TestComplete 14.71 の新機能

2020年 11月 20日リリース

 

TestComplete 14.71 では、失敗したテスト項目の再実行、Web テストの改善などがされました。 以下は、以前の製品バージョン - TestComplete 14.70 からの主な新機能、強化点のリストです。

他のバージョンで追加された機能の詳細については、「TestComplete バージョン履歴」をご参照ください。

 

 

TestComplete 14.71

失敗したテスト項目を再実行する

コマンドラインからプロジェクト変数を設定する

クロスプラットフォームの Web テストの改善

Web テストの改善

モバイルテストの改善

その他の強化点

終了したサポート

 

失敗したテスト項目を再実行する

テストログのエラーは、常にテストされたアプリケーションのエラーを意味するわけではありません。テストは様々な理由で失敗する可能性があります: 環境問題、サードパーティサービスの誤動作、システムの遅延などです。テストが合格かどうかを判断する際に、予期せぬ要因を除外するために、失敗したテストを再実行するとよいでしょう。TestComplete には、失敗したテストを簡単に再実行できるようにするための新しい設定が含まれています。

  • エラー時のテスト項目の設定に新しい値が追加されました - Stop and rerun current item (停止して現在の項目を再実行します)。エラー時に自動的にテストを再実行する場合は、これを選択してください。

    Re-running a test item
    クリックして拡大表示

  • また、プロジェクトのすべてのテスト項目で同様の動作を定義することもできます。これを行うには、Playback > On error プロジェクト プロパティで新しい Stop and rerun current item の値を選択し、テスト項目については、プロジェクトの On Error プロパティを使用するを選択します。

    Re-running all test items of a project
    クリックして拡大表示

  • 再試行回数を指定するには、プロジェクトの新しい Playback > Rerun failed test items プロパティを使用します。

詳細は、Stop and Rerun the Current Test Item After an Error をご参照ください。

 

コマンドラインからプロジェクト変数を設定する

コマンドラインからテストを実行する場合、新しい  -pv:variable=value と -psv:variable=value コマンドラインパラメータを使用して、例えば、プロジェクトプロジェクトスイート変数の値を指定することができます。

REM Setting a project variable
TestComplete.exe "C:/My Tests/Project1.mds" -run -pv:browser=Chrome

REM Setting a project suite variable
TestComplete.exe "C:/My Tests/ProjectSuite1.pjs" -run -psv:userName=john.smith -psv:passwordVar=abc123

TestComplete の以前のバージョンでは、テストランナーへの任意のパラメータの解析がサポートされていましたが、新しいアプローチではこの方向に一歩前進しました。新しいオプションはすべてのテストランナーとユーティリティに適用されます: TestComplete、TestExecute、SessionCreator です。

完全な情報は、Passing Variables via Command Line をご参照ください。

 

クロスプラットフォームの Web テストの改善

  • クロスプラットフォームの Web テストを簡単に同時実行できるようになりました。TestComplete の評価ライセンスと商用ライセンスの両方に、Device Cloud Parallel 評価ライセンスが含まれるようになりました。TestComplete のインストール パッケージには、テストを並行して実行するために必要な TestExecute Lite モジュールが含まれています。ユーティリティは TestComplete とともに自動的にインストールされるため、手動でインストールする必要はありません。つまり、クロスプラットフォームの Web テストを並行して実行することに興味があれば、すぐに実行できるようになったということです。

  • XPath 式や CSS セレクタでプロジェクト変数を使用して、テスト済みの Web オブジェクトをマッピングします。これにより、より柔軟で簡単に設定可能なマッピング名を作成することができます。詳細は、XPath Expressions and CSS Selectors を参照してください。

  • 新しい FindElements(...) スクリプトメソッドを使用して、テスト済みの Web オブジェクトを画面上で見つけます。以前のバージョンの TestComplete の FindElement(...) メソッドでは、見つかったオブジェクトを 1 つだけ返していました。新しいメソッドは、検索条件に一致するすべてのオブジェクトを含む配列を返します。新しいメソッドは、Page オブジェクトと個々の Web 要素にマッチするテストオブジェクトの両方に適用されます。

 

Web テストの改善

  • 新しくサポートされるブラウザーのバージョン

    • Firefox 83

    • Chrome 86

  • Chromium Embedded Framework (CEF) バージョン 85.0.4183 で作成されたアプリケーションをサポートします。

    注意: これは、WPF コントロールを使用する CEF アプリケーションには適用されません。これらのアプリケーションでは、サポートされている CEF のバージョンは 84.0.4147 以前です。

 

モバイルテストの改善

  • iOS 14.1 をサポート。この新しいバージョンの iOS で自動テストを作成して実行できるようになりました。

 

その他の強化点

  • UX の改善: メイン ツールバーのアイテムを再編成し、あまり使用されないアイテムをデフォルトで非表示にしました。

  • ライセンス マネージャ ユーティリティのインストーラを改良しました。これにより、大幅に高速に実行されるようになりました。

  • ロギングに関連するキーワードテスト操作の [Additional info (追加情報]) パラメータの名前が [Details (詳細)] に変更されました。

  • お客様から報告されたいくつかの問題を修正しました。

 

終了したサポート

  • Microsoft Source Code Control API を介して Subversion (SVN) をサポートしていたレガシーモジュールを除外しました。このサポートは TestComplete 10.60 以前のバージョンにも存在していました。

    新しい Subversion サポート技術 - TestComplete 11 で導入され、TortoiseSVN を介して動作するもの - はまだ利用可能で、サポートされています。Subversion との統合 を参照してください。

 

TestComplete 14 の最新機能および改良された機能の詳細については、TestComplete 14 リリースノートおよびオンラインヘルプをご参照ください。

ページ トップに戻る