Barcode Xpress
バーコード・QR コード の認識、検出、生成用開発ツールキット

 

画像ファイル内の 1次元/2次元バーコードを高速に検出/認識

製品概要

Barcode Xpress は、Code 39、Code 128、UPC、EAN (JAN) などの 1 次元バーコードに加え、DataMatrix、QR コード、PDF417、Aztec などの 2 次元バーコードをサポートします。プロフェッショナル仕様、大規模、自動アプリケーション向けに設計されているため、デスクトップ上だけでなく、サーバー上でのハイパフォーマンスが要求される処理にも最適です。

Barcode Xpress は、ページ内の任意の場所にあるバーコードを検出し、解読、値を返し、認識の信頼精度をレポートします。

 

Barcode Xpress v13.0 for .NET, .NET Core, ActiveX, Java, Linux リリース (2019年 10月 14日)

  • .NET Core サポート (高速かつ高精度なバーコード認識が Widows および Linux で利用可能)。
  • マイクロ PDF-417 サポート。
  • Visual Studio 2019 サポート。
  • Barcode Xpress v13.0 の詳細は、こちら

Accusoft 製品に関するブログを始めました!

 

Linux 版 (C/C++ または Node.js) の発売 (2015年 8月 13日) により、Barcode Xpress は、現在、 Windows、Android、iOS、Linux オペレーティング システムに対応し、.NET/WPF、JAVA、C/C++、Objective-C をサポートします。

主な機能: 優れた、高速なバーコード読み取りと作成
インデックスおよびアーカイブに最適
対応する開発環境:

.NET (VB / C#)
.NET Core (Linux / Windows)
ActiveX
Java
Linux (C/C++)
Linux 64ビット(Node.js)
Android / iOS (Mobile)


開発ツールキット評価版の無料ダウンロード

JAN、QRコードなどのバーコード (JPG,GIF,TIF,BMP,PNG 他) を実際に読み込んで動作を確認できます。

サンプルのアプリケーション プロジェクトが含まれるので、Visual Studio の環境でビルドし、すぐに動作確認ができます。

  • Barcode Xpress を使用することでバーコード認識の精度を心配する必要がなくなります。アプリケーションにわずか数行のコードを追加するだけで、精度の高い 1次元または 2次元バーコードの認識機能を組み込むことができます。
  • Barcode Xpress は、1,000 ページ/分までスキャンし、各ページで複数のバーコードを検出し認識できます。
  • 36種類以上の 1次元および 2次元バーコードを検出、読み込み、作成が可能です。
  • バーコードの用途は、自動インデックシング、フォーム処理、在庫トラッキング、バッチ分離など、無限です。バーコードの利用方法に関わらず、Barcode Xpress は、それらのすべてを処理します。

オンライン デモでサンプル画像または、お客様ご自身のサンプル画像 (TIFF、JPG、BMP、PNG、GIF など) を読み込み、画像内のバーコードを認識できるかどうかを今すぐ確認できます。

Barcode Xpress は、スキャナー、複合機、FAX から取り込んだ画像を取り扱う配送システム、医用ドキュメント画像処理、自動インデックス システムを構築するための最適な開発ツールキットです。


Barcode Xpress を利用したアプリケーション例

自動インデックス ユーティリティ

バーコードでお客様の識別 ID を印刷した用紙をお客様に送付します。
戻ってきた用紙をスキャンし、バーコードとその他の情報をそのお客様の識別 ID でデータベースに取り込みます。

医療用自動インデックス

バーコードを直接患者の診療用紙 (カルテ) に追加し、あるいは印刷済みラベルシールを貼り、それをスキャンします。情報は自動インデックスされ、バーコードを利用したドキュメント リポジトリの患者ファイルに追加されます。

在庫トラッキング

バーコード ラベルの納品チケットまたは在庫アイテムを使用して、組み立てられた最終製品の在庫管理のトラッキングをする。これで在庫の数え間違えによる製品の不足や遅れがなくなります。


評価版には、Visual Studio 2012/2013/2015/2017/2019 ですぐにビルドできるサンプル プロジェクトが含まれています。


仕様

開発環境

.NET
Visual Studio 2012, 2013, 2015, 2017, 2019 および .NET 2.0, 3.0, 4.0。
C#, VB.NET用のサンプル

C/C++
C/C++ for 64-bit Linux

Node.js
for 64-bit Linux Node.js v4.0.0 またはそれ以降

ActiveX / COM
VB6, Visual C++ 用サンプル

Java
Java 8 またはそれ以降

含まれるコンポーネント

.NET および ActiveX Barcode Xpress 開発ツールキットには以下が含まれます:

  • Barcode Xpress v13
  • ImagXpress Standard v13
  • ThumbnailXpress v6
  • TwainPRO v9

Barcode Xpress に含まれる各コンポーネントのカレント ビルド バージョン情報は、こちら

注意:

Barcode Xpress .NET版は、32bit/64bit 対応ですが、ActiveX 版は、32 bit 版と 64 bit 版が別製品になります。32 bit および 64 bit環境で動作する場合は、ActiveX 32 bit版をご購入ください。ActiveX 64 bit 版は、64 bit 環境でのみ動作します。

 

必要システム

各エディションの必要システムについては、オンラインヘルプをご参照ください。

オペレーティング システム

Barcode Xpress (.NET / ActriveX) は、32-bit または 64-bit Microsoft Windows オペレーティング システム上で動作します:   

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 (および R2)
  • Windows Server 2008 (および R2)

注意: 古いバージョンの Windows (例えば、Windows 95, Windows 98、Windows XP)上でも動作する可能性がありますが、サポートしておりません。

スレッディング

Accusoft は、このコンポーネントを使用するアプリケーションが、互いに干渉しない同じプロセスで実行されている複数のコントロールを使用できる場合に、スレッドセーフとみなします。コントロールを作成するスレッドは、そのコントロールを所有し、それと対話できる唯一のスレッドです。

Java 版のシステム要件

Barcode Xpress for Java v12.1 は、以下の 64 ビット オペレーティング システムで動作します:

  • Linux:
    • Ubuntu 18.04
    • Ubuntu 16.04
    • Ubuntu 14.04
    • CentOS 7
    • CentOS 6            
    • Red Hat Enterprise Linux 6
    • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Windows:
    • Windows 8.1
    • Windows 10
    • Windows Server 2008 (and R2)
    • Windows Server 2012 (and R2)
    • Windows Server 2016
  • x64 アーキテクチャ
  • Java 開発キット (JDK) 8 またはそれ以降
  • Java ランタイム環境: Java 1.8 またはそれ以降
  • LIBC 2.4 またはそれ以降
  • (オプション) Maven 2.2.1 またはそれ以降

 

オンライン ヘルプ

開発元のドキュメント ページから入手できます。

.NET ヘルプ ファイル
ActiveX ヘルプ ファイル

Linux ヘルプ ファイル
Java ヘルプ ファイル
.NET Core ヘルプ ファイル

 

FAQ

.NET版とActiveX版:

QRコードの作成
4つのモード(数字、英数字、バイナリ、漢字)のすべてで、QRコード作成をサポートします。モード選択は最良の圧縮を提供するために自動的です。

GS1 Databar 認識
Barcode Xpress は、次の GS1 DataBar の変形を認識可能です:

  • GS1 DataBar Omnidirectional
  • GS1 DataBar Stacked
  • GS1 DataBar Stacked mnidirectional
  • GS1 DataBar Truncated
  • GS1 DataBar Limited
  • GS1 DataBar Expanded
  • GS1 DataBar Expanded Stacked

2次元バーコード

* 1D/2D エディションでのみ利用可能です。

サポートする形式 .NET, ActiveX, Linux Java
Aztec R R
DataMatrix R/W R
PDF417 R/W R
QR Code R/W R

1次元バーコード

サポートする形式 .NET, ActiveX, Linux Java
Add-2 および Add-5 R R
Airline 2 of 5 R R
BCD Matrix R R
Codabar (NW-7) R/W R
Code 11 R
Code 128 (A,B,C) R/W R
Code 2 of 5 R R
Code 32 R R
Code 39 R/W R
Code 39 Extended R/W R
Code 93 R/W R
Code 93 Extended R/W R
DataLogic 2 of 5 R R
EAN 128 (GS1-128, UCC) R/W R
EAN-13 (JAN-13) R/W R
EAN-8 (JAN-8) R/W R
GS-1 Databar (RSS, RSS-14) R R
Industrial 2 of 5 R/W R
Interleaved 2 of 5 R/W R
Invert 2 of 5 R R
ITF-14 / SCC-14 R R
Matrix 2 of 5 R R
Patch Codes R/W R
Telepen R
UCC 128 R R
UPC-A, UPC-E R/W R

Postal バーコード

* 1D/2D エディションでのみ利用可能です。

サポートする形式 .NET, ActiveX, Linux Java
Australia Post 4-State Code R R
Intelligent Mail (OneCode) R R
Royal Mail (RM4SCC) R R
Planet R
PostNet R R

機能

■ Barcode Xpress .NET / ActiveX v13.0 の新機能は、こちらを参照ください

認識機能

  • 1次元および 2次元バーコードの検出、読み込み、書き込み
  • ページ内の任意の場所、任意の角度のバーコードをミリ秒単位で識別し、認識します
  • ほとんどの他のエンジンでできないバーコードも正確に解析
  • 検出したバーコードの信頼性値をレポート

画像サポート

  • 24 ビット カラー画像
  • 8 ビット グレースケール画像
  • 1 ビット白黒画像

サポートするバーコードのタイプ

  • 1次元バーコード

    その他、JANコードなど多数

  • 2次元バーコード

    その他、QRコードなど
  • Postal コード

    米国郵便コードなど
  • Patch コード

サポートするすべてのバーコードのタイプは、オンラインヘルプをご参照ください


エディションの違い

利用するバーコードの種類、処理速度に応じた4つのエディションを用意しています:

  • 1D Standard - 1次元バーコードの読み込み/書き込み、40ページ/分までの速度制限; デスクトップまたは適度な量のアプリケーション向き
  • 1D Professional - 1次元バーコードの読み込み/書き込み、速度制限なし; プロセッサー性能を引き出せます; ハイエンド、処理量が多いアプリケーション向き
  • 1D/2D Standard - 1次元および 2次元バーコードの読み込み/書き込み、40ページ/分までの速度制限; デスクトップまたは適度な量のアプリケーション向き
  • 1D/2D Professional - 1次元および 2次元バーコードの読み込み/書き込み、速度制限なし; プロセッサー性能を引き出せます; ハイエンド、処理量が多いアプリケーション向き

ご注意:

評価版のアクティベート方法、エディションの変更方法は、こちら。処理量が多いアプリケーションでの利用を検討されている場合、Standard エディションの速度制限 (40ページ/分) が許容される範囲かどうか、実際に評価版でご確認ください。
速度制限(40ページ/分) の制限はバーコード数ではなく、読み込んだ画像のページ数です。 1ページ内に複数のバーコードがある場合でも、40ページ/分となります (2つバーコードが各ページ内にある場合、80個のバーコードが 1分間に認識できます )。 バーコードが印刷されたページを1分間に 40ページまで処理し、それを超えた場合、エラーとはなりませんが、Barcode Xpress コントロール内で Wait が挿入されます。

Barcode Xpress .NET版は、32bit/64bit 対応ですが、ActiveX 版は、32 bit 版と 64 bit 版が別製品になります。32 bit および 64 bit環境で動作する場合は、ActiveX 32 bit版をご購入ください。ActiveX 64 bit 版は、64 bit 環境でのみ動作します。


Barcode Xpress の新機能

 

Barcode Xpress v13.0 の新機能

Barcode Xpress v13.0 の新機能 (2019.10.14 リリース)

  • .NET Core サポート

    高速で高精度なバーコード認識エンジンが、Linux および Windows の両方の .NET Core で利用可能です。

  • MicroPDF-417

    MicroPDF-417 バーコードの読み取りが可能になりました。

  • サンプル

    Visual Studio 2019 をサポートします。

    Visual Studio 2010 のサンプルは削除されました。

  • AdditionalReadingPass プロパティを追加して、より低い解像度で画像を 2 回スキャンし、より多くのバーコードを検出できるようにしました。
  • Data Matrix および Code 39 バーコードの精度向上。

  • 詳細な説明とコード例を含むドキュメントを更新しました。

 

 


Barcode Xpress バージョン履歴

Barcode Xpress v12.2 の新機能 (2019.1.9 リリース)

  • Code 128Data MatrixPDF417QR コード、および  Code 39 バーコードの精度が向上しました。

  • Barcode Xpress .NET、ActiveX、Linux、および Java 版を一括リリース。

  • SLU ユーティリティ (Server Licensing Utility) に年間ライセンスの対応を追加。

  • .NET (C# および VB.NET) 用の ReadBarcodesFromDIB サンプルを更新し、可変長の Royal Post 4-State バーコードを処理し、UPU S18 4-Sate バーコードを読み取るようにしました。

  • UPU S18 4-State バーコードのサポート追加。

  • 可変長郵便番号を処理するために Royal Post 4-State バーコードの更新。

  • .NET 4.6.1 コンポーネント を使用するように、Visual Studio 2015 および 2017 プロジェクトのすべてのコンポーネントのすべてのサンプルを更新しました。

  • ドキュメントの改善。


Barcode Xpress v12.1 の新機能 (2018.1.31 リリース)

  • Visual Studio 2017 サポートの追加

  • Windows Server 2016 サポートの追加

  • Ubuntu v16.04、Ubuntu v14.04 および CentOS v7 のサポートを追加

  • Code 39、Code 93、PDF417、Code 128 バーコードの精度と性能の向上

  • ポートレート モードでのバーコード認識精度の向上

 


Barcode Xpress v12.0 の新機能 (2017.2.6 リリース)

  • Code 128、Code 93、Data Matrix、QR Code、および GS1 DataBar バーコードにおいて、精度およびパフォーマンスが向上しました。
    (新しい革新的なアルゴリズムにより、QRコードの精度が大幅に向上)

  • パッケージング プロセスを簡素化する NuGet パッケージ を提供します。NuGet パッケージは、.NET Framework を使用する Visual Studio プロジェクトでライブラリーおよびツールの追加、削除、更新を簡単にします。

  • Visual Studio 2015 サポート

 


Barcode Xpress v11.0 の新機能 (2016.2.6 リリース)

  • 各種 1D バーコードのグレースケール (8bpp) 検出
  • サポートする 2D バーコード用に行、カラム情報をレポート
  • 2D バーコード用にエラー修正レベルをレポート

終了する API プロパティ:

- Result class - BarcodeData プロパティは終了しました。代わりに BarcodeDataAsByte プロパティを使用してください。
- BarcodeXpress class - ErrorLevel プロパティは終了しました。代わりに DebugErrorLevel プロパティを使用してください。
- OrientationInfo Enumeration - AllOrientations は終了しました。代わりに HorizontalVertical を使用してください。

v11.0 での改良点および修正点

- 1次元バーコードの読み取り時の精度が向上しました。
- PDF417 バーコードの読み取り精度と速度が速くなりました。
- QR コードの精度が向上しました。
- DataMatrix バーコードの精度が向上しました。
- MaximumBarcodes を 1 に設定したときの問題が修正されました。
- QR コードの ModeTransitions enum 不一致が修正されました。


Barcode Xpress v10.1 の新機能 (2015.6.12 リリース)

次のバーコードの精度およびパフォーマンスが向上しました。

  • PDF417
  • QR コード
  • Datamatrix
  • Aztec

Code93 バーコードのエラー修正が向上しました。

その他、不具合が修正されました。


Barcode Xpress v10.0 の新機能 (2014.9.18 リリース)

速度の改良

  • QR、Data Matrix、PDF417 バーコードの読み取り速度が速くなりました。

精度の向上

  • ID カードで使用される PDF417 コードの精度が大幅に向上しました。
  • QR コード、Data Matrix および 1次元バーコードの精度が向上しました。

QR コードのアップデート

  • 漢字フォントの存在、あるいはエンコードがバイナリまたは英数字かどうかなどの QR コードでのエンコード情報の識別と解釈の機能

最小サイズ機能

  • patch code を読み取るとき、失敗を防ぐため最小サイズ機能を追加

Barcode Xpress for Java の機能

Barcode Xpress for Java v13.0 (2019年 10月 14日 リリース)

Barcode Xpress for Java v12.2 (2019年 1月 9日 リリース)

Barcode Xpress for Java v12.1 (2018年 8月 10日 リリース)

Barcode Xpress ライブラリは、Java 開発者が画像の専門知識なしでバーコード認識機能をアプリケーションに容易に統合できるように設計されています。

今回のリリースより、Java 版の Barcode Xpress は、.NET 版/ActiveX 版と同じ Accusoft のテクノロジーを採用し、精度およびパフォーマンスが向上しました。

開発ライセンスおよび配布ライセンスは、 1D Standard1D/2D Standard1D Professional1D/2D Professional の 4つのエディションになりました。Standard は、40 ページ/分 の処理速度制限があり、Professional は処理速度制限がありません。

API の特長

バーコード ライブラリにより、Java 開発者はバーコード認識をワークフローに迅速に統合することができます。 1 ページに複数のバーコードを検出できるだけでなく、API が返す階層データに基づいて結果を分析することもできます。 これには、信頼度、値、種類、位置が含まれます。

スピードと正確さ

商業的に利用できるレベルの精度と性能で、1 分あたり 1,000 ページ以上を認識します。

特許取得済の認識技術

Accusoft は 25 年以上にわたってイメージングとバーコード認識技術を提供してきました。 このバーコード ライブラリの背後にはインフラストラクチャを形成する画像処理と文書認識の分野で 30 以上の特許があります。


既存のバーコード タイプをサポート

このライブラリは、世界中で使用されているほとんどの既存のバーコードをサポートしています。 最も一般的に使用されるタイプのいくつかについて、次のリストをご参照ください:

1 次元バーコード

  • Interleaved 2 of 5
  • Code 39
  • Code 128
  • ISBN
  • EAN-128 および Code 128
  • GS1-128 (RSS)
  • Codabar
  • UPC-A および UPC-E
  • EAN-8 および EAN-13 (JAN)
  • PostNet
  • Australian Post Mail (4-State)
  • Royal Mail Customer Barcode (4-State)
  • USPS Intelligent Mail (4-State)
  • ITF-14
  • その他多数

2 次元バーコード

  • Aztec
  • PDF417 | ISO/IEC 15438:2001(E)
  • DataMatrix | ISO/IEC 16022:2000(E)
  • QR Code | ISO/IEC 18004:2006(E)
  • その他

Barcode Xpress for Java v13.0 でサポートするすべてのバーコードタイプは、こちらを参照。


 

デモ・サンプル

Barcode Xpress の QRコードに含まれる日本語(漢字)エンコードの注意

Barcode Xpress に含まれるサンプル プログラムでは、QRコード内に含まれる日本語を、UTF-8 でエンコードされていることを前提として、プログラムしています。Shift-JIS でエンコードしている QRコードを読み取る場合は、下記のように UTF-8 変換のコード行を修正することで、日本語を正しく読み取れます。(例: C# のサンプル プログラムの場合、MainForm.cs を修正します)

修正前

 

修正後

 

 

オンライン デモ

[デモを試す!]ボタンをクリックして、お客様の実際の画像をアップロードし、Barcode Xpress の動作を見ることができます。

ブラウザ内でバーコードを読み込みます!
このオンライン デモは、Barcode Xpress .NET とImageGear コンポーネントを画像のアップロードと結果の表示のためバックエンドで利用しています。デモは、.TIF、.JPG、.BMP、.PNG、.GIFを開き、IE、Firefox、Chrome をサポートしています。

デモの操作方法:
Step 1 でサンプル画像を選択または画像をアップロード。
Step 2 で認識するバーコードの種類を選択。
Step 3 の[recognize barcodes(バーコードを認識)]ボタンをクリック。
認識結果が右側のウィンドウに表示されます。1つの画像内の複数のバーコードを一度に検出できます。

この .NET デモは、ActiveX エディションの認識率と同じです。

  • 画像の表示と異なる画像形式への保存。
  • スタンプ、図形、線、ハイライトなどのアノテーションをあなたの画像に追加。
  • カラー調整、エンハンスメント、特殊効果などのさまざまな画像処理操作を実施。
  • スキャンしたドキュメント画像のデスキュー(傾き補正)、斑点除去、境界線除去などのクリーンアップと補正。
  • ハイスピード ISIS および TWAIN スキャンの実行。

Java サンプル アプリケーション

サンプルのアプリケーションでお客様のバーコードをテストできます。

すべてのコードサンプルは、Barcode Xpress for Java インストール ディレクトリの "samples" サブフォルダにあります。 Accusoft/BarcodeXpressJava12-64/samples フォルダにあります。 サンプルをビルドして実行する方法の詳細な手順が記載された ReadMe.txt ファイルも含まれています。

サンプルのビルドおよび実行に関するヘルプ

サンプル コード

SDK に含まれるオンラインヘルプ (Webからもヘルプは入手可能です) は、いくつかの共通タスク用のコードを表示します。Barcode Xpress を簡単に利用する方法を紹介します。

Active X

.NET

これらのサンプルはすべて SDK をダウンロードしたときに提供されます。(C#, C++, および VB.NET 用の VS2012 ~ VS2019 の .sln ファイルを含む)

Active X

  • VB6: バーコードの読み込み方法、1次元バーコードの書き込み方法、2次元バーコードの書き込み方法
  • Visual C++: バーコードの読み込み方法
.NET
  • C#: バーコードの読み込み方法、1次元バーコードの書き込み方法、2次元バーコードの書き込み方法
  • VB.NET: バーコードの読み込み方法、1次元バーコードの書き込み方法、2次元バーコードの書き込み方法

ホワイトペーパー

さらにアイデアまたはコード スニペットを探していますか?

How to Build a Powerful Document Imaging Workflow
製品に関するお問合せは、弊社営業までお問合せください。