MadCap Central

クラウドベースのコンテンンツ管理ソリューション

ホーム » Central

 

MadCap Central 製品概要

最新情報

新バージョン! MadCap Central April 2021 がリリースされました (2021 年 4 月 7 日)


テクニカル ライターとドキュメント チーム向けのセキュアなクラウドベースのオーサリング、コラボレーション、ワークフロー、およびプロジェクト管理ソリューション

テクニカル ドキュメントのプロジェクト管理が容易になりました。MadCap Centralは、チームがタスクを簡単に追跡・管理し、ワークフローを管理し、スケジュールとプロセスを自動化し、対象分野の専門家の貢献とレビューを統合してオーサリング機能を拡張することができる唯一のクラウドベースのソリューションです。






モダンな UI によりクラウドベースのコンテンツを簡単にパーソナライズして管理

MadCap Central のユーザー インターフェイスは、コンテンツ、プロジェクト、チーム、およびユーザーの管理を容易にします。カスタマイズ可能なダッシュボードにより、パーソナライズして効率良く作業できます。

カスタマイズ可能なダッシュボード

カスタマイズ可能なダッシュボード
すばやく簡単にアクセスできるウィジェット

プロジェクト

プロジェクト
すべてのプロジェクトを 1 箇所で管理

タスク

タスク
タスクとプロジェクトのチェックリストを管理

チームとユーザー

チームとユーザー
すばやくユーザーを追加してチームを管理

レビュー

レビュー
対象分野の専門家による投稿とレビューを簡素化

翻訳管理

翻訳管理
容易な「翻訳依頼」ワークフロー

分析

分析
出力のデータ分析を表示


ホスティングとコンテンツ管理

クラウドでのプロジェクト管理

MadCap Central は、クラウドでの Flare プロジェクトの管理を容易にします。

 

 


プロジェクトとコンテンツを一元管理

充実したプロジェクトとコンテンツの管理機能を利用して、プロジェクトのアップロード、他のユーザーからのプロジェクトのインポート、特定のプロジェクトへのユーザーの割り当て、プロジェクト ステータスの設定、アクティビティ通知の受信など、すべてを 1 箇所で行うことができます。

MadCap Central で次のことが可能になります。

MadCap Flare プロジェクトのアップロードとホスティング

MadCap Central 内で MadCap Flare プロジェクトを管理します。プロジェクトをアップロード (またはバインド) することで、MadCap Central から直接出力をホスティングすることができます。もう FTP パブリッシングを使用したり、ライブ ウェブサイトをパブリッシングするため IT 部門に依頼する必要はありません。

さらに、Flare プロジェクトをアップロードすると、クラウドにコピーが保存されます。アカウントにアクセス可能なユーザーは、プロジェクトのローカル バージョンとクラウド バージョンを保持し、統合されたソース管理で変更を同期させることができます。

Flare プロジェクトのインポート

他のユーザーがアップロードした Flare プロジェクトのコピーが必要な場合、MadCap Central を使用すれば、クラウドにアップロードされた Flare プロジェクトをダウンロードすることができます。

プロジェクトへのユーザーの割り当て

リソースを管理し、チームにどのプロジェクトに取り組むべきかを知らせ、次の作業の優先順位を付けます。個々のユーザーやチームは、任意のプロジェクト、または一度に複数のプロジェクトに割り当てることができます。

プロジェクト ステータスの設定と管理

プロジェクトの開始から終了までのステータスを管理します。プロジェクトをアップロードすると、自動的に「アクティベート」に設定されます。クラウド上にファイルのコピーを保持して出力を削除する場合は、プロジェクトを「アーカイブ」に設定します。変更を加えずに出力を保持する場合は、プロジェクトを「ロック」に設定します。

プロジェクト ダッシュボードでのプロジェクトの監視

MadCap Central でプロジェクト ページを開く場合、3 つの方法でプロジェクトを表示できます。

  • プロジェクト ダッシュボード: プロジェクトのデフォルトのビューとして、プロジェクト ダッシュボードでは、ウィジェットを使用してプロジェクトに関する追加の情報を表示することができます。

  • ビルド管理: このビューでは、ターゲットから出力を生成し、開いて、管理できます。

  • リポジトリ: ファイルをトラブルシュートする際に役立ちます。プロジェクト内のすべてのファイルが読み取り専用として表示されます。

プロジェクトに関する通知の受信

MadCap Central は特定のアクティビティが発生した際に通知することができます。ユーザー設定で、Notification Center、メール、または Slack で受信する通知を選択します。

次の通知を受信できます。

  • ビルドの開始、停止、および完了

  • プロジェクトのユーザーの追加と削除

  • チームの編集

  • タスクに関するコメント

  • プロジェクトの削除

  • その他


コンテンツをホストして公開するための IT リソースやウェブサーバーの設定は不要

ホスティングを簡素化し、IT リソースへの依存を減らします。数回クリックするだけで、コンテンツを安全にオンラインでホスティングして公開できます。


簡単なサイト管理で複数のドメイン、バニティ URLを管理して、サイト ステータスを「ライブ」に設定

MadCap Centralではサイトの管理が簡単です。任意の数のドメインを管理し、バニティ URL を設定し、出力を Live や Private に設定し、ユーザーをサイトに関連付けることができます。


プロジェクト、タスク、およびチームの管理

カスタマイズ可能なダッシュボードとウィジェットで完全なプロジェクトの可視性を取得

一目で重要な情報を見分けられるウィジェットを使用してダッシュボードをカスタマイズし、迅速かつ容易にカレンダー、ビルド履歴、クラウド ストレージの使用状況、プロジェクトのプロパティなどにアクセスできます。


ユーザー、プロファイル、権限などを 1 箇所で管理

[Users] タブでは、アカウントに関連付けられたすべてのユーザーを表示および管理することができます。プロファイルの管理、ユーザーの追加、権限の設定などを行うことができます。

 

 

単一ページからユーザーを管理

ユーザー ページでは、ライセンス キー上のすべてのユーザーを管理および表示できます。ユーザーの詳細、ステータス、および最近のアクティビティを確認できます。

ユーザーを簡単に招待

ユーザーは一度に 1 人ずつ招待することも、一括で追加することもできます。また、複数のユーザーをライセンスに追加する場合は、CSV ファイルをアップロードすることで素早く追加できます。

ユーザーのカスタム権限を設定

MadCap Central では、ユーザーにさまざまな権限を付与することができます。権限は、すべてのプロジェクトに対してグローバルに設定することも、個々のプロジェクト別に設定することもできます。タスクの作成、新規プロジェクトのアップロード、ビルドの実行とスケジュールなどの権限を付与するユーザーを決定します。

チームとプロジェクトへのユーザーを割り当て

管理者はユーザーをチームに割り当てて、チーム単位でメッセージを送信したり、アクティビティを管理できます。また、ユーザーをプロジェクトに直接関連付けて、チームメンバー間のコミュニケーションを効率化することもできます。

重要な変更に関する通知を受信

プロジェクトの変更に関する通知を受け取りたい場合、ユーザーは、ビルドの完了、新規作成されたタスクやチェックリスト、削除されたユーザーなど、特定のイベントの通知を受け取ることができます。


プロジェクトを効率良く管理するためのチームの作成とコミュニケーション

チームを使用して、ユーザーを特定のグループにまとめることができます。ユーザーをプロジェクトに関連付けて、Message Center を使用して、ユーザーの特定のセットとすばやくコミュニケーションをとることができます。

 

 

単一ページからチームを管理

MadCap Central のチーム ページでは、すべてのチームを一目で確認することができます。使いやすいダッシュボードから、プロジェクトにユーザーを関連付けたり、各チームに関連付けられたユーザーやプロジェクトを表示できます。

プロジェクトに基づいてチームを作成

チームは MadCap Central のダッシュボードで簡単に作成できます。チームを作成すると、そのチームに関連付けられたメンバーやプロジェクトの確認が容易になります。チームとメンバーをアップロードされた Flare プロジェクトに関連付けるには、ダッシュボードでチームとプロジェクトをリンクするだけです。

チームと簡単にコミュニケーション

チーム全体に重要な情報を送信する必要がある場合、Message Center を利用してチームのメンバーにメッセージを送信することで、他のメンバーとのコミュニケーションやコラボレーションをすばやく円滑に行うことができます。

チームを簡単に編集および削除

チーム名や説明などのチーム プロフィールは、権限があるユーザーによって簡単に編集できます。また、チームに関連付けられたプロジェクトやユーザーの追加や削除も可能です。


プロジェクト固有のワークフローと進捗状況をプロジェクト チェックリストで管理

プロジェクト チェックリストを使用して Flare プロジェクトのワークフローを追跡・管理することで、スプレッドシートやその他の統合されていないプロジェクト管理アプリケーションを排除できます。

プロジェクト ファイル チェックリストの作成

プロジェクト ファイル チェックリストは、プロジェクト内の特定のファイル (トピック、スニペット、マスター ページなど) に自動的に関連付けられます。「対象分野の専門家によるレビュー」や「目次へ追加」など、追跡したい特定のタイプのアクティビティに応じて、任意の数のカスタム カラムを追加することができます。

カスタム チェックリストの作成

カスタム チェックリストは、製品リリースの「To Do」リストなど、追跡・管理したいものに合わせて作成することができます。

チェックリスト テンプレートの作成

チェックリスト テンプレートは、MadCap Central にアップロードされたすべてのプロジェクトから利用できます。

進捗状況の把握

作業の進行に応じて各項目に適切なステータスを設定し、チェックリストの作業の進捗に応じて完了率をチャート化します。


プロジェクト チェックリストのテンプレート マネージャー

新しいプロジェクト チェックリストのテンプレート マネージャーを利用して、MadCap Central ライセンスにアップロードされたすべてのプロジェクトから利用可能なチェックリスト テンプレートを簡単に作成して保存することができます。これは、同じタイプ、説明、列、行、ノートを共有するチェックリストを作成する場合に特に便利です。


複数のビューでタスクを追跡して管理

MadCap Central のタスク管理機能を利用して、MadCap Flare プロジェクトのワークフローを効率良く管理できます。タスクで完了すべきことを計画、追跡、可視化し、クラウドベースのプラットフォームで一元管理します。

 

 

タスクの作成とカスタマイズ

タスクを作成することで、作業負荷を調整して合理化することができます。MadCap Central でタスクを作成すると、説明、優先度、納期、関連する Flare プロジェクト、割り当てユーザーなどのフィールドをタスクに設定することができます。

マイルストーンによるタスクの進捗状況

「未着手」、「進行中」、「完了」の 3 つの異なるマイルストーンに沿って、タスクを開始から終了まで追跡できます。

ユーザーとのコラボレーションが容易

特定のタスクにコメントを追加して、割り当てユーザーとディスカッションを開始することができます。また、タスクにファイルを添付できるため、他のユーザーとの共同作業が容易になります。

プロジェクト、日付、ユーザー、その他でタスクをフィルター

MadCap Central では、特定のタスクを見つけるのが簡単です。検索フィールドを使用してタスクを見つけたり、フィルターを指定してプロジェクト、日付、ユーザー、優先度でソートすることができます。

今後のタスクを一目で確認可能

カレンダー ビューでプロジェクト全体のワークフローを管理し、各タスクの開始日と終了日を確認できます。


メール、Notification Center、または Slack で通知を受信

次のような特定のアクティビティに関する MadCap Central の通知を、メール、Notification Center、または Slack チャンネルで受け取ることができます。

  • ユーザー: プロジェクトにユーザーが追加/削除された場合、通知を受け取ります。

  • ビルド: プロジェクトのターゲットが生成された場合 (手動、スケジュールされた開始、またはリビルド)、通知を受け取ります。

  • チーム: プロジェクトにチームが追加/削除された場合、通知を受け取ります。

  • タスク: タスクにコメントやファイルが追加された場合、通知を受け取ります。

  • プロジェクト: プロジェクトのステータス (開始、ロック、アーカイブ) が変更された場合、通知を受け取ります。

  • その他


クラウドベースの投稿とレビュー

MadCap Flare で投稿とレビューを合理化するクラウドベースのエディター

MadCap Central のクラウドベースのエディターを使用して、組織内の誰もが Flare コンテンツの投稿やレビューを行うことができます。対象分野の専門家、ライター、その他の非 Flare ユーザーは、クラウドベースの統合ワークフローを使用して、簡単にコンテンツを作成してレビューすることができます。

このレビュー ワークフローの利点:

クラウドベースのエディター

対象分野の専門家は、ソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要はありません。投稿とレビューのワークフローはシンプルで、完全に統合されており、クラウド上で行われます。

複数のユーザーによる同時オーサリングとレビュー

複数の対象分野の専門家、ライター、および 非 Flare ユーザーが、同じトピックまたはスニペットに対して、同時に投稿、変更、コメントの追加を行うことができます。

使い方が簡単なインターフェイス

軽量なエディターは合理化されたインターフェースを提供し、対象分野の専門家には投稿およびレビュー プロセスに関連するオプションや機能のみが表示されます。

チーム コラボレーション

同じ Flare のコンテンツやプロジェクトを同時に表示して作業することで、対象分野の専門家 (および他のライター) とのコラボレーションが可能です。


翻訳機能

プロジェクトとファイルの合理化された「翻訳依頼」ワークフロー

MadCap Central から翻訳見積もりが必要なファイルを簡単にバンドルして送信できます。翻訳するプロジェクトやファイルを選択するだけで、見積もり要求が送信されます。

MADTRANSLATIONS についてはこちら (英語) >>


パブリッシング機能

MadCap Flare から MadCap Central へ直接パブリッシュ

MadCap Flare から MadCap Central へ簡単に出力を直接パブリッシュできます。


クラウドでのセキュアなホスティングと簡易パブリッシング

MadCap Central は、クラウドのセキュリティ、パワー、柔軟性を活用して、コンテンツ制作者や IT プロフェッショナルが直面する技術的なハードルの多くを軽減または排除します。

セキュアなホスティング

Madcap Software 社にとって、セキュリティとプライバシーは最重要事項です。お客様のコンテンツはすべて Microsoft® Azure でホストされており、お客様のコンテンツとデータが安全かつ確実に保護されています。すべてのデータは、安全な SSAE 16/SOC 2 認証を受けた Microsoft® Azure データセンターでホストされ、データは転送時と静止時の両方で暗号化されており、お客様の情報を厳重に保護しています。Madcap Software 社では、プライバシーの重要性を理解し、最高の国際的および業界固有のコンプライアンス基準とアップタイム保証に準拠していることに重点を置いてセキュリティセンターを選択しています。

Microsoft® Azure は、定期的に厳格な第三者監査を受け、高レベルのセキュリティ管理を確実にし、検証します。詳細については Microsoft Trust Center をご参照ください。

MadCap Central セキュリティ ホワイトペーパーをダウンロードできます。

データセンターと障害復旧

MadCap Central のインフラストラクチャーは、Microsoft® Azure によってホスティングされており、ISO27001 認証を受けた世界中のセキュアなデータセンターを利用しています。詳細については、 Microsoft® Azure グローバル インフラストラクチャをご覧ください。

ウェブ サーバーのホスティングと管理

すべての MadCap Central サブスクリプションに、拡張性の高いクラウドベースのビルド サーバーへのアクセスが含まれています。


ウェブサイトやコンテンツをすばやく非公開または公開に設定

数回クリックするだけで、PDF ファイルへのアクセスを含むドキュメント ポータルを公開または非公開に設定できます。


パスワードで保護されたユーザー アクセスのセキュアな非公開アウトプットのホスティングとパブリッシング

MadCap Central では、公開された出力にセキュリティ レイヤーを簡単に追加できます。出力を非公開に設定し、ライター、対象分野の専門家、ビューアーが、認証情報を使用して非公開アウトプットにアクセスできるようにします。


すばやく簡単にビルドを自動化、管理、およびパブリッシュ

MadCap Central では、簡単にビルドを管理できます。ビルドをスケジュールしたり、ビルドを「ライブ」に設定して簡単にパブリッシングしたり、ビルド中の警告やエラーなどの詳細をビルドログで確認できます。さらに、MadCap Central はビルドした出力をホスティングできるため、他の部署 (ITなど) にパブリッシング処理を依頼する必要がありません。

ビルドのスケジュールと自動化

MadCap Central からプロジェクトの出力を簡単に生成できます。ビルド ターゲットは手動でビルドすることも、後で生成されるようにスケジュールすることもできます。

ビルド ログを使用した修正とトラブルシューティング

ターゲットをビルドするたびに、ビルド ログが自動的に作成されます。ビルド ログから、プロジェクトのビルド中に出力された警告やエラーの詳細を確認できます。

ビルドを「ライブ」または「保留」に設定

ターゲットが生成されたら、ビルドを「ライブ」または「保留」に設定できます。「ライブ」に設定すると、アウトプットは公開可能であることを意味します。以前のバージョンのアウトプットにロールバックする必要がある場合は、「保留」に設定します。

アウトプット用のバニティ URL パスを設定

バニティ URL はライセンス名 (組織名) と「mcoutput.com」で構成されます。「ライブ」に設定されたビルドは MadCap Central でホスティングされ、バニティ URL に基づいて URL が決定されます (例: https://fictionsoft.mcoutput.com/vanity/Default.htm)。

カスタムドメイン名で出力を公開

CNAME (Canonical Name) エイリアスを使用することで、自社のホストドメインを MadCap Central からの公開出力に簡単にマッピングできます。

ビルドに関する通知の受信

ビルドの開始、終了、または完了、あるいはビルドが「ライブ」に設定されたときに通知を受け取る必要がある場合、Notification Center、メール、または Slack で通知を受け取ることができます。


アカウント設定の管理、追加のシートの購入、その他

MadCap Central のインターフェイスから、Slack 統合の設定など、MadCap Central アカウントの設定を管理したり、ライター対象分野の専門家用の追加ライセンスを購入することができます。


あらゆる規模の組織に対応

1 人のユーザーでも数百人のチームでも、MadCap Central は拡張性を考慮して構築されています。価格体系はシンプルで、ストレージの追加も簡単です。


出力に関するリアルタイムのアクション可能な分析

ユーザーのインタラクションに関する貴重な洞察を得ることで、顧客によるセルフ ヘルプの利用を最大化し、コンテンツの有用性を向上させます。

エンド ユーザーは適切なコンテンツを見つけることができているか?
コンテンツを検索して該当する結果がなかった回数は?
特定の検索フレーズ用のマイクロコンテンツを作成すべきか?
これらの質問はすべて、MadCap Central を使用して Flare で生成された出力を分析することで答えが得られます。

  • コンテンツの品質戦略から推測を排除
  • わずか数分で簡単にセットアップしてデータ分析の収集を開始
  • ホスティングされたウェブサイトやデスクトップ出力の使用状況を追跡
  • コンテンツは MadCap Central だけでなく、どこでもホスティング可能

 

 

検索

検索クエリ
結果のない検索クエリ

コンテンツ

トピックの表示
状況依存ヘルプの呼び出し

統計データ

ブラウザーとオペレーティング
システムの統計


オンライン、ホスティング、ローカル デスクトップなど、あらゆるコンテンツの使用状況データを収集

ほとんどのデータ分析ソリューションとは異なり、Flare で作成したコンテンツは、デスクトップ ベースのコンテンツを含め、どこでもホスティングすることができ、クリックするだけですばやくデータを取得できます。コンテンツは、MadCap Central の簡単なオンライン ホスティング機能を使用してホスティングできます。ホスティングには、サードパーティによりホスティングされたウェブサイト、サーバー、あるいは従業員や社内ネットワーク ユーザーだけがアクセスできる社内のデスクトップなどを使用することができます。

弊社では、MadCap Central でホストされているかどうかにかかわらず、MadCap Flare のすべてのプロジェクトに MadCap Central の出力分析機能を使用しており、簡単で便利だと感じています。

Construction Industry Solutions Ltd (COINS)
教材コンサルタント
NIGEL LONGLEY 氏


マイクロコンテンツとデータ分析がコンテンツ開発を変える

エンドユーザーが最も必要としている情報を確実に提供するにはどうすればよいでしょうか? MadCap Flare のマイクロコンテンツと MadCap Central のデータ分析を組み合わせることで、コンテンツの品質を向上させ、ユーザーが必要とする最も関連性の高い正確なコンテンツをすばやく簡単に見つけられるようにすることができます。

MadCap Flare のマイクロコンテンツ機能を活用して、弊社のラーニング センターでは何百もの専門的なマイクロコンテンツを作成しています。

84.51°
リード コンテンツ ストラテジスト
CASEY SCHROEDER

Central 2021 リリース (2021 年 2 月 19 日)

MadCap Central 2021 の新機能

 

クラウドベースの投稿とレビューでテーブルをフルサポート

MadCap Central の軽量エディターを使用してクラウド上で投稿やレビューを行う際に、テーブルを追加および編集できるようになりました。


ビルドの詳細とアクションを含む新しいビルド プロファイル ダイアログ

ターゲットの特定のビルドに関する詳細情報を表示するダイアログが追加されました。

概要

次の情報を表示します。

  • ビルドのタイムラインと進捗情報
  • 生成したユーザー
  • プロジェクトのコミット ID
  • リンク サイト

設定

ビルドを「Keep」に設定するなど、ビルド設定を管理します。

ログの表示とダウンロード

メッセージ、警告、およびエラー タブを含むビルドのログを表示します。

出力の表示

ビルドの出力を表示します。

ビルドのダウンロード

ビルドの出力ファイルを ZIP 形式でダウンロードします。

ビルドの削除

グリッドからビルドを永久的に削除します。


グリッドの水平スクロール

新しい水平スクロール機能により、グリッド内のすべての列に簡単にアクセスできます。


サイト アバター

サイトのアバターが自動的に生成され、[Site] ページに表示されるようになりました。各アバターは、サイト名の最初の 3 文字までを表示し、これは手動で編集することができます。


不具合の修正、パフォーマンスの向上、
ほか



Central 2020 リリース (2020 年 5 月 5 日)

MadCap Central 2020 の新機能

 

パスワードで保護されたユーザー アクセスのセキュアな非公開アウトプットのホスティングとパブリッシング

メール アドレスとパスワードを使用してログインする必要がある、非公開アウトプットのホスティングとパブリッシングが可能になりました。認証情報がないユーザーはサイトにアクセスできないため、このオプションは社内向け、あるいは一般公開しない顧客用のドキュメントに最適です。


ライター、対象分野の専門家、ビューアーは、認証情報を使用して非公開アウトプットにアクセスできます。

お客様の声

「ビューアーや対象分野の専門家に、MadCap Central でホスティングされている Flare で生成されたコンテンツへのセキュアなパスワードで保護されたアクセスを提供することで、大きな変化がもたらされました。チームとして効率良く作業できるようになり、IT 部門に作業を依頼する必要もなくなりました。」

Nestlé Information Technology 社
Technology Learning Center 技術主任
Patrick Fueldner



新しい「ビューアー」ユーザー タイプを追加

ライターまたは対象分野の専門家ではない個人が MadCap Central と制限付きアウトプットにアクセスできるように、新しいユーザー タイプの「ビューアー」が追加されました。ライターは、ビューアーにパスワードで保護されたアウトプットを表示する権限を付与できます。


複数のドメイン、バニティ URL、ライブ ステータスのサイト管理

MadCap Central でホスティングされているサイトを一元管理できるようになりました。複数のドメイン、バニティ URL、「ライブ」サイト ステータスの設定などを管理できます。



UI 要素のサイト テーマの作成、編集、および複製

ログイン、招待、404メッセージなど、各サイトでの異なるユーザー インターフェース要素の外観を制御します。人にの数のサイトに対して、1 つのテーマを使用することも、複数のテーマを作成することもできます。

  • ログイン フォーム
  • 招待フォーム
  • 404 ページ
  • パスワードの紛失、リセット、期限切れフォーム
  • プロフィール ページ
  • アクセス拒否ページ
  • ポップアップ パネルの切り替え
  • ローダー イメージの切り替え

タスク全体の管理とワークフローを効率化するように一新されたタスク ダイアログ

タスク ダイアログが一新されました。詳細、ディスカッション、添付ファイルの 3 つのタブで、タスクに関連する重要な情報をすばやく見つけることができます。フィールドも再編成され、スキャンや編集が容易になりました。




設定とプロフィールの拡張: ユーザー設定とライセンス設定

ユーザー設定とライセンス設定で使用されるいくつかのダイアログが更新され、ライセンス管理とユーザー設定がより使いやすく、効率的になりました。チーム プロフィール ダイアログも更新されました。

不具合の修正、パフォーマンスの向上、
ほか


MadCap Central の FAQ

 

⇒ MadCap Central のライセンスと価格に関する FAQ

 

評価版の動作

MadCap Central トライアルの動作制限は?

MadCap Central トライアルは、サインアップしてから 30日間有効です。評価中は、無制限のユーザーをアカウントに招待し、無制限のストレージを利用できます。評価モードでは、MadCap Central でのコンパイラーは出力をスクランブルします (ランダムに文字を置換します)

 

購入したとき、評価版のコンテンツは、どのようになりますか?

ユーザーアカウント、プロジェクト、評価中に実装された設定を含むすべてのデータは、MadCap Central サブスクリプションを購入時に(セールス担当者に連絡することで)、保存されアクセス可能です。

 

私のコンテンツはロックされますか?

お客様のコンテンツは決してロックされません (クラウド内で閉じ込められません)。バックアップは連続して実行され、MadCap Central 内からボタンをクリックしてデータをエクスポートすることができます。


セキュリティ

セキュリティとデータの安全性はどうですか?

セキュリティとプライバシーは、Madcap Software 社の最優先事項です。パートナーを選ぶ際には、プライバシーの重要性を理解し、国際的および業界固有の最高コンプライアンス基準と稼働時間保証に準拠したセキュリティセンターを選ぶことに重点を置いていました。お客様のコンテンツとデータが安全で安全であることを保証するため、Microsoft® Azure と提携することを喜ばしく思います。

Microsoft® Azure は、定期的に厳格な第三者監査を受け、高レベルのセキュリティ管理を確実にし、検証します。詳細については次のサイトをご参照ください。
https://www.microsoft.com/en-us/TrustCenter/Security/default.aspx

MadCap Central セキュリティ ホワイトペーパーをダウンロードできます。


プロジェクト管理

マネージャーとして、すべてのプロジェクトで利用可能なダッシュボード ビューはありますか?

はい。ホーム画面では、MadCap Central のプロジェクトに複数のポッド/ウィジェットを持つことができます。このビューは、マネージャーを念頭に置いて作成されました。

 

MadCap Central からプロジェクトをインポートすると、Git と同様に、マシン上にプロジェクトのローカル コピーが作成されますか?

はい、動作は同じです。


ソース管理

複数のユーザーからの競合する変更をプッシュしようとすることに対する保護手段はありますか?

競合がある場合は、Flare の競合解決マネージャーで処理できます。

 

2人の作成者が同時にファイルをプッシュできますか? その場合、マージはどのように動作しますか?

Git と同様に、MadCap Central への最後のプッシュが最終コピーになります。

 

Git のような標準のリポジトリ ソフトウェアを背後で使用していますか、それともリポジトリは固有ですか?

はい、MadCap Central リポジトリは Git のバージョンです。

 

MadCap Central は、複数の作成者用にセットアップされた複数プロジェクトで必然的に発生するマージの問題をどのように処理しますか?

マージ処理は、MadCap Central ではなく、MadCap Flare で管理され、Flare のソース管理インターフェイスを使用します。

 

MadCap Central でのコミットとは何ですか? プッシュとコミットの違いは何ですか?

ソース管理に関しては、コミットによりローカルの変更をローカルのソース管理データベースに追加できます。その後、変更を MadCap Central のリポジトリにプッシュして終了できます。

 

MadCap Flare は、Git などの外部ソース管理を引き続きサポートしますか?

はい。

 

クラウド ホスティングは、ソース管理に公開する必要がなくなったことを意味しますか? クラウド ホスティングは、ソース管理とリポジトリの必要性を置き換えますか?

はい、MadCap Central を使用すると、ビルドを保持および管理できます。アウトプットの以前のバージョンにロールバックする必要がある場合、それらは MadCap Central 上で利用可能です。


ホスティング

MadCap Software はクラウド ストレージをホストしていますか?

はい。Microsoft® Azure と提携して、米国の分散データセンターでデータの安全性とセキュリティを確保しています。

Microsoft® Azure は、最高レベルのセキュリティ制御を確保および検証するために、定期的に厳格な第三者監査を受けています。詳細については、下記のページをご覧ください。
 https://www.microsoft.com/en-us/TrustCenter/Security/default.aspx


ユーザー管理

他の MadCap Central ユーザーがプロジェクトに参加していることを確認できますか?

ビルドが完了したときや、ビルドがライブに設定されたときなど、プロジェクト内の特定のアクティビティがいつ発生するかを確認できます。

 

2 人のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業できますか?

はい。このプロセスを支援するビルトインのソース管理機能を使用できます。

 

1人のユーザーを複数のチームに割り当てることはできますか?

はい。1 人のユーザーを複数のチームに割り当てることができます。

 

ユーザーには、割り当てられているプロジェクトのみが表示されますか?

ユーザーは MadCap Central のすべてのプロジェクトを表示できますが、プロジェクトに割り当てられていない限りプロジェクトにアクセスできません。MadCap Flare では、ユーザーに割り当てられているプロジェクトのみが表示されます。


ビルド管理

ビルドだけでなく MadCap Flare ファイルまたはプロジェクトをロールバックできますか?

MadCap Central から、ビルドにロールバックしてライブに設定できます。特定の時間のファイルの状態にロールバックする必要がある場合、MadCap Flare で、Flare 内から使用可能なソース管理オプションを使用してこれを実行します。

 

スケジュールされたビルドの場合、出力はサーバーに保存され、後でダウンロードできますか?

その通りです。MadCap Central は出力をライブでホストできます。または、ダウンロードして自分で配布することもできます。


利用規約

MadCap Central の使用に関する法的条件 (ライセンス契約) とは何ですか?

利用規約はこちらにあります。

 

 

ライセンスと価格に関する FAQ

含まれる製品・サービス・機能

MADCAP
AMS

MADCAP
CENTRAL

MADCAP
FLARE

ライセンス タイプ 年間サブスクリプション 年間サブスクリプション 年間サブスクリプション
MadCap Flare ライセンス
シングルソース オーサリングとパブリッシング
MadCap Central Author Seat
クラウドベースの編集、パブリッシング、プロジェクトおよびコンテンツ管理
MadCap Central SME Seats (x2)
SME 寄稿とレビュー
MadCap Lingo ライセンス
翻訳管理
MadCap Capture ライセンス
シングルソース画像編集
MadCap Mimic License
シミュレーション ビデオ作成
MadCap Flare 導入トレーニング コース
Certified Web-based Training (詳細)
MadCap Connect for Salesforce®
Salesforce への直接パブリッシュ (詳細)
MadCap Connect for Zendesk
Zendesk への直接パブリッシュ (詳細)
サポート メンテナンス レベル
(詳細)
プラチナ含む プラチナ含む プラチナ含む
クラウド ストレージ
MadCap Central アカウント クラウド ストレージ
30 GB 10 GB

 

⇒ MadCap Central の価格・購入

 

MadCap Central のライセンスはどのようになっていますか、また購入には何が含まれていますか?

MadCap Central は、ユーザー単位/月単位でライセンスされ、月単位または年単位で請求されますが、弊社からの日本での販売は、12 か月の契約が必要です。 各ユーザーは、MadCap Central で提供されるすべての機能に完全にアクセスできます。最初のオンボーディング プロセス (教育・訓練プロセス) には、企業アカウント用に 10 GBのストレージが含まれています。プラチナ レベルのメンテナンスが含まれます。

 

MadCap Central のサブスクリプションを購入するにはどうすればよいですか?
MadCap Central ライセンスの購入申し込みは、弊社までお問合せください。

注:Subject Matter Expert (SME) ユーザー アカウントの購入も弊社までお問い合わせください。

MadCap Central (評価版または既存のライセンス) 内で、購入したい座席数 (Seat) を選択 (または既存のアカウントにシートを追加/削減) し、追加のストレージを購入し、年単位で購入することができます (弊社での販売は、年単位のみ)。

オンラインで購入する場合、すべての請求はクレジットカードを介して行われ、年間契約オプションのみが使用されます。

 

既存の MadCap Central アカウントの座席数を変更 (追加または削除) できますか? 

アカウントのユーザー数はいつでも追加、削減、キャンセルできます。ただし、サブスクリプション期間中のキャンセルまたはダウングレードに対する返金は行われません。

 

追加のストレージを購入できますか?

MadCap Central アカウントには、10 GB のストレージ使用量が含まれています。MadCap Central 内で、またはセールス アカウント マネージャーに連絡して、企業アカウント用に追加のストレージを 10 GB単位で購入できます。

 

追加料金や設置費用はありますか?

MadCap Central の購入に追加料金やインストール費用はかかりません。

 

MadCap Central の評価版での作業 (チーム、ユーザー、プロジェクトなど) は、フルライセンスに変換しても維持されますか?

MadCap Central アプリケーション自体から購入した場合、評価版のすべての作業はフルライセンスに変換されます。MadCap 社の eコマースを介して購入する場合、新しいライセンス キーが提供され、MadCap Central のクリーン インストールからやり直します。弊社に注文書で購入する場合、MadCap Software 社が評価版を完全なライセンスに変換し、作業を維持するのを支援できます。




 

ページトップへ