"SmartHeap for SMP は 4 CPU システム上で動作する我々のアプリケーション サーバーの出力を 6 倍に高速化しました。"

-Yaron Goldberg 氏, Click Software

【問題点】 通常のコンパイラ付属ライブラリは、一度に 1 つのスレッドのみをヒープ内で有効にします。 このため、SMP システム上で複数のスレッドが同時にヒープ要求を行うと、1 つを除くすべてのスレッドがヒープ マネージャによってブロックされてしまいます。
さらに、スレッドがブロックされる度に OS がコンテキスト スイッチを呼ぶため、コンテキスト スイッチの悪循環サイクルが発生します。
つまり、アプリケーションがマルチ CPU システムの利点を活用できず、拡張性を失ってしまうのです。

SPEC CPU 2000 ベンチマーク測定結果をご覧下さい。


【ソリューション】 MicroQuill 社はこの問題の解決策として、SmartHeap for SMP (Windows、Solaris、Linux、HP-UX、IBM-AIX、DEC OSF Tru64、そして SGI-IRIX 対応) を提案します。

マルチスレッド アプリケーションを SmartHeap for SMP のライブラリで再リンクするだけで、アプリケーションのパフォーマンスを数倍に向上します。

評価版はこちらの フォーム よりお問い合わせください。

SmartHeap for SMP 採用企業例: