Windows XP から最新 OS への移行方法

Microsoft 社は、2014年 4月9日 (日本時間) を以って、Windows XP Service Pack 3 (SP3) のサポートを終了しました。最新の Windows に対応したインテル® ソフトウェア開発製品を利用して、新しい環境に移行しましょう。

Windows XP をサポートしていたインテル® ソフトウェア開発製品については、2014年 4月9日以降も引き続き Windows XP をサポートいたしますが、2014年 4月9日以降のインテル® ソフトウェア開発製品のメジャーリリースより、Windows XP はサポートしておりません。
Windows 7 や 8 でもそのまま利用可能

Windows XP から最新 OS への移行手順はとても簡単!


手順の詳細は以下をご覧ください。


Windows XP から最新 OS への移行方法

必要なものをチェック

☑ Windows 7 や Windows Server 2012 などが搭載されたシステム
☑ 最新版のインテル® ソフトウェア開発製品
☑ Windows XP で利用していたソースファイルなど

最新版のインテル® ソフトウェア開発製品をインストール

1. インストール用のファイルをダウンロード
ダウンロード方法の詳細はこちら

2. インストール用のファイルをダブルクリックします。
展開先は変更せず、そのまま [Extract] をクリックします。展開が完了すると自動的にインストーラー ダイアログが表示されます。

アクティベーション方法を選択する画面になりましたら、[その他のアクティベーション (Chose alternative activation)] を選択します。
次に [ライセンスファイルを使用する (Use a license file)] を選択し、準備したライセンスファイルを選択してインストールを開始します。

ソースファイルを移行

Windows XP で利用していたファイルを Microsoft Visual Studio から開くと、自動的に最新バージョンに対応したファイルに変換されます。

または、ソリューションファイル (拡張子 .sln) をダブルクリックして開いても Microsoft Visual Studio が起動して、同様に最新バージョンに対応したファイルに変換されます。

評価版がほしい!問題が起きたら心配!という方は...

評価版の利用方法や、インストールや利用方法の問い合わせは弊社、エクセルソフトにお問い合わせください。
いきなり購入ということが心配な方は、ぜひ無料評価版でお試しください。

購入

技術情報

サポート