データセンター向けに最適化されたワークロード管理とジョブスケジューリング

Univa Grid Engine は、オンプレミス、クラウドなどあらゆるコンピューター環境で、ワークロードの自動化を管理し、
共有リソースを最大限活用し、コンテナー、アプリケーション、サービスなどを迅速に展開します。

Univa Grid Engine はスケールアップされたデータセンター向けの製品です。あらゆる既存環境をサポートします。

数多くの OS をサポート

コンテナとマイクロサービスをサポート

幅広いハードウェアのサポート

様々なアプリケーションとフレームワークをサポート

Grid Engineは大規模なクラスタシステムでも使用できる等の利点を持つオープンソースの分散リソース管理(DRM)ソフトウェアです。LSF、OpenPBS等の負荷分散ソフトウェアと並び、世界中で広く使用されています。

Univa Grid Engine8.0(UGE8.0)は、このGrid Engineをベースに、Univa社が独自にバグフィックスと機能拡張を行ったスケジューラです。これは業界をリードする分散リソース管理システムで、世界中の数百の企業で使用されています。