード
  • JBOSS/WildFly アプリケーション サーバーのモニタリングをサポート

負荷テストを構築するとき、ワークロード、条件、サーバーモニタリングは、API のパフォーマンス全体をテストするための重要な側面です。LoadUI NG 負荷テストのワークロードとして、SoapUI 機能テストを再利用するが簡単であるのと同様に、新しいセットアップ ウィザードは、専門家でない人のために負荷容量の構築、負荷テストのサーバー モニタリングの側面のプロセスを導いてくれます。

LoadUi NG Pro は、Web API をホストする JBOSS (別名 WildFly) アプリケーション サーバーのモニタリングをサポートします。エンタープライズ Java チームにシミュレートされた負荷の下で API のパフォーマンスへの向上した可視性を提供します。

 

リリースノートの詳細はこちら。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


Docker をお持ちですか? 多くの大企業のように、コンテナーは機能グループと環境間でのデプロイメントを標準化する方法の啓示です。Docker コンテナーは、仮想マシンに比べて非常に軽量なので、負荷テストでそれらを使用することを探求することは不思議なことではありません。 LoadUI NG Pro のお客様は、どこからでも迅速に負荷ジェネレーターを作成するために手軽な Remote Agent Docker イメージを利用することができるようになりました。

今回のリリースでは:

  • 以前よりも多くのリモート エージェントをホストするため、プリビルトの Docker コンテナーを利用できます。
  • ひとつのテストから他にモニター設定を簡単にクローンできます。
  • 改良されたハイレベルなレポートと利用可能なメトリクス

 

リリースノートの詳細はこちら。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


Ready! API 1.5 では、開発者とテストターが 1つのインターフェースから大規模な、分散型のパフォーマンス テストを実行するためのクラウド コンピューティングのパワーを活用できる LoadUI NG Pro のアップデートが含まれています。最小限の構成で、ソフトウェア チームは、異なるテスト シナリオのために使用するクラウドベースのリソースの種類を自由に選択でき、コストと複雑さを管理しながら、世界中の様々な場所から API の負荷テストをすることができます。

 

LoadUI NG Pro のワンクリック クラウド デプロイメント機能により、次のことが迅速かつ簡単になります:

  • Amazon EC2 上で大量に負荷テストエージェント(負荷ジェネレーター) をデプロイおよび廃止。

  • リアルたいむAPI 負荷テスト中に、 Amazon EC2 負荷エージェントのリソース使用状況を監視。

  • クラウド負荷テストのパワーを継続的ビルドとインテグレーション パイプラインに統合。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


Ready! API プラットフォームでの負荷テストは、改良され続けています。下記の機能のほかに、負荷エージェントのより高い安定性に力を入れてきました。このツールを知らないテスターの方は、間違った負荷テストを実行することが多いので、手堅く、信頼できる負荷テスト ツールである LoadUI NG Pro 1.4 を利用することは本当に重要なことです。

 

ビジュアル スケジューラー

この画面は、時間によるペイロードを視覚化するのに役立ちます。複数のシナリオを再生するとき、特定のトラフィック ボリュームが定常状態プロファイル負荷テストで数分のスパイク テストなどを導入するとき、制御できることが重要です。時間に応じて別の負荷プロファイル(傾斜、固定、分散など)を使用すると、実世界の条件をシミュレートすることができ、このニーズにスケジューラーが必要となります。

 

シングル リクエスト (または “one-off”) URL 負荷テスト

LoadUI NG は、SoapUI NG Pro テストのマルチステップを実行するジョブができますが、テストケースをまだセットアップできていないとき、新しいエンドポイント URL で負荷テストを実行したい場合、LoadUI NG Pro は、one-off (一回限りの) エンドポイント負荷テスト ワークフローを簡素化します。 LoadUI NG Pro は、もっとも簡単な API 負荷テスト ソリューションです。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


このリリースでは、サーバー監視のための高度なサポート、オンプレミスとクラウドベースからの負荷分散ジェネレーター、負荷プロファイルを変化させて複数の同時シナリオを実行する機能が追加され、Ready! API ファミリーの LoadUI NG Pro は業界でもっとも簡単で包括的な API 負荷テスト ソリューションになります。

LoadUI NG Pro の新機能:

  • Windows、Linux、Apache、MS-SQL および他の業界標準のサーバー テクノロジー上のサーバー監視。

  • リモート エージェントを介して分散テスト (Ready! API およびリモート エージェントの両方が Windows、Linux、または Mac 上で実行できます)。

  • 本番環境での実世界のトラフィックを正確にシミュレートするために、同時に複数の負荷シナリオを実行します。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


最高の API 準備ツールを提供する取り組みの一環として、SmartBear の次世代の API 負荷テストツール、LoadUI NG をリリースすることをお知らせいたします。この新製品では、直感的で使いやすいユーザーインターフェースにアップデートしました。従来の LoadUI および LoadUI Pro に慣れ親しんでいる方は、この最新バージョンをお試しください。従来のツールとは大きく変わりました。

すべての Ready! API ツールと同じように、他の Ready! API ツールの購入で無料の基本機能が提供されます。Professional バージョンは更なる機能を提供します。

LoadUI NG (無料の基本機能)

従来の Ready! API で利用可能であった LoadUI に比べて、以下の改良が追加されています:

  • 負荷テストを作成するプロセスは同じですが、さらに直感的なインターフェースになりました。

  • 負荷テストを作成してから、その負荷テストから離れることなく、それを別のテストケースに適用できます。

  • 測定方法がスレッドベースではなくなりました。仮想ユーザー、トランザクション速度、またはスレッドを使用して、現実世界の行動を模倣する複雑あるいは単純なシナリオを作成できます。 

  • すべての負荷ストラテジーで待機時間を設定できます。

  • リアルタイム レポートのためにダッシュボード上ですぐに利用可能なメトリクスと統計

 


LoadUI NG Pro

LoadUI NG の商用バージョンです。同じようなすベての優れた機能を利用できますが、さらなるパワーを得られます:

  • ニーズに応じたパッケージを選択することが可能になる階層レベル

  • SOAP および REST の完全なサポート 

  • SoapUI NG との密接な統合により、API 機能テストを出発点として利用可能

  • 実際のユーザーの行動をシミュレートできるように待ち時間の定義が可能

  • 詳細なレポート

  • SLA またはサービスレベルの品質を簡単に定義するアサーションの実行

  • テスト実行の比較により、時間をかけてパフォーマンスの傾向を確認可能

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


In today’s software industry, APIs are the glue that holds everything together. If developers are going to build great applications, they need to work with great APIs. SmartBear Software is on a mission to make sure that every API is a great API - so that every application can be a great application. But we know you need the right tools to make that happen. We are happy to introduce Ready! API, our next-gen API platform based on our award-winning SoapUI tool and designed to give you all the tools you need, and only the tools you need, when building and testing APIs.

 

Ready! API will help you:

  • Validate your model by creating mock services from service descriptions

  • Test your API with functional, load and security tests

  • Integrate with confidence by creating virts for other teams to work with

 

This release includes:

  • Everything you need for API functional testing: SoapUI NG. Available both in Pro and Base Versions.

  • Easy-to-use tool for API load testing: LoadUI. Available in Base Version only.

  • Comprehensive API security testing: Secure. Available in Base Version only.

  • Efficient and easy service virtualization: ServiceV. Available both in Pro and Base Versions.

  • Our solution for deploying and sharing virtual services: VirtServer

  • Centralized API Projects and Workspace management.

  • API discovery capabilities for testing and virtualizing APIs.

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る

ページ トップに戻る