SwaggerHub - プラグイン

» SwaggerHub: (主な機能に戻る)

プラグインは、既存のツールセットへの接続を使用して API ライフサイクルを推進するための賢い方法です。これらの統合は、開発者のコントロール下で SwaggerHub の機能を拡張するために API 定義に追加できるソフトウェアの一部です。

SwaggerHub は現在、GitHub Sync と Webhooks の 2 つの統合を提供しています。

GITHUB SYNC

GitHub Sync を使用すると、生成されたコードを GitHub リポジトリと自動的に同期させることができます。つまり、ダウンロードやコードの統合、構成の複雑化、スクリプトの作成がなくなります。生成するターゲット、GitHub リポジトリ情報、ファイル/フォルダ情報を指定するだけで、クライアントとサーバーは Swagger 定義で常に最新の状態になります。クライアントとサーバーは、1 つまたは複数のリポジトリにプッシュすることができます。

この短いビデオをチェックして、GitHub の同期の仕組みをご覧ください。

これは非常に強力な機能で、接続作業や忙しい作業をプロセスから排除し、開発者が多くの顧客やサービスを作ることに集中できるようにします。

WEBHOOKS

Webhooks を使用すると、関心のあるライフサイクル イベント中に独自のサービスと統合をトリガーすることができます。トリガーされると、Swagger 定義は、いくつかのイベントに対して定義したサービスにプッシュされます。ビルド、単体テスト、開発者への電子メールなど、SwaggerHub Webhooks の自動化シナリオを実現することができます。

これらは SwaggerHub が提供するプラグインの一部です! ビルドを始めましょう!

 

ページ トップに戻る