iSpring QuizMaker
オンラインヘルプ


結果関連の設定

iSpring QuizMaker の [Settings] ダイアログ ボックスの [Result] ページでは、テスト結果をどのように処理するか設定できます。

オプション 説明
If user passes: テストに合格した場合に、ウィンドウを閉じるか、指定したページを表示するかを選択します。
If user fails: テストに不合格であった場合に、ウィンドウを閉じるか、指定したページを表示するかを選択します。
Close browser window テスト終了後にテストを開いていたウィンドを閉じます。
Go to URL テスト終了後に指定の URL を開くことができます。
Execute JavaScript テスト終了後に JavaScript で定義した動作が実行されます。
Send quiz result to email

本オプションを選択すると、指定した Email アドレスにテスト結果が自動的に送信されます。[send detailed results] チェックボックスをオンにすると、問題および回答の詳細情報 (例えば、多肢選択形式の問題の回答オプションと選択した回答) を受け取ることができます。

注意: 本オプションを選択すると、テスト開始時に受講者は Email アドレスと名前を入力するよう求められます。

Send quiz result to server

本オプションを選択すると、サーバーにテスト結果が自動的に送信されます。変数および POST リクエストとして送信される .XML 文書を使用して、詳細なテスト結果をサーバーに送信することができます。以下の変数は、POST メソッド経由でサーバーに送信されます。

  • v - レポートのバージョン
  • dr - .XML 形式の詳細な結果情報
  • sp - 得点
  • ps- 合格ラインの点数、または psp - 合格ラインの点数をパーセントで表示 (テストに合格するのに必要な合計点数)
  • tp - 得点
  • sn - 受講者の氏名
  • se- 受講者の Email アドレス
  • qt- テストのタイトル

注意: 本オプションを選択すると、テスト開始時に受講者は Email アドレスと名前を入力するよう求められます。

send detailed result

本オプションを選択すると、テストが終了した後に結果を指定のメールアドレスに送信することができます。

注意: 本オプションを選択すると、テスト開始時に受講者は Email アドレスと名前を入力するよう求められます。

Disable quiz review if unable to send the report

本オプションを選択すると、テスト受験者の不正を防止するため、万が一、テスト結果が自動的にメールやサーバーに送信されなかった場合に、 テスト受験者はテストを見直すことができなくなります。


“iSpring の非常に複雑なプレゼンテーションをシームレスに変換できる点には、とても感銘を受けています。下線を付けていないリンクを含むスライド マスターと、音声やビデオへのリンク、カスタム アニメーションを含むファイルを変換したところ、すぐに変換することができました。...”

Matt Steinruck
Associate Director of Marketing, American Bible Society


ページトップへ