InstallShield (インストールシールド)

すべてのインストールで、一貫性の高い優れたユーザー・エクスペリエンスを実現

ソフトウェアの第一印象を最高なものにします。10 万を超えるアプリケーション製作者に採用されており、MSI/EXE インストーラの開発、ユニバーサル Windows プラットフォーム・アプリ・パッケージの作成、アプリの仮想化に利用されています。アジャイル型の開発チーム/従来型の開発チームが、スタンドアロン製品や複雑なスイート製品の作成に、Windows Store や Nano Server に導入して利用しています。

お知らせ 脆弱性 (CVE-2016-2542) に関する InstallShield の Hotfix が提供されています。

InstallShield 2018 リリース

2018年2月16日に InstallShield 2018 がリリースされました。コンポーネントに使用されるオープン・ソース・ソフトウェアの割合が高まる中、InstallShield は、プロジェクトを迅速にスキャンして、OSS コードのリスクを低減します。InstallShield を導入することで、市場の変化に即座に適応し、製品の市場投入を迅速化して、魅力的なカスタマ・エクスペリエンスを提供できるようになります。また、製品の出荷前にプロジェクトの OSS コンポーネントの脆弱性を確認できます。その結果、生産性が向上し、スクリプティング/コーディング/リメークが大幅に削減されます。

InstallShield の価格および購入について

弊社では、InstallShield の新規ライセンスおよびアップグレード ライセンスを特別価格にて販売しております。InstallShield の新規ライセンスおよびアップグレード ライセンスの価格は、こちらのページでご確認いだけます。また、弊社オンラインショップから InstallShield の新規ライセンスおよびアップグレード ライセンスをご購入いただくことも可能です。ぜひご利用ください。

InstallShield の特長

ユニバーサル Windows プラットフォームをサポートする、シンプルでクリーンなインストール、アップグレード、アンインストール

  • 最小限のスクリプティング、コーディングおよびリメークで、MSI および EXE インストーラを開発し、ユニバーサル Windows プラットフォーム(UWP)と Windows Server のアプリ・パッケージを作成する。
  • Windows ストアと Nano Server 向けのアプリケーションを作成する。

仮想およびクラウドベースのデプロイを簡素化

  • 多階層のインストール・テンプレートを使用して、Web/サーバー・アプリケーションを単一のクラウド対応パッケージとしてデプロイ
  • Microsoft Azure SQL データベースのサポートにより、ハイブリッド・クラウド・データベースにデプロイ
  • 互換性を検証し、Microsoft App-V パッケージを作成することにより、エンタープライズ・アプリケーション仮想化導入をサポート

Microsoft Windows および Visual Studio サポートの最も一般的なソリューション

  • Windows インストーラをすばやく簡単に構築
  • Microsoft Visual Studio 内でインストーラを直接作成
  • ISO 19770-2 ソフトウェア・インベントリ・タグ、PowerShell スクリプト、Windows Store アプリのサイドロードにより、顧客企業をサポート

顧客のユーザー・エクスペリエンスをシームレスに提供

  • InstallShield の Advanced UI エディタで、企業や製品ブランドに合ったインストーラを作成
  • 最新の更新とパッチをインストール時にストリーム配信することで、ユーザーが常に最新バージョンをインストールできるようにし、リリース・プロセスを継続的にサポート
  • インストーラ・テキストを 35 言語にローカライズ

将来にわたって OSS の脆弱性からプロジェクトを保護

  • InstallShield* は、プロジェクトを 1 回スキャンするだけで OSS のセキュリティと IP コンプライアンスのリスクをチェックできる、唯一のインストール自動化ソリューションです。

テクニカル サポート対象製品及びアップグレード対象製品変更のご案内

一部製品がテクニカル サポート及びアップグレードの対象外となることが発表になりました。詳細はこちらのページをご覧ください。


Installshield の機能

オープン・ソース・ソフトウェアの検出とリスク評価*Premier Edition、Professional Edition

InstallShield が OSS の潜在的な脆弱性に対する防衛の最前線となります。自動化された高速スキャン 1 回でプロジェクト内の OSS コンポーネントを特定します。ライセンス義務を確認し、製品出荷の可否を意思決定することができます。

* InstallShield 2018 には、FlexNet Code Aware の 1 年間の無料サブスクリプションが付属しています。

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ・パッケージおよび Windows Server アプリ・パッケージとの互換性を調べるためのアプリのテストPremier Edition、Professional Edition

InstallShield プロジェクトを数秒でスキャンして、アプリケーションと、Microsoft の Desktop Bridge (以前は Project Centennial) および Windows Server アプリ・パッケージ間で発生する可能性のある互換性の問題を自動的に特定することで、調査作業の時間を短縮します。

MSI プロジェクトからのユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) アプリ・パッケージの作成Premier Edition、Professional Edition

既存の InstallShield プロジェクトからユニバーサル Windows プラットフォーム・アプリ・パッケージ (以前は Project Centennial) を構築することで、Windows 10 で Windows ストアの準備をし、ソフトウェアのインストール・エクスペリエンスを簡素化できます。Windows Installer と UWP アプリ・パッケージの両方を構築して、顧客が求める導入シナリオを全てサポートします。

MSI プロジェクトからの Windows Server アプリ・パッケージ (WSA) の作成Premier Edition、Professional Edition

既存の InstallShield プロジェクトから Windows Server アプリ・パッケージを構築して、Nano Server および Windows Server 2016 の導入の準備を行うことができます。顧客が求める導入シナリオの全てを簡単にサポートできるように、ビルド・プロセスで Windows Server アプリ・パッケージと Windows Installer パッケージの両方を同時に作成します。

複数の UWP アプリ・パッケージを 1 つにまとめるPremier Edition

導入とメンテナンスを簡素化するために、インストールをモジュール単位で開発してから、ビルド時にコンポーネントと依存関係を Windows ストア用の単一の UWP アプリ (Appx) パッケージにマージします。ストアの外部に直接配付するには、UWP アプリ・パッケージおよび他の依存関係を Suite/Advanced UI インストーラとバンドルします。

Windows Installer (MSI) インストール Premier Edition、Professional Edition、Express Edition

InstallShield の直感的なグラフィカル開発環境で、Windows インストーラ (MSI) インストールをすばやく簡単に作成できます。SQL データベース、IIS Web サイト、XML 編集などにも高度に対応しています。

InstallScript インストール Premier Edition、Professional Edition

強力で使いやすいスクリプト言語、InstallScript で、最大限に柔軟なインストールを実現します。スクリプトベースのインストールと Windows インストーラカスタム処理を作成します。

MSI の Microsoft® App-V 5.1 への変換Premier Edition

同じビルド・プロセスから Microsoft App-V 5.1 パッケージと Windows Installer MSI インストールの両方を作成できるなど、顧客企業に柔軟なインストール・オプションを提供します。また、顧客企業が複数の製品バージョンの仮想化インスタンスに即座にストリーム・アクセスできるようにすることで、サポート・チームは顧客の問題を素早くテストし、トラブルシューティングできるようになります。*Microsoft App-V は、Windows 10 Enterprise Edition に含まれています。

マッピングされた MSI テーブルの関係Premier Edition、Professional Edition

より正確な編集とトラブルシューティングを行うために、MSI テーブルがどのように関連付けられているかを把握します。手動によるテーブル編集の予期せぬ結果を軽減するために、このような変更がインストーラにどのような影響を与えるかを迅速に確認します。

Suite/Advanced UI プロジェクトの複雑なインストールの簡素化 Premier Edition

InstallShield の Suite/Advanced UI プロジェクトで、Microsoft Web 配置ファイルのインストールをサポートし、Web アプリケーションの展開が簡素化されます。Suite/Advanced UI インストールが、MSI、EXE、Microsoft Web 配置ファイルなどをバンドルできるようになりました。依存関係、サーバー構成タスク、データベーススクリプト、および複雑な複数層のアプリケーションに必要なすべてのコンポーネントを含めてバンドルできます。

Windows 10 のカスタム・タイルPremier Edition、Professional Edition、Express Edition

ユーザー・エンゲージメントの増加に対応するために、Windows Installer と UWP デスクトップ・アプリケーションを、鮮やかなタイルを備えた Windows 10 の開始画面に「ポップアップ」表示させます。

多言語サポート Premier Edition

インストールのローカライズ用に、インストールテキストを最大 35 言語で表示します。サポート対象の各言語に対して、異なるファイル、レジストリエントリ、およびその他のリソースを提供できるようなインストールを作成します。

Microsoft Web Deploy を使用して、Web アプリケーションを Microsoft® Azure および Microsoft IIS へインストール Premier Edition

新しく Microsoft Web Deploy をサポートしている、Suite/Advanced UI インストールを使用すれば、ローカルマシン、データセンターやクラウドの Microsoft Azure 上にあるリモートサーバーなどのインフラストラクチャを自由に選択して、Webアプリケーションを展開できる柔軟性が得られます。

テストインストール向け InstallShield IDE で仮想マシンのプロビジョニングが可能 Premier Edition

自動的に仮想マシンを起動し、テストイメージのスナップショットを選択し、InstallShield IDE から直接テストのステージをセットアップすることで、テスト時間の短縮や、手動ステップの排除を実現します。VMware vSphere、VMware Workstation、Microsoft Hyper-V と統合できます。

Microsoft Team Foundation Server 統合 Premier Edition、Professional Edition、Express Edition

TFS ビルドサーバーで InstallShield プロジェクトをコンパイル、ビルド、管理します。Team Explorer を使用することで、InstallShield プロジェクトの設定、スケジュール管理、キュー構築ならびに Visual Studio ソリューションの構築ができます。

InstallShield コラボレーション Premier Edition (5 ライセンスを含む)

分散した共同作業チームを構築して、インストール開発をアジャイル開発プロセスに統合します。開発者、テクニカルライター等の関係者が、インストールの各自のセクションを作成し管理できるようになります。

InstallSheild Express エディション

Windows インストーラ (MSI) を迅速、簡単に作成するツール

InstallShield Express Edition は、信頼性の高い Windows インストーラ (MSI) を作成する迅速、簡単、コスト効率の高いソリューションをお求めのソフトウェア開発者やセットアップ作成者に理想的です。

自社開発のソリューションとは異なり、InstallShield Express Edition は、複雑なセットアップの構築で開発者を支援します。MSI インストーラの作成プロセスを手順を追って案内する使いやすいプロジェクトアシスタントが付属しています。

  • 習得しやすく使いやすい - Express Edition は、インストールプロジェクトを正常に完了させるのに必要な時間を大幅に短縮します。経験豊富な開発者も、新しいプロジェクトを勢いよく開始できるため、時間を節約できます。
  • コンプライアンス違反を起こすリスクを回避 - InstallShield は、インストーラ開発プロセスの一環として、ISO 19770-2 ソフトウェア識別タグを作成する唯一の戦略的インストーラ開発ソリューションです。
  • 予算に柔軟に対応 - Express Edition は、信頼性の高い Windows インストーラ (MSI) を作成する、コスト効率の高いソリューションをお求めのソフトウェア開発者やセットアップ作成者に理想的です。
  • 各種言語を利用可能 - 開発者が母国語で柔軟に構築できるよう、Express Edition には英語版と日本語版が用意されています。

InstallSheild Professional エディション

強力で使いやすい Windows インストールソリューション

InstallShield Professional Edition は、Windows インストーラの構築に強力で使いやすいソリューションです。初級開発者、熟練開発者の双方に理想的なソリューションです。自社開発の Windows インストールツールのほとんどが現在の業界標準向けに最適化されていない一方、InstallShield Professional は、最新のテクノロジーを有効活用できます。

InstallShield Professional Edition では InstallShield Premier Edition の機能の多くが提供されないものの、InstallShield Express Edition の全機能のほか、次の機能が提供されます。

  • Windows 7 & 8 検証テスト - Microsoft の Windows 7、8 および Windows Server 2012 のベストプラクティスに対してインストールを検証します。
  • Advanced UI Designer - 新しいウィザード設計機能により、最新のインストール体験を生み出します。
  • 純粋な 64 ビットインストールの作成 - WoW64 が無効になっているサーバー構成をサポートする 64 ビットインストールを使用して、64 ビットアプリケーションを展開します。
  • ハイブリッドクラウドデータベースへの展開 - Windows Azure SQL データベーススクリプト機能により、ハイブリッドクラウド SQL 展開が可能になります。
  • 展開メタデータの提供 - Microsoft System Center 2012 Configuration Manager サポートにより、ソフトウェア開発者は、法人顧客に必要な展開メタデータを提供し、アプリケーション管理の負担を減らすことができます。
  • ユーザーが常に最新バージョンのアプリケーションをインストールしているか確認 - インストーラのランタイムに、最新の更新およびパッチを自動確認し、更新が見つかった場合には、自動的にダウンロードして、古いインストーラの代わりに実行します。
  • インストールスクリプトの合理化 - PowerShell サポートにより、ソフトウェア開発者はインストールスクリプト要件を合理化して、法人顧客のベストプラクティスをサポートすることができます。
  • クリーンなビルドシステムを維持 - InstallShield Professional 版のライセンス 1 つにつき、無料のスタンドアロンビルドライセンスが 1 つ含まれます。
  • 開発時間の削減 - 既存のプロジェクト (ダイアログ、カスタムアクション、機能) の一部を別のインストールプロジェクトに移動すれば、インストールの構築を迅速かつ容易に行うことができます。再利用可能なプロジェクトの概要を作成および管理することで、インストールをゼロから開始する必要がなくなります。
  • インストールを容易にカスタマイズ - 既存のエンドユーザーダイアログのレイアウトの修正、複数のプロジェクトバージョンの管理、ユーザー定義フラグを通じてリリースに特定の機能を含めるよう許可することなどが可能です。
  • InstallScript でインストールをカスタマイズ - InstallScript カスタムアクションを MSI プロジェクトに追加するか、インストール全体を制御する InstallScript プロジェクトを作成します。

InstallShield Professional Edition は、ノードロックライセンスまたは同時接続ライセンスをご利用いただけます。また、オプションで Microsoft App-V 仮想パッケージのビルドをサポートする Virtualization Pack 付きの Professional Edition をご購入いただけます。

InstallSheild Premier エディション

世界で最も強力な Windows インストーラ作成ソリューション

InstallShield Premier Edition は、世界で最も強力で柔軟性に富んだ Windows インストーラ向けのソリューションです。信頼性の高いプロフェッショナルなインストーラを提供することに真剣に取り組む多くのソフトウェア企業から信頼されています。

InstallShield Premier Edition は、Professional Edition の すべての機能に加えて次のようなほかにはない多くの機能を提供しています。

  • 多層インストールの簡素化 - 単一のクラウド対応パッケージとして、複数層インストールテンプレートを使用してWeb/サーバーアプリケーションを展開します。
  • Windows の役割と機能の自動インストール - アプリケーションのインストールとともに Windows の役割と機能を自動的にインストールすることで、手動タスクのリスクを回避します。
  • Suite / Advanced UI インストールの PowerShell スクリプトの実行 - 最適なエンタープライズスクリプト言語である PowerShell スクリプトを実行することで、サーバー構成タスクを合理化します。
  • Microsoft App-V インストールの作成 - 同じビルドプロセスから物理および仮想アプリケーションパッケージの両方を作成します。
  • 仮想化適合性テスト - アプリケーションが、Microsoft App-V、VMware ThinApp、および Citrix XenApp などのエンタープライズアプリケーション仮想化技術と互換性があることを保証します。
  • Windows Store アプリのサイドロードの展開 - Windows Store アプリパッケージ(.appx)を サイドロードし、Windows Store アプリとデスクトップアプリケーションを Windows Store 外の単一インストーラでバンドルしてインストールできるようにします。
  • スイート機能の改善 - Suite パッケージとして PRQ ファイルをインポートおよび参照する機能、Suite パッケージへのダイナミックリンク、Suite パッケージの高度なレポートおよび記録機能、カスタム条件用の新しい UI。
  • 最低限のスクリプトおよびコーディングで、複雑な要件をサポート - InstallShield Suite/Advanced UI プロジェクトタイプでは、複数の製品を簡単にバンドルして、単一の統一スイートインストールが可能です。これにより、カスタムランチャーまたはブートストラッパー用アプリケーションを開発する必要がなくなります。
  • 効率の良い体験を提供 - エンドユーザーは、小さなファイルをダウンロードするだけで、簡単にインストールを開始できます。
  • 64 ビット版オペレーティングシステムで提供されるメリットを活用 - 64 ビットインストール開発の最も包括的なサポートには、64 ビット依存関係スキャン、ファイル、フォルダ、レジストリキーの設定許可、および Microsoft VSTO 2010 Runtime の 64 ビットバージョンをインストールする前提条件があります。
  • クリーンなビルドシステムを維持 - InstallShield Premier 版のライセンス 1 つにつき、無料のスタンドアロンビルドライセンスが 5 つ含まれています。
  • 分散、コラボレーションインストール開発をサポート - InstallShield コラボレーションアドオンにより、製品開発者およびテクニカルライターが地理的に分散している場合でも、インストールの内容を効率良く作成し、管理することができます。Premier 版には、開発者インストールマニフェストエディタの 5 つのライセンスが含まれています。
  • 一般的なインストールの問題を回避 - InstallShield ベストプラクティス検証スイートの検証機能により、インストールがベストプラクティスのガイドラインに違反している場合には警告を発します。
  • インストールのローカライズ - InstallShield の多言語サポートにより、1 つのインストールプロジェクトで 35 のランタイム言語版を作成できます。
  • 新しいインストールを迅速に展開 - ネットワークリポジトリにより、共通要素のリポジトリの構築が容易になりました。複数のインストールオーサーがここにアクセスして、プロジェクトで再利用することができます。
  • IIS スキャナで時間を節約 - Premier 版のお客様限定で、IIS スキャナを使用して、既存のウェブサイトから IIS データを InstallShield プロジェクトに自動的にインポートすることができます。

InstallShield Premier Edition は、ノードロックライセンスまたは同時接続ライセンスをご利用いただけます。また、オプションで Microsoft App-V 仮想パッケージのビルドをサポートする Virtualization Pack 付きの Premier Edition をご購入いただけます。


InstallShield の各エディションの機能比較

InstallShield の各エディションの機能の差は、こちらをご参照ください

InstallShield 2018 と旧バージョンと機能の差は、こちらをご参照ください

InstallShield 2018 のシステム要件

InstallShield は、世界をリードするインストーラ開発ソリューションであり、Windows アプリケーション用の App-V パッケージおよび MSI インストーラを構築できます。以下は、InstallShield を実行するシステム (オーサリング環境) と、InstallShield で作成したインストーラを実行する対象システム (ランタイム環境) の最低要件です。

InstallShield 実行環境 (オーサリング環境)

InstallShield オーサリング環境を実行するシステムにおける InstallShield 2018 のシステム要件は以下の通りです。

項目 説明
コンピュータ本体 Pentium III クラス の PC (500 MHz以上推奨)
メモリ 256 MB 以上の RAM (512 MB推奨)
ハードディスク 500 MB のディスクスペース
ディスプレイ XGA (画面解像度 1024 x 768) 以上
OS Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows 8、Windows Server 2012、Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、Windows 10、Windows Server 2016
権限 システム上での管理者権限
マウス Microsoft IntelliMouse またはその他の互換性があるポインティングデバイス

InstallShield と Visual Studio との統合 (オプション)

Microsoft Visual Studio の以下のバージョンを InstallShield Premier Edition または Professional Edition に統合することができます。

  • Visual Studio 2010
  • Visual Studio 2012
  • Visual Studio 2013
  • Visual Studio 2015
  • Visual Studio 2017

Visual Studio のこれらのバージョンの以下のエディションは、InstallShield Premier Edition または Professional Edition に統合することができます。

  • コミュニティ
  • Professional
  • Premium
  • Ultimate

ターゲット プラットフォーム

スイート (Advanced UI および Suite/Advanced UI プロジェクト・タイプ) 以外のすべてのプロジェクト・タイプにおいて、InstallShield で作成されたインストーラを実行する対象システムの最低要件は Windows XP SP3 および Windows Server 2003 SP2 です。スイートの場合、対象システムの最低要件は Windows Vista および Windows Server 2008 です。

  • Windows XP SP3
  • Windows Server 2003 SP2
  • Windows Vista
  • Windows Server 2008
  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 8
  • Windows Server 2012
  • Windows 8.1
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows 10
  • Windows Server 2016

ターゲット システムで、SSE2 命令セットがサポートされていることが必須です。

InstallShield Premier および Professional に関するご質問

  1. Microsoft® App-V™ アプリケーション仮想化技術がサポートされていますが、どのように利用できますか?
  2. InstallShieldの以前のバージョンのインストールプロジェクトがある場合、 InstallShield の最新版と互換性がありますか?
  3. Standalone Build を使用しています。Standalone Build 機能をサポートしている InstallShield Edition を教えてください。
  4. InstallShield Express Edition のプロジェクトファイルを InstallShield Professional Edition または Premier Edition で使用できますか?
  5. Windows Installer (MSI) または InstallScript のどちらの形式でインストーラを開発する必要がありますか?
  6. Microsoftの .NET Framework はサポートされていますか?
  7. MSBuild はサポートされていますか?
  8. Microsoft ClickOnce はサポートされていますか?
  9. InstallScript 形式でも DIFx はサポートされますか?
  10. サードパーティテクノロジのビルトインサポートを提供していますか?
  11. InstallShield では、ターゲット OS のレジストリに COM 情報を書き込む必要がないと聞きました。これについて、もう少し詳しく教えてください。
  12. InstallShield では、どのようなデータベースがサポートされていますか?
  13. InstallShieldでは、SaaS インストールはサポートされていますか?
  14. Microsoft の Visual Studio を使用していますが、InstallShield と統合して使用できますか?
  15. Web 用のインストーラを作成できますか?
  16. インストーラのオーバヘッドを削減できますか?
  17. Windows モバイルはサポートされていますか?
  18. 規格外メディアでのソフトウェア配布を処理できますか?
  19. サポートされるランタイム言語を教えてください。
  20. 外部 dll、exe、Windows API を呼び出すことができますか?インストーラは、外部プログラムの完了を待機することができますか?
  21. 「常に上書き」機能とは何ですか?
  22. InstallShield のライセンスはどのようになりますか?
  23. InstallShield は、 Flexera Software 製の他の Windows インストーラオーサリングツールと共存できますか?
  24. Flexera の 2つのインストーラオーサリングツール、 InstallShield と InstallAnywhere の関係について教えてください。
  25. InstallShield を使用して、マルチプラットフォームインストーラを作成できますか (Linux、Unix などの OS 環境用インストールプロジェクトを作成できますか )?
  26. InstallShield Collaboration とは何ですか
  27. InstallShield Collaboration を使用するには、Microsoft Visual Studio は必要ですか?
  28. InstallShield Collaboration はどのように使いますか?
  29. InstallShield Collaboration のライセンスについて教えてください。

InstallShield Premier および Professional に関するご質問への回答

1. Microsof® App-V™ アプリケーション仮想化技術がサポートされていますが、どのように利用できますか?

InstallShield 2013 以降では、Premier Edition で Microsoft 社 App-V 仮想パッケージの作成機能を提供しております。従来のインストールプロジェクトを作成するのと同様のビルド処理で App-V ソフトウェアパッケージをネイティブに作成できます。アプリケーションの仮想化では、アプリケーションを独自の環境に分離することができ、既存 のアプリケーションとの競合や基礎となるオペレーティングシステムの変更を防ぎます。

2. InstallShield の以前のバージョンのインストールプロジェクトがある場合、InstallShield の最新版と互換性がありますか?

InstallShield の以前のバージョンで Windows をターゲットとするインストールプロジェクトを作成した場合、InstallShield 最新版でそのプロジェクトを開き、引き続き使用することができます。

3. Standalone Build を使用しています。Standalone Build 機能をサポートしている InstallShield Edition を教えてください。

InstallShield は、インストーラをビルドする InstallShield の一部の機能を使用してクリーンなビルドシステムを維持することが可能な SAB (Standalone Build) モジュールを提供しています。

InstallShield Premier Edition には 5 ライセンス、InstallShield Professional Edition に 1 ライセンスの無償の Standalone Build モジュールが同梱されています。(InstallShield2010 以前は Premier Edition にのみ Standalone Build モジュールが同梱されていました。)

4. InstallShield Express Edition のプロジェクトファイルを InstallShield Professional Edition または Premier Edition で使用できますか?

はい。Express (2.x 以降) のプロジェクトファイルを InstallShield Premier/Professional にインポートすることができます。このプロセスは非常に簡単で、既存のプロジェクトを開くだけで変換されます。

5. Windows Installer (MSI) または InstallScript のどちらの形式でインストーラを開発する必要がありますか?

どちらの形式で開発するかは、実際にソフトウェアをインストールする対象ユーザに基づいて決定することをお勧めします。システム管理者 (エンドユーザーや一般家庭の消費者ではなく) によってインストールされることの多いソフトウェアを販売している場合は、Windows Installer プロジェクト形式での開発を検討してください。Windows Installer ではインストーラの変更や公開をネットワーク内で簡単に行うことが可能で、システム管理者はこちらの形式をより好むためです。

6. Microsoft の .NET Framework はサポートされていますか?

はい、サポートされています。サポートされているバージョンにつきましては、最新のリリースノートをご確認ください。

7. MSBuild はサポートされていますか?

はい。InstallShield では .NET Framework に含まれている Microsoft Build エンジン (MSBuild) をサポートしています。

8. Microsoft ClickOnce はサポートされていますか?

InstallShield 2013 より Clock Once テクノロジーを使用したインストールプロジェクトは廃止となり、現在はサポートされておりません。

9. InstallScript 形式でも DIFx はサポートされますか?

はい。InstallShield では DIFx 2.1.1 をサポートしています。DIFx サポートは、基本の MSI、InstallScript、InstallScript MSI の各種プロジェクトで利用できます。

10. サードパーティテクノロジのビルトインサポートを提供していますか?

はい。InstallShield では 70 以上のサードパーティテクノロジのサポートを提供しています。そのうち一部は InstallShield のインストール時にインストールされます。「フレクセラ・ソフトウェア製品&ライセンスセンター」からのダウンロードすることが可能です。ダウンロード方法につきましてはこちらをご確認ください。

11. InstallShield では、ターゲット OS のレジストリに COM 情報を書き込む必要がないと聞きました。これについて、もう少し詳しく教えてください。

InstallShield には、Reg-Free COM ウィザードと呼ばれるウィザードが含まれています。このウィザードでは、COM 情報をアプリケーションマニフェストファイルに書き込むことができます。アプリケーションマニフェストファイルとは基本的に、アプリケーションとそ のアプリケーションが依存するライブラリに関する情報を格納する XML ファイルのことです。従来は、エンドユーザーのレジストリに COM データを直接書き込むことで InstallShield によってアプリケーションマニフェストファイルが作成されるのは、ユーザが Reg-Free COM ウィザードを完了したときのみです。アプリケーションマニフェストファイルが作成されるのは、ターゲットマシンにあらかじめ登録する必要のある COM ベースの DLL と OCX を使用する実行可能ファイルに対してのみです。

12. InstallShield では、どのようなデータベースがサポートされていますか?

  • Microsoft SQL Server
  • Microsoft Windows Azure
  • Oracle
  • MySQL

13. InstallShield では、SaaS インストールはサポートされていますか?

はい。InstallShield では、SQL サポートだけではなく、IIS 7 や SSL といった SaaS デプロイメントで使用される Web ベースのテクノロジーに対するサポートを提供しています。

そのため、Web アプリケーションを Windows プラットフォームに容易に導入することができます。また、InstallShield では Web サイトの SSL 証明書をインストーラに含めることができます。SSL サーバ証明書を含めることで、ユーザは Web サーバの認証や Web コンテンツの正当性チェックを行うことができ、安全な接続を確立することが可能です。

14. Microsoft の Visual Studio を使用していますが、InstallShield と統合して使用できますか?

nstallShield と Visual Studio を統合するための要件は最新版のリリースノートをご確認ください。

15. Web 用のインストーラを作成できますか?

はい、作成できます。InstallShield には One-Click Install Internet デプロイメントが含まれています。これを使用して、使い勝手のよい自己解凍型の自己インストール実行可能ファイルを作成し、Web サイトのダウンロードページに置くことができます。直感的な 1 つのステップだけで、ダウンロードとインストールが可能です。また、アプリケーションにパスワード保護やデジタル署名を実装できるだけでなく、高度な圧縮技術を使用してスモールイメージを作成することもできます。

16. インストーラのオーバヘッドを削減できますか?

はい。大幅に削減できます。インストールエンジンソフトウェアが必要なときのみダウンロードしたり、インストールするインストーラを作成することができるためです。エンジンが既に存在する場合は、標準のインストールプロセスのこの部分だけをスキップし、貴重な時間と帯域幅を節約できます。ユーザーは、デフォルトのホスティングサイトを使用することも、新しいサイトを選択することもできます。

17. Windows モバイルはサポートされていますか?

InstallShield 2013 よりモバイルデバイス用のインストールはサポートされません。

18. 規格外メディアでのソフトウェア配布を処理できますか?

InstallShield は、カスタムサイズを含むほとんどすべてのメディアタイプをサポートしています。

19. サポートされるランタイム言語を教えてください。

マルチリンガルサポートは Premier Edition でのみご利用いただけます。Unicode もサポートされるようになりました。新しい文字列エディタビューでは、スプレッドシート形式の表で翻訳済み文字列を 1 回の作業ですばやく編集することが可能です。

InstallShield Premier Edition ではアラビア語、バスク語、ブルガリア語、カタローニャ語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語 (e)、オランダ語、フィンランド語、フランス語 (フランス)、フランス語 (カナダ)、ドイツ語、ギリシャ語、ヘブライ語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、ポルトガル語 (ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語 (キリル文字)、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語を含む 35 言語の中からテキストを選択することができます。さらに、これらの翻訳済みの文字列を変更したり、既存の翻訳を調整、あるいはすべての文字列を別の言語に翻訳できます。

20. 外部 dll、exe、Windows API を呼び出すことができますか?インストーラは、外部プログラムの完了を待機することができますか?

はい。カスタムアクションウィザードを使ってカスタムアクションをすばやく作成することにより、外部 dll、exe、InstallScript、VBScript、Jscript、およびマネージドコードカスタムアクションを呼び出すことができます。また、これらのオプションは、InstallScript インターフェイスを使用することによっても実行できます。外部プログラムの完了の待機は、LaunchAppAndWait 関数を介して簡単に行えます。

21.「常に上書き」機能とは何ですか?

「常に上書き」機能を使うと、開発者はバージョンや変更日に関わらず、インストール時に必ず上書きが必要なファイルをマークすることができます。これは、MSI プロジェクト用の新機能として InstallShield 11 から導入されたもので、InstallScript?プロジェクトでは以前から利用が可能でした。

22. InstallShield のライセンスはどのようになりますか?

通常 InstallShield は「マシン」ベース (一台のコンピュータのみにインストール可) にて、1 ユーザー様でのご使用が許諾されております (ノードロック型ライセンス) 。同時ライセンス (複数のユーザーによる共有が可能で、ユーザー数を管理するライセンスサーバーが配備) をご購入いただいた場合には購入いただいたライセンス数分の同時使用が許諾されます。同時ライセンスは、Premier Edition と Professional Edition でのみ利用できます。

23. InstallShield は、Flexera Software 製の他の Windows インストーラオーサリングツールと共存できますか?

InstallShield 最新版は、次の Flexera インストーラオーサリングツールと共存できます。ただし、InstallShield 2011 以降については、同じシステムに 1 つの Edition (Premier、Professional、または Express) のみです。

  • InstallShield X 以降 InstallShield MultiPlatform
  • InstallShield DevStudio
  • InstallShield Developer
  • InstallShield Professional
  • InstallShield Express
  • InstallShield Windows Installer

24. Flexera の 2 つのインストーラオーサリングツール、InstallShield と InstallAnywhere の関係について教えてください。

この 2 つの製品は異なるニーズに対応します。InstallShield は、Windows デスクトップ、サーバ、モバイルデバイス用のインストーラを作成するものです。

InstallAnywhere セットアップでは、HP-UX、AIX、Linux などの非 Windows OS 環境をターゲットにします。

25. InstallShield を使用して、マルチプラットフォームインストーラを作成できますか (Linux、Unix などの OS 環境用インストールプロジェクトを作成できますか)?

いいえ。Windows 以外の OS 環境用インストールパッケージを作成することはできません。非 Windows プラットフォームをターゲットにするには、Flexera のマルチプラットフォームインストール製品である InstallAnywhere をお使いください。

26. InstallShield Collaboration とは何ですか

InstallShield Collaboration は InstallShield のアドオンで、コラボレーションを促進したいエンジニア チームのために提供されています。アプリケーション開発者は、開発中に Developer Installation Manifest (DIM) プロジェクトにて、ファイル、レジストリ情報、環境変数、ターゲットシステム要件などインストールパッケージの個々の部分を構成する機能サイズのプロジェクトを作成できます。

これにより、各開発者が個別にインストール部分を作成することが可能になり、組織でインストール開発を分担して、効率化を図ることができます。

27. InstallShield Collaboration を使用するには、Microsoft Visual Studio は必要ですか?

Installsheld Collaboration は、Microsoft Visual Studio は必要ありません。DIM プロジェクトを作成したい環境にインストールして使用します。 (InstallShield 2011 以前では、Collaboration は Microsoft Visual Studio にプラグインして使用する必要がありました。)

28. InstallShield Collaboration はどのように使いますか?

DIM では、基本の MSI プロジェクトで提供されている機能とほぼ同じ機能がサポートされています。

各アプリケーション開発者またはチームメンバーは、それぞれが異なる DIM プロジェクトで機能ごとのプロジェクトを作成し、リリースエンジニアは、1 つまたは複数のインストールプロジェクトでそれらを利用することができます。

DIM プロジェクトは、基本の MSI プロジェクトに DIM プロジェクトへの参照を追加もしくはインポートして使用します。

29. InstallShield Collaboration のライセンスについて教えてください。

InstallShield Collaboration は、InstallShield 2012 Premier Edition に 5 ライセンス含まれています。

追加のライセンスは別途、InstallShield Collaboration 単体としてお買い求めください。 (ボリュームライセンスとして、5-Pack、10-Pack もございます。)

InstallShield Express Edition に関するご質問

  1. 英語のほかにサポートされているランタイム言語を教えてください。
  2. 同一マシン上で複数の Edition の InstallShield を使用することはできますか?
  3. InstallShield Express Edition のライセンスはどのようになりますか?
  4. InstallShield Express Edition ではスクリプトの記述は必要ですか?
  5. InstallShield Express Edition は簡単に習得できますか?
  6. InstallShield の以前のバージョンのインストールプロジェクトがある場合、InstallShield の最新版と互換性がありますか?
  7. InstallShield Express Editionでパッチの作成はできますか?
  8. サードパーティテクノロジのビルトインサポートを提供していますか?
  9. InstallShield Express Edition のターゲットプラットフォームを教えてください。
  10. Microsoft の .NET Framework はサポートされていますか?
  11. Express Edition では、Linux アプリケーションはサポートされていますか?
  12. InstallShield Express Edition では Windows モバイルはサポートされていますか?
  13. 既存の InstallScript プロジェクトを InstallShield Express Edition で開くことはできますか

InstallShield Express Edition に関するご質問への回答

1. 英語のほかにサポートされているランタイム言語を教えてください。

InstallShield Express Edition では、バスク語、ブルガリア語、カタローニャ語、中国語 (簡体字)、中国語 (繁体字)、クロアチア語、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、フランス語 (フランス)、フランス語 (カナダ)、ドイツ語、ギリシャ語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語 (ブラジル)、ポルトガル語 (ポルトガル)、ルーマニア語、ロシア語、セルビア語 (キリル文字)、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語を含む 33 言語の中から 1 言語を選択することができます。さらに、これらの翻訳済みの文字列を変更したり、既存の翻訳を調整、あるいはすべての文字列を別の言語に翻訳できます。

2. 同一マシン上で複数の Edition の InstallShield を使用することはできますか?

システムにインストールできるのは、InstallShield の 1 つの Edition (Premier、Professional、または Express) のみです。(以前は、同じ InstallShield バージョンの Premier Edition または Professional Edition がインストールされたシステムに Express Edition をインストールすることができました。)

3. InstallShield Express Edition のライセンスはどのようになりますか?

InstallShield Express Edition は、一台の開発システム上で一人の開発者のみに使用が許可されます。ライセンスを持つ開発者は無制限にインストーラを作成することができ、要求に応じて配布することができます。詳細は、EULA (使用許諾書) をご確認ください。

4. InstallShield Express Edition ではスクリプトの記述は必要ですか?

いいえ。InstallShield Express Edition ではスクリプトの記述は一切不要で、ポイントアンドクリック形式でインストーラを作成します。

5. InstallShield Express Edition は簡単に習得できますか?

Express Edition は非常にわかりやすい製品です。ほとんどの方が 1 日もあれば、インストーラを作成することができます。プロジェクトアシスタントがわかりやすいビューでインストーラの作成をガイドします。

6. InstallShield の以前のバージョンのインストールプロジェクトがある場合、InstallShield の最新版と互換性がありますか?

InstallShield の以前のバージョンで Windows をターゲットとするインストールプロジェクトを作成した場合、InstallShield 最新版でそのプロジェクトを開き、引き続き使用することができます。

7. InstallShield Express Edition でパッチの作成はできますか?

QuickPatch テクノロジにより、以前配布されたファイルやレジストリエントリを変更するパッチを作成できます。パッチやアップデートで追加の変 更が必要な場合は、QuickPatch テクノロジやフルパッチデザインビューを備えた Premier Edition もしくは Professional Edition をご検討ください。

8. サードパーティテクノロジのビルトインサポートを提供していますか?

はい。InstallShield では 70 以上のサードパーティテクノロジのサポートを提供しています。そのうち一部は InstallShield のインストール時にインストールされます。「フレクセラ・ソフトウェア製品&ライセンスセンター」からのダウンロードすることが可能です。ダウンロード方法につきましてはこちらをご確認ください。

9. InstallShield Express Edition のターゲットプラットフォームを教えてください。

InstallShield Express Edition のターゲットプラットフォームにつきましては、最新のリリースノートをご確認ください。

10. Microsoft の .NET Framework はサポートされていますか?

はい、サポートされています。サポートされているバージョンにつきましては、最新のリリースノートをご確認ください。

11. Express Edition では、Linux アプリケーションはサポートされていますか?

いいえ。InstallShield Express Edition は Windows プラットフォーム向けのインストーラ作成用に設計されています。マルチプラットフォームをターゲットとしてお考えの場合は InstallAnywhere をご検討ください。

12. InstallShield Express Edition では Windows モバイルはサポートされていますか?

InstallShield 2013 よりモバイルデバイス用のインストールはサポートされません。

13. 既存の InstallScript プロジェクトを InstallShield Express Edition で開くことはできますか

いいえ。InstallShield Express Edition では InstallScript プロジェクトはサポートされていません。InstallScript プロジェクトを開く場合には InstallShield Premier Edition または Professional Edition を使用してください。

ライセンスに関するご質問

  1. InstallShield を利用する際のアクティベーションについて教えてください。
  2. InstallShield 製品には日本語版と英語版がありますが、何が違いますか?
  3. 仮想マシン上での使用について
  4. InstallShield をリースにより利用したいのですが。
  5. 過去のバージョンを購入することは可能ですか?
  6. ダウングレード (現行バージョンのライセンスを購入し、過去のバージョンで使用する) は可能ですか?
  7. InstallShield を使ってインストーラを作成したいのですが、開発元と販売元が異なりますが、開発元と販売元のどちらでもライセンスが必要でしょうか?
  8. ソフトの輸出を検討しているのですが、ECCN番号を教えてください。

ライセンスに関するご質問への回答

1. InstallShield を利用する際のアクティベーションについて教えてください。

InstallShield 製品をご利用する際には製品の「アクティベーション」を行っていただく必要がございます。アクティベーションとは、お求めの製品 1 本が 1 台のマシンに限り 使用可能とするライセンス管理システムです。アクティベーションを行うには、インターネットに接続された状態で、事前にお客様の登録が必要です。 (マシン がインターネットに接続できない場合は E-mail によるアクアティベーションも可能です。)

また、アクティベーションに失敗する場合や E-mail による 2 回目以降のアクティベーションを行う際は、再アクティベーション申請を行う必要がございます。

アクティベーションの手順、再アクティベーション申請に関しましては、下記 URL をご参照ください。

2. InstallShield 製品には日本語版と英語版がありますが、何が違いますか?

日本語版は開発画面が日本語表記となり、英語版は開発画面が英語表記となります。また、日本語版につきましては日本語 OS 上で開発することを前提として作 成されておりますので、必ず日本語 OS 上で作成いただけますようお願いいたします。また、InstallShield で作成できるプロジェクトの表示言語 につきましては、項目「英語のほかにどんなランタイム言語がありますか?」をご参照ください。

4. 仮想マシン上での使用について

仮想か実際のマシンかに関わらず、各マシン毎に 1 ライセンス必要となります。実際のマシンが 1 台でも、仮想マシンが複数台ある場合は、各仮想マシン毎にアクティベーションが必要となりますので、仮想マシンの台数分のライセンスが必要となります。例えば実際のマシンが 1 台でも、仮想マシンが 3 台稼動している 場合は、3ライセンスが必要ということになります。

4. InstallShield をリースにより利用したいのですが。

InstallShield 製品はリースによるご利用はできません。

5. 過去のバージョンを購入することは可能ですか?

現行バージョンのみ購入が可能となっております。旧バージョンはメーカーにて既に終息していますので、今からご購入いただくことは出来なくなっております。

6. ダウングレード (現行バージョンのライセンスを購入し、過去のバージョンで使用する) は可能ですか?

現行バージョンのライセンスを購入し、そのライセンスを過去のバージョンで使用するといったダウングレードはできません。

7. InstallShield を使ってインストーラを作成したいのですが、開発元と販売元が異なりますが、開発元と販売元のどちらでもライセンスが必要でしょうか?

開発元のみライセンスが必要で、販売元では新たにライセンスをご購入いただく必要はございません。但し、販売元がソフトウェアに修正などを加えようと考えている場合は、販売元でライセンスを別途ご購入いただく必要があります。

8. ソフトの輸出を検討しているのですが、ECCN 番号を教えてください。

InstallShield 製品の ECCN 番号はこちらの PDF をご参照ください。

Flexera Software 社ではパラメータシート作成に際してはこちらの PDF をもとにお客様での作成をお願いしております。

使用されている暗号化につきましては、下記の情報をご提供させて頂いております。

  • アルゴリズム名称 : 対称鍵暗号
  • 種別 : 対称アルゴリズム
  • 鍵の長さ (Bit) : 32-bit
  • 用途 : ユーザ認証

本情報に関するお問い合わせは、Flexera Software 社まで直接お願いいたします。

[問い合わせ先]
Flexera Software Japan (前 Acresso Software)
FAX: 03-4360-8291
祝祭日を除く、(月) ~ (金) 9:30-18:00

 

輸入販売代理店: 株式会社ネットワールド

  ページのトップへ戻る