TestComplete 12.20 の新機能

2017年 1月 17日リリース

 

このトピックでは、TestComplete 12.20 における変更を記載しています。

他のバージョンで追加された機能の詳細については、「TestComplete バージョン履歴」をご参照ください。

CrossBrowserTesting.com との統合

モバイル テストの強化

その他の変更点

サードパーティ製コントロールのサポートの強化

 

CrossBrowserTesting.com との統合

CrossBrowserTesting.com は、仮想のデスクトップ マシンや、モバイル デバイスの環境を提供するオンラインのテスト サービスです。Web アプリの機能テストに活用いただけます。

このバージョンの TestComplete は、このサービスと統合し、異なるオペレーティング システムおよび画面の解像度上での様々な Web ブラウザーでの Web アプリのテストを簡単にします。

つまり、Web アプリのテストのためにブラウザー、オペレーティング システム、解像度を組み合わせた構成を得られ、ユーザー側でテスト環境を用意する必要がありませんので、環境を用意するコストや、メンテナンスの工数を削減できます。

また、複数の環境に対してテストの並列実行が行えますので、テストの所要時間の短縮にもつながります。

TestComplete を CrossBrowserTesting.com と統合するには、今回のバージョンから新しく追加された Environment Manager を利用します。TestComplete のユーザーインターフェイス、コマンドライン、COM インターフェイス経由からテストを実行できます。 詳細については、オンラインヘルプの Integration With CrossBrowserTesting.com をご参照ください。

 

モバイル テストの強化

Android テスト

  • Android 7 のサポート

iOS テスト

  • iOS 10.1 および 10.2 のサポート

  • Xcode 8.1 アプリケーション テストのサポート

  • Xamarin Studio 6.1.1 および 6.1.2. で作成した Xamarin.iOS アプリケーション テストのサポート

  • Xamarin Studio 内で Xamarin.iOS アプリケーションの手動インストルメンテーション

 

その他の変更点

  • Windows Server 2016 のサポート: Microsoft Windows Server 2016 で、アプリケーションが正しく動作するか確認するために、テストを記録および実行することが可能になりました。

  • Firefox 50 と Google Chrome 55 のサポート: これらの Web ブラウザーの最新バージョンで Web アプリケーションのテストの作成と実行が可能になりました。

  • Visual Studio との統合の強化: TestComplete の Visual Studio 統合パッケージは、新しいビルドステップを TFS 2015 に追加 (TestComplete テスト結果をパブリッシュ) します。これは、チームビルドからの TestComplete テスト結果のパブリッシュを簡単にします。

  • 多数の不具合修正

 

サードパーティ製コントロールのサポートの強化

バージョン 12.2 では、以下のコントロールおよびライブラリーのサポートが強化されました:

  • Developer Express WPF 16.1.6

  • CodeJock Xtreme Toolkit Pro v17.2

  • ComponentOne C1Command for .NET v2.0.2

  • Janus UIBars Control V4.0.50

  • TMS AdvStringGrid version 8.1.3.0

    TMS AdvGlowButton version 2.4.4.1

 

TestComplete 12 の最新機能および改良された機能の詳細については、TestComplete 12 リリースノートおよびオンラインヘルプをご参照ください。

ページ トップに戻る