iSpring Pro
オンラインヘルプ


Narration Editor

Narration editor は生成するプレゼンテーションに取り込まれた音声や動画などを同期させるための便利なツールです。

Narration Editor は以下の画面から構成されています。

各部分の説明は、以下の通りです。

  1. Narration Editor のメニュー・ツールバーです。
  2. プレゼンテーションのスライドをサムネイルで表示します。
  3. 現在、選択して表示しているスライドです。
  4. 挿入もしくは記録した動画が表示されます。
  5. パワーポイントでノートに記載した文章が表示されます。
  6. プレゼンテーションの再生・停止・スライドのスキップができます。
  7. Narration editor の主要部で、スライドに動画や音声を同期させることができます。
  8. スライドのページ数、プレゼンテーションの時間を確認できます。

Managing Media Clips

ウェブカメラを使用することで、プレゼンテーションにビデオナレーションを記録することが可能です。ツールバーの [Record Video] をクリックすると、中央に下記のパネルが現れます。

Record Audio

プレゼンテーションにナレーションを録音するには、以下の手順を行います。

  1. ツールバーの [Record Audio] をクリックすると、中央に下記のパネルが現れます。
  2. 進む/戻るボタンを使用して、録音するスライドに移動します。
  3. 任意の 1 つのスライドだけで、録音する場合は、「Process current slide only」を選択します。
  4. [Start Record] をクリックすると、プレゼンテーションが始まります。アニメーションに合わせて、ナレーションを録音します。
  5. [Start Record] ボタンは、プレゼンテーションのアニメーションの内容によって、[Next Slide]、[Next Animation]、または [Skip Transition] ボタンになります。


  6. [Next Slide]、[Next Animation]、または [Skip Transition] ボタンをクリックします。
  7. 次のスライドやアニメーションがない場合は、[Stop] ボタンとなります。


  8. [Stop] ボタンをクリックします。

  9. 録音したナレーションを保存する場合は [Done] をクリックします。ナレーションを削除し、再度録音する場合は、[Cancel] をクリックします。

Record Video

ウェブカメラを使用することで、プレゼンテーションにビデオナレーションを記録することが可能です。

  1. ツールバーの [Record Video] をクリックすると、中央に下記のパネルが現れます。
  2. 進む/戻るボタンを使用して、ビデオを挿入するスライドに移動します。
  3. 任意の 1 つのスライドだけで、ビデオを挿入する場合は、「Process current slide only」を選択します。
  4. [Start Record] をクリックすると、プレゼンテーションが始まります。アニメーションに合わせて、ビデオナレーションを録画します。
  5. [Start Record] ボタンは、プレゼンテーションのアニメーションの内容によって、[Next Slide]、[Next Animation]、または [Skip Transition] ボタンになります。


  6. [Next Slide]、[Next Animation]、または [Skip Transition] ボタンをクリックします。
  7. 次のスライドやアニメーションがない場合は、[Stop] ボタンとなります。


  8. [Stop] ボタンをクリックします。

  9. 録画したビデオナレーションを保存する場合は [Done] をクリックします。ビデオナレーションを削除し、再度録画する場合は、[Cancel] をクリックします。

Import Audio

iSpring Pro は wav、mp3、wma の音声フォーマットをサポートしています。ツールバーの [Import Audio] をクリックすると利用できる音声ファイルのインポートのオプションを選択することができます。

インポートしたファイルは [presentation resource] フォルダに自動的にコピーされるため、プレゼンテーションを別のマシンに移動しても、ファイルは失われません。

Import Video

スライドの再生時間とインポートした動画ファイルの再生時間が同じになります。

インポートしたファイルは [presentation resource] フォルダに自動的にコピーされるため、プレゼンテーションを別のマシンに移動しても、ファイルは失われません。

Importing Background Audio

プレゼンテーションにバックミュージックを挿入します。

挿入する音楽を選択します。

挿入したバックミュージックをループ再生するには、[Looped playback] を選択します。

挿入したバックミュージックは、下記のように確認することができます。バックミュージックをループ再生するには、[Loop Background Audio] ボタンをクリックすると、バックミュージックをループ再生することができます。

Delete

挿入した音声ファイルや動画ファイル、バックミュージックを選択して、削除できます。

Clip Volume

挿入した音声ファイルや動画ファイル、バックミュージックのボリュームを調整することが可能です。音量調整をするには、ツールバーの Clip Volume ボタンをクリックします。音声ファイル等の上にカーソルをあわせると、マウスポインタが両矢印に変わり、音量を調整できます。

Sync

プレゼンテーションに音声ファイルと動画ファイルを同期させます。ツールバーの [Sync] をクリックすると ① のように [Play] ボタンが [Start Sync] に変化します。

  1. 音声ファイルまたは動画ファイルとプレゼンテーションの同期を開始します。
  2. 再生したプレゼンテーションを再生・停止します。
  3. 1 つ前、または 1 つ先のスライドを参照します。
  4. 同期したビデオナレーションで保存します。
  5. 音声を削除し、再度同期しなおします。
  6. 任意の 1 つのスライドだけ同期を行なう場合、選択します。

Preview with animations

作成したプレゼンテーションが、どのように同期されているかを確認することができます。

  1. クリックするとプレゼンテーションが始まります。その後は、[Next Slide] または [Next Animation] ボタンに変わり、スライドやアニメーションをスキップすることができます。
  2. 一時停止または停止します。
  3. 1 つ前または後のスライドへスキップできます。プレゼンテーション開始前に再生したいスライドへ移動する場合にも用います。
  4. プレゼンテーションのプレビューを終了します。

Hiding Unused Tracks and Panes

ツールバーの [View] タブをクリックすると、プレゼンテーションへ音声や動画を同期する際に表示する内容を選択できます。


“iSpring の非常に複雑なプレゼンテーションをシームレスに変換できる点には、とても感銘を受けています。下線を付けていないリンクを含むスライド マスターと、音声やビデオへのリンク、カスタム アニメーションを含むファイルを変換したところ、すぐに変換することができました。...”

Matt Steinruck
Associate Director of Marketing, American Bible Society


ページトップへ