インテル® Stress Bitstreams and Encoder 2017

HEVC、VP9 および AVS 2.0 デコーダーの検証、デバッグを支援します。
関連情報
[お知らせ一覧]

HEVC、VP9、AVS 2.0 デコーダー向けの強力な検証環境

メディア業界のコンプライアンスを満たすことは、VP9 や HEVC、AVS 2.0 のデコーダー、トランスコーダー、プレイヤーおよびストリーミング・ソリューションを作成するプロバイダーにおける重要な成功のための要因です。これは、通信インフラ、クラウド・ビデオ・ストリーミング、メディア放送、監視、またはそのほかのメディア・ストリーミング・ソリューション製品にかかわらず、コンプライアンスを満たす高速テストサイクルは、開発プロセスにおいて有益となります。

インテル® Stress Bitstreams and Encoder (インテル® SBE) は、コンプライアンスを満たすメディア・ソリューションのテストを高速化する独自のソフトウェア・エンコーダーと HEVC および VP9 ビデオコンテンツを提供します。

エンタープライズ・グレードの VP9 と HEVC デコーダー、トランスコーダー、プレイヤー、ストリーミング・ソリューションの検証およびデバッグプロセスに統合できるように設計されています。

詳細・新機能 技術情報

製品紹介資料

製品概要、新機能、各エディションの違いやコンポーネント、パフォーマンス、お客様の声などをご紹介しています。

PDF

ライセンス

サイトライセンスのみ提供されています。
ライセンス規定の詳細はライセンスページを参照ください。

サイトライセンス

特定の開発拠点に対して製品を使用する許可を与えます。

ライセンス詳細

コーデック別

コーデック別に3 種類の製品が提供されています。

HEVC

VP9

AVS 2.0

製品一覧

製品 コーデック ライセンス
インテル® Stress Bitstreams and Encoder HEVC
VP9
AVS 2.0
  • サ: サイトライセンス

バージョン 2017 新機能

主に以下の変更・機能が追加されました。
詳細は、リリースノートおよびiSUS の記事を参照ください。

  • HEVC

    • デコーダーが規格に完全に準拠していることを確認できるように、HEVC ストリームのシンタックス・カバレッジを改善
    • ピクチャーバッファーの管理機能を強化
  • AVS 2.0

    • 中国で広く利用されている AVS 2 (RD15 サポート) の最終規格へ準拠
インテル® Stress Bitstreams and Encoder
HEVC VP9 AVS 2.0
開発向けの総合シンタックス・ストリーム・セット
超コンパクト・ストレス・ストリーム
パフォーマンス、メモリー帯域幅テスト用ストレスストリーム
一般的でない解像度でのテスト
カスタムストリーム作成用のエンコーダー
リファレンス・デコーダーとチェックサム
ビットストリーム・ベースの最適化とカバレッジの視覚レポートツール
詳細なカバレッジレポート
誤り耐性
スモーク・テスト・ストリーム
ランダム・エンコーダー
解析ツール
Visual ストリーム

規格に準拠したデコーダーを生成するために徹底的に検証

インテル® SBE は、HEVC、VP9、AVS 2.0 規格のメディア・ソリューション開発を支援します。独自のソフトウェア・エンコーダーやメディア・ソリューションの高速なテストを支援する解析/検証ツール、およびビデオストリームを同梱します。

HEVC、VP9、AVS 2.0 デコーダーを素早く検証

最小のストレスストリームで幅広い構文に対応することで検証サイクルを最適化します。問題が見つかった場合は、豊富な構文ストリームテストにより迅速にデバッグすることができます。

標準準拠のビットストリームと異なり、インテル® SBE は高速かつ詳細、そして簡単にデコーダーをデバッグするために必要となる、多数の組み合わせのカバレッジを提供します。

HEVC、VP9、AVS 2.0 などの効率的で高品質な次世代のビデオコーデックは、AVC や MPEG-2 から置き換わりつつあります。

検証や品質管理チーム、ビデオコーデックの開発者・研究者はインテル® SBE を利用することで動画再生やストリーミング機能を確実にすることができます。また、配布するソリューションはすべての標準入力フォーマットをサポートすることができます。

ビットストリーム機能

  • シンタックス・ストリーム

    複雑さが増すデコーダー開発をステップ・バイ・ステップで支援します (例: イントラ向けの 8 インデックス・ストリームのみ など)。
    開発しているデコーダーが標準に準拠しているかご確認ください。

    • 低解像度のデバッグストリーム
    • Full HD、4K、8K および 16K 解像度
  • 超コンパクト・ストレス・ストリーム

    通常の評価向けのセットで、シンタックス要素が高度にランダム化されたレベルのストレスストリーム

  • 一般的でない解像度

    一般的でない解像度や、4×4 から 128 x 128 のクロップをテストするための小さなストリーム

  • フレームごとに異なる解像度のランダム化スケーリング
  • DCT 丸め問題とランダム化された残差、タイス化が許される最大数のコーデックの耐性をテストするためのユニークなケース
  • 最悪なパフォーマンスとメモリ帯域幅を想定した状況下でのデコーダーのストレステスト
  • 誤り耐性

    デコーダーが安定しており、規格に準拠していない内容や不正なストリームでも処理することができるかご確認ください。

  • VP9 Visual ストリーム
  • VP9 スモーク・テスト・ストリーム

ランダム・エンコーダーの機能

  • ランダム・エンコーダーは、短い再現性のあるストリームを作成する際に使用できるアプリケーションです。
    例えば、あるストリームのデコードで (例えば #100 ぐらい) 離れたフレームでバグが見つかった場合、ランダム・エンコーダーを使用することで開発者は、デバッグするための (3-5 フレームまでの) 短い再現性のあるコンテンツを作成することができます。

  • より短く、より低解像度向けのテストを作成することができます。
    例えば、事前に生成されたストリームは 432 x 240 と 1920 x 1080 の解像度であり、500 フレームの長さです。ランダム・エンコーダーとともに提供される設定ファイルは、任意の解像度と長さを持つカスタムストリームの作成に使用できます。

  • 事前生成されるストリームの数には制限があります。すべてのシンタックス要素をカバーするようにした場合、ストリームセットはとてつもなく巨大化します。ランダム・エンコーダーを使用すると、検証プロセス中にリアルタイムでストリームを作成できるため、ストレージの問題を回避できます。
    同じランダム化シード値を利用するとエンコーダーは同じストリームを生成するため、再現性は問題となりません。

  • 設定ファイルを利用することで、ランダム化と機能セットを最小限にすることができます。これは特定の機能をテストする際に使用できます。
    例えば、”inter-fmares” を無効にしてフレーム間予測をテストすることで、ほかの種類のシンタックスのランダム化を最小限にできます。

  • VP9 ランダム・エンコーダーのパラメーターを設定することでカスタムストリームを生成することができます。

カバレッジレポート

シンタックス・カバレッジ、コード・ブランチ・カバレッジ、シンタックス・カバレッジ・レポート、リファレンス・デコーダーが同梱されています。

インテル® SBE の解析ツールで、任意のストリームに対してシンタックス・カバレッジ・レポートとコード・ブランチ・カバレッジ・レポートを作成することができます。これらのツールにより、開発と検証に掛るコストを減らすことができます。

Windows の HEVC または VP9 向けに、以下解析ツールも含まれます。

  • カバレッジコレクター
  • カバレッジ・レポート・ジェネレーター
  • ストリーム・プール・オプティマイザー
  • ストリーム・カバレッジ・アナライザー
  • カバレッジ・ディフェレンス

これは、一般的に利用可能なストリームのサマリーレポートです。

これは、インテル® SBE のレポートです。

完全なシンタックスのカバレッジレポートのスナップショットです。

シンタックス要素のカバレッジへのマッピングを伴うコードカバレッジです。

NAB Show 2016 in ラスベガス

製品セミナーや関連イベントをご紹介。

米インテル社の製品情報を日本語に翻訳して公開中。

ハイパフォーマンスで高品質なエンタープライズ・ グレードのメディア・ソリューション開発を支援するツール・スイート

HEVC と VP9 など次世代ビデオ符号化規格向けのビデオ解析をサポートするツールスイート

サポートされるプロファイル/ストリーム
ビットストリーム
  • シンタックス
  • ストレス (パフォーマンス、メモリー帯域幅)
  • 誤り耐性
  • Visual
  • スモークテスト
HEVC サポート
ストリーム: ストレス、シンタックス、誤り耐性
  • Main
  • Main 10
  • Main 12、12-ビットまでの 4:2:2、4:0:0
  • 12-ビットまでの 4:4:4
  • SHVC Main
VP9 サポート
ストリーム: ストレス、シンタックス、誤り耐性、Visual、スモークテスト
  • プロファイル 0、1、2、3
AVS2 サポート
ストリーム: ストレス、シンタックス、Visual
  • プロファイル 0、1、2、3
サポートされるソフトウェア
  • Microsoft* Windows* 7、8、8.1、10 (32/64 ビット)
  • Ubuntu* Linux 12.04 以降
  • Macintosh OS X* 10.9
サポートされるデコーダーのホスト環境
  • Microsoft* Windows* 7、8、8.1、10
  • Microsoft Server* 2012 R2、2016
  • Ubuntu* Linux 12.04 64
  • SUSE* Linux* Enterprise Server 11-64
  • Macintosh OS X* 10.9
  • Windows* と Linux* 上のエンコーダー
ハードウェア要件
  • インテル® ストリーミング SIMD 拡張 2 (インテル® SSE2) をサポートするインテル® CPU
  • 最小 1GB RAM、4K 画像をロードするには 4GB を推奨
  • 最新の情報は、製品または評価版に同梱されているリリースノートを参照ください。

お知らせ

2016年 9月 2日、インテル® Stress Bitstreams and Encoder のバージョン 2017 を販売開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、最新バージョンを無償でダウンロードしてご利用いただけます。旧バージョンも引き続きご利用いただけます。

開発元の方針により、2016年 4月 14日より本製品はプロファイル単位の製品ラインナップからコーデック単位の製品ラインナップ (HEVC、VP9、AVS 2.0 向け 3製品) に変更されました。また、サポートサービス更新(SSR) もより安価な価格帯での提供を開始しました。

2015年 9月 15日にインテル® Stress Bitstreams and Encoder 2016 を販売開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、最新バージョンを無償でダウンロードしてご利用いただけます。旧バージョンも引き続きご利用いただけます。

FAQ

インテル® Stress Bitstreams and Encoder はサイトライセンスのみ提供されています。

本製品は主に検証を目的としたツールです。検証の工程は自動化されていたり、特定の担当者が決まっていないこともあります。そのため、ライセンス形態は特定の個人に対するものではなく、拠点ごとに取り扱いを定めるサイトライセンスとなっています。

主に以下に該当する方、本製品に適しています。

  • 検証や品質保証を担当するチーム、ビデオコーデックの開発チーム
  • ASIC の開発、シリコンとハードウェア/ソフトウェア・コーデック・ベンダー
  • STB、デジタル TV およびスマートフォン/タブレット向けの IC、IP そしてシステム/プラットフォーム・ベンダー
  • ビデオプレイヤー、ビデオ監視およびデコード/トランスコード・プラットフォーム向けのソフトウェア・ソリューション・ベンダー

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

»マニュアルはこちら

最新版、または旧バージョンのダウンロードは、インテル® レジストレーション・センターで行います。
詳細は以下ページを参照ください。

»製品登録 & ダウンロード

購入

技術情報

サポート