ReadyAPI 3.x - バージョン履歴

 

最新バージョンの詳細情報はこちら。


 

過去のバージョン履歴

 

ReadyAPI 3.40.1 は、3.40.0 で発生した想定しない動作変更の修正パッチです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

 

ReadyAPI 3.40.0 で製品に加えた変更により、Performance Test で想定しない動作や警告メッセージが表示されるようになりました。また、その他にもお客様からご報告いただいたいくつかの問題を解決しています。

  • 3.40.0 で導入されたバグにより、ReadyAPI で使用できる最大メモリが正しく計算されず、Performance Test の開始から 10秒後に以下の誤ったエラー メッセージが表示される問題を修正しました。

    「Java ヒープメモリの 95% 以上が使用されています。テスト結果に影響を与える可能性があります。ReadyAPI.vmoptions ファイルの VM オプション -Xmx または -XX:MaxHeapSize の値を大きくすることを推奨します。Performance Test がエラーなしで実行されるようになります。(RIA-19505)
  • API Discovery で、content-type ヘッダーの大文字小文字が異なるリクエストに対して、content-type による結果のフィルタリングが正しく機能しないバグを修正しました。(RIA-19481)

  • HTTP Monitor が起動せず、エラーログに NullPointer 例外が表示される不具合を修正しました。ユーザーは HTTP Monitor を起動して、キャプチャされたリクエストのリストを視覚化できるようになりました。(RIA-19493)

  • 3.40.0 で Auth Manager の Authorization Scope ツリーが表示されない問題を修正しました。これは復元されました。(RIA-19510)

  • Virtualization で、バルク リクエストが行われたときにモック レスポンスが確実に機能しない問題を修正しました。(CC-27719)


ReadyAPI 3.30.0 は、以下を含むマイナー リリースです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

 

ReadyAPI Test

  • gRPC メッセージの API Connection テスト ステップに、新しい「Include default fields」プロパティが追加されました。このプロパティは、Protobuf スキーマに存在するが、メッセージに含まれていないフィールドを ReadyAPI が追加するかどうかを設定します。

  • API Connection テスト ステップの Content-Type ヘッダーを指定すると、ReadyAPI は最も一般的なメディア タイプを提案します。

    Content-Type suggestion

  • ReadyAPI の以前のバージョンでは、Sensitive Files Exposure アサーションを設定できませんでした。このバージョンでは、エラーを引き起こすレスポンス ステータス コードと、警告になるレスポンス ステータス コードを設定できるようになりました。

  • Smart Assertion が強化されました。

    • 検証するメタデータのリストを変更できるようになりました。

    • 検証済みのテストステップが Protobuf スキーマに基づく場合、スキーマを使用してアサーションを事前構成できるようになりました。

 

ReadyAPI Virtualization

ReadyAPI は、仮想サービスに送信される JMS バイト メッセージをデコードするようになりました。これは、以下のことを意味します。

  • デコードされたバイト メッセージは、トランザクション ログの [Text] タブで見ることができます。
  • JMS 仮想サービスに対して指定したアサーションがバイト メッセージで動作します。

JMS virtual service decodes bytes messages

 

その他

  • ReadyAPI が Windows 11 に対応しました。

  • いくつかの ReadyAPI の環境設定の名称をわかりやすく改善しました。

  • お客様から報告された いくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.20.2 は、以下を含むマイナー リリースです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

  • 新しいバージョンの Protection! License Server 5.5.3 を使用するようになりました。

  • API Connection テスト手順エディターが改善されました。

    • REST リクエストに Path (Query) と Matrix パラメータを追加すると、エディタのリソースの横に表示されるようになりました。

      API Connection テスト手順のクエリ パラメーター
      クリックして拡大表示

    • REST 要求の編集時に新しい [API Request] ボタンをクリックすると、関連する API 要求が開いて編集できます。

  • Windows でダーク テーマを使用すると、タイトルバーにシステムカラーが使用されます。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティライブラリを更新しました。スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合、スクリプトの更新が必要になる場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.20.1 は、以下を含むマイナー リリースです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティライブラリを更新しました。スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合、スクリプトの更新が必要になる場合があります。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.20.0 では、gRPC API のサポート、およびさまざまな改善と修正が行われました。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.20.0 の修正点

 

gRPC サービスのサポート

ReadyAPI は、gRPC サービスのテストをサポートするようになりました。

  • .proto ファイルを使用して、プロジェクトに新しい gRPC 定義を追加します。ReadyAPI はこの定義を使用して gRPC メッセージのシリアライズとデシリアライズを行います。

    gRPC サービス
    クリックして拡大表示

  • API Connection テストステップを使用して、gRPC API のメッセージを送受信します。

    API 接続テスト ステップの gRPC 操作
    クリックして拡大表示

     現在、ReadyAPI は、unary 型の gRPC 操作のみをサポートしています。

  • ReadyAPI は、Google OAuth 2.0 認証トークンの有無にかかわらず SSL/TLS プロトコルでの gRPC メッセージの送信もサポートしています。

  • API Connection のテスト ステップに Smart Assertion を追加することで、受信メッセージのチェックを行うことができます。

    gRPC リクエストのアサーション
    クリックして拡大表示

 

ダーク テーマ

ReadyAPI がダーク UI テーマを完全サポートしました。


クリックして拡大表示

このテーマを使用するには、Preferences > UI ウィンドウで有効にしてください。


クリックして拡大表示

 

暗号化プロパティのマスキング

ReadyAPI は、すべてのログとレポートにおいて、暗号化プロパティの値をマスクするようになりました。

  • ReadyAPI ログ パネル。

  • ReadyAPI レポート:

    • 印刷可能

    • JUnit-Style

    • データ エクスポート

    • Allure

  • コマンドラインのテストランナーのログ。

 

その他の強化

  •  SmartBear ID ベースのライセンスを設定すると、License Manager から Proxy Preferences ダイアログを開くことができます。

  • 機能テストを実行するための Docker イメージが、SmartBear ID ベースのライセンス のライセンスに対応しました。

  • セキュリティテストを実行するためのDockerイメージについて紹介しました。詳しくは、Security Tests in Docker をご覧ください。

  • CVE-2021-45046 の問題を軽減するために、Apache Log4j ライブラリを v.2.16 に更新しました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティライブラリを更新しました。スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合、スクリプトの更新が必要になる場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.10.2 は、Apache Log4j の脆弱性問題 (CVE-2021-44228) のために修正したマイナーリリースです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.10.1 はマイナーなバグ修正リリースであり、以前のバージョンの製品である ReadyAPI 3.10.0 と比較していくつかの変更が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.10.0 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.10.1 の修正点

 

全体的な強化

  • oauth2.access.token.retrieval.timeout という新しい Java 仮想マシンのオプションがあります。これは、OAuth 2.0 の自動化プロセスにおいて、新しいアクセス トークンを取得する際のタイムアウトを設定するものです。新しいアクセストークンを取得するプロセスに 5 秒以上かかる場合に便利です。

  • ダークUIテーマを改善しました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

終了したサポート

ReadyAPI は、以下の廃止された、またはほとんど使用されていないツールのサポートを終了しました。

  • Axis 1.x

  • Axis 2.x

  • Apache CXF 2.x

  • JAX-RPC

  • JAX-RPC Wscompile

  • JBossWS WsConsume

  • JBossWS WsTools

  • JWSDP/JAX-WS Wsimport

  • GSoap

  • Oracle wsa

  • TcpMon

  • WADL2JAVA

  • Web Services Description Language Tool (Wsdl.exe)

  • XFire 1.x

  • XmlBeans

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.10.0 はマイナーなバグ修正リリースであり、以前のバージョンの製品である ReadyAPI 3.9.2 と比較していくつかの変更が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.9.2 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.10.0 の修正点

 

ダーク テーマ [Beta]

ReadyAPI はダーク UI テーマに対応しています。


クリックして拡大表示

この機能を有効にすると、すべてのウィンドウ、ダイアログ、エディタ、その他の UI 要素に、より快適に作業できるダーク カラーが使用されるようになります。有効にするには、[Preferences] > [UI] ウィンドウで設定します。


クリックして拡大表示

 

その他の強化

  • Smart Assertion では、値が特定のデータ型 (文字列、数値、ブール値、NULL) であるかどうかをチェックできるようになりました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.9.2 はマイナーなバグ修正リリースであり、以前のバージョンの製品である ReadyAPI 3.9.1 と比較していくつかの変更が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.9.1 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.9.2 の修正点

 

Kafka スキーマのサポート拡張


クリックして拡大表示

  • Protobuf スキーマを使用して、Kafka メッセージをシリアル化およびデシリアル化できるようになりました。

  • また、ファイルを使ってスキーマを指定することもできます。Avro スキーマと Protobuf スキーマの両方に対応しています。

 

その他の強化

  • ReadyAPI はエンドポイントの形式をチェックし、エンドポイントが無効な場合にはエラーメッセージをログに出力します。これにより、例えばエンドポイントを間違えてしまった場合に、テストが失敗する原因を見つけることができます。

  • JSON Schema Compliance と Swagger Compliance のアサーションでは、親オブジェクトが有効でない場合でも子オブジェクトを検証にするようになりました。

  • ReadyAPI は Java バージョン 16 を採用しました。新バージョンでは、製品のセキュリティと安定性が向上しています。

    手動でインストールしたライブラリの中には、新しい Java バージョンに対応していないものもあります。
  • ReadyAPI に同梱されている SQL Server 用の Microsoft JDBC ドライバを更新しました。新バージョンのドライバには、新機能とバグ修正が含まれています。変更点の詳細は、 Microsoft 社の Web サイト をご覧ください。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.9.1 はマイナーなバグ修正リリースであり、以前のバージョンの製品である ReadyAPI 3.9.0 と比較していくつかの変更が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.9.0 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.9.1 の修正点

 

ReadyAPI Test

 

ReadyAPI Performance

  • AppDynamics モニターのアプリケーションを選択する際に、アプリケーションのリストをフィルタリングできるようになりました。

  • 分散負荷テストのトランザクションログに、リクエスト メッセージとレスポンス メッセージの生データが表示されるようになりました。

 

ReadyAPI Virtualization

 

その他の強化

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.9.0 はマイナーなバグ修正リリースであり、以前のバージョンの製品である ReadyAPI 3.8.1 と比較していくつかの変更が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.8.1 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.9.0 の修正点

 

API 接続テスト ステップでの REST サポート [Beta]

API 接続テスト ステップを使用して、REST API をテストできるようになりました。つまり、 REST リクエスト  テスト ステップと同様に、REST リクエストの送信、レスポンスの取得、検証を行うことができますが、よりすっきりとした便利なユーザーインターフェースになっています。


クリックして拡大表示

API 接続テスト ステップでの REST テストは、REST リクエスト テスト ステップでのプロセスに近いものです。

  • API リクエストをテスト ステップにリンクすることで、リソースパス、REST メソッド、パラメータを同期させます。

  • アサーションを使用して、受信したレスポンスを検証することができます。.

  • API 接続テスト ステップは、環境をサポートしています。

  • パラメータやリクエスト ボディでプロパティの拡張を使用することができます。

ただし、REST リクエストと比べていくつかの違いがあります。たとえば、認証を設定するには、Auth パネルではなく、Authorization profile コンボボックスで必要な Auth プロファイルを選択します。

詳しくは、「API 接続テストステップ」をご覧ください。

 

スマート アサーション

ReadyAPI 3.9.0では、スマートアサーション (Smart Assertion) が導入されました。このアサーションは、API レスポンスのボディやメタデータに含まれる 1 つまたは複数の値を検証します。


クリックして拡大表示

このアサーションは Message Content Assertion に似ていますが、いくつかの改良が加えられています。

  • レスポンスのメタデータ(ヘッダー、HTTP ステータスコード、Kafka のキーとパーティションの値)の検証に使用できます。

  • 値を比較する際に、追加の条件を使用することができます。

  • チェックする値で大文字と小文字を区別するかどうかを指定できます。

  • 設定ダイアログのインターフェイスがすっきりしたので、アサーションの設定が迅速に行えるようになりました。

詳しくは、Smart Assertion をご参照ください。

非推奨のアサーション

Smart Assertion はいくつかの既存のアサーションに取って代わるものです。ReadyAPI 3.9.0 以降、これらのアサーションは新しいアサーションに移行し、非推奨になります。これらのアサーションは引き続き動作しますが、Smart Assertion に置き換えることをお勧めします。

 

その他

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.8.1 はマイナーなバグ修正リリースであり、以前のバージョンの製品であるReadyAPI 3.8.0 と比較していくつかの変更が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.8.0 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.8.1 の修正点

 

  • 新しい REST API を作成するとき、ReadyAPI は OpenAPI 形式を使用してその定義をプロジェクトファイルに保存するようになりました。 Specification パネルで確認できます。

    REST API specification in ReadyAPI 3.8.1
    クリックして拡大表示

  •  API Connection テスト ステップのデータ フィールドは編集できないように見えました。 バージョン 3.8.1 では、これを修正しました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.8.0 は、Kafka テストのサポートを拡張し、AsyncAPI 定義のサポートを追加し、さらにいくつかの改善を加えています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.7.0 と比較した変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.8.0 の修正点

 

AsyncAPI 定義のサポート

AsyncAPI 定義をインポートすることにより、プロジェクトに非同期 API を追加できます。 ReadyAPI は、必要なリソースと操作を自動的に作成します。

ReadyAPI 3.8.0 での AsyncAPI 定義のサポート
クリックして拡大表示

 

Kafka サポートの拡張

  • イベントドリブン テスト ステップは、API Connection (API 接続) に名前が変更されました。

  • データドリブン ループの API Connection テスト ステップは、反復ごとに新しい接続を作成するのではなく、既存の接続を再利用します。

  • Properties パネルに、API Connection テスト ステップの接続設定が含まれるようになりました。

    API Connection テスト ステップ プロパティ
    クリックして拡大表示

  • API Connection テスト ステップの接続設定をデフォルト値に戻すことができます。 詳細については、 Simulating Consumers (コンシューマーのシミュレーション) および Simulating Producers (プロデューサーのシミュレーション) を参照してください。

  • API Connection テスト ステップでメタデータを操作する方法が改善されました。

    • ReadyAPI は、2 つの Key パラメータの作成を防ぎます。

    • ユーザーインターフェイスに関するいくつかの問題を修正しました。

 

その他

  • REST API に新しいリソースまたはメソッドを追加すると、ReadyAPI はプロジェクトに保存されている OpenAPI 定義を変更します。

  • REST VirtResponse、 SOAP VirtResponseReceive MQTT Message テスト ステップの [Assertion] タブは、REST Request テスト ステップなどの他のテスト ステップのタブと同じように見えるようになりました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI 3.7.0 は、Kafka API のテストのサポート、アサーション グループのサポート、およびその他のいくつかの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.6.0 からの変更点のリストです。

他のバージョンに加えられた変更については、過去のバージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.7.0 の修正点

 

Kafka support

ReadyAPIは、 Kafka ベースの API のテストをサポートするようになりました。

  • プロジェクトに 新しい Kafka API  を追加してから、特別なダイアログボックスとエディターを使用してその API にトピックと操作を追加します。

    Kafka サービス
    クリックして拡大表示

  • 新しい イベントドリブン テスト ステップ を使用して、非同期 Kafka API のメッセージを送受信します。 テストステップは、次のいずれかのモードで動作します。

    • Subscribe (サブスクライブ) モードでは、Kafka トピックに接続し、接続が開いている限り、Kafka トピックからメッセージを受信します。

    • Publish (公開) モードでは、トピックに接続し、そこでメッセージを公開して、切断します。

      イベントドリブン テスト ステップ
      クリックして拡大表示

  • サブスクライブ モードで動作するイベントドリブン テスト ステップにアサーションを追加して、着信メッセージをチェックできます。

    イベントドリブン テスト ステップ用のアサーション
    クリックして拡大表示

  • ReadyAPI は、Schema Registries への接続を使用して Kafka メッセージをシリアル化および逆シリアル化することもできます。

 

Assertion (アサーション) グループ

機能テストのアサーションをアサーション グループにグループ化できるようになりました。

アサーション グループ
クリックして拡大表示

アサーション グループは通常のアサーションのように動作します。合格または不合格のいずれかです。 そのステータスは、それに含まれるアサーションのステータスと適用される条件 ( AND / OR ) によって異なります。

 

その他

  • めったに使用されないタブをいくつか削除しました。

    – REST サービス エディターの [Resources] タブ。

    – GraphQL サービスエディターの [Objects] タブ。

    – SOAP および XML-RPC サービス エディターの [Operations] タブ。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトが これらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.6.0 は、マイナーなバグ修正リリースです。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.5.2 からの変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.6.0 の修正点

 

エンドポイント & 環境

[Endpoints & Environments] ダイアログは、以前の [Environments] ダイアログの機能を拡張します。

The Endpoints and Environments dialog
クリックして拡大表示

  • エンドポイントを追加および編集するためのダイアログを再設計しました。 これで、[Endpoints & Environments] ダイアログと API エディターの [Endpoints] ページでエンドポイントを追加または編集するときに同じエクスペリエンスが得られます。 使用する API のタイプ (REST、GraphQL、または SOAP) に関係ありません。

  • [Endpoints & Environments] ダイアログからエンドポイントを削除できるようになりました。

  • プロジェクトのプロパティをある環境から別の環境にコピーして貼り付けることができます。

  • 今回から、環境全体を別のプロジェクトにコピーできます。 必要なプロジェクト プロパティと承認プロファイルもコピーされます。 詳細については、 Copy environments to another project (環境を別のプロジェクトにコピーする) をご覧ください。

  • 以前は、環境を最初から作成するか、プロジェクトからエンドポイントをコピーするかを決定する必要がありました。 これで、常に空の環境を作成できます。

  • 要求に使用環境に指定されたエンドポイントがない場合、ReadyAPI はデフォルトのエンドポイントを使用しません。各環境に必要なエンドポイントを指定する必要があります。

  • Default Environment は、No Environment に名前が変更されました。 現在、このアイテムは常に環境リストの一番上にあります。

次に、API エディターのエンドポイント ページが完全に再設計されました。

The Endpoints page
クリックして拡大表示

  • これで、すべての環境にわたるエンドポイントが一覧表示されます。

  • 廃止された UsernamePassword, Domain フィールドの代わりに、各エンドポイントは認証プロファイルを使用します。

  • エンドポイントは、[Endpoints and Environments] ダイアログで行うのと同じ方法で管理します。

 

アサーション タブ

REST RequestGraphQL Query RequestGraphQL Mutation RequestSOAP RequestHTTP Request, and XML-RPC Request のテストステップの [Assertions] タブが改善されました。 今回、より優れた、よりクリーンなインターフェースになりました。

The Assertions tab
クリックして拡大表示

  • 新しい [Assertions] タブは、リクエスト テスト ステップで常に表示されるようになりました。

  • アサーションの行全体が強調表示され、合格か不合格かが示されます。

  • アサーションのないアサーションタブは、より参考になるように見えます。

 

API 管理

プロジェクトで API を管理する方法も改善しました。

  • REST リソースを追加するためのダイアログは、よりクリーンで使いやすくなりました。

    Add REST resource
    クリックして拡大表示

  • [Add API] ダイアログの機能を 3 つの個別のダイアログに分割しました。

    Add API Options

    • [Create API Definition] ダイアログを使用して、API を最初から作成します。

    • [Import API Definition] ダイアログを使用して、定義ファイル (ローカル ファイルまたはリモート ファイル (OpenAPI\Swagger、WADL、WSDL)または SwaggerHub からの定義) から API をインポートします。

    • Discover API - 既存の API を探索して API を作成するために使用します。Discovering APIs を参照してください。

  • 新しいプロジェクトを作成するプロセスをより簡単にするために、[Create Project] ダイアログを削除しました。 ここで、空のプロジェクトを作成した後、上記のダイアログを使用して、プロジェクトに必要な API を入力します。

  • REST、GraphQL、および SOAP API の [Overview] タブが削除されました。

 

その他

  • GraphQL 改善:

    • Navigator メニューの GraphQL API に、フライアウト メニューが追加されました。

      The GraphQL API menu

    • GraphQL API からテスト スイートを生成できます。

    • GraphQL リクエストをテスト ケースに追加すると、REST および SOAP API と同じダイアログが表示されます。

  • [Preferences] ダイアログを更新しました。

    The Preferences dialog
    クリックして拡大表示

    • [Preferences] ダイアログのタブは、カテゴリにグループ化されています。

    • [Preferences] ダイアログのインターフェースがすっきりしました。

    • [Properties] ダイアログで GitHub、GitLab、Bitbucket アカウントを管理します。

  • ローカルに保存されたプロパティ は、セキュリティ テストと負荷テスト、および仮想 API で利用できるようになりました。

  • Postman プラグイン が変数をサポートするようになりました。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.5.2 は、マイナーなバグ修正リリースです。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.5.1 からの変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.5.2 の修正点

 

バージョン 3.5.2 で修正された点は以下の通りです。

  • macOS コンピューターでの製品の安定性が向上しました。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

    • macOS マシンで、ReadyAPI がメニューを表示しないことがありました。 (RIA‑15257)

    • ReadyAPI インストーラーは macOS コンピューターでは実行できませんでした。 (RIA‑12470)

    • ユーザーが Linux ヘッドレス マシンでテスト ランナーを使用してテストを実行すると、例外が発生しました。 (RIA‑15414)

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.5.1 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.5.0 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.5.1 の新機能

 

ローカルに保存されたプロパティ

ReadyAPI 3.5.1 では、プロジェクト、テストスイート、およびテストケースのプロパティを保存する新しい方法が導入されています。 以前は、ReadyAPI はプロパティ値をプロジェクト ファイルに保存していましたが、チームで同じプロジェクトで作業する場合、これは不便な場合があります。 たとえば、プロジェクトにコンピューター固有またはユーザー固有の値が格納されている場合、チームメートはソース管理からプロジェクトファイルを取得した後で値を変更する必要があります。

これで、プロパティに簡単にマークを付けることができます。プロパティの値は、ReadyAPI によってプロジェクトファイルから保存されます。

ローカルに保存されたプロパティ
クリックして拡大表示

ReadyAPI は、これらのプロパティをコンピューター上のワークスペース ファイルに保存するため、これらのプロパティをローカルに保存されていると呼びます。 プロジェクトをソース管理に配置すると、プロジェクトにはプロパティ名が含まれますが、値は含まれません。このプロパティはチームメートの作業に影響を与えません。

詳細については、Locally Stored Properties をご参照ください。

 

 

Performance テスト

  • AppDynamics モニターのメトリックを視覚的に選択できるようになりました。 以前は、メトリック名を手動で入力する必要がありました。

    Selecting metrics of AppDynamics monitors
    クリックして拡大表示

 

 

Security テスト

  • SQL Injection スキャンにいくつかの新しいトークンを追加したため、テストでより多くの脆弱性を検出できるようになりました。

 

 

UI 改善

  • ナビゲーターにプロジェクト間の区切りが追加されました。 これにより、プロジェクトの境界を簡単に確認できます。 これは、大規模なプロジェクトで作業する場合に特に役立ちます。

    Project delimiters in ReadyAPI 3.5.1

  • Environments Editor を更新しました。

    Environments Editor in ReadyAPI 3.5.1
    クリックして拡大表示

    さらに、エディターにプロジェクトに適用できないタブが表示されなくなりました。 たとえば、テストで JMS サービスをテストしない場合、[JMS] タブは非表示になります。

  • Git ダイアログに [ Disconnect Account (アカウントの切断)] メニューコマンドが追加されました (以前はこのコマンドはメイン メニューにありました)。

    Disconnecting Git account from the Git panel
    クリックして拡大表示

  • アイコンを更新して、製品が高解像度の画面で見栄えが良くなるようにしました。

  • その他、視覚的な改善もいくつか行いました。

 

 

その他

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

  • 製品の信頼性と安全性をさらに高めるために、いくつかのサードパーティ ライブラリを更新しました。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.5.0 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.4.5 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.5.0 の新機能

 

Performance テスティング

  • AppDynamics モニターには、モニターが AppDynamics サーバーからデータをプルする頻度を指定する新しいオプション – Update rate (更新率) – があります。

  • データソースの負荷テスト関連のオプションが ReadyAPI Performance で利用できるようになりました。

    Data Source options in ReadyAPI Performance
    クリックして拡大表示

    さらに、仮想ユーザー間でデータソースを共有しない場合、ReadyAPIは、仮想ユーザーがデータソースループを通過することを視覚的に示します。 詳細については、 Data Source in Load Testing をご覧ください。

  • PerformanceTestRunner ユーティリティは、暗号化されたプロジェクトをサポートするようになりました。 プロジェクトのパスワードを指定するには、コマンドラインの新しい -x 引数を使用します。

 

 

全体的な強化

  • UI 改善:

    • ワークスペースのフライアウト メニューで新しいプロジェクトをインポートまたは作成できます。

      New flyout menu
      クリックして拡大表示

    • また、ワークスペースが空でプロジェクトがない場合、ナビゲーター パネルから直接プロジェクトを作成またはインポートできるようになりました。

      Create or open projects in the Navigator panel

    • また、視覚的な改善もいくつか行いました。

  • ReadyAPI は、OpenJDK 15 を使用するようになりました。

  • バージョン3.5で使用されている一部のライブラリの新しいバージョン。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

 

終了したサポート

ReadyAPI は、次のオペレーティングシステムをサポートしなくなりました:

  • Windows 7

  • Mac OS X 10.7, OS X 10.8 - 10.11, macOS 10.12

  • macOS Server

  • Suse Enterprise Server 10 SP2

  • Ubuntu 10.04 - 18.04

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.4.5 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.4.0 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.4.5 の新機能

 

Bitbucket およびa GitLab との統合

ReadyAPI 3.4.5 では、GitLab および Bitbucket の Git リポジトリのサポートが導入されています。 以下のことが可能になります。

  • Bitbucket アカウントと GitLab アカウントを ReadyAPI にリンクします。

  • リポジトリから ReadyAPI 内から直接 ReadyAPI にテスト プロジェクトをインポートします。

  • ReadyAPI テストに加えた変更をリポジトリに簡単にプルします。

ReadyAPI は、すべての Bitbucket および GitLab エディションをサポートしています。

  • Bitbucket Cloud、Data Center、および Server

  • GitLab SaaS および GitLab Self-Managed

GitHub リポジトリの操作に使用するのと同じエディターとダイアログボックスを使用して、Bitbucket および GitLab リポジトリを操作します。 詳細については、Git Integration を参照してください。

 

 

ReadyAPI Performance (旧 LoadUI)

  • ReadyAPI Performance Agents は、ReadyAPI プラグインが提供する機能 (カスタム テスト ステップなど) を使用する負荷テストを実行できるようになりました。 プラグインの使用方法については、Creating Distributed Load Tests (分散負荷テストの作成) を参照してください。

 

 

全体的な強化

  • OAuth 認証の状態パラメーターのサポート。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.4.0 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.3.2 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.4.0 の新機能

 

ブランディングの更新

ReadyAPI 3.4 では、親しまれている API ツールに新しい名前を導入して、ReadyAPI ブランド名でこれらを統一します。 新しい名前は次のとおりです。

  • SoapUI は、ReadyAPI Test

  • LoadUI は、ReadyAPI Performance

  • ServiceV は、ReadyAPI Virtualization

ナビゲーター アイテム名などの対応するユーザーインターフェイス要素は、それに応じて更新されています。 最も顕著な変更は次のとおりです。

ReadyAPI 3.4 のスタートページ
クリックして拡大表示

  • ナビゲーター ノードの新しい名前:

    • Functional Tests には、SoapUI 機能テストが含まれています。

    • Security Tests には、SoapUI セキュリティ テストが含まれています。

    • Performance Tests には、LoadUI テストが含まれています。

    • APIs (Virtual) には、ServiceV 仮想サービスが含まれています。

  • License マネージャー上のツール名。

今回から、すべての ReadyAPI 設定が <User Folder>/.readyapi/readyapi-settings.xml ファイルに保存されます。 以前は、これらの設定は <User Folder>/soapui-settings.xml ファイルに保存され、両方のアプリケーションを使用する場合に不便だった SoapUI オープンソースと共有されていました。

以前に ReadyAPI を使用したことがある場合は、ReadyAPI 3.4 の最初の起動時に設定が新しいファイルにコピーされます。

重要な注意事項 :

  • ReadyAPI 3.4 を実行すると、新しい設定ファイルの使用が開始されます。 新しいバージョンで行われた変更は古いバージョンには適用されず、その逆も同様です。

  • 自動テスト実行でデフォルト設定ファイルへのパスを指定した場合は、それを更新する必要がある場合があります。

 

 

SwaggerHub 統合

ReadyAPI は、SwaggerHub と密接に統合します:

  • これで、ReadyAPI は SwaggerHub アカウントを記憶するため、資格情報を再度入力する必要はありません。 さらに、ログインとパスワードではなく SwaggerHub の API キーを使用するため、SSO を使用して作成された SwaggerHub アカウントに接続できるようになりました。

  • プロジェクトを作成するとき、または API を追加するときに、SwaggerHub からパブリックおよびプライベート API 定義をインポートできるようになりました。

    ReadyAPI 3.4 での SwaggerHub 統合
    クリックして拡大表示

  • 検索といくつかのフィルターを使用して、必要な定義を見つけることができます。

  • ReadyAPI は、公開されているバージョンの定義のインポートをサポートしています。

詳細については、Import from SwaggerHub をご参照ください。

 

 

ReadyAPI Test

  • ReadyAPI は、PKCE を使用した OAuth2.0 認証をサポートするようになりました。 詳細については、OAuth 2.0 and OAuth 2.0 (Azure) を参照してください。

 

 

ReadyAPI Performance

  • 一部のテストケース統計は、わかりやすくするために名前が変更されています。

    • Avg を Time Taken Average

    • Time Taken を Time Taken Per Second

    詳細は、Statistics Reference をご参照ください。

  • いくつかのテストケースを選択して、それらすべてをシナリオに追加できるようになりました。

  • また、複数のシナリオを選択して、それらを一度に削除することもできます。

 

 

ReadyAPI Virtualization

  • ReadyAPI は、JMS 仮想サービスの操作中にエラーが発生した場合、より詳細なメッセージをログに投稿します。

 

 

全体的な強化

  • ナビゲーターは、サポートされているすべてのオペレーティング システムでより読みやすいフォントを使用するようになりました。

  • テスト アイテムのクローンを作成する場合、ReadyAPI は Clone of ... で新しい名前を開始しません。これで、新しいアイテムのデフォルト名は元のアイテムの名前と同じになります。

  • くつかの脆弱性の問題を修正しました。

  • ReadyAPI 3.4には、バージョン3.3.2で使用されている一部のライブラリの新しいバージョンが含まれています。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.3.2 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.3.1 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.3.2 の新機能

 

LoadUI の強化

 

 

全体的な強化

  • Resource Root プロジェクト プロパティが設定されていない場合、ReadyAPI はプロジェクト ディレクトリで不足している外部ファイルを探します。

  • ReadyAPI が OpenAPI 3.0 定義から作成されたプロジェクトのペイロード サンプルを生成するときに、readOnly プロパティと writeOnly プロパティが考慮されます。

  • ReadyAPI 3.3.2 には、バージョン 3.3.1 で使用されていた一部のライブラリの新しいバージョンが含まれています。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.3.1 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.3.0 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.3.1 の新機能

 

License server の更新

  フローティング ライセンス ユーザー様向けの重要な注意点: ReadyAPI を更新する前に、管理者がライセンス サーバーを更新したことを確認してください。 バージョン 3.3.1 以降、ReadyAPI には Protection! Licensing Server version 5 またはそれ以降が必要です。

システム管理者に問い合わせてください。 ライセンス サーバーの移行の詳細については、Upgrade License Server to 5.x をご参照ください。

 

 

全体的な強化

  • キーボード ショートカットを使用して、Git マージの競合をナビゲートして解決できるようになりました。詳細は、Pulling Changes From Git Repository をご参照ください。

  • color-blind mode (色覚障害モード)をオンにすると、テスト ステップのステータスが色覚障害に適した色になります。

  • ReadyAPI 3.3.1 には、バージョン 3.3.0 で使用されていたいくつかのライブラリの新しいバージョンが含まれています。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

 

終了したサポート

  • ReadyAPI 3.3.1 は、WebLogic モニターをサポートしなくなりました。

  • ReadyAPI 3.3.1 は、WebLogic 14c より前の WebLogic JMS プロバイダーでは動作しません。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.3 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.2.7 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.3 の新機能

 

Git 統合の改善

詳細については、Git Integration を参照してください。

 

 

VLoadUI の強化

  • AppDynamics モニターの新しいバージョンである AppDynamics (version 2) が導入されました。

    ReadyAPI 3.3 にアップグレードすると、すべての古い AppDynamics モニターがプロジェクトから自動的に削除されます。 AppDynamics (version 2) モニターを使用して再作成する必要があります。
  • LoadUI TestRunner に新しい -t 引数 が追加されました。 接続が失われた場合にテストを実行するすべてのエージェントがコントローラに再接続しようとするタイムアウトを設定するために使用されます。

 

 

その他

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.2.7 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.2.5 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.2.7 の新機能

 

Git ダイアログ

  • ReadyAPI 3.2.7 では、Git リポジトリを操作する新しい方法、メイン ツールバーから利用できる Git ダイアログが導入されています。

    Git ダイアログ
    クリックして拡大表示

    ダイアログでは、Git リポジトリを使用して最も一般的な操作を実行できます。

    • プロジェクトからローカルGitリポジトリを作成します。

    • ローカルリポジトリをリモートリポジトリに接続します。

    • 変更をコミットしてプッシュします。

    • 他のチームメンバーから変更をプルします。

    • ブランチを作成し、それらを切り替えます。

    • プル リクエストを作成します (GitHub リポジトリのみ)。

    詳細は、Git インテグレーション をご参照ください。

 

 

VirtServer の強化

VirtServer コマンドライン ユーティリティには、以下の改善点があります。

 

 

その他

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.2.5 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.2 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.2.5 の新機能

 

Git サポートの改良

  • Git および GitHub アカウントを ReadyAPI に保存して簡単にアクセスできるようになりました。 これは、複数のアカウントを使用するユーザーにとって特に便利です。

    ReadyAPI で接続された Git アカウント
    クリックして拡大表示

  • プロジェクトをリポジトリに接続する方が簡単になりました。ReadyAPI は、アカウントで使用可能なリポジトリを表示するので、名前または説明のフレーズでリポジトリを検索し、視覚的にリポジトリを選択できます。 ReadyAPI はリポジトリの URL を自動的に取得します。

    GitHub リポジトリの選択
    クリックして拡大表示

  • また、プロジェクトをリポジトリから簡単に切断したり、別のリポジトリに接続したりすることもできます。

 

 

SoapUI の強化

  • バンドル ライセンスでは、Test Runner ユーティリティでテストを実行できるようになりました。

 

VirtServer の強化

VirtServer コマンドライン ユーティリティには、2 つの改善点があります。

  • ユーティリティを使用して、各アクションの後にVirtServerインスタンスを再起動せずにユーザーを作成および編集できます。

  • VirtServerコンピューター(その名前またはIPアドレス)は最初のコマンドでのみ指定でき、それ以降の呼び出しではスキップできます(つまり、-sオプションをスキップできます)–ユーティリティは以前に使用したVirtServerホストにコマンドを自動的に送信します 。

コマンドライン インターフェイス ユーティリティ も参照してください。

 

 

その他

 

終了したサポート

  • ReadyAPI は、Windows Server 2008 R2 のサポートを終了しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.2 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.1 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.2 の新機能

 

SoapUI の強化

  • SoapUI テストケースを Zephyr テストにすばやく簡単にリンクできるようになりました。 これを行うには、プロジェクト エディターの新しい Map to Zephyr ボタンをクリックし、1 つのダイアログですべてのテストケースをリンクします。

    Map API test cases to Zephyr tests easier
    クリックして拡大表示

    以前のバージョンでは、必要なすべてのテストケースを確認して、それぞれのテスト ダイアログを開く必要がありました。 ただし、このアプローチは、個々のテストケースを Zephyr テストにリンクするときでも役立ちます。

    新しいダイアログボックスのすべてのドロップダウン リストはクイック検索をサポートしています。入力を開始するだけで、アイテムをすばやく検索できます。

 

 

LoadUI の強化

  • AppDynamics モニターは、プロキシの背後で動作する AppDynamic サービスからデータを取得できるようになりました

 

VirtServer の強化

  • セキュリティの改善。 VirtServer は、一時的なトークンを使用してユーザーを認証するようになりました。 初期接続にはアカウント名とパスワードを使用し、各コマンドでそれらを送信しません。 これは、VirtServery とのやり取りに影響します。

    • コマンドラインから virtserver-cli.bat/.sh ファイルと対話します。 以前のバージョンでは、コマンドラインから VirtServer インスタンスに送信したコマンドでユーザー アカウントとパスワードを指定していました。 このバージョンでは、新しい  -login コマンドを使用して VirtServer にログインし、認証情報を渡さずに他のコマンドを実行します。 VirtServer コマンドライン引数も参照してください。 以前のアプローチは非推奨です。 これを実行しようとすると、VirtServer は警告メッセージを返します。

    • UI からの接続:

      • VirtServer Web UI: 以前のバージョンと同様に、Web インターフェースにログインするときにのみ資格情報を入力します。 この改善は内部コミュニケーションにのみ影響します。

      • ServiceV: ServiceV から VirtServer に接続するには、以前と同じようにユーザー名とパスワードを入力します。 ただし、内部では、新しい ServiceV バージョン 3.2 はこれらの資格情報を通信に使用しません。 代わりに、認証トークンを使用します。

         この新しい通信方法により、ServiceV の以前のバージョンは廃止されました。 ServiceV ver 1.5 およびそれ以前はサポートされなくなりました。 それらから新しい VirtServer インスタンスに接続することはできません。 ServiceV ver 1.5-3.1 がサポートされていますが、セキュリティを向上させるためにバージョン 3.2 にアップグレードすることをお勧めします。

  • LDAP サポート。 今回、VirtServer を LDAP サーバーに接続できるため、ユーザーは LDAP 資格情報を使用して VirtServer にログインできます。 詳細については、LDAP 接続の構成を参照してください。

  • Web インターフェースで VirtServer プロファイルを管理できます。

  • Web UI には、UI の改善がいくつかあります。

 

 

全体的な強化

  • Environments ドロップダウン リストのアイテムの順序は、[Environments] ダイアログのアイテムの順序と一致します。 これは、必要な順序を設定できることを意味します。たとえば、頻繁に使用する環境をリストの一番上に配置し、環境をすばやく切り替えることができます。

    Ordering environments in ReadyAPI 3.2
    クリックして拡大表示

  • ReadyAPI は環境の順序をプロジェクト ファイルに保存するので、プロジェクトを再度開いた後にリセットされません。

 

その他

  • Custom Properties ペインのタイトルに、編集中のテストケース、スイート、またはプロジェクトの名前が含まれるようになりました。 したがって、パネルに表示されるカスタム プロパティを簡単に理解できます。

  • ReadyAPI 3.2 には、バージョン 3.1 で使用されていたいくつかのライブラリの新しいバージョンが含まれています。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照している場合は、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告された いくつかのバグ を修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.1 には、API テストをより簡単かつ強力にするための多くの改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョンである ReadyAPI 3.0 に関連する変更点のリストです。他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.1 の新機能

 

全体的な強化

ReadyAPI 3.1 の全体的な強化は以下の通りです。

  • GraphQL クエリおよびミューテーションのリクエストエディタで新しい  Code Completion (コード補完) ウィンドウを使用して、GraphQL テストをより迅速に作成できるようになりました。 このウィンドウは、GraphQL スキーマで宣言されたフィールドとオブジェクトを表示し、すばやく挿入するのに役立ちます。 ウィンドウを呼び出すには、CTRL + SPACE を押します。

  • AWS署名認証タイプに署名済みヘッダーを使用できるようになりました。

  • 悪意のあるコードの実行から保護するために、ReadyAPI はデフォルトでプロジェクトの Load および Save スクリプトを無効にします。 必要に応じて、 Global Security 設定でこの動作を変更できます。

  • 新しい Format JSON メニュー項目を使用して、REST リクエストの本文の JSON データをフォーマットし、きれいにします。 この新しいアイテムは、リクエスト コンテンツ エディターのコンテキストメニューにあります。

    Pretty print JSON payload
    クリックして拡大表示

 

SoapUI の強化

  • 新しいリクエスト テスト ステップを作成するためのダイアログボックスが改善されました。 これで、REST および SOAP ステップをより簡単かつ迅速に作成できます。

    Add New REST Request test step dialog
    クリックして拡大表示

 

VirtServer の強化

  • セキュリティを向上させるために、VirtServer には 2 種類のユーザーが追加されました。仮想サービスを操作する regular (一般) ユーザーと、ロギングオプションなどの VirtServer 設定の変更、ライセンス情報の表示したり、ユーザーを管理する administrator (管理者) ユーザーです。

  • VirtServer Web インターフェースには、ユーザー管理用の新しいページがあります(管理者ユーザーが使用できます)。

  • VirtServer は、ユーザー情報を .txt ファイルではなくデータベースに保存するようになりました。

 

その他

  • ReadyAPI 3.1 には、バージョン 3.0 で使用されていた「一部のライブラリ」の新しいバージョンが含まれています。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照する場合、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

 

終了したサポート

  • ReadyAPI は、32-bit の Windows オペレーティング システムのサポートを終了しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る


ReadyAPI の各コンポーネントの新機能

ReadyAPI 3.0 は新しいテクノロジーをサポートし、API テストをより簡単かつ強力にする多くのエキサイティングな改善が含まれています。 以下は、製品の以前のバージョン (ReadyAPI 2.8) からの変更点のリストです。 他のバージョンに加えられた変更については、バージョン履歴を参照してください。

バージョン 3.0 の新機能

 

直感的で洗練された UI

ReadyAPI 3.0 の外観は新しくなり、一般的なタスクが合理化され、製品のほとんどを簡単に利用できるようになりました。 この変更は多くの領域に渡ります。

  • すべてのプロジェクト コンテンツ (API、機能テスト、負荷テスト、仮想サービス) が、ナビゲーター パネルの 1つのツリーに統合されました。

    New project view in Navigator panel
    クリックして拡大表示

  • 新しいメニューにより、新しいテスト ステップを簡単に作成できます。

    New menu in Navigator panel
    クリックして拡大表示

  • 環境の作成と変更がより簡単で直感的になりました。

  • REST および SOAP テスト ステップ。

  • メイン ツールバーには新しいボタンがあります。

  • 更新された [新規プロジェクト] ダイアログボックスでは、テスト プロジェクトをより迅速に作成できます。

  • その他

変更の詳細については、次のビデオをご覧ください。

 

SoapUI で GraphQL をサポート

GraphQL Web サービスのサポートを再設計し、大幅に拡張しました。

  • これで、ReadyAPI で GraphQL スキーマを開き、テストで使用できるクエリ、突然変異、型、およびスカラーに関する完全な情報を取得できます。

    GraphQL schema in ReadyAPI
    クリックして拡大表示

  • 2 つの新しい特別なテスト ステップ (GraphQL Query と GraphQL Mutation) を使用すると、GraphQL サービスにテスト リクエストを簡単に送信できます。 リクエスト エディターを使用すると、リクエスト データと変数を簡単に設定できます。

    New GraphQL test steps
    クリックして拡大表示

  • 必要に応じて、1 回のマウス クリックで GraphQL リクエストのコンテンツをサービス スキーマに対して検証できます。

    Validating GraphQL requests
    クリックして拡大表示

    エディターの Response セクションには、GraphQL サービスが要求されたデータと機能を期待どおりに確実に返すようにするための同様のコマンドがあります。

    Validating response of GraphQL services
    クリックして拡大表示

  • Environment および Auth マネージャーは、GraphQL サービスをサポートしているため、GraphQL テストの複数のパラメーターを一度に変更できます。.

Testing GraphQL Services をご参照ください。

 

LoadUI での AppDynamics をサポート

LoadUI には、AppDynamics アプリケーションのメトリックの取得に役立つ新しい AppDynamic モニターが含まれています。 詳細については、「新しいモニターの説明」を参照してください。

 

VirtServer の改善

VirtServer には、より柔軟で安全な作業環境を作成できるようにする多くの新しい設定があります。

  • セキュリティを向上させるために、VirtServer では、ユーザー パスワードに少なくとも 6 つの記号と、少なくとも 1 つの大文字と 1 つの数字が必要です。 パスワードがこれらの新しい要件に従っていない場合、VirtServer はログイン後にパスワードを更新することを提案します。

    新しいセキュリティ モードはデフォルトでオフになっています。 これを有効にするには、VirtServer 設定ファイルの新しい passwordComplexityMode を変更します。

  • ブルートフォース攻撃 (総当たり攻撃) を防ぐため、VirtServer は 5 回ログインに失敗した後にユーザーをロックアウトするようになりました。 ロック期間は、VirtServer の新しい lockoutTimeout 設定によって指定されます。 タイムアウトが終了する前にユーザーを有効にするには、管理者がコマンドラインからユーザーのパスワードを変更する必要があります。

  • さらに、ユーザーセッションの期間を制限できます。 デフォルトでは、VirtServer は、非アクティブな状態が 60 分間続くと、Web UI ユーザーセッションを自動的に終了します。 また、アクティビティに関係なく、8 時間を超えるセッションは許可されません。

    これらの値は両方とも構成可能です。 これらを変更するには、VirtServer 設定ファイルの idleTimeout と sessionTimeoutLimit 項目を編集します。 もう 1 つの新しいオプション sessionTimeLimitEnabled は、新しいセッション制限機能をオンまたはオフにします。

 

その他

  • Jenkins プラグインは  tags をサポートするようになりました。 Jenkins からの ReadyAPI テストの実行を参照してください。

  • ReadyAPI 3.0 には、バージョン 2.8 が使用した「一部のライブラリ 」の新しいバージョンが含まれています。 スクリプトがこれらのライブラリのクラスを参照する場合、スクリプトを更新する必要がある場合があります。

  • お客様から報告されたいくつかのバグを修正しました。

 

このバージョンの新機能の詳細トップに戻る

ページ トップに戻る