MadCap Capture

簡単にスクリーン キャプチャーと編集

ホーム » Capture

 

MadCap Capture 概要

新バージョンMadCap Capture v7 リリース (2015年 5月 27日)


MadCap Capture は、コンピュータ上に表示されるものなら何でも編集可能な画像としてキャプチャーします。吹き出しテキスト、矢印カーソル、特殊効果などの追加により画像をエンハンスできます。

  • オンラインおよび印刷ドキュメントの有用性と外観をさらに優れたものにします。
  • 印刷および Web 用のシングルソース画像
  • 画像と別に保存される吹き出しテキストとその他のオブジェクト
  • カスタマイズ可能なユーザーインタフェース要素
  • MadCap 製品の Flare、Blaze、Mimic、Lingo などに密接に統合
  • 自動スクロール ウィンドウ キャプチャー オプション
  • プロファイルを使用して画像設定の標準化
  • ユーザーの注意を引く特殊効果の追加

Capture v7 の主な機能

高度なスクリーンキャプチャー機能とバッチ更新

MadCap Capture offers advanced screen capturing features designed to save you time and effort; batch processing makes it easy to update a large number of images quickly across projects.

Capture profiles: A profile is a collection of settings that are applied to the image. You can also apply profiles to a single image or multiple images through the use of a batch job.

With profiles, you can:

  • Select captured image file location
  • Apply a specific border
  • Add shapes
  • Set the DPI
  • Automatically resize

Recapture images: Easily recapture an image while maintaining all existing callouts and objects added to it.

Image cropping: Cropped images can be re-cropped, as the entire image is saved.

Time delay: Capture images immediately or on a timed delay.

Batch processing: Apply image profiles to folders/subfolders; update and replace images.

Capture regions consecutively: Capture multiple images without having to select the capture option each time.

 

強力な画像編集

Apply various types of effects to images, such as blurs, shading or gradients.

  • Blur effects
  • Blur-inside effects
  • Gray scale effects
  • Shading effects
  • Shadow effects
  • Torn edge effects
  • Zoom effects
  • Bubble and text callouts

Palettes: Add various types of objects to an image such as shapes, lines and cursors. A palette is an element that lets you store objects for later use.

 

MadCap Flare で再利用できるシングルソースとコンテンツ

Maximize content reuse by applying the same rules used for text to images. By adding variables to callouts and images for example, there's no need to recapture or reinsert images into your documentation when text or version changes are required.

Project Conditions and Variable Links: You can link an image to a MadCap Flare project. This allows you to automatically have access to any variables or condition tags found in that Flare project.

Bundled Free with MadCap Flare: Our powerful screen capture software now comes bundled with MadCap Flare — absolutely free.

 

Flare のカスタム メディアをサポート

Enhanced integration with custom mediums in Flare allow for more powerful single-sourcing of images to be used in various outputs.

 

標準の画像ファイル形式をサポート

Capture and edit images in standard file formats including BMP, JPG, GIF, PNG and TIFF.

  • BMP
  • HDP
  • JPG
  • JPEG
  • GIF
  • PNG
  • TIF
  • TIFF
  • WDP
  • XPS

 

日本語を含む多言語をサポート

MadCap Capture is fully Unicode compatible, making it possible to handle most of the languages of the world. Capture not only supports Western European languages, but also double-byte Asian languages, Eastern European languages, and more.

 


その他の機能:

選択可能なキャプチャー範囲 : Capture は、全画面、指定したアプリケーション ウィンドウ、または画面上の指定範囲をキャップチャーします。

画像のスケール調整 : キャプチャーした画像を倍率とピクセル数でサイズ変更できます。

編集可能なレイヤー : Capture は、画像レイヤーをサポートします。保存するときに、図形、矢印、その他の追加された要素は、画像の上にレイヤーとして保存されます。キャプチャーが完了した後、必要に応じてそれらの要素を変更できます。

メニュー キャプチャー : カスケード メニューを含むメニューを個々にまたは画像全体といっしょにキャプチャーできます。

特殊効果 : ぼかし、シェード、グレースケール、ズームなどを適用して画像の特定領域を強調できます。

パレット : さまざまな種類のオブジェクト (吹き出し、図形、線など) を作成できます。その後、再利用するため、これらのオブジェクトをパレットに保存できます。

Flare にシームレスな統合 : Capture は、多目的に使用できる優れたツールですが、プロフェッショナルなヘルプ システムを作成する MadCap Flare と同時に使用できるように設計されています。MadCap Flare から簡単に Capture を起動でき、完成した画像をすばやく Flare プロジェクトに組み込むことができます。

柔軟なインターフェース : Capture のユーザーインターフェースは、ユニークです。個々のペインで構成され、ワークスペースの異なる領域を "ドッキング"したり、自由に移動できます。このため快適に作業ができ、同時に複数の画像を開いても、すばやく別の画像に移れます。

シングルソースのイメージ : 1つの画像から印刷用の高解像度ファイルとオンライン用の低解像度ファイルを出力できます。

自動的にサイズ変更 : キャプチャーする前にサイズ設定を指定でき、キャプチャーしたときに自動的に画像のサイズが変更されます。

自動的に解像度設定 : キャプチャーする前に解像度設定を指定でき、キャプチャーしたときに自動的に画像の解像度が設定されます。

自動的に色数設定 : キャプチャーする前に色数を指定でき、キャプチャーしたときに自動的に色数が設定されます。

自動的に標準サイズにクロップ : キャプチャーする前にクロッピング サイズを指定でき、キャプチャーしたときに自動的にクロッピングされます。

 

MadCap Capture 新機能

Capture v7 の新機能

バッチ処理の画像更新と置換で時間節約

画像オブジェクトを維持しながら、Flare プロジェクト内で任意の数のバックグラウンド画像を更新または置換できます。製品の更新、翻訳プロジェクトには理想的な機能です。

 

キャプチャーをさらに簡単にする新しいエディター強化

中央集中化したワークスペース、透明なキャンバス バックグラウンド、新しい手動のサイズ変更可能なキャンバスで作業が簡単になります。

 

複数のクロップ機能の強化でパーフェクトな画像を作成

クロップ機能が大幅に強化され、コンテキスト メニューにクロップ機能が追加されました。バックグラウンド キャンバスと同様に画像オブジェクトもクロップできます。

 

ペンシル、消しゴム、塗り潰しを含む新しい描画ツールでキャンバスを修正

新しいツールで単純かつ容易にキャンバスとオブジェクトを修正できます。

 

複数のオブジェクトをひとつにまとめてフラット化

画像オブジェクト、吹き出し、矢印などをひとつの画像にフラット化できます。

 

Flare のカスタム メディア用のサポートでシングルソース強化

Flare のカスタム メディアの統合を強化し、各種出力で利用できる強力なシングルソースの画像が可能。

 

矩形選択およびマジックワンドを含む新しい選択ツール

画像の一部を選択し、移動、削除、切り取り、コピー、貼り付けなどを可能にする矩形選択とカラーび基づく選択が可能なマジックワンド。

 

MadCap Capture 必要システム

 

⇒ MadCap Capture の価格・購入

推奨システム要件

  • 2048 MB memory (RAM)
  • 150 MB の空きディスク容量
  • Intel Pentium 4
  • Windows 7 または Windows 8, 32 または 64 bit,
    (すべての必要な更新がインストールされていること)
  • Microsoft .NET Framework 4.5.1 (4.0 for Windows XP)
  • Microsoft Internet Explorer 7.0 またはそれ以降



 

ページトップへ