DOCKER ENTERPRISE EDITION

エンタープライズ向けのコンテナの管理とセキュリティを確保

 

Generic placeholder image

Docker Enterprise Edition (EE)

Docker Enterprise Edition (EE) は、実運用環境で稼働するクリティカルなアプリケーションをビルド、配布、実行するエンタープライズ向けの開発者と IT チーム向けに設計されています。Docker EE は、Docker を統合、認定、サポートを提供することで、エンタープライズ向けに最もセキュアなコンテナ プラットフォームを提供し、すべてのアプリケーションを常に最新の状態で維持できます。アプリケーション中心のプラットフォームである Docker EE は、開発から実運用環境まで、いかなるインフラでも稼働するように、ソフトウェア サプライ チェーン全体のスピードを上げ、かつセキュリティを確保できるようにセキュアに設計されています。

 

 

 

信頼と認定

Docker EE では、エンタープライズ向けの Linux、Windows OS やクラウド プロバイダーでアプリを実行できるように、統合済み、動作検証済み、認定済みのプラットフォームを提供します。Docker EE は、基盤となるインフラと緊密に統合し、ネイティブな環境、インストールし易いエクスペリエンス、最適化した Docker 環境を提供します。Docker と Certified Technology Partner の協力により、Docker 認定のインフラ、コンテナ、プラグインは、Docker EE でのみ利用可能です。

 

  • 認定済みインフラは、エンタープライズ向けの Linux (CentOS、Oracle Linux、RHEL、SLES、Ubuntu)、Windows Server 2016 および AWS や Azure などのクラウド プロバイダーに対して、統合した Docker 環境を提供します。
  • 認定済みコンテナは、セキュアでベストプラクティスなサポートでビルドした Docker コンテナとして、パッケージ化し配布した信頼できる ISV 製品を提供します。
  • 認定済みプラグインは、ネットワークおよびボリューム プラグインを提供し、Docker EE の環境へ簡単にコンテナをダウンロードし、インストールできます。

 

 

Docker Datacenter とコンテナ管理を統合

Docker Datacenter は、現在、Docker EE の一部となり、開発から運用まで統合したコンテナの管理とセキュリティを提供しています。マルチテナント、セキュリティ、Docker API のフル サポートなどのエンタープライズ対応機能により、IT チームは、今までの開発経験を損なうことなく、効率的に業務を拡張できます。オープン インターフェイスにより、容易に既存のシステムへ統合でき、柔軟にさまざまなビジネス プロセスをサポートできるようになります。Docker EE は、すべてのアプリ (商用の既成のアプリ、サーバー、VM またはクラウドの Windows や Linux 環境用に記述したマイクロサービスを新しくする自作のモノリスなど) に対して統一したソフトウェア サプライ チェーンを提供します。

 

  • シングル Web 管理 UI からすべてのアプリ リソースを統合して管理
  • 数クリックで、実運用環境にアプリを展開し、ファイルを作成
  • RBAC (Role Based Access Control) と LDAP/AD 統合によるマルチテナント システム
  • ローリング アプリケーション アップデートの適用機能で自己回復アプリケーションを展開
  • シークレット管理、画像署名、および画像のセキュリティ スキャンによるエンドツーエンドのセキュリティ モデル
  • オープンで拡張可能な既存のエンタープライズ システムとプロセス

 

 

Docker EE によるより安全なアプリケーション

セキュリティは静的ではありません。最近のアプリは動的であり、そのアプリに対して定義され、インフラに縛られない、セキュリティ モデルが必要です。Docker EE は、統合したセキュリティ フレームワークを提供し、開発者と IT チームが簡単に協力できるように、柔軟な設定の変更と標準化したインターフェースで、より強力なデフォルトのセキュリティを提供します。環境、通信、そしてアプリケーション自体を確保することにより、Docker EE は、エンタープライズ向けにより安全なアプリを提供します。

 

 

使用可能なセキュリティ

より良いデフォルトのセキュリティ。Docker は、開発者および IT チームの両方に標準化したインターフェイスを提供し、アプリのライフサイクルの段階が変化するたび、アプリのセキュリティの設定を定義および管理します。

信頼できる配布

セキュアなサプライ チェーン。ソースからすべてのアプリのコンポーネントを保護し、ネットワーク上で共同作業者や環境が変化するたび、改ざんを防ぎます。

インフラの非依存

Docker は、アプリケーションの安全を確保します。 開発者と IT チームは、コードを再記述することなく、環境間のポータビリティを保証するため、アプリ レベルでセキュリティ設定を定義します。

 

 

Docker Enterprise を使用して、エンタープライズの開発者や IT 管理者は、アプリケーションをどこでもビルドし、配布し、起動できます。Docker の CaaS (Containers as a Service) プラットフォームは、IT チームが必要な修敏性、ポータビリティおよびコントロールを提供します。

修敏性

Docker Enterprise は、アプリケーションの開発ライフサイクルを加速させ、従来の手法と比べ開発者がアプリケーションを 13倍速くビルドし配布し、IT 運用にも柔軟性を提供し、ビジネス ニーズの変更にも迅速に対応します。開発者の工数も最大 65% 削減できます。

ポータビリティ

41% のユーザーが、Docker プラットフォームを活用して、アプリケーションのライフサイクル、チーム、物理/仮想/クラウド インフラ間で、コードを変更せずに、フル スタック ポータビリティ (アプリ、ネットワーク、ストレージなど) を提供します。IT 用語集から「自分のマシンで動作する」と言うフレーズを削除します。クラウドへの移管を可能にし、さまざまなクラウド インフラが Docker を提供します。

コントロール

Docker は、コストの最小化を支援し、インフラの効率化を 20倍まで最適化します。一方で、IT 運用で、規模を拡大して、コンテナ ベースのアプリケーションをセキュアにオーケストレーション、管理、および展開します。

 

 

Docker Engine

Docker Engine は Linux 上で起動し、配布したアプリケーション用の実行環境を作成します。

Docker プラットフォームのコアは Docker Engine で、Docker コンテナをビルドし、実行する軽量のランタイムと堅牢なツールです。ホスト デーモンが Docker クライアントとコミュニケーションを取り、コマンドを実行してアプリケーションをビルド、配布、実行します。

Docker Engine は、Github で最も急速に成長したオープンソース プロジェクトの一つです。ソフトウェアはオープンソースとしても入手できますし、テクニカルサポートを提供する有償のサブスクリプションでも入手可能です。

Docker Engine は、インフラに依存せず、Linux と Windows OS の両方で起動し、アプリケーションに対するオペレーティング環境を作成します。シングル ホスト上のシングル コンテナから、クラスター環境の複数のコンテナ アプリケーションまで、Docker Engine は、非常にシンプルなユーザー インターフェースを持つパワフルなツールを提供します。

 

 

 

ページトップへ