SpreadsheetGear 製品の使い方でよくある質問

SpreadsheetGear 製品の使用方法 (API 関数の呼び出しなど) ついてよく寄せられる質問です。


オンライン サンプルの DataTable to Excel Workbook または DataSet to Excel Workbook with Formats and Formulas を参照してください。

注意:サンプルで生成された Excel ファイルを表示するためには、MS Excel がクライアントにインストールされている必要があります。

            // Excel ファイルからワークブックを生成
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook("myfile.xls");

            // 既存の定義名から DataSet を取得する
            DataSet dataSet = workbook.GetDataSet("mydefinedname", SpreadsheetGear.Data.GetDataFlags.FormattedText);
          
オンライン サンプルの Excel to DataGrid を参照してください。
SpreadsheetGear 製品には、C# および VB.NET でコーディングされた SpreadsheetGear Explorer サンプル ソリューションが用意されています。これは、Visual Studio 2008、2010、2012、2013、2015、2017 環境における Windows Forms アプリケーションでの SpreadsheetGear の使用方法を理解するのに役立ちます。詳細は、Windows Forms Spreadsheet Control Samples (英語) を参照してください。
            // コンテキスト メニューを使用不可にする
            workbookView1.ContextMenuStrip = null;

            // コンテキスト メニューを差し替える
            workbookView1.ContextMenuStrip = myContextMenuStrip;
          
オンライン サンプルの Excel Workbook Consolidation を参照してください。
オンライン サンプルの Custom Functions を参照してください。

オンライン サンプルの Excel グラフ出力サンプルを参照してください。

注意:サンプルで生成された Excel ファイルを表示するためには、MS Excel がクライアントにインストールされている必要があります。

オンライン サンプルの Basic Chart を参照してください。

注意: サンプルで生成された Excel ファイルを表示するためには、MS Excel がクライアントにインストールされている必要があります。

オンライン サンプルの Excel Report with Picture を参照してください。

注意: サンプルで生成された Excel ファイルを表示するためには、MS Excel がクライアントにインストールされている必要があります。

オンライン サンプルの Group, Outline and Summarize to Excel を参照してください。

注意: サンプルで生成された Excel ファイルを表示するためには、MS Excel がクライアントにインストールされている必要があります。

            public static IWorkbook OpenWorkbook(System.IO.Stream stream)
            {
              // ストリームからワークブックを読み込み、それを返す
              return SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbookSet().Workbooks.OpenFromStream(stream);
            }

            public static void SaveWorkbook(System.IO.Stream stream)
            {
              // ワークブックを生成してストリームに書き込む
              IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
              workbook.SaveToStream(stream, SpreadsheetGear.FileFormat.Excel8);
            }
          
            // ワークブックを生成して、最初のシートを選択する
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets["Sheet1"];

            // セル A1 にハイパーリンクを追加する
            worksheet.Hyperlinks.Add(worksheet.Cells["A1"], @"http://www.spreadsheetgear.com", null, "My Screen Tip", "My Hyperlink Text");
          

注意:ハイパーリンクは Web ページ、Email アドレス、ワークブック ファイル、または現在のワークブック内のセル範囲にリンクを設定することができます。また、ハイパーリンクは HYPERLINK 関数でも生成することが可能です。

            // ワークブックを生成する
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();

            // 最初のデフォルトのワークシートを取得、名前を設定し、数式を追加する
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets[0];
            worksheet.Name = "MyFirstSheet";
            worksheet.Cells["A1"].Value = 123.456;

            // 2 番目のワークシートを追加し、名前を設定し、数式を追加する
            worksheet = workbook.Worksheets.Add();
            worksheet.Name = "MySecondSheet";
            worksheet.Cells["A1"].Formula = "=MyFirstSheet!A1 * 2";
          
            // ワークブックの生成
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();

            // 最初のワークシートを取得、名前を付ける
            IWorksheet mySheet = workbook.Worksheets[0];
            mySheet.Name = "MySheet";

            // セル A1 を参照する定義名を生成する
            INames names = workbook.Names;
            names.Add("MyName", "=MySheet!$A$1");

            // 定義名から IRange を取得する
            IRange cell = names["MyName"].RefersToRange;
          
            // ワークブックの生成と最初のワークシートの取得
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets["Sheet1"];

            // IRange の取得と乱数の設定
            IRange rangeValues = worksheet.Range["A1:A10"];
            rangeValues.Formula = "=RAND() * 10000";

            // IRange の取得と、値の合計を求める数式の追加
            IRange rangeFormula = worksheet.Range["A11"];
            rangeFormula.Formula = "=SUM(" + rangeValues.Address + ")";

            // 演算結果を出力
            System.Console.WriteLine("Sum = " + rangeFormula.Text);
          
            // ワークブックの生成と最初のワークシートの取得
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets["Sheet1"];

            // セル範囲を結合
            worksheet.Cells["A1:D2"].Merge();
          
            // ワークブックの生成と最初のワークシートの取得
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets["Sheet1"];

            // セルの底辺に罫線を設定
            IRange range = worksheet.Cells["A1:D1"];
            IBorder border = range.Borders[SpreadsheetGear.BordersIndex.EdgeBottom];
            border.LineStyle = SpreadsheetGear.LineStyle.Continous;
            border.Color = System.Drawing.Color.Blue;
            border.Weight = SpreadsheetGear.BorderWeight.Thick;
          
            // ワークブックの生成と最初のワークシートの PageSetup を取得
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets["Sheet1"];
            IPageSetup pageSetup = worksheet.PageSetup;

            // 印刷範囲の設定
            pageSetup.PrintArea = "Sheet1!$B$2:$F$20";

            // 印刷タイトルの設定
            pageSetup.PrintTitleRows = "Sheet1!$1:$1";
            pageSetup.PrintTitleColumns = "Sheet1!$A:$A";
          
            // ワークブックの生成と最初のワークシートの取得
            IWorkbook workbook = SpreadsheetGear.Factory.GetWorkbook();
            IWorksheet worksheet = workbook.Worksheets["Sheet1"];

            // 10 行 x 2 列の値の配列を生成する
            object[,] values = new object[10, 2];
            for (int i = 0; i < 10; i++)
            {
              values[i, 0] = "Row=" + i + " Col=0";
              values[i, 1] = "Row=" + i + " Col=1";
            }

            // 値をワークシートにセット
            // 注意:セル範囲 "A1:B10" は、配列のサイズと一致する必要があります。
            worksheet.Cells["A1:B10"].Value = values;

            // ワークシートから値を取得
            object[,] retVals = (object[,])worksheet.Cells["A1:B10"].Value;
          


ページトップへ