インテル® Video Pro Analyzer 2017

HEVC と VP9 など次世代ビデオ符号化規格向けのビデオ解析を支援します。
関連情報
[お知らせ一覧]

詳細なストリーム解析とデバッグによりビデオ処理を向上

ネットワーク・ストリーミングとインフラストラクチャーのコストの大半は帯域幅であり、今後の動画、ストリーミング、コンテンツ配信、ブロードキャスト、広告において、HEVC や VP9 などの次世代のコーデックが重要になりつつあります。

インテル® Video Pro Analyzer (インテル® VPA) は、HEVC、VP9、AVC および MPEG-2 ビデオコーデック向けのビデオ解析ソフトウェアです。デコードプロセス全体の視覚的な検証、統計情報の取得、エンコーダーとデコーダーのデバッグなどを可能にします。

インテル® Video Pro Analyzer は次の機能を提供します。

  • 製品の出力を広範なデコーダーで再生して迅速に検証する仕様適合性/エラーレポート
  • デコード/エンコードプロセス全体の詳細な検証、テスト、デバッグ
  • ビットレート/HRD 解析
  • 統計の取得と解析
  • 4K および HDR のような優れた視覚体験のために次世代のビデオ・テクノロジー (BT.2020 色域、SHVC、SCC) の利用機会を拡大
  • 特に高解像度で生産性を向上する最適化された GUI
  • Microsoft® Windows®、Linux*、OS X* をサポート
詳細・新機能 技術情報

製品紹介資料

製品概要、新機能、各エディションの違いやコンポーネント、パフォーマンス、お客様の声などをご紹介しています。

PDF

ライセンス

特定ユーザーライセンス、フローティング・ライセンスが提供されています。
ライセンス規定の詳細はライセンスページを参照ください。

特定ユーザーライセンス

特定の一個人に製品を使用する許可を与えます。

フローティング・ライセンス

同時に利用するマシン数が購入ライセンス数を超えない限り、複数台のマシンに製品をインストールし、利用することができます。

  • 現在 1-Pack ライセンスのみ販売
ライセンス詳細

製品一覧

製品 ライセンス
インテル® Video Pro Analyzer 特 / フ
  • 特: 特定ユーザーライセンスフ: フローティング・ライセンス

バージョン 2017 新機能

主に以下の変更・機能が追加されました。
詳細は、リリースノートおよびiSUS の記事を参照ください。

  • HEVC

    • 最大 30% のパフォーマンス向上
    • フルストリーム解析中に作成されたファイルのインデックス・ファイルをサポート
    • SEI サポート追加
    • NAL タブでアクティブな SPS、PPS、VPS を表示
    • MV ヒートマップ
  • AVC

    • 最大 60% のパフォーマンス向上
    • ヒエラルキー・ウィジェット
    • 復号化されたフレームのキャッシング
    • コマンドラインによる PSNR Y 出力
    • エラー・フィルタリング・サポート (GUI およびコマンドライン)
  • MPEG2

    • 誤り耐性
  • VP9

    • IVF 読込み最適化
インテル® Video Pro Analyzer
ビットストリーム: HEVC、VP9、AVC および MPEG2。
JCT-VC に 100% 対応するインテル® Stress Bitstreams と多くの商用向けのストリーム
コンテナー: エレメンタリー・ストリーム、MPEG2-TS、MP4、MKV、MMT、MPEG-DASH
HDR と VBV の可視化
フルフレームのビジュアル化機能: コードフロー、コード単位、スーパーブロック、動きベクトル、変換単位、予測単位、予測情報、復元情報、残差情報、デブロッキング・エッジ、SAO 情報、フレーム参照
エンコード、デコードされたビデオストリームの品質をシーケンスレベルでチェックするビデオ品質測定ツール、Video Quality Caliper (ビデオ品質測定)
HEVC、VP9、AVC、MPEG2 の誤り耐性とエラーレポート
HEVC Screen Content Coding (SCC)、SHVC、MultiView extensions サポート
フルストリーム HEVC、AVC 統計データ、デュアルビュー、2つのストリームのコントロール可能な詳細比較
HDR ビデオ/BT2020 (10 ビット) – すべての可視色の 75% をカバーするウルトラ HD コンテンツをサポートする次世代の色域
詳細ビュー: 復元、予測、残差、デブロック/SAO、およびデコードピクセル
ビットストリームと符号化モード決定のエラーを素早く特定し、ストリームの比較のためウインドウを独立させ、開発中の高品質エンコーダーの壊れたストリームをデバッグし、シンタックス要素の説明を提供する GUI
コマンドラインから詳細情報をファイルにダンプ可能な機能
ビジュアルマップ: ヒートマップ (bit per pixel)、効率マップ (bools per bit)
SAO,、非ブロック化、シンタックス要素ごとの統計データ
その他の機能: YUV 比較、画像統計、カウント、配列とツリーの移植性、エントロピー・エンジンの状態、シンタックス要素、インター/イントラ予測とフィルター済みサンプルビュー、動きベクトル予測リスト、係数 (量子化前後と変換後走査順序)

解析、デバッグ、ビデオコーデックの改善を支援

ビデオの専門家や開発者に、HEVC や VP9 のような次世代コーデック向けの高度なビデオ解析ツールを提供します。本製品は、コーディング ・フロー、ヒートマップ、動きベクトル、予測プロセスやその他視覚的な分析を可能とさせます。

次世代コーデックと標準化をサポート

ビデオコーデック

  • HEVC (SHVC、Multiview を含む主要なプロファイル)
  • VP9 (主要なプロファイル)
  • MPEG-2
  • AVC (4:4:4 までの主要なプロファイル)

コンテナーフォーマット

  • MPEG-2 TS, MP4, MKV, MMT、および MPEG-DASH コンテナー

ビットストリームを読み込み、主要なデコードプロセスを視覚化および数値化して検証したり、イメージの構造を調査することが可能です。特定のエンコーダーやデコーダーをデバッグするする場合、このデータを視覚的に参照することができます。

視覚的な解析と予測による開発時間を短縮

次世代の高品質で効率の良いビデオデコーダーとエンコーダーの開発時間とコスト軽減に役立つ、以下機能を提供します。

  • 最適化に向けた詳細な解析

    符号化フロー、ヒートマップ、動きベクトル、予測プロセスなどをグラフカルに解析。新しいエンコーダーとデコーダー・ビデオ・ソリューションを開発およびテストする際に、全体と繰り返されるステップのオーバーヘッドを排除できます。

  • 調査、デバッグおよびエンコーダーの改善

    デコードとエンコードプロセスの各ステップを視覚的および数値的に調査し、符号化された画像の構造を探ります。このデータは、特定のエンコーダー/デコーダーのデバッグに使用したり、次世代のコーデックの仕組みを調べる際に役立ちます。ビットストリームの符号化モード決定のエラーを即座に見つけ、高品質エンコーダーを開発する際に壊れたストリームを解析します。

  • HEVC スクリーン・コンテンツ・エンコーダーのデバッグ

    クラスドベースのアプリケーション向けの最適化セットである HEVC SCC 拡張により符号化されたストリームのデバッグ。SCC は、リモートデスクトップやビデオ会議中のプレゼンテーションからキャプチャーされたコンテンツを、これまでのエンコーダー以上に大幅にエンコーダーの圧縮率を向上させることができます。

  • フルスクリーンの HEVC & AVC 統計、デュアル表示と制御

    マッチングと異なる値で強調された 2 つのビットストリームを詳しく比較します。視覚と自動回帰チェックにより、製品の評価プロセスを強化します。

HEVC、VP9、AVC および MPEG-2 ビットストリーム

ネットワーク・ストリーミング/インフラストラクチャーのコストの大半は帯域幅であり、将来のビデオ、ストリーミング、コンテンツ配信、ブロードキャスト、広告において、HEVC やVP9 などの次世代のコーデックが重要になりつつあります。ビデオの開発者、専門家、研究者にとって、複雑な次世代のコーデック・パイプラインを視覚化し、詳しく検証できるインテル® VPA のようなツールは不可欠です。

  • HEVC、VP9、AVC、MPEG-2 誤り耐性

    コンテンツ処理、壊れたまたは非対応のストリームの回復機能が改善され、エラーレポート機能が供されました。詳細は解説ビデオを参照ください。

Visual Quality Caliper (ビデオ品質判定) は、エンコードまたはデコードされたビデオストリームの品質をシーケンスレベルでチェックする機能を提供します。左の解説ビデオでは以下を説明します。

  • YUV ビューアーおよびシングルストリーム・プレイヤーとしてのツールの使い方
  • 複数の圧縮ストリーム向けの主観的メトリックスを使用
  • コンポーネント
  • マウスとホットキー操作でタスクを素早く終える

Visual Quality Caliper の、サイドバイサイドでのビデオストリーム比較機能の概要については、左の解説ビデオを参照ください。

  • 詳細ウインドウは基本メトリックスを表示し、2 つのピクセル (またはそれ以上) 2 ストリームのフレームを視覚的に解析することを可能にします – 同期とオフセット拡張。
  • 実際の 4 AVC 圧縮と 4 HEVC 圧縮されたビットストリームを視覚的して比較
  • RD グラフ上の HEVC の利点を視覚的に実証
  • 3 つのストリーム (オフセット、同期、拡張) モデルを並べて、非圧縮と圧縮 (もしくは 2 つの圧縮) の再生を比較

プレイバックとナビゲーションの改善

インテル® VPA 2017 ではデコーダーのパフォーマンス改善が行われており、リニア・プレイバックの改善と、ストリーム内の高速なナビゲーションを容易にするためのインデックス化機能も追加されています。
バージョン 2016 と比較して HEVC のプレイバックでは 1.4倍、AVC では 2.2倍向上しています。

  • HEVC、AVC のプレイバックの解析パフォーマンス (青いバー) は、アメリカ都市部の経過映像 (2160p @ 100 フレーム) の読み込みの平均時間から算出されています。
  • HEVC ランダム・ナビゲーション (オレンジのバー) は、現在フレームから過去フレームへのランダムアクセスの待ち時間の差の比率から算出され、パフォーマンスは 12 倍を示しました。(2160p HEVC/AVC ビデオによる計測)

基本構成: Microsoft* Windows* 8.1 上で動作するインテル® VPA 2017 vs. 2016。
インテル® Core™ i7 5775C (3.4 GHz, 32 GB DDR3 DRAM) ベースのカスタマー・リファレンス・プラットフォーム (CRP)。
Gigabyte Z97-HD3 デスクトップ・ボード, 32GB (4x8GB DDR3 PC3-12800 (800MHz) DIMM), 500GB インテル® SSD, ターボブーストおよび HT 有効。 出典: 2016 年 8 月、インテル社内での計測。

ウルトラ HD コンテンツ向けの革新

卓越した視聴体験のため、ウルトラ HD コンテンツがサポートする次世代の色域によるビデオを検討することで、競争力を維持します。インテル® VPA は、可視色の 75% をカバーする高ダイナミックレンジ (HDR) ビデオ/BT2020 (10 ビット) を含みます。

NAB Show 2016 in ラスベガス

製品セミナーや関連イベントをご紹介。

米インテル社の製品情報を日本語に翻訳して公開中。

ハイパフォーマンスで高品質なエンタープライズ・ グレードのメディア・ソリューション開発を支援するツール・スイート

HEVC / VP9 / AVS 2.0 デコーダー、トランスコーダー、プレーヤー、ストリーミング・ソリューションを利用するエンタープライズ・グレードのメディア製品の検証およびデバッグを行うことができるツール

サポートされるフォーマット/プロファイル
  • HEVC:
    • ISO/IEC 23008-2 MPEG-H Part 2 または ITU-T H.265 (8-10 ビット)
    • RExt extension (8/10/12 ビット, 4:0:0/4:2:0/4:2:2/4:4:4)
    • SCC extension (リファレンスコード の HM + SCM 8.0 準拠)
    • Scalable/Multiview Extension
  • VP9: 0, 1, 2, 3, 4:2:0/4:2:2/4:4:0/4:4:4 – 8/10/12 ビット
  • MPEG-2 – (ISO/IEC 13818 Part 2 または ITU-T H.262): 8 ビット 4:2:0/4:2:2
  • AVC - (H.264/AVC, ISO/IEC 14496-10, MPEG-4 Part 10) (SVC/MVC は除く)
  • MP4、MKV、MPEG2 TS/PS、AVI、MPEG Media Transport (ARIB STD-B60 1.0) コンテナー
オペレーティング・システム
  • Microsoft* Windows* 7、8、8.1、10 (32/64 ビット)
  • Ubuntu* Linux 12.04 以降、SLES* 12 以降、CentOS* 6.5 以降
  • Macintosh OS X* 10.9 以降
ハードウェア要件
  • 最小 1GB RAM、4K 画像をロードするには 4GB を推奨
  • 最新の情報は、製品または評価版に同梱されているリリースノートを参照ください。

お知らせ

2016年 9月 2日、インテル® Video Pro Analyzer のバージョン 2017 を販売開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、最新バージョンを無償でダウンロードしてご利用いただけます。旧バージョンも引き続きご利用いただけます。

開発元インテル社の意向により、2016年 5月 10日以降、インテル ® Video Pro Analyzer 2016 製品の特定ユーザーライセンス規定に変更が入り、製品をインストールできるシステムが最大 3 システムまで (規定変更以前は無制限にインストール可能) に変更されます。

ライセンス規定変更前に、製品をご購入された方には本変更は適用されず、これまで通り無制限数のシステムに製品をインストールいただけます。

»詳細はこちら

2015年 10月 8日より、インテル ® Video Pro Analyzer 2016 アカデミック向け製品が販売開始されました。
アカデミック対象期間に所属するお客様は、よりお求めやすい価格でご購入いただけます。

»価格はこちらら

2015年 9月 15日、インテル ® Video Pro Analyzer のバージョン 2016 を販売開始しました。

過去に製品をご購入いただき、現在有効なサポートサービスをお持ちのお客様は、最新バージョンを無償でダウンロードしてご利用いただけます。旧バージョンも引き続きご利用いただけます。

開発元の方針により、2015年 6月 24日よりインテル® Video Pro Analyzer フローティング・ライセンス 1 Pack の販売を再開しました。フローティング・ライセンスの SSR (サポートサービス更新) 製品も新たに発売を開始します。

FAQ

インテル® レジストレーション・センターで操作します。
操作手順やよくあるご質問、トラブルシューティングは、インテル® レジストレーション・センター操作マニュアルを参照ください。

»マニュアルはこちら

最新版、または旧バージョンのダウンロードは、インテル® レジストレーション・センターで行います。
詳細は以下ページを参照ください。

»製品登録 & ダウンロード

購入

技術情報

サポート