TestComplete 12.10 の新機能

2016年 10月 12日リリース

 

このトピックでは、TestComplete 12.10 における変更を記載しています。

他のバージョンで追加された機能の詳細については、「TestComplete バージョン履歴」をご参照ください。


Web テストの強化

モバイル テストの強化

デスクトップ テストの強化

全体的な改善

終了した サポート

 

Web テストの強化

  • Edge サポートの強化。 TestComplete 12.1 は、Microsoft Edge Web ブラウザーの最新バージョン - Windows 10 Anniversary Update をサポートします。加えて、Edge での Web テストの記録と Web コントロールの認識を強化しました。

  • Firefox 48, 49、および Chrome 53 のサポート。 これらの主要なブラウザーも最新バージョンで表示される Web ページの自動テストを作成して実行することができます。

    さらに、Firefox の 64 ビット版のサポートを TestComplete に追加しました (32 ビット版は従来のバージョンでサポートされています)

  • 最新の Web コントロールのバージョンをサポート:

    • MooTools version 1.6.0

    • Telerik Q2 2016 controls for ASP.NET および Silverlight

 

モバイル テストの強化

iOS 10 のサポート。 この iOS バージョンを実行している iOS デバイス上のアプリケーションのテストを記録し、実行することができます。

 

デスクトップ テストの強化

  • Embarcadero RAD Studio 10.1 Berlin のサポート。 このバージョンの RAD Studio で作成された32 ビットおよび 64 ビットの Delphi および C++Builder アプリケーションの自動テストを記録して、実行することができます。

  • WPF テスト オブジェクト用の新しい WPFControlAutomationId プロパティ。 このプロパティは、テストするアプリケーションのソースコード内のコントロール用に開発者が設定した WPF コントロールの AutomationIdProperty プロパティ値を返します。TestComplete は、name mapping 用にこのプロパティを使用します。  これは、アプリケーションのソースコードでプロパティが設定され、より信頼性の高いコントロール認識を提供します。

  • 最新バージョンの Infragistics および Syncfusion コントロールとコントロール ライブラリーをサポート:

    • Infragistics NetAdvantage 2015 Vol.1 および 2016 Vol. 1 for Windows Forms

    • Syncfusion Essential Studio 14.1

 

全体的な改善

  • TestComplete インストーラーの更新。 インストール ウィザードを更新しました。これにより、インストールする TestComplete モジュールおよびコンポーネントの選択が必要なくなりました。インストール ウィザードは、自動的に使用可能なすべてのコンポーネントをコピーします。TestComplete および TestExecute のインストールがさらに簡単に迅速になります。

  • Visual Studio 統合ファイルおよびモジュールの個別インストール パッケージ。 タスクの一部は前述したように、Visual Studio 統合ファイルとモジュールが個別のインストーラーに移されました。これは TestComplete (および TestComplete) と一緒に出荷されます。製品をインストールした後で、製品のフォルダーで見つけることができます:

    <TestComplete 12>\VS Integration\VSIntegration.exe
    (<TestExecute 12>\VSIntegration\VSIntegration.exe for TestExecute)

    Visual Studio 統合機能を使用するコンピューターに TestComplete をインストールした後で、このインストーラーを実行してください。

    注意: 以前のバージョンの TestComplete (または TestExecute) を Visual Studio 統合機能を有効にしている場合、製品バージョンを最新のこのバージョンにアップデートすると、統合機能が削除されます。統合機能を有効にするには、統合パッケージをインストールして、インストール ウィザードで利用する Visual Studio のバージョンの統合を選択します。

  • よりスマートな Data-Driven Loop (データ ドリブン ループ) ウィザード。Data-Driven Loop ウィザードの最後のステップで、操作パラメーター値を設定するためにどのデータ列を使用するかを指定できます。ウィザードを強化したため、自動的にパラメーターを同じ名前を持つデータ列にマッピングします。これによりデータドリブン テストを作成するとき、ハードコードされたデータをデータソースの値と簡単に交換できます。

  • 更新されたクイック ツアー。 習得時間を短かくし、すばやくデスクトップおよび Web アプリケーション用の自動テストを作成することを助けます。"クイック ツアー" を実行するには、TestComplete の Start page の “Quick Tour” をクリックします。

  • Test Visualizer がどのデータをキャプチャーするか制御するオプションが変更されました。

    Test Visualizer を完全に無効にすることができます。あるいは、記録およびテスト実行中に画像をキャプチャーすることを指示できます。Test Visualizer にその画像がキャプチャーされるテストするオブジェクト上のデータを収集することを指示するには、さらに Capture tested objects プロパティ オプションを有効にする必要があります。

  • お客様から報告された多数の不具合を修正しました。

 

終了したサポート

Connected および Self-Testing アプリケーション テクノロジーは、推奨されていません。これらは、TestComplete の初期のバージョンで複雑なテスト タスクを実行するために、TestComplete の制限を回避するために追加されていました。製品が進化するにつれ、より多くの機能が追加され、これらの機能は古くなりました。TestComplete の将来のリリースで削除されます。これらを使用して新しいテストを作成することを推奨しません。これらのテクノロジーを実行させるタスクを実行するために TestComplete の他の機能を使用できます (詳細は、Connected Applications - Overview をご参照ください)。別個のアプリケーションで実行するテストを作成するには、開発者向けの機能テスト ツールである TestLeft を使用することもできます。

 

TestComplete 12 の最新機能および改良された機能の詳細については、TestComplete 12 リリースノートおよびオンラインヘルプをご参照ください。

ページ トップに戻る