TestComplete 15.20 の新機能

2021年 12月 16日リリース

 

新バージョンの TestComplete 15.20 では、さまざまな改善がされています。 以下は、以前の製品バージョン - TestComplete 15.10 からの主な新機能、強化点のリストです。

他のバージョンで追加された機能の詳細については、「TestComplete バージョン履歴」をご参照ください。

 

 

TestComplete 15.20

Web テストの改善

モバイル テストの改善

その他の改善

 

Web テストの改善

  • クロスプラットフォームの Web テストに AI ベースの「セルフヒーリング(自己修復)」モードを搭載。 クラウドベースの Web テストが Web ページ上のある要素を見つけることに失敗した場合、AI ベースのアルゴリズムを使って類似の「置き換え」要素を見つけ、実行を継続することができるようになりました。これは、XPath セレクタや CSS セレクタを使用して Web 要素を見つけるローカル Web テストにも有効です。

    この方法で、"The Object Does Not Exist" というエラーでテストが中断されることはありません。その代わり、見つかった代替オブジェクトの情報がテストに報告されるので、見つからないオブジェクトの検索条件を更新することができます。

    Using a replacement object to continue the test run

    詳細は、Self-Healing Tests をご参照ください。

  • ヘッドレス ブラウザーで Web テストを実行。 TestComplete の Intelligent Quality アドオンがあれば、ローカル コンピュータ上のヘッドレス ブラウザーで Web テストを並行して実行することで、より高速で安定した Web テストを実現することができます。

    Running web tests in headless browsers on a local computer

    ヘッドレス ブラウザーを管理するためのドライバのインストールや設定は不要で、アドオンがすべての作業を自動で行います。このようなテストのために、インタラクティブなユーザー セッションを開く必要もありません。

  • クロスプラットフォームの Web テストにおける光学式文字認識 (OCR) のサポートを強化。 Web テストでは、テスト対象の Web ページでレンダリングされたテキストに基づいて、Web 要素に対するユーザーの操作を記録することができます。これは、TestComplete が他の手段でアクセスできない Web 要素、たとえば canvas や svg 要素に対するユーザーアクションをシミュレートする場合に便利です。

    また、CrossBrowserTesting.com のデバイス クラウドで管理されたリモート環境において、デスクトップ版やモバイル版の Web ブラウザーで、このような OCR ベースのテストを実行することができます。

  • CEF サポートの改善。 このバージョンの TestComplete からは、CEF アプリケーションのテストに Chrome DevTools Protocol を使用した新しいアプローチを使用することができます。このアプローチは、 既存のスクリプト インジェクションベースのアプローチの制限を排除します。

    今のところ、この新しいアプローチは、CEF バージョン 88 で利用可能です。

    スクリプト インジェクションベースのアプローチも引き続き利用可能であり、既存のテストは有効です。しかし、テストには新しいアプローチを使用することをお勧めします。既存のテストを新しいアプローチに移行する方法については、Exposing CEF Applications (CEF アプリケーションの公開) を参照してください。

  • Electron および CEF アプリケーションの Alerts、Confirmations、Prompts、Open File ダイアログなどのページダイアログを TestComplete で正しく認識できるようになりました。

  • Site Isolation のセキュリティがすぐに有効になった状態でも、Firefox で動作する Web アプリケーションのテストが可能です。テストを作成および実行する前に Site Isolation を手動で無効にする必要はもうありません。

  • 最新バージョンのブラウザーをサポート。 以下のブラウザーで自動 Web テストを作成、記録、実行することができます。

    • Chrome 96
    • Edge Chromium 96
    • Firefox 95

 

モバイル テストの改善

  • 新しいメジャー OS バージョン基準を使用して、TestComplete が BitBar クラウドで代替モバイル デバイスを検索するために使用するルールを指定することができます。Edit Criteria for Finding Device (デバイス検索の基準編集) ダイアログを参照してください。

 

その他の改善

  • テストエディターの検索ボックスに短いタスクの説明やキーワードを入力することで、達成すべきタスクに最適なキーワードテスト操作を検索することができます。

  • Oracle Forms アプリケーションのオブジェクトをマッピングするとき、TestComplete は、より明確で短いオブジェクトのエイリアスを生成します。新しい名前には、中間オブジェクト (例えば、コンテナ、スクロールボックス、ドローパネル) は含まれません。

  • ユーザーフォームに ColorTheme プロパティが追加されました。このプロパティを使って、ユーザー フォームのカラーテーマ、例えばライトやダークを設定することができます。

  • お客様からご報告いただいたいくつかの不具合を修正しました。

 

TestComplete 15 の最新機能および改良された機能の詳細については、TestComplete 15 リリースノートおよびオンラインヘルプをご参照ください。

ページ トップに戻る