Mac に Xamarin.iOS をインストールする手順

概要

Xamarin の統合インストーラでは、自動的にインストールに必要なすべての Xamarin コンポーネントを検出して、ダウンロードし、インストールします。このチュートリアルでは、Xamarin プラットフォームのインストールに必要な手順と設定、開発環境の設定、および配布の設定方法を紹介します。

必要なコンポーネント

Xamarin.iOS では、Mac OS 10.7 (“Lion”) 以降をサポートしています。

Xamarin.iOS では、最新の XCode を含む最新の iOS SDK が必要です。iOS Developer Center (ログインが必要)、または Mac App Store から最新の Xcode をダウンロード可能です:

Xamarin のインストーラのダウンロード

最初のステップは、Xamarin のインストーラのダウンロードです。ここ からダウンロード可能です。

Xamarin のインストーラの起動

インストーラ *.dmg ファイルを開き、ダブルクリックしてインストーラを起動します:

ステップ 1- 必要なコンポーネントの検出

 

最初のステップは、システムに必要なコンポーネントやダウンロードおよびインストールが必要なコンポーネントがないか、インストーラが検証します。

Xamarin のインストーラは、自動的に、アクティブなネットワーク インターフェースのシステム ネットワーク プロキシの設定を継承します。プロキシを手動で設定するには、アプリケーション > システム環境設定 を開き、ネットワーク アイコンを選択します。最適なネットワーク インターフェースを選択し、詳細ボタンをクリックします。最後に、プロキシ タブで設定値を設定します:

ステップ 2 - コンポーネントのインストール

必要なコンポーネントがシステムにない場合、Xamarin のインストーラは、以下の図のように、必要なインストーラをダウンロードし実行します:

このインストール作業中に、インストールに必要な各コンポーネントに対して必要な権限を確認するメッセージが表示されることがありますので、ご注意ください。

ステップ 3 - インストールの完了

iOS シミュレーターをターゲットとして Xamarin.iOS アプリケーションの開発を始めるには、単純に Launch Xamarin Studio ボタンをクリックしてください。もしくは、配布用に開発デバイスを設定するには、Quit をクリックして、次のセクションに進んでください:

ステップ 4 - アクティベーション

開発を始める際には、インストールした Xamarin をアクティベーションする必要があります。 以下のようにポップオーバーが表示されます:

評価版のお客様は、最初のオプション [Begin Trial] を使用して、30 日間無料の Xamarin Business Edition の評価を開始してください。

既に Xamarin をご購入いただいたお客様は、3 番目のオプション [Log in with a Xamarin Account] をクリックしてください。Xamarin のアカウントのログイン画面が表示されるので、Email とパスワードを入力してください。

アクティベーションが完了後、Xamarin Studio に戻ります。Xamarin Studio にアクティベーションの完了のメッセージが表示されます。

注意: Starter Edition を使用している場合、コンパイルする対象のプロジェクトのサイズが大きいことを表すメッセージが表示されます。その場合、プロジェクトをビルドする場合、ライセンスを購入するか、もしくは Trial Edition を使用してください。既に Indie か Business Edition のライセンスを購入していて、同様のメッセージが表示される場合、Xamarin のアカウントにログインしてください。それでも同様のメッセージが表示される場合、お問い合わせください。

最後に

これで作業は完了です! これから開発を進めるにあたって Device Provisioning をご参考ください (英文)。または、iOS アプリケーションをビルドする最初のステップとして、Hello, iPhone tutorial もご参考ください (英文)。

 


Infragistics Infragistics
エンタープライズ向け統合 UI 開発コンポーネント。WinForms、モバイル、Web 用の UI コントロール。
CData ドライバー CData ドライバー
50 以上のデータ ソースへのアクセスをプログラミングなしで可能にするデータベース ドライバー。
SmartBear Software SmartBear
GUI テスト / プロファイラー / 負荷テスト / API テスト: ソフトウェア テストの自動化/工数削減/品質向上。
/n software IP*Works! /n software IP*Works!
クロスプラットフォーム対応のインターネット アプリケーション開発向けコンポーネント スイート。
UXDivers Grial UI Kit
Xamarin Forms 対応の XAML ベースの UI、UX テンプレートを提供
XFINIUM.PDF XFINIUM.PDF
Xamarin 対応のクロスプラットフォーム PDF 開発ツール
Aspose Aspose
.NET/Java で Word、Excel、PowerPoint、PDF などの Office ファイルを操作できる API ライブラリ。
Visual Studio Microsoft Visual Studio
最新の統合開発環境!アプリケーションの迅速かつ高品質な構築を支援する開発環境を提供。