この記事は公開から 1 年以上経過しています。

Windows 10 移行時のテスト自動化のススメ

こんにちは。SmartBear 製品営業部です。

2020/1/14 に Windows 7 の延長サポートが終了します。セキュリティ更新プログラムや有償サポートを含むすべてのサポートが受けられなくなるため、既に Windows 10 への移行準備を進めている企業も多いかと存じます。

Windows 10 に移行する前に社内の業務アプリケーションのテストを実施し、不具合や互換性の検証を行うことでアプリケーションの品質を保つことが必要になりますが、Windows 10 に移行後は、年 2 回の機能更新プログラムにより、これまで以上にテストの頻度が増加することが予想されます。

アプリ側の改修時のテストに加え、OS のアップデートに対応したテストも求められるため、手動のテストではテスターの確保やスケジューリングができないケースや、十分なテストが実施できないケースが発生することが考えられます。

実際に弊社のお客様の中には、Windows 10 に移行した際の影響を考慮して、数年前からテストの自動化に取り組まれていたお客様もいらっしゃいます。

Windows 10 に移行する際に、現在稼働している Windows 7 の環境でテスト シナリオを作成し、Windows 10 に移行した際には既存のテスト シナリオを実行して Windows 7 との互換性のチェックを行えるのが望ましいと考えられます。
その際に、Windows 7 と Windows 10 では UI が異なるため、スクリーンショットを用いた画面周りの検証は行えません。

Windows 10 に移行後に、再度すべてのスクリーンショットを撮り直すことは、工数を増加させる要因となりますが、TestComplete 製品の場合は、取得済みのスクリーンショットを自動更新する機能がありますので、Windows 7 で作成されたテスト シナリオを Windows 10 で実行することで、Windows 10 のスクリーンショットを容易に取得し直すことができます。

これにより、Windows 10 で実行する 2 回目以降のテストは、Windows 10 のスクリーンショットを元に比較検証を行えるため、機能更新プログラムの適用時に UI に影響が生じているかを検証いただくことが可能です。

スクリーンショットの更新機能の設定方法は以下のサイトでご確認いただけます。
https://www.xlsoft.com/jp/products/smartbear/tc_howto_13.html

今からでも遅くありませんので、Windows 7 で稼働しているアプリケーションのテストの自動化に取り組んでみてはいかがでしょうか。

TestComplete 製品情報:
https://www.xlsoft.com/jp/products/smartbear/testcomplete.html

TestComplete の無料評価版申請サイト:
https://www.xlsoft.com/jp/products/smartbear/download_eval_tc.html