Windows に Xamarin.iOS をインストールする手順

概要

Xamarin.iOS for Visual Studio を使用して、Windows コンピュータ上で iOS アプリケーションのコードを記述したり、テストすることができ、ネットワーク上の Mac コンピュータを指定して、ビルドや配布が可能です。

このガイドでは、Visual Studio を使用して iOS アプリケーションをビルドするために、各コンピュータで、Xamarin.iOS をインストールおよび設定する手順を紹介します。

以下、Visual Studio で iOS アプリを開発する主な利点です:

  • iOS、Android および Windows アプリケーション向けにシンブル プラットフォーム ソリューションを作成
  • iOS のソースコードを含む、すべてのクロス プラットフォーム プロジェクトに対して Visual Studio のツールを使用 (ResharperTeam Foundation Server など)
  • (既存の Visual Studio 開発者にとって) 使い慣れたコード エディタ、キーボード ショートカットなどを使用

Xamarin.iOS for Visual Studio では、Mac マシン上の Windows 仮想マシン内で起動する Visual Studio の設定もサポートしています (Parallels または VMWare などを使用)。

要件

Xamarin.iOS for Visual Studio は、次の画期的な機能を提供します: Visual Studio IDE を使用して、Windows コンピュータ上で iOS アプリケーションを作成、ビルド、およびデバッグが可能です。ただし、Windows コンピュータ単体では、すべての作業はできません。iOS アプリケーションの作成には、Apple のコンパイラーが必要ですし、アプリケーションの配布には、Apple の証明書やコード署名ツールが必要です。つまり、これらのタスクを完了するには、Xamarin.iOS for Visual Studio のインストールで、ネットワーク上の Mac OS X コンピュータが必要です。設定が終了後、Xamarin のツールは、できるだけスムーズにタスクを実行しますが、Visual Studio が起動する Windows コンピュータ以外にも Mac が必要です。

必要なシステム

以下、必要なシステムです:

Windows

  1. Windows 7 以降のコンピュータ
  2. Visual Studio 2010/2012/2013/2015 の Community を含む Express 以外のエディション
  3. Visual Studio 向けの Xamarin のプラグイン

Macintosh

  1. OS X Lion 以降が起動する Mac コンピュータ (最新バージョンの OS X が推奨)
  2. Xamarin.iOS SDK
  3. Apple の Xcode IDE と iOS SDK (最新バージョンの Xcode および iOS SDK が推奨)

Windows コンピュータは、ネットワーク経由で Mac コンピュータへの接続が必要です。

Apple Developer Account

デバイスへアプリケーションを配布したり、App Store へアプリケーションを申請するには、Apple Developer アカウントが必要です。Xamarin.iOS for Visual Studio を動かす前に、関連する開発者の証明書やプロビジョニング プロファイルを作成し、ネットワーク上の Mac にインストールする必要があります。開発者の証明書やデバイスのプロビジョンの手続きに関しては、Device Provisioning の記事を参照してください (英文)。

特長

Xamarin.iOS for Visual Studio では、Windows から iOS プロジェクトの作成、編集、ビルドおよび配布が可能です。以下の機能が含まれます:

  • 新しい iOS プロジェクトの作成
  • iOS プロジェクトの編集 と Xamarin Android や Windows Phone プロジェクトを含むクロス プラットフォームのソリューションの編集
  • iOS プロジェクトのコンパイル と Xamarin Android や Windows Phone プロジェクトを含むクロス プラットフォームのソリューションのコンパイル
  • iOS アプリケーションの配布とデバッグ、アプリ自体は、ネットワーク上の Mac や Mac へ接続したデバイス上のシミュレータで動作します。
  • Storyborad の作成と編集 詳しくはこちらを参照してください。

制限

現時点では、Xamarin.iOS for Visual Studio では実現できないタスクがあります:

  • Windows 上では iOS シミュレータはありません。 Mac OS X で iOS シミュレータを起動するので、シミュレータでテストする際には Mac の画面に切り替える必要があります。

Mac の設定

インストール

この手順 に従って、対象の Mac ホストで Xamarin.iOS ツールをインストールし、Xamarin のライセンスをアクティベーションします。

ソフトウェアのインストール後、次のセクションの手順に従って、OS X で Xamarin.iOS の設定をして、Xamarin for Visual Studio を接続できるようにします。

設定

インストール後、対象のマシンのファイアウォールを OFF にします (Visual Studio を接続できるようにするため)。以下の手順です:

  1. Apple メニュから システム環境設定… へ移動:

  2. パーソナル セクションで セキュリティとプライバシー を選択:

  3. ウィンドウ上位のセグメント コントロールから ファイアウォール を選択:

  4. ファイアウォールが ON の場合、鍵 (左下) をクリックして、設定を変更できるので、ファイアウォールを切にする をクリックしてください。

これで、対象の Mac が Xamarin.iOS for Visual Studio の Build Host として操作の準備ができました。

iOS Developer の設定

以下のリンクの手順に従って、Xamarin で iOS アプリを開発できるように Mac を設定します。Xamarin Studio または Visual Studio のいずれかを使うにかかわらず、同じ手順です。すでに Xamarin.iOS の開発者の場合には、おそらくこれらの手順は完了しています:

Mac の設定が終了後、次は、Windows コンピュータの設定です。

Windows インストール

最新の Xamarin の統合インストーラをダウンロードし、起動します。

注意: Windows 8 では、必ず管理者としてインストーラを起動してください。

最も簡単な方法は、cmd.exe を右クリックして、管理者として実行… を選択して、コマンド プロンプトを起動し、コマンドラインで MSI のインストーラを実行します: msiexec /i:some_path_to\XamarinSetup.Universal.exe 正しいファイル名を確認してください。

インストーラには Xamarin Bonjour Service (Apple のネットワーク ディスカバリー プロトコル) が含まれ、インストール処理の最後にインストールされます。Xamarin Bonjour Service のインストールには、管理者権限が必要で、管理者権限でのインストールを 2 回確認します。

インストール処理

以下、インストールの手順です:

  1. インストーラの起動時にエラー情報および統計情報を自動的に Xamarin 社へ送信するか選択します:


  2. [Next>] を押下し、インストール処理を開始します:


  3. I agree to license terms のチェックボックスを ON にして、License Agreement の内容に同意します:


  4. Android SDK をインストールする場所を指定します:


  5. ダウンロードおよびインストールする製品の一覧を確認します:


  6. I agree to license terms のチェックボックスを ON にして、Android SDK の License Agreement の内容に同意します:


  7. インストール状況を表すステータス バーが表示されます。各製品のインストール状況が表示されます:


  8. Visual Studio がインストールされている環境の場合は、インストールが完了すると、バックグラウンドで Visual Studio を自動的に実行し、すぐに Android アプリケーションのビルドが開始できるようになります:


以下の図のようにインストールに失敗する場合:

  1. お使いの環境によっては、図のようなエラーメッセージが出て、完全にはインストールが完了しない場合があります:


  2. その場合、うまくインストール出来なかったパッケージを1つずつダウンロードすることができるウィンドウが自動で開きます:


ウィンドウを閉じて、インストーラを終了し、Xamarin で作業を開始します。

Xamarin Bonjour Service のインストール エラー

Xamarin Bonjour Service のインストールが失敗する場合があります。その場合、警告が表示されます。以下のいずれかを実行します:

  1. サービスを手動で開始します。以下のスクリーンショットのように、コントロール パネル > 管理ツール > サービス から Xamarin Bonjour Service を検出し、開始します:

  2. Windows を再起動して、再起動後、サービスが自動的に起動します。

Windows Virtual Machine を使用

Xamarin.iOS for Visual Studio を OS X 上で、Parallels または VMWare などのアプリケーションを使用して、Windows 仮想マシン内で起動することができます。

Retina 搭載 Macbook Pro の Parallels

Retina ディスプレイ搭載の Macbook Pro の Parallels 内で Windows の仮想マシンを使用する場合、Video Hardware Settings を変更して、Scaled 解像度を使用してください。変更しない場合、IDE の一部のエレメントのレンダリングが劣化したり、使い辛い場合があります。

インストールの完了

インストール処理の完了後、すべての機能を有効にするには、まだ以下の手順が必要です:

  • Xamarin Account へのリンク – すべての機能が有効になっていることを確認してください。必要に応じて、新しい Xamarin Account を作成してください。
  • Mac Build Host へ Visual Studio の接続 – Visual Studio で iOS プロジェクトの作業をする前に、Visual Studio を Mac Build Host へ接続する必要があります。
  • Visual Studio Toolbar の設定 – Xamarin.iOS の機能に簡単にアクセスできます。

Xamarin Account へのリンク

すべての機能にアクセスするには、Visual Studio で Xamarin Account へリンクする必要があります (Edition によって使用できる機能が異なります)。

Visual Studio で、ツール > Xamarin Account… メニュー アイテムへ移動して、始めます:

以下の画面が表示され、Login to your Xamarin Account をクリックします。まだ Xamarin Account を持っていない場合、新規にアカウントを作成します:

Xamarin Account の情報を入力するか、新規にアカウントを作成します:

‘finish’のメッセージが表示されたら、Visual Studio へ戻ります:

この画面は、Xamarin Account が Visual Studio のインストールへのリンクが成功したことを表します:

Mac Build Host への接続

インストール後、Visual Studio を開くと、自動的に Configuration Wizard が起動します。以下のスクリーンショットは、ウィザードが表示されるさまざまな情報を表しています。Visual Studio の ツール > オプション > iOS Settings 画面から、後で Mac Build Host の設定をアップデートすることができます

Mac Build Host の自動検出

以下のスクリーンショットのように、Mac を正しく設定している場合には、ウィザードで自動的に表示されます:

オンライン Mac Build Host を選択して、Connect をクリックします。これで Visual Studio から Build Host へ接続ができるので、iOS のプロジェクトをコンパイル、配布、およびテストが可能です。

Mac が検出されない場合

ウィザードで Mac が検出されない場合、画面に選択可能なホストが表示されません。以下の理由などが考えられます:

  • Mac が起動していない、または Mac Build Host のソフトウェアがインストールされていない。
  • Mac Build Host のプロセスが起動していない。Mac の設定 セクションを参照してください。
  • ネットワーク上で Mac が Windows に認識されていない。このガイドの トラブルシューティング セクションを参照してください。

上記のポイントを確認後、Build Host の手動での設定を続けてください。

問題の検証

ネットワーク上で Build Host が利用可能でも、何らかのエラーで Visual Studio から正常に動作しない場合があります。この場合、ホスト コンピュータの名前が表示されるが、offline として表示されている場合があります。ウィンドウの左下の Diagnose ボタンを押下して、問題の詳細情報を確認します。

一連のテストが問題の確認に役立ちます – 以下のように警告に結果が表示されます:

各アイテムの横の矢印をクリックして、テストの詳細を表示し、失敗の場合、修正方法が表示されます:

手動での設定

Mac の電源が入っていて、正しくインストール、設定されているのを確認後、Mac が自動的にリストに表示されない場合、ウィンドウの Configure Host Manually をダブルクリックして、Build Host を手動で設定することができます。手動設定は、自動検出を制限しているファイアウォールやルータなど特定のネットワーク トポロジーでは、役立つ場合があります。

ネットワークユーティリティ で Mac の IP アドレスを検出して、以下のようにウィザードで IP アドレスを入力します:

IP アドレスを指定しも問題が解決しない場合、ネットワークの設定に関して トラブルシューティング セクションを参照してください (Mac でポートが利用可能か、ファイアウォールの設定を確認してください)。

Visual Studio のツールバーの設定

特定の操作を実行する必要がある場合、Visual Studio のツールバーを手動で設定する必要があります。まず、表示 > ツールバー メニューを開き、iOS のエントリーが選択されているのを確認してください。以下のスクリーンショットに表示されているメニュー アイテムを選択します – ツールバー が表示可能であることを表しています:

以下の手順に従って、標準ツールバーへ ソリューション プラットフォーム ボタンを追加します。これで、デバッグ時に、iOS デバイスまたは iOS シミュレータを選択できます。

Visual Studio 2010

  1. 標準ツールバーを右クリックして (Debug, Release などドロップ ダウンの設定)、メニューから カスタマイズ… を選択します:

  2. コマンド タブへ切り替え
  3. ツールバー ラジオ ボタンを選択
  4. ラジオ ボタンの右のリストで 標準 ツールバー を選択
  5. ソリューション構成 ウィッジが見えるまでコントロール ウィッジをスクロール ダウンし選択
  6. コマンドの追加... ボタンをクリック:

  7. ビルド カテゴリを選択
  8. ソリューション プラットフォーム コマンドを選択して、OK をクリック:

  9. 閉じる をクリック

VisualStudio 2012

標準バーの右側のメニュー ボタンをクリック:

  • ボタンの追加と削除 を選択
  • ソリューション プラットフォーム を選択

このスクリーンショットでは、標準iOS ツールバーは同じように表示されます:

ツールバーの設定が完了すると、Xamarin.iOS for Visual Studio を使い始める準備ができました。

トラブルシューティング

ソフトウェアのインストールと設定が完了している場合、このセクションをスキップしてください。Xamarin.iOS for Visual Studio のインストールと設定に問題がある場合には、このセクションの内容を検証してください。

Visual Studio

  • Visual Studio がサーバーへ接続できない場合、再検出をお試しください。Visual Studio の ツール > オプション > Xamarin > iOS Settings 設定ページから、build host address フィールドをクリックして、[Configure...] ボタンをクリックして、Bonjour discovery を開始します。
  • 上記の Mac セクションのガイドに沿って実行したにもかかわらず、Visual Studio が build host へ接続ができない場合、以下のコマンドをお試しください (Mac または Windows のいずれか。MAC_HOST_IP に正しい IP アドレスを入力してください):

telnet MAC_HOST_IP 5000

telnet コマンドを実行後、サーバーから切断します。

まだ接続の問題がある場合、Windows で RegEdit を開始し、HKEY_CURRENT_USER\Software\Xamarin\MonoTouchVS キーからすべての値とサブキーを削除します。

Visual Studio の出力ウィンドウで Mac の build host ログを参照可能です (build host が正常に接続した場合のみ)。

Mac

  1. 以下のコマンドは、Mac の ターミナルmtbserver が起動していることを表しています (from Terminal.app): ps ax | grep mtbserver
  2. 出力内容は次のようです: 22765 ?? S 0:05.32 /Developer/MonoTouch/usr/lib/mtbserver/mtbserver -l file

build host ログは、Mac の ~/Library/Logs/Xamarin/MonoTouchVS/mtbserver.log にあります。

iOS プロジェクトのコンパイルは、Mac Build Host 上のリモート ビルドをトリガーしません – アプリケーションの Debugging または Running の一部のみ実行します。

最後に

このガイドでは、Xamarin.iOS for Visual Studio のインストール、設定、および使用方法をステップ バイ ステップで紹介しました。

Windows と Mac OS X で必要なツールのインストールと設定をカバーしています。

 


Infragistics Infragistics
エンタープライズ向け統合 UI 開発コンポーネント。WinForms、モバイル、Web 用の UI コントロール。
CData ドライバー CData ドライバー
50 以上のデータ ソースへのアクセスをプログラミングなしで可能にするデータベース ドライバー。
SmartBear Software SmartBear
GUI テスト / プロファイラー / 負荷テスト / API テスト: ソフトウェア テストの自動化/工数削減/品質向上。
/n software IP*Works! /n software IP*Works!
クロスプラットフォーム対応のインターネット アプリケーション開発向けコンポーネント スイート。
UXDivers Grial UI Kit
Xamarin Forms 対応の XAML ベースの UI、UX テンプレートを提供
XFINIUM.PDF XFINIUM.PDF
Xamarin 対応のクロスプラットフォーム PDF 開発ツール
Aspose Aspose
.NET/Java で Word、Excel、PowerPoint、PDF などの Office ファイルを操作できる API ライブラリ。
Visual Studio Microsoft Visual Studio
最新の統合開発環境!アプリケーションの迅速かつ高品質な構築を支援する開発環境を提供。