クイックスタート ガイド

 

インストール手順

上記の内容は、Xamarin の統合インストーラを使用して、自動的にインストールに必要なすべての Xamarin コンポーネントを検出して、ダウンロードし、インストールする手順です。
ネットワークの設定によっては、コンポーネントのダウンロードできない場合がございます。その場合には、以下の手動でのインストールをお試しください。

 

Visual Studio から Xamarin をアンインストール

Visual Studio から Xamarin をアンインストール

 

Hello, iPhone

初めての Xamarin.iOS アプリケーション開発 - 入門ガイド
このガイドは、iPhone 向けに基本的な Xamarin.iOS アプリケーションの開発を紹介する入門ガイドです。

初めての Xamarin.iOS マルチスクリーン - 入門ガイド
このガイドでは、Hello, iOS で作成した Phoneword アプリケーションを拡張して、二つの画面を操作します。

 

Hello, Android

初めての Xamarin.Android アプリケーション開発 - 入門ガイド
このガイドは、Android 向けに基本的な Xamarin.Android アプリケーションの開発を紹介する入門ガイドです。

初めての Xamarin.Android マルチスクリーン - 入門ガイド
このガイドでは、Hello, Android で作成した Phoneword アプリケーションを拡張して、二つの画面を操作します。

 

Xamarin Web Service

Xamarin のモバイル プラットフォームで Web Service を利用、設定できる日本語ガイドです。
REST や WCF、SOAP といった Web サービス技術と Xamarin モバイル アプリを統合する方法、Xamarin モバイル アプリで RESTful Web サービスを設定し、利用する基本的な概要を紹介します。

Xamarin Web Service 入門ガイド

 

メモリー管理とパフォーマンスの最適化

ガベージ コレクション対応の環境で起こるクロスプラットフォーム共通の一般的なメモリーの問題とプラットフォーム独自のメモリーの問題を検証します。
また、アプリケーションのレスポンスを維持するためのパフォーマンス テクニックも紹介します。

メモリー管理とパフォーマンスの最適化

 

アプリケーションの配布準備

Xamarin プラットフォームで作成したアプリケーションを一般公開できる状態にするまでの手順をまとめた日本語ガイドです。

 

Shared Project でクロスプラットフォーム アプリ用にコード共有

Shared Project の概要

Shared Project を使用して、Xamarin Studio または Visual Studio のいずれかで、iOS、Android、Windows Phone 間でコードを共有できます。

 

PCL (Portable Class Library) をクロスプラットフォーム アプリのプロジェクトで共有

PCL (Portable Class Library) の紹介

Portable Class Library は、さまざまな .NET プラットフォーム間で利用できます。Xamarin Studio と Visual Studio の両方で PCL の生成と使用ができます。

 

Xamarin のプロジェクトで NuGet を使う

Xamarin のプロジェクトで NuGet パッケージをインクルードする方法

Xamarin のプロジェクトに NuGet をインクルードする方法を紹介します。パッケージの見つけ方、ダウンロード方法や、IDE 統合機能も紹介します。Xamarin 互換として提供されている多くの NuGet パッケージを利用できます。

 

CocosSharp の紹介

CocosSharp は 2D ゲーム開発用のクロスプラットフォーム ライブラリです。CocosSharp は Cocos2D プログラミング モデルと C#、.NET Framework を組み合わせたものです。Xamarin では CocosSharp を簡単にアプリケーションに組み込めるように、Visual Studio と Xamarin Studio の両方で利用可能な NuGet パッケージを提供しています。

CocosSharp の紹介

 

ライセンス オプション日本語ページ公開

Xamarin が Visual Studio に含まれるようになり、既存の Xamarin 開発者、これから新たに Xamarin を使う開発者が、どのライセンスや Edition を使ったらよいか、ウィザード ベースでご案内します。

さらに詳しく

 

Realm Mobile Platform を使用したリアルタイム データベース

Realm と Xamarin を使用して、ユーザーが楽しみながら、リアルタイムで同期するコラボレーション アプリを素早く作成する方法を紹介し、Xamarin ベースの RealmDraw アプリを作り直す方法を紹介します。

さらに詳しく

 

Xamarin から Web 通信を簡単に実装できるコンポーネント /n software IP*Works の入門ガイド

/n software 社の IP*Works! 製品は、Xamarin 開発環境向けに最適化されたフル マネージド C# の WebSocket コンポーネントを提供します。Xamarin と IP*Works! を使用して、Web 通信を行う iOS、Adroud、Mac のクロスプラットフォーム アプリケーションの開発方法を紹介します。

さらに詳しく

 

Xamarin.Forms

 

Xamarin.Forms 入門ガイド

Xamarin.Forms は、クロスプラットフォームのネイティブ UI (ユーザー インターフェース) の開発を支援する抽象化レイヤーを提供し、開発者は Xamarin.Forms を使用して、Android、iOS、Windows Phone 間で共有可能な UI を簡単に作成できます。
本ガイドでは、Xamarin.Forms の概要の紹介と Xamarin.Forms を使用したアプリケーションの作成方法を紹介します。

Xamarin.Forms 入門ガイド

 

VB.NET から Xamarin.Forms を使う

Xamarin では直接 Visual Basic をサポートしていませんが、C# の Xamarin.Forms の PCL ソリューションを作成し、共通コードの PCL プロジェクトを Visual Basic に置き換えることで、VB から Xamarin.Forms を使ってクロスプラットフォーム モバイル アプリをビルドできます。

VB.NET から Xamarin.Forms を使う

 

Xamarin.Forms XAML の基本日本語ガイド公開

モバイル デバイス向けのクロスプラットフォーム開発を始めよう
XAML を知ることで Xamarin.Forms のアプリケーションの開発がよりスピードアップします。
さらに詳しく

 

XML の読み込みのサンプル プロジェクトの紹介

iOS、Android のプロジェクトで XML を読み込むのは、非常に複雑です。以下、XML を読み込んで ListView を表示するサンプル プロジェクトをご参考ください:

 

Xamarin Test Cloud

 

Xamarin Test Cloud 入門ガイド

Xamarin Test Cloud と自動 UI Acceptance Testing の入門編を紹介します。Xamarin Test Cloud の基本的なコンセプトとコンポーネント、開発者が UI テストを自動化できるコードを記述するフレームワークを紹介します。

Xamarin Test Cloud 入門ガイド

 

Xamarin.UITest クイック スタート

UI テストを自動化する Xamarin.UITest を直ぐに始めるのに役立つクイック スタート ガイドを紹介します。
Android と iOS それぞれのプラットフォームでシンプルなアプリケーションのテストを作成する方法を紹介します。

Xamarin.UITest クイック スタート
Xamarin.UITest Android クイック スタート
Xamarin.UITest iOS クイック スタート

 

iOS アプリ開発

 

3D Touch 入門ガイド

iPhone 6s と iPhone 6s Plus デバイスで動作する iOS 9 の新機能 3D Touch ジェスチャーの使用方法を紹介します。
ネイティブ アプリ特有の機能なので、iOS アプリ向け開発者は必見です。

3D Touch 入門ガイド

 

C# で iOS アプリ開発 Objective-C ライブラリも活用可能

Binding Objective-C 概要

Binding (バインディング) によって、Xamarin.iOS で作成した C# のアプリケーションから Objective-C ライブラリを呼び出すことができます。Binding に関するさまざまなドキュメントを紹介します。

 

Xamarin Designer for iOS でカスタム コントロールを作成

Xamarin Designer for iOS の概要

Xamarin Designer for iOS は iOS 用のパワフルなビジュアル デザイナーです。最も画期的な機能の一つとして、デザイン時のカスタム コントロールのレンダリングがあります。これによって、UIKit のコントロールのように、デザイナーで編集できる再利用可能な UI 機能を作成できます。

 

ARKit で AR (augmented-reality、拡張現実) を作成

A9 以降の新しいチップを搭載したデバイス (6S およびそれ以降の iPhone、2017 年リリースの iPad、iPad Pro) で動作する iOS 11 の新機能 ARKit の使用方法を紹介します。これによって、現実世界の水平面に “張り付いた” ように見えるビデオ フィードやコンピューターで生成した画像の合成ビデオを見ることができます。

iOS 11 向け AR 作成ガイド

 

Android アプリ開発

 

Android Marshmallow 入門ガイド

Xamarin.Android を使用して、Android 6.0 Marshmallow の新機能を含むネイティブ アプリの開発に役立つ情報を紹介します。
指紋認証、音声対話などの新機能を含むネイティブ Android アプリの開発を進めるのに必要なツールとパッケージのインストールと設定方法を紹介します。
Android Marshmallow 入門ガイド

 

C# で Android アプリ開発 Java ライブラリも活用可能

Java との統合:概要

Java エコシステムのさまざまなコンポーネントを使用して、Android アプリの開発の工数を削減します。既存の Java のコンポーネントを使用して、Xamarin.Android アプリの開発の効率化を図る方法の概要を紹介します。

 

ARCore で AR (augmented-reality、拡張現実) を作成

Xamarin.Android を使用して、Google Pixel、Google Pixel 2、および Samsung Galaxy S8 などのデバイスで動作する ARCore SDK の使用方法を紹介します。ビルディング ブロックは、モーション トラッキング、平面検出、および光源の推測を含む API を提供します。

ARCore SDK による AR 作成ガイド

 

リリース情報

 

Xamarin 4 リリース

Xamarin の最新バージョン Xamarin 4 がリリースされました。Xamarin 4 では UWP (Universal Windows Platform) のプレビュー サポートを追加した Xamarin.Forms 2.0、iOS アプリ開発用の新しい Mac ビルド ホスト Xamarin Mac Agent、Android と iOS の UI デザイナーの改良など多くの新機能が含まれます。また、Xamarin Test Cloud、Xamarin.Insights とのスムーズな統合を実現し、Xamarin 一つでモバイル アプリのビルド、テスティング、モニタリングまで、最初から最後まで、優れたモバイル アプリをビルドするのに必要な機能をすべて用意しました。

さらに詳しく

 

Android M (Marshmallow) 対応 Xamarin.Android の Stable 版をリリース

Xamarin.Android では Android M SDK に対応し、Android M (Marshmallow) の新機能であるアプリのアクセス権限管理、音声対話、指紋認証機能などを持つ Android ネイティブ アプリを開発できます。
Android M (Marshmallow) 対応 Xamarin.Android の Stable 版をリリース

 

iOS 9 リリースと同じ日に Xamarin は iOS 9 をサポート

2015年 9月 16日に iOS 9.0 GM がリリースされ、Xamarin では同じ日に iOS 9.0 をサポートする Xamarin.iOS をリリースしました。C# 開発者は最近発表された 3D Touch API を含む iOS 9.0 のフル パワーを活用する iOS アプリのビルドが可能です。

iOS 9 のリリースと同じ日に Xamarin は iOS 9 をサポート

 

iOS 9 に対応し、次は tvOS に対応

2015年 9月 9日に Apple 社から多くの新情報の発表がありました。新しい iPhone やよりサイズが大きくなった iPad だけでなく、多くの開発者にとって大きなニュースとしては、新しい Apple TV のニュースで、Apple TV 用に SDK を提供し、Apple TV が AppStore でソフトウェアを提供するデバイス群の一つとなりました。
Apple では、tvOS の開発をサポートする新しい Xcode 7.1/iOS 9.1 beta を発表し、Xamarin では、現在、tvOS をサポートするように対応中です。
さらに詳しく

 

Visual Studio 2015 のリリースと同じ日に Xamarin は Visual Studio 2015 をサポート

2015年 7月 20日に Microsoft は Visual Studio 2015 のファイナル リリースを発表し、Xamarin は Visual Studio 2015 グローバル webcast の記念イベントに参加しました。
正式版の Visual Studio 2015 では多くの新機能や実装を提供し、診断、新しい C# の言語機能、合理化した DevOps 用に TFS との統合の強化などを含み、より簡単に迅速にアプリのビルドが可能になりました。
さらに詳しく

 

Apple 社の 2015年 2月 1日の iOS アプリの 64-bit 対応に関する Xamarin の対応

2014年 10月に Apple 社は、2015年 2月 1日から App Store に登録するアプリには、iOS 8 SDK を使用して 64-bit サポートを義務付ける発表をしました。Xamarin 社では 2月 1日までに新規のアプリの登録またはアップデートの際には、64-bit サポートを追加することを推奨し、64-bit への移植をスムーズにする Unified API の Stable 版の提供を開始しました。詳細は以下の記事を参照してください:

 

iOS / Android の最新機能を使い倒す! - 最新日本語記事紹介

Xamarin は iOS と Android の最新機能にいち早く対応します。今回は、iOS 8 フルサポートの記事と、Android L Developer Preview / Android Wear サポートに関する記事をご紹介いたします。

 

Xamarin Evolve 2014 キーノートで発表された新機能の紹介

10月 6日から 10日まで開催された Xamarin の開発者会議 Evolve 2014 のキーノートでは多くの最新情報が発表されました。
その中でも特に開発者にとって嬉しいニュースとして以下を紹介します:

 

Xamarin.Forms 1.3 新機能の紹介

Xamarin.Forms を使用して、開発者は簡単に Android、iOS および Windows Phone のネイティブ UI をシングルソースで開発することができます。各プラットフォームのネイティブコントロールを使用するため、UI のルック&フィール、パフォーマンスを確保できます。
今回の Xamarin.Forms 1.3 のアップデートで Style、Trigger、Behavior、Application Lifecycle などを含む新機能が追加されました。また、Visual Studio での Xaml 編集における IntelliSence を利用できるパッケージの情報も提供しています。
詳しくは こちらを参照してください。

 

マイクロソフトと Xamarin

 

すべての開発者に Xamarin を | Xamarin for Everyone

2016年 3月 18日に、Microsoft による Xamarin の買収の手続きが公式に完了しました。
Xamarin が Microsoft のチームの一員になることで、より可能性が拡がり、Microsoft Build カンファレンスで Xamarin 製品に関する多くの重大なニュースを発表しました。
さらに詳しく

今回の発表による変更に関する FAQ を更新しました。

 

Xamarin + Microsoft の未来

Microsoft が Xamarin 買収を発表
すべての開発者にとってエキサイティングなニュースです: Xamarin は、Microsoft が Xamarin の買収に最終合意したと発表しました。

さらに詳しく

 

マイクロソフトと Xamarin、グローバル パートナーシップを拡大

2014年 11月 12日に開催されたマイクロソフトの開発者向けオンラインイベント Connect(); のステージに Xamarin 社の Nat 氏と Miguel 氏が登壇し、マイクロソフトと Xamarin の新たなパートナーシップが発表されました。
Visual Studio 2015 Preview で Xamarin のテンプレートを提供、Visual Studio ユーザー向け Xamarin Starter Edition 無償版を提供など、詳細は、 こちらを参照してください。

 

 


Infragistics Infragistics
エンタープライズ向け統合 UI 開発コンポーネント。WinForms、モバイル、Web 用の UI コントロール。
CData ドライバー CData ドライバー
50 以上のデータ ソースへのアクセスをプログラミングなしで可能にするデータベース ドライバー。
SmartBear Software SmartBear
GUI テスト / プロファイラー / 負荷テスト / API テスト: ソフトウェア テストの自動化/工数削減/品質向上。
/n software IP*Works! /n software IP*Works!
クロスプラットフォーム対応のインターネット アプリケーション開発向けコンポーネント スイート。
UXDivers Grial UI Kit
Xamarin Forms 対応の XAML ベースの UI、UX テンプレートを提供
XFINIUM.PDF XFINIUM.PDF
Xamarin 対応のクロスプラットフォーム PDF 開発ツール
Aspose Aspose
.NET/Java で Word、Excel、PowerPoint、PDF などの Office ファイルを操作できる API ライブラリ。
Visual Studio Microsoft Visual Studio
最新の統合開発環境!アプリケーションの迅速かつ高品質な構築を支援する開発環境を提供。