MadCap Contributor

ドキュメントの寄稿とレビュー

ホーム » Contributor

 

MadCap Contributor 製品概要

最新情報

新バージョン! MadCap Contributor 9.0 r2 がリリースされました (2020 年 6 月 16 日)


SME (対象分野の専門家) の寄稿およびレビュー プロセスを合理化

MadCap Contributor を使用すると、組織内の誰でもセキュアなデスクトップベースのワークフローでコンテンツのレビューや寄稿を容易に行うことができます。レビューアーや Subject Matter Expert (SME、対象分野の専門家) は、簡単な使いやすいユーザー インターフェイスを使用して、トピックをレビューして編集したり、アノテーションを追加したり、MadCap Flare のコンテンツを更新できます。




合理化されたコンテンツ開発ワークフロー

Word や PDF のような非統合化製品とは違い、アプリ内で直接レビュー パッケージを受け渡し

  • SME (対象分野の専門家) は MadCap Flare のコンテンツを簡単にレビュー、編集、または作成できます。
  • レビューアーと SME はメール、SharePoint、または外部リソースを使用して、変更履歴付きのレビュー済み、編集済み、アノテーション付きのコンテンツを受け渡しできます
  • ライターが設定した寄稿テンプレートにより、書式やスタイルが維持されます。
  • 高度な変更履歴は、編集およびレビュー プロセスの管理に役立ちます。
    • レビューアーが MadCap Contributor でコンテンツを開くと自動的に有効になります。
    • すべての変更内容と変更したユーザーが記録されます。

MadCap Contributor の寄稿/レビューのワークフロー

  • ライターから受け取った寄稿テンプレートまたはレビュー パッケージを開きます。
  • Contributor でコンテンツを編集します。
  • トピックにすでに変更履歴が含まれている場合はそれを承諾または却下するか、アノテーションを追加します。
  • 寄稿テンプレートまたはレビュー パッケージをライターに送ります。


寄稿テンプレートで一貫性を提供

誰でも簡単にコンテンツの編集とレビューを行える寄稿テンプレート

  • スタイルが設定済みのため、SME とレビューアーは書式を気にせずにコンテンツに集中できます。
  • Word やその他の形式からコンテンツを変換する手間を省き、ドキュメントの寄稿およびレビュー プロセス全体で一貫性を保持します。
  • MadCap Flare 内からコンテンツをロックして、意図しない編集を防ぐことができます。

以下はテンプレートの例です。

  • ページ スタイル
  • テーブル スタイル
  • サンプル テキスト
  • 画像のプレースホルダ―
  • テーブルのプレースホルダ―
  • テンプレートの説明を含むアノテーション


簡単に編集できるシンプルなビジュアル エディター

シンプルなビジュアル エディターで簡単にコンテンツを追加、レビュー、および編集

  • コンテンツ、画像、式、その他のメディアを寄稿トピックに追加できます。
  • 寄稿およびレビュー パッケージを「TOC View (目次ビュー)」で送ることで、エディターはドキュメントやプロジェクト全体のレビュー候補を把握できます。
  • 次のような高度なエディター オプションを利用できます。
    • XML コードと WYSIWYG の両方を表示するリアルタイムの分割表示エディター
    • 右から左へ横書きする言語のネイティブ サポート
    • 高度な出力機能、ほか


無料版でアノテーションを使ってレビュー

  • 無料のレビュー モードでは、誰でもコンテンツにアノテーションを追加できます。

注: MadCap Contributor 評価版には、無期限に利用可能なアノテーションを使用する無料のレビュー モードが含まれています。レビューアー、SME、および Flare ライターは、この機能を利用してレビューを行うことができます。

MadCap Contributor を使用した無料のレビュー ワークフロー

  • ライターから受け取ったレビュー パッケージを開きます。
  • アノテーションを追加します。
  • メール、SharePoint、または外部のリソース フォルダーを使用して、レビュー パッケージをライターに送ります。


さまざまなライセンス オプション

お客様の組織の固有のニーズに合わせて柔軟に対応できるように、さまざまなライセンス オプションが用意されています。サブスクリプション ライセンスを利用することで、オーサリングの寄稿およびレビュー ワークフローのコストを大幅に削減できます。

 


MadCap Lingo 向けの無料のレビュー ワークフロー

MadCap Lingo との統合により、MadCap Contributor を使用して翻訳済みコンテンツと翻訳バンドルを組織内外のレビューアーに送ることができます。

翻訳レビュー ワークフローは簡単で、無料で利用できます。

  1. MadCap Lingo プロジェクトからレビュー パッケージをエクスポートして、レビューアーに送ります。
  2. レビューアーは MadCap Contributor を使用してファイルのレビューと編集を行うことができます。
  3. 作業が完了したら、レビューアーは編集済みのレビュー パッケージ ファイルをエクスポートします。
  4. ライターは受け取ったパッケージをインポートして、変更履歴機能を使用してレビューアーの変更内容を承諾または却下します。


Contributor 9.0 r2 リリース (2020 年 6 月 16 日)

MadCap Contributor の新機能

 

多くの言語でシンタックスがハイライトされるコード スニペットの追加

レビュー ワークフローで、新しいコード スニペット エディターを利用して、JavaScript や CSS など数十種類のコーディング言語でコード スニペットを簡単に作成して挿入できます。シンタックス ハイライトと行番号により、コード スニペットの可読性が向上します。


XML エディターの使いやすさを向上するタグの折りたたみ/展開機能

XML エディターで作業する際に、タグ (コンテンツ ブロック) を折りたたんだり展開できるようになり、長いトピックのコンテンツの表示や検索が容易になりました。


検索・置換機能の強化

検索・置換機能が強化され、ファイルごとに結果をフィルターしたり、折りたたまれたテキストを見つけることができるようになりました。


不具合の修正、パフォーマンスの向上、ほか


 

MadCap Contributor 9.0 r2 のシステム要件

 

⇒ MadCap Contributor の価格・購入

システム要件

  • 8 GB メモリー (RAM)
  • 800 MB 空きディスク容量
  • インテル Pentium 4 プロセッサー
  • Windows 7、Windows 8、または Windows 10 (32 ビットまたは 64 ビット)、必要なすべての更新を含む
  • Microsoft .NET Framework 4.6
  • 等式 (Equation) 描画には Java ランタイム環境 (JRE) version 7.51 または OpenJDK 1.8 が必要
  • EPS 画像のサポートには Ghostscript が必要
  • SharePoint 統合のサポート: SharePoint 2007、2010、2013、2016、および 365

注意: コンパイル時間の減少および最適なパフォーマンスのため、7200 rpm 以上のハードディスクを推奨します。

 




 

ページトップへ