iOS 向け Kudan AR SDK デモ一覧

iOS デバイスからデモをダウンロードする:

  1. iOS 端末を用意します。
    (iOS 8.0 以降の iPhone、iPad、または iPod touch)
  1. モバイル デバイスからアプリをダウンロードします。
  1. アプリをお試しください。マーカーが必要な場合、デバイスをマーカーに向けてください。

iOS の技術的なデモ

iOS におけるインストールの重要な注意事項

iPhone、iPad、または iPod touch からデモにアクセスする場合、Kudan の Enterprise アプリを承認していただく必要があります。

  1. ホーム スクリーンから Settings を選択します。
  2. General をタップします。
  3. Profiles をタップします。
  4. Enterprise アプリのセクションから Trust Kudan Enterprise (Kudan Enterprise を承認する) をタップし、confirm を選択します。

Kudan iOS サンプルのデモ

iOS のデモでは、Kudan SDK の性能を証明する技術的なサンプルのコレクションを紹介します。サンプル プロジェクトは、GitHub からダウンロードできます。

デフォルトのマーカー画像は、下記の [Lego マーカー] からダウンロードし、印刷してご利用ください。
※ 複数のマーカーを使用したデモでは、複数のマーカー画像を同時に認識できます。

上記のように、デモ アプリをダウンロードした際に設定されているデフォルトのマーカー画像は Lego ですが、画面右下のメニューに表示される歯車マークから、端末内にある任意の画像データをマーカーとして使用もできます。
※ こちらの機能は、ネイティブ版のみでご利用いただけます。

iOS のデモ Lego マーカー 複数のマーカーを使用したデモ



  • マーカーレス (Markerless) - ベーシックなマーカレス AR のデモです。
  • ジャイロ (Gyro) - 外部を認識せず、ジャイロのみで制御します。
  • 拡張トラッキング (Extended Tracking) - Kudan 独自の拡張トラッキング機能を使用した場合、認識済みのマーカーから離れても自動的に認識範囲を拡張し、離れた距離でも AR を表示し続けることができます。

マーカーの選択、テクスチャ ビデオ、アルファ ビデオ、テクスチャ モーフィング、3D モデル、アニメーションおよびオクルージョン、パノラマ、ダイナミック ライティング、および各種素材を備えたレンダリング機能

マーカーおよびマーカーレス AR の両方に対応します。マーカーレスで端末を 90 度以上傾けると、床面認識モードから空中に立てて表示するモードに自動的に移行します。また、ビデオをピンチアウトして、全画面モードに移行します。

マーカーおよびマーカーレス AR の両方に対応します。背景を透過したビデオを表示します。マーカーレスで端末を 90 度以上傾けると、床面認識モードから空中に立てて表示するモードに自動的に移行します。

マーカーおよびマーカーレス AR の両方に対応します。リアルタイム レンダリングによる AR のモーフィングを体験できます。[Models] から、以下のモーフィングを切り替える事ができます。

  • Cow:Kudan のキャラクターがモーフィングで浮かび上がってきます。
  • Plane:ターゲットが紙飛行機のように折り畳まれ、飛んでいきます。
  • Ripple:水面に水滴を落としたような波紋が広がります。
  • Heartbeat:心臓の鼓動と一緒に、ターゲットが膨らみ鼓動します。

マーカーおよびマーカーレス AR の両方に対応します。静止しているティラノサウルスの 3D モデルと、羽ばたくアニメの翼竜の 3D モデルを切り替えることができます。

マーカー AR のみ対応します。マーカーを認識し、中央部にある円筒上のオブジェクトの大きさを調整してタップすると、その物体の周りを AR のキャラクターが回ります。

AR オブジェクトに対する照明設定のデモです。

360 度写真を表示するデモです。


iOS の追加機能

同時のイメージ トラッキング : AR DJ のデモ

このアプリは、CD マーカーまたはシリアル ボックス マーカーを使用して、音楽を流すアプリです。90 度ごとに異なる曲が登録され、マーカーを回転させることで曲を変更できます。また、2 枚同時に再生もできます。角度によってエフェクトを加えたり、音量を調節したりできます。

iOS のデモ マーカー

iOS 向け AR CMS のデモ

Kudan AR SDK は、CMS プラットフォームに依存しません。CMS でサーバーによるマーカー管理や、WordPress、Adobe などのより複雑なシステムとの使用が可能です。

サンプル プロジェクトは、GitHub からダウンロードできます。

iOS のデモ500 のアルバム マーカー

ハロウィーンのデモ : scARe

マーカレス AR のデモです。平面をタップすると、平面のテクスチャが崩れて穴が空き、この穴に近づくとお化けの AR が表示されます。テクスチャ モーフィングの一部であり、マーカーレス基準位置に対するデバイスの位置によって、AR の表現を変えることができます。

マーカーレス アプリ : LeiAR

マーカレス AR のデモです。スターウォーズの R2-D2 が表示され、平面をタップすると、R2-D2 からホログラムでレイラ姫が照射されるシーンを AR で再現できます。R2-D2 が 3D CG で表現されているのに対し、レイラ姫のホログラムは 2D として表現されています。


iOS アプリ : ショーケース

マーカーによる動画 : Art アプリ

ベルギーのアーティストが街中にアート ポスターを貼り、道行く人がカメラを向けると動き出すアート プロジェクト用に作成されたアプリです。 Kudan の技術により、物理的な写真にシームレスに覆いかぶさる仮想レイヤーを作成し、ユーザーに仮想次元のような感覚を提供します。

iOS のデモ マーカー

マーカーレスのフロア アプリ

フロアリングのシミュレーション アプリです。このアプリは、マーカーレス技術を使用し、実際のサイズでフロアを表示します。

iOS のデモ

複数のマーカー認識

dARwin アプリを使用して、最大 5 枚におよぶ複数の画像を同時に認識します。左右だけではなく任意のマーカーの位置関係により、異なる結果を出すことができます。


その他のデモ

iOS だけでなく、Android および Unity プラグインも提供しています。

 

Kudan AR SDK 製品に関するご質問、ご相談は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページトップへ