TestComplete 14.60 の新機能

2020年 8月 19日リリース

 

TestComplete 14.60 では、Jenkins プラグインの更新、Azure DevOps 統合の改良などが含まれています。 以下は、以前の製品バージョン - TestComplete 14.50 からの主な新機能、強化点のリストです。

他のバージョンで追加された機能の詳細については、「TestComplete バージョン履歴」をご参照ください。

 

 

TestComplete 14.60

Jenkins プラグインの更新

Azure DevOps 統合の改良

その他の強化点

 

Jenkins プラグインの更新

TestComplete Jenkins プラグイン を更新して、(インタラクティブ ユーザー セッションで使用される) ユーザー名とパスワードを、ジョブ構成ではなく Jenkins セキュア クレデンシャル ストア に保存しました。

 

Azure DevOps 統合の改良

Azure DevOps 用の TestComplete テスト アダプターには、すべてのテスト ログをアップロードするか、失敗したログのみをアップロードするかを制御する新しいオプションである Save logs for があります。 つまり、必要に応じて、Azure DevOps に成功したログをアップロードできるようになりました。

 

その他の強化点

  • iOS 13.6 および iPadOS 13.6 のサポート。

  • Firefox 79 および 78 ESR のサポート。

    注意: TestComplete Device Cloud アドオンを使用すると、SafariJxBrowser など、TestComplete で直接サポートされていないバージョンの Web ブラウザーでもテストを実行できます。
  • Infragistics WPF XamDataGrid バージョン 2015 Vol. 1 - 2019 Vol. 1 のサポート。

  • 新しい /NoSummary コマンドライン引数は、/ExportLog の動作を変更して、エクスポートされたテストログからサマリー レポートを省略します。

  • お客様から報告された多くの問題を修正しました。

 

TestComplete 14 の最新機能および改良された機能の詳細については、TestComplete 14 リリースノートおよびオンラインヘルプをご参照ください。

ページ トップに戻る