TestComplete 14.73 の新機能

2021年 1月 27日リリース

 

TestComplete 14.73 では、クロスプラットフォーム Web テストの改善などがされました。 以下は、以前の製品バージョン - TestComplete 14.72 からの主な新機能、強化点のリストです。

他のバージョンで追加された機能の詳細については、「TestComplete バージョン履歴」をご参照ください。

 

 

TestComplete 14.73

クロスプラットフォーム Web テストの強化

Web テストの強化

モバイル テストの強化

その他の強化

終了したサポート

 

クロスプラットフォーム Web テストの強化

ローカル ネットワークで動作する Web アプリケーションのテストを作成して実行できるようになりました。以前のバージョンでは、クロスプラットフォームの Web テストでは、一般に公開されている Web サイトにしかアクセスできませんでした。これらのテストは、ローカル ネットワーク内にある Web サイトや、ファイアウォールやプロキシの背後にあるローカル コンピュータ上の Web サイトにアクセスすることはできませんでした。今回からは、 CrossBrowserTesting.com を使用すると、TestComplete から直接、ローカル ネットワークとリモート環境の間に安全なトンネルを開くことができます。これにより、これらの環境で実行されるテストは、ローカル ネットワークまたはローカル コンピュータ上にある Web アプリケーションにアクセスできます。詳細は、「Access Web Applications Behind a Firewall (ファイアウォールの背後にある Web アプリケーションにアクセスする)」を参照してください。

 

Web テストの強化

  • よりスマートな SmartBear Test 拡張機能のインストール。SmartBear Test Extension for Chrome を正しくインストールするために、TestComplete (または TestExecute) のインストールまたはアップデート中に Chrome を終了する必要がなくなりました。これにより、インストール (またはアップデート) プロセスが中断されることがなくなり、インストール終了後すぐに Chrome でテストの記録や実行を開始できるようになります。

    注意:

    • テスト エンジンがアクセスできるようにするには、インストール中に Chrome で開いた Web ページをリロードする必要がある場合があります。

    • この変更は、現時点では Edge Chromium には適用されません。

  • Web アプリケーションでのよりスマートなオブジェクト認識。  TestCompleteは、ラベルによってテキスト領域と入力ボックスのコントロールを識別できるようになりました。 これにより、Web アプリケーション (Salesforce など) でのオブジェクト認識の信頼性が高まり、認識基準が理解しやすくなります。

  • Chromium ベース Edge の完全サポート。製品の以前のバージョンでは、このサポートはベータ版でした。

  • 最新バージョンの Web ブラウザーのサポート:

    • Google Chrome 88

    • Mozilla Firefox 85

 

モバイル テストの強化

  • Android 11 (API Level 30) のサポート。

    注意: Android 11 デバイスでジェスチャーを再生することは現在利用できません。

  • iOS 14.3 のサポート。この新しいバージョンの iOS で自動テストを作成して実行できます。

  • 最新の Xcode リリース – version 12.3で作成された iOS アプリケーションのテスト。

 

その他の強化点

  • .NET Framework version 4.8 で作成された .NET および WPF アプリケーションのテストを自動化できるようになりました。

  • 一部のテスト項目が失敗した場合、テストエンジンはそれを再実行できます。 TestComplete は、これらの再実行の結果をテスト ログの 1 つのノードにグループ化するようになりました。 そのノードを展開して結果を表示します (ノードの横にある小さな赤いアイコンは、子アイテム – 再実行の結果 - があることを示します):

    New items in the test log

    詳細については、Results of Rerun Tests を参照してください。

  • Python スクリプト テストの場合、TestComplete は Python エンジン バージョン 3.8.7 を使用するようになりました。 このバージョンには、TestComplete が以前に使用したバージョン 3.6 と比較していくつかのセキュリティの改善が含まれています。 また、スクリプトでは、新しいエンジン バージョンで導入された構文機能 (割り当て式など) を使用できるようになりました。 Python - 使用法の詳細を参照してください。 Pythonエンジンのバージョンの詳細については、 python.org/doc にあるドキュメントをご覧ください。

  • この TestComplete バージョンからは、すべての新しいプロジェクトでは、[Disable DWM before capturing image (画像をキャプチャする前にDWMを無効にする)] オプションがデフォルトでオフになっています。 このオプションは、TestComplete が Aero テーマを使用するオペレーティング システム (Windows Vista など) でスクリーンショットをキャプチャする方法に影響します。

    このようなオペレーティング システムでテストを作成または実行し、イメージの比較を正しく機能させるために DWM を無効にする必要がある場合は、プロジェクトのオプションを手動でオンにします。 オプション効果の詳細については、「Capturing Images When the Aero UI Theme Is Active (Aero UI テーマがアクティブな場合の画像のキャプチャ)」を参照してください。

  • お客様から報告された いくつかの不具合 を修正しました。

 

終了したサポート

  • Flash Player は、2020年12月31日にサポートが終了しました。最新のブラウザーは、ページ上の Flash と Flex のコンテンツをブロックします。 これにより、TestComplete での Flash および Flex アプリケーションのサポートは非推奨になります。 将来のリリースで削除する予定です。

    これらのテクノロジーのテストは実行されなくなり、Flash および Flex アプリのテストが正しく機能することを保証しません。 それらのバグ修正は提供されません。

  • Edge ベースの WebBrowser コントロール (Chromium 以外のバージョン) のサポートは非推奨になりました。 将来のリリースで製品から削除する予定です。

 

TestComplete 14 の最新機能および改良された機能の詳細については、TestComplete 14 リリースノートおよびオンラインヘルプをご参照ください。

ページ トップに戻る