TestServer - 開発者向け API テスト自動化ツール

サーバーベースの API テスト自動化ソリューション

Ready! API TestServer は、サーバーベースの API テスト自動化ソリューションです:

  • 主要な IDE からコードで API テストします。

  • API の設計プロセスの期待を早く形成。

  • スクリプトまたは shell コマンドを介してアドホック テスト

  • エンタープライズ環境でテストを一元化

API テストは、誰にとっても、特に技術的な専門家のために簡単にする必要があります。開発者は、コードを持っているので、API の正しさを証明するためのテストとして自由があります。

 


 

利用している IDE で、作成、テスト、実行

開発者は、IDE と コマンド シェルで多くの時間を費やしています。他のグラフィカル ツールを覚えるのは、時として意味がありません。Ready! API TestServer で、開発者は次のことにアクセスできます:

  • Java または Groovy コードで テストをするための Java クライアント ライブラリ
  • ビルド処理を簡素化するための Maven プラグイン
  • JSON テスト レシピを自動生成する補助ツール

API の継続的デリバリー

今日のソフトウェア配布ツールチェーンは、一緒に構成し、完璧に仕事を行うツールで構築されています。

Ready! API TestServer を使用することで、次のような他の継続的インテグレーション ツールと一緒に、リアルタイムでコードの正しさを証明することができます:

  • Jenkins / Maven
  • Bamboo
  • Team Foundation Server
  • Microsoft Release Management
  • Buildbot
  • Strider
  • Travis CI

既存の API テストを再利用

動的な API テストのビルドと実行で SoapUI および Ready! API デスクトップ ツールのパワーをすでに利用しているチームは、Ready! API TestServer で既存のプロジェクト ファイルとテストを受け入れるための準備が整っています。新しいフレームワークで、次のことが可能です:

  • 既存の SoapUI 機能 API テストを実行
  • JSONベースのテストレシピをReady! API にインポート
  • CLI または UI を使用して Swagger からテストを生成

REST と SOAP テスト ストラテジーを拡張

チームは多様です。ある人はコードを好み、ある人はリッチなグラフィカルインターフェースを好みます。Ready! API TestServer は、両方のアプローチに適応できます。

サーバーベースのソーリューションとして、Ready! API は、テスト数、同時リクエスト数およびサーバーリソースを拡張できます。ユーザーレベルの管理は、SSL を介してテストサーバーへのトランザクションを保証しながら、任意の数のクライアント マシンが TestServer とやり取りできます。

Ready! API TestServer は、Mac、PC、Linux プラットフォーム上で実行するように構築されています。


 

ページ トップに戻る

TestServer - 主な機能

サーバーベースの API テスト自動化ソリューション

サーバーベースの API テスト自動化ソリューション

今日のソフトウェア配布ツールチェーンは、一緒にうまく機能し、使いやすい、強力なコンポーネントを呼びます。 各コンポーネントは、それ自身に基づき、確実に動作し、配布されるものの品質と速度を改善するのを助ける必要があります。

Ready! API TestServer は、チームに世界で最も人気のある API テストツールのパワーを提供し、自動ビルドと継続的インテグレーション ツールと構成します。


 


 

オンデマンド API テスト

アドホックで自動化された API テストにより、期待通りの API を実行することを保証できます。

詳細...

 

jUnit と一緒に

ユニットと包括的なテストをひとつにするため、既存の jUnit アノテーションと並んで、エンタープライズ機能 API テスト。

詳細...

 

継続的インテグレーション

継続的インテグレーションを実行するチームは、Ready! API でリグレッション テスト (回帰テスト) を実行する方法が提供されました。

詳細...

 

例: Java code

Java 用 TestServer クライアント ライブラリーを使用してコードで API テストを記述する方法の例。

詳細...

 

例: JSON レシピ

Ready! API TestServer は、その API エンドポイントを通してネイティブ JSON と会話。

詳細...

 

例: SoapUI テスト

既存の SoapUI プロジェクト、スイート、テストケースを Ready! API TestServer で再利用。

詳細...

 

Swagger での REST API

TestServer 自体は、Swagger でラップされた RESTベース API なので、簡単にデリバリー パイプラインに統合できます。

詳細...

 

オープン ソース ツール

姉妹品の SoapUI は、オープンソースについていくつか教えます。透明性が重要です。TestServer の周りのいくつかのツールは、オープンソースです。

詳細...

 

ページ トップに戻る

TestServer - 動作環境

 

サポートするオペレーティング システム

Ready! API プラットフォーム

  • Windows Vista SP2 またはそれ以降の Windows オペレーティング システム (32 または 64 ビット)。

  • Windows Server 2008 SP2 またはそれ以降の Windows Server オペレーティング システム (32 または 64 ビット)。

  • OS X 10.7.3 (Lion) またはそれ以降の macOS オペレーティング システム。

  • OS X Server 10.7 (Lion) またはそれ以降の macOS Server オペレーティング システム。

  • 64-bit Oracle Linux 6 またはそれ以降。

  • 64-bit Red Hat Enterprise Linux 6 またはそれ以降。

  • 64-bit Suse Linux Enterprise Server 10 SP2 またはそれ以降。

  • Ubuntu Linux 10.04 またはそれ以降。

 

サポートする Java バージョン

Ready! API は、自動的に適切な Java バージョンをインストールします。

バイナリ パッケージを使用している場合は、Java 8 (JRE 1.8.0.112) またはそれ以降のバージョンの Java を Oracle website からダウンロードして、手動でインストールしてください。

注意 Ready! API TestServer は、Oracle Java 7 (JRE 1.7.0.80) をサポートしますが、Java 8 にアップデートすることを推奨します。

 

推奨システム要件

  • Intel Core i5 または i7 (第3世代以降) または同等の AMD プロセッサー。

  • 6 GB 以上の RAM。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 (Ready! API および HermesJMS)。

 

最小システム要件

  • Intel Core i3 (第 3世代以降)。

  • 4 GB 以上の RAM。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 (Ready! API および HermesJMS)。

 

ページ トップに戻る

TestServer - 新機能

 

TestServer 2.0 - (2017.5.8)

  • TestServer Swagger 定義が更新されました。プロパティ拡張を使用して、レシピのエンドポイント値を指定できるようになりました。

  • テキストベースのテスト レシピは、DelayProperties および SOAP VirtResponse ステップyをサポートするようになりました。

 

 


過去のバージョン履歴

TestServer 1.9 - (2016.10.19)

  • Swagger 定義を TestServer 上で直接プロジェクトとして実行することにより Swagger を使用できます。
    詳細はこちら

  • TestServer のリポジトリ フォルダーからプロジェクトを実行します。
    詳細はこちら

  • プロジェクトを実行中に JSON 形式でプロパティを TestServer に送信できます。
    詳細はこちら

リリースノートの詳細はこちら。

 


TestServer 1.5 - 新機能 (2016.3.1)

今回の新製品リリースは、待ちに待ったものです。 この最初のリリースでは、以下のことが提供されます:

  • クライアント ライブラリーを使用して、Java のコードとして実行
  • 実行のため、既存の SoapUI プロジェクトを送信
  • 動的に JSON テスト レシピを構築
  • 単一のサーバーに API テスト操作を統合
  • TestServer をセキュアにするためカスタム SSL 証書を使用

 

リリースノートの詳細はこちら。

オンデマンド Webinar はこちら。

 


 

ページ トップに戻る

TestServer - 評価版リクエスト

サーバーベースの API テスト自動化ソリューション

SmartBear 製品の評価版ダウンロードリクエスト ページTestServer14日間の評価版をリクエストしてください。

TestServer - 製品価格

サーバーベースの API テスト自動化ソリューション

TestServer は、テスト量によってライセンスされます。毎日のテストで必要となる数量により、価格が設定されています。

 

TestServer の 価格表はこちら

 

 

ページ トップに戻る