TestComplete の機能

最新バージョンの新機能とバージョン履歴はこちら

 

テストの記録/再生

テストの記録/再生
(クリックして拡大)

TestComplete のレコーディング ボタンをクリックし、後はテストケースに沿ってお客様のアプリケーションを操作することで、キーボードおよび、マウスの操作を自動的に記録していきます。記録が完了した後に、TestComplete が操作内容に基づいたテストシナリオを自動生成します。このテストシナリオをベースに必要に応じて処理を追加し、再生ボタンをクリックすることで、テストが自動実行されます。テストシナリオには、イベントごとのスクリーンショットを含めることができますので、画面の内容を確認しながら操作内容を確認できます。

 

リグレッション テスト (回帰テスト)

リグレッション テスト (回帰テスト)
(クリックして拡大)

TestComplete を使用して、自動化したリグレッション テスト(回帰テスト)を簡単に、素早く実行できます。さらに新たなコード修正による問題の原因をできるだけ早く特定、修正することを確実にする自動ビルド、問題追跡ツールとの統合も可能です。キーワード、スクリプト、ローレベルの機能テストのリグレッション テストを自動化します。実行順序を指定して実行するため、テストまたはテスト コレクションを選択できます。レポートとVisualizer を使用して、素早く問題を特定できます。特定の時間に無人で実行するためリグレッション テストをスケジュールできます。

 

 

チェックポイント

チェックポイント
(クリックして拡大)

チェックポイントとは、テストに予め期待値を用意し、テストの実行時に結果値を取得し、両者のデータを比較する機能です。TestComplete では、様々なタイプのチェックポイントを用意しています。

  • プロパティ チェックポイント
  • オブジェクト チェックポイント
  • リージョン チェックポイント
  • ファイル チェックポイント
  • データベース チェックポイント
  • Web チェックポイント など

例えば、クレジットカード番号の入力欄に、プロパティ チェックポイントで "数字のみ" の条件を設定し、仮に数字以外の文字が入力された際に、アプリケーション側でエラーを返さなかった場合は、チェックポイントでエラーを検出することができます。他にも、リージョンチェックポイントはスクリーンショットを取得し、ピクセル単位で比較を行うことができますので、他のチェックポイントでは比較しづらい画面単位の検証が可能です。

キーワード テストで簡単にテストを作成

キーワード テストの画面
(クリックして拡大)

テストを作成するにあたり、プログラミングの知識は必要ありません。キーワードテスト機能は、アイコンを並べて操作内容を選択するだけでテストの作成/編集が可能です。初心者でも比較的簡単に作成できます。キーワード テスト モードで自動記録を行った場合は、ユーザーの操作(マウス操作、キーボード操作)のひとつひとつを記録し、アイコンと文字を使用してテストを作成していきます。

もちろん作成されたキーワードテストの編集(操作の追加や削除)は可能です。

自動記録機能を使用しない場合は、用意されている "Operation" から任意の操作を選択して、ドラッグアンドドロップをすることで、シナリオを作成することが可能です。各操作の詳細設定はウィザード上で設定いただけます。キーワードテストを使用することにより、テスト作成に掛ける工数を削減できます。

 

 

スクリプト テスト

スクリプト テスト
(クリックして拡大)

テスト シナリオは、スクリプトとノーコードの 2 種類の方法から選択できます。プログラミングによるテストの作成を好まれる方は、TestComplete のプロジェクトの作成時に、JavaScript、Python、VBScript の 3 つのスクリプトより、任意のスクリプトを選択することができます。

テスト対象のアプリケーションの言語と、上記のスクリプトは同じ言語を用いる必要はありませんので、例えば、Java アプリケーションのテスト シナリオを Python で作成することも可能です。そのため、テストツールに合わせて新たなスクリプト言語を習得する必要はなく、使い慣れたスクリプトをご使用いただけます。

Windows アプリと Web アプリ、モバイル アプリに対応

Windows アプリと Web アプリ、モバイルアプリに対応
(クリックして拡大)

TestComplete は、VB6 や .NET、Java、Delphi など、Windows 上で動作するさまざまなデスクトップ アプリケーション、Web ブラウザーを介して操作が行える Web アプリケーション、また、iOS および Android アプリケーションのテストの作成および実行を PC 上で行えます。

デスクトップ、Web、モバイルのそれぞれのテストに必要な製品構成および詳細は、こちらをご参照ください。

 

 

オブジェクト ブラウザー

オブジェクトブラウザー
(クリックして拡大)

TestComplete は、Windows 上で動作するプロセスを検出し、対象のアプリケーションのプロパティ、メソッドの情報を取得することが可能です。オブジェクト ブラウザーにより得られたこれらの情報を元に、手動でテスト シナリオに操作を追加したり、チェックポイントの設定で用いることが可能です。

クロスブラウザーに対応

クロスブラウザー
(クリックして拡大)

ひとつのブラウザーで作成したテストを、Internet Explorer、Chromium Edge、Firefox、Chrome のブラウザーで実行可能です。ブラウザごとにテストを作成する必要はありません。

テストを記録後、使用するブラウザーを選択して、テストを再生するだけで、簡単に異なるブラウザーでのテストが可能です。

 

 

Excel のデータをテスト内で使用可能

データドリブン テスト
(クリックして拡大)

テストで使用するデータは Excel やリレーショナル データベースから取得できます。入力項目や、リストボックスなどから選択する値は変数として定義し、変数には上記のデータソースに格納されているデータを使用します。これにより、ひとつのテストシナリオで異なる複数のデータを用いたテストを実行できます。

サードパーティ製コントロールの拡張サポート

サードパーティ コントロール
(クリックして拡大)

UI コントロールに、サードパーティ製のコントロールを使用している場合、テストツールからはコントロールを認識できない場合があります。TestComplete では、いくつかのサードパーティ製のコントロールも拡張サポートしているため、これらのコントロールの認識はもちろん、プロパティの情報なども取得が可能です。

サポートするコントロールの一覧は こちらのページでご確認いただけます。

 

 

Jenkins との統合

Jenkins との統合
(クリックして拡大)

ビルド管理アプリケーションの Jenkins から TestComplete テストを実行するためのプラグインが提供されており、Jenkins 上で TestComplete のテストの実行やテスト結果の確認が行えます。これにより、既存の Jenkins を使用した CI 環境に TestComplete のテストを組み込むことが可能になります。また、API 経由でテスト結果を取得したり、MHT 形式でテストログをエクスポートすることもできます。

詳細は、こちらのページへ ≫

テスト ログ

テスト ログ
(クリックして拡大)

テストを実行後、ログが出力され、実行した内容、エラーの有無、エラーが発生した場合は、関連する詳細な情報を取得できます。ログにはスクリーンショットを含めることができ、また、ログをダブルクリックすることで、テスト シナリオの対象行にジャンプするため、エラーが発生した操作箇所の特定を容易にします。ログは、HTML 形式で出力することが可能であるため、TestComplete のアプリケーションがインストールされていない環境でも、ブラウザーを使用してログを確認することが可能です。

 

 

バッチ処理

バッチ処理
(クリックして拡大)

TestComplete はバッチ処理でのテストの実行、終了、ログの出力をサポートしていますので、Windows のタスクマネージャーなどのタスク管理ツールと併用していただくことで、夜間のバッチ処理によるテストの実行も可能です。

パフォーマンス カウンター

パフォーマンス カウンター
(クリックして拡大)

テスト中の CPU の使用率、メモリの使用率/使用量などの情報を取得して、ログに記録することが可能です。グラフ形式で表示され、テスト実行中のイベントごとに時系列に結果が表示されるため、パフォーマンスが著しく悪い場合は、どのイベントで問題が生じているかを比較的容易に特定することが可能です。これらの情報は、OS のパフォーマンスカウンターから得られた情報を使用しており、Windows 以外にも、Unix、Linux、Apache のサーバーからの情報も取得可能です。

 

 

SAP のテストを簡単に自動化

動的なテストの自動化により、頻繁なアプリケーションのアップグレードや複雑な SAP の設定によるリスクを軽減します。

 

詳細

 

 

 

 

 

ページトップへ