Blackboard への出力

作成した教材を Blackboard に SCORM 2004 R3 パッケージとしてアップロードすることができます。しかしながら、最適な方法は、Blackboard 向けの iSpring ビルディング ブロックをインストールして、iSpring コンテンツをインポートすることです。

iSpring ビルディング ブロックを使用した Blackboard へコンテンツを出力するために必要なステップは 3 つです。

  1. Blackboard 向けの iSpring ビルディング ブロックをインストールします。(初回のみ行う必要があります。)
  2. iSpring Solutions 製品を使用して、Blackboard 向けにコンテンツを出力します。
  3. Blackboard にコンテンツをインポートします。

 

Blackboard 向け iSpring ビルディング ブロックのインストール

  1. Blackboard 向け iSpring ビルディング ブロック をダウンロードします。
  2. 管理者として Blackboard にログインします。
  3. [System Admin] タブを開きます。

  4. [Building Blocks] (Installed Tools) をクリックします。
  5. [Upload Building Blocks] をクリックします。
  6. [Browse] をクリックして、ダウンロードした iSpring_blackboard.war を表示します。
  7. [Submit] をクリックします。

インストールされたビルディング ブロックの一覧に、[iSpring Plugin] が追加されます。これでインストールが完了したため、有効化することができます。

  1. [iSpring Plugin] を一覧から見つけます。
  2. [Availability] および [Course/Org Default] チェックボックスのドロップダウン メニューから [Available] を選択し、アクティベートします。

 

Blackboard への出力

Blackboard へプレゼンテーションを出力する方法は以下の通りです:

  1. [iSpring Presenter] リボンまたはツールバーの [Publish] をクリックします。
  2. [LMS] ペインを開きます。
  3. [Learning Course] タブを開きます。
  4. [Course type] ボックスの一覧から [Blackboard 9.x] を選択します。
  5. コースのパラメーターをカスタマイズします (以下の表を参照してください)。
  6. 注意: 選択した範囲のスライドを出力する場合、iSpring Solutions 製品は選択したスライドに追加されているテストのみ処理します。

  7. [Publish] をクリックします。
  8. iSpring Presenter は、Blackboard へ出力できる状態の ZIP 形式で圧縮されたファイルを生成します。

Blackboard の設定
Rate number of slides viewed 最低限参照されるべきスライド数を選択します。
Score 全てのスライドを参照した場合に得られる点数を指定します。
Weight 上記の点数が最終的な点数に対してどれだけ重みを持つかを指定します。
Rate quizzes 最終的な点数に一覧に表示されたテストの結果を取り入れる場合、本オプションを選択します。
Use total grade 合計点数を Blackboard Grade Book に追加する場合、本オプションを選択します。
Max Score 全てのスライドを参照して、全ての問題を行った場合に得られる最高得点を指定します。
Passing score コースに合格するために必要な最低限の点数を指定します。

 

Blackboard へのプレゼンテーションのインポート

これでZIP 形式で圧縮されたファイルが生成できたので、Blackboard にアップロードすることができます。

  1. Blackboard の [Content] ページで、[More] の上にカーソルを置き [Add iSpring Content] をクリックします。
  2. Add iSpring Content

  3. [Browse for Local File] をクリックし、iSpring Presenter で出力したファイルを選択します。
  4. Add iSpring Content

  5. [Submit] をクリックします。

    Add iSpring Content

  6. 必要な場合、コンテンツ アイテムのプロパティを編集します。
  7. プロパティ
    Content Information
    Title ここには教材の名前を入力します。
    Description ここには教材の簡単な説明を入力します。
    Content Items
    Title ここにはコンテンツ項目の名前を入力します。
    Add to grade book Grade Book に各コンテンツ項目の点数を登録します。
    Weight 教材の既定のコンテンツ項目の重みを指定します。
    Total mark
    Add total mark to grade book Grade Book に教材の合計得点を追加する場合は、本オプションを選択します。
    Percentage mark 合計点数をパーセンテージで示す場合には、本オプションを選択します。
    Passing percent 教材を完了するために、受講者が獲得する必要がある点数を指定します。
    Score mark 合計点数を点数で示す場合には、本オプションを選択します。
    Max Score 教材で獲得できる最高得点を指定します。
    Passing score 教材を完了するために、受講者が獲得する必要がある点数を指定します。
    Content options
    Limit lesson duration 受講者が教材を受講できる時間を指定します。
    Display after 教材が利用可能になる日にちおよび時間を指定します。
    Display until 教材がいつまで利用可能であるか、日にちおよび時間を指定します。
    Make content visible 受講者が本教材を参照できるようにする場合は、本オプションを選択します。
    Track number of views システム側で指定した教材が何回閲覧されたかを登録したい場合は、本オプションを選択します。
    Grade first attempt only 初回時の点数のみ採点する場合に、本オプションを選択します。例えば、教材に複数のテストが含まれていて、まず受講者が最初のテストしか行わなかった場合、システムは最初のテストを評価します。次に受講者が同じ教材を閲覧し、最初のテストを再度行ったとしても、その結果は無視されます。システムは、次のテストの結果から登録します。
  8. [Submit] をクリックして、変更を反映します。

Blackboard にファイルがアップロードされ、[Content] の一覧に表示されます。

Add iSpring Content

“iSpring の非常に複雑なプレゼンテーションをシームレスに変換できる点には、とても感銘を受けています。下線を付けていないリンクを含むスライド マスターと、音声やビデオへのリンク、カスタム アニメーションを含むファイルを変換したところ、すぐに変換することができました。...”

Matt Steinruck
Associate Director of Marketing, American Bible Society


ページトップへ