よくあるご質問とその回答 (FAQ)


  SocketTools とは?

SocketTools はインターネットとイントラネットのソフトウェア開発のための包括的なツールキットで、3つのエディションから選択できます。 .NET Framework、ActiveX コントロール(OCX)、またはネイティブダイナミックリンクライブラリ(DLL)のいずれかのマネージコードコンポーネントを選択できます。

SocketTools Subscription は、3つの SocketTools エディションを 1つのパッケージにまとめたものです。 SocketTools を使用すると、ほんの数行のコードで、ファイル転送や電子メールメッセージの送信など、安全なインターネット機能をソフトウェアに簡単に追加できます。


  SocketTools の現行バージョンは?

SocketTools の現在のリリースはバージョン 9.5 です。

インストールしたコントロールおよび/またはライブラリのバージョンを確認するには、SocketTools とともにインストールされている License Manager ユーティリティを実行します。 製品のバージョンとビルド番号が表示されます。また、コンポーネントごとに個別に表示されます。

アップグレード価格も用意されています。 以前のバージョンの SocketTools を使用している開発者は弊社までご連絡ください。


  SocketTools のエディションの違いは?

SocketTools .NET Edition には、Visual Studio 2005 またはそれ以降のバージョンを使用した開発のためのマネージコードクラスが含まれており、C# および Visual Basic などの任意の .NET 言語で使用できます。 ActiveX コントロールを使用するプロジェクトを移行する必要がある場合は、SocketTools .NET クラスも同様のインターフェイスを提供し、できるだけシンプルな移行を実現します。

SocketTools ActiveX Edition は、Visual Basic などの開発ツールを使用している開発者にとって理想的です。コンポーネントオブジェクトモデル(COM)と ActiveX コントロール仕様をサポートする言語であれば、ActiveX Edition のコントロールを使用できます。 ActiveX Edition の主な利点は、Visual Basic 6.0、Microsoft Office、およびdBase Pro などの開発環境をサポートするとともに、学習曲線が低く、実装が簡単です。

SocketTools Library Edition は、標準の Windows ダイナミックリンクライブラリ(DLL)の柔軟性と低オーバーヘッドを必要とする開発者にとって理想的です。 C/C ++ プログラマーだけでなく、ほとんどの Windows プログラミング言語は Library Edition を利用できます。 Library Edition の主な利点は、パフォーマンスの向上と最小限のシステムリソース要件です。 Library Edition には、C++ クラス、関数プロトタイプ、Object Pascal、PowerBASIC、Clarion などのさまざまなプログラミング言語の宣言が含まれています。


  SocketTools は 64ビット Windows をサポートしていますか?

はい、SocketToolsには、32ビットと64ビットの両方のコンポーネントとライブラリが含まれています。 Windows プラットフォーム間の幅広い互換性を保つために、ネイティブの 32ビット Windows プラットフォームおよび WoW64 を使用する64ビットバージョンの Windows で動作する 32ビットコンポーネントを使用できます。

64ビットコンポーネントはネイティブの 64ビット開発に使用でき、64ビットバージョンの Windows で開発する必要があります。 32ビットコンポーネントは 32ビットと 64ビットの両方の Windows バージョンで動作しますが、64ビットコンポーネントは64ビット Windows でのみ動作し、32ビットバージョンでは使用できないことに注意してください。

SocketTools .NET Edition を使用している場合、基礎となるオペレーティングシステムに基づいて自動的に正しいバージョンを選択する "Any CPU" 同様に、プロジェクトは明示的に x86 (32ビット) または x64 (64ビット) プラットフォームをターゲットにすることができます。


  SocketToolsは IPv6 接続をサポートしていますか?

はい、IPv4 と IPv6 の両方の接続がサポートされています。 IPv6 をサポートするには、サービスプロバイダーによる直接 IPv6 接続または Microsoft の Teredo または Hurricane Electric の IPv6 トンネルブローカーなどの IPv6 トンネルを使用するように、プロトコルを有効にして設定する必要があります。既存のソフトウェアやサービスとの下位互換性を保つため、SocketTools では IPv6 接続を設定する必要はなく、デフォルトで IPv4 を使用します。


  SocketTools はセキュアな接続をサポートしていますか?

はい、すべての SocketTools エディションは、セキュアな暗号化された接続をサポートしています。各エディションは、TLS 1.0、1.1、および SSL 3.0 のサポートとともに、TLS 1.2 を使用して安全な接続を確立することができます。さらに、SocketTools は SSH 1.0 と 2.0 もサポートしています。SSH 1.0 と 2.0 は、安全でインタラクティブなターミナルセッションを作成し、リモートでコマンドを実行し、SFTP を使用してファイル転送を実行するために使用できます。 SocketTools は、クライアントとサーバーの両方で 256ビット AES 暗号化を含む最も強力な暗号化を自動的に選択し、認証にクライアント証明書の使用をサポートします。


  SocketTools にはサーバーコンポーネントが含まれていますか?

SocketToolsには、FTP(File Transfer Protocol)と HTTP(Hypertext Transfer Protocol)用のサーバーコンポーネントが含まれています。それらはすべての SocketTools エディションで利用でき、いくつかの一般的な拡張とともにプロトコル標準を実装します。 SocketTools には、独自のデザインのカスタムサーバーを実装するために使用できる汎用 TCP/IP サーバーコンポーネントも含まれています。

サードパーティのソフトウェアをインストールまたは設定する必要はありません。サーバーコンポーネントは Microsoft のインターネットインフォメーションサービス(ISS)のインストールを必要とせず、ソフトウェアと共にインストールする必要のある追加の実行可能プログラムまたはサービスはありません。アプリケーションでサーバーコンポーネント自体を再配布する必要があるだけです。

サーバーコンポーネントは、Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 を含むデスクトップおよびサーバープラットフォームの両方でサポートされています。必要な最小オペレーティングシステムは、Windows XP SP3 または Windows Server 2003 SP2 です。サーバーコンポーネントには、オペレーティングシステムプラットフォームに基づいた使用またはパフォーマンスの制限はありません。


  SocketTools は、Windows Server と互換性がありますか?

はい、SocketTools は Windows Server 2003 から Windows Server 2016 でサポートされています。SocketTools を使用して、バックグラウンドで実行されるスタンドアロンアプリケーションまたは標準 Windows サービスを作成できます。 異なるバージョンの Windows 間だけでなく、デスクトップとサーバープラットフォーム間の内部的な違いは、SocketTools によって透過的に処理されます。


  Windows XP を引き続きサポートしますか?

はい、SocketTools の現在のバージョンでは技術サポートが引き続き利用可能です。 マイクロソフトでは 2014年 4月 8日の時点で Windows XP のサポートを中止していますが、現在でも広く使用されており、引き続きサポートを提供します。 また、引き続き Windows XP 64 ビットおよび Windows Server 2003 のサポートを提供します。現在のバージョンのソフトウェアのみがサポートされ、システムには Service Pack 3(SP3)がインストールされている必要があります。


  試用版の SocketTools を再インストールすることはできますか?

現在のバージョンの評価ライセンスは、特定の製品に対して1回のみインストールできます。 評価期間が終了するか、製品ライセンスが削除されると、有効なシリアル番号のみを使用してソフトウェアをインストールすることができます。 旧バージョンの SocketTools または別の SocketTools エディションを以前に評価したことがある場合は、同じシステムに新しい試用版をインストールできます。 たとえば、以前に SocketTools 8.0 を評価していた場合、SocketTools 9.0 の試用版を同じシステムにインストールして、新しい 30日間の評価ライセンスを取得することができます。


  Visual Studio 2017 で SocketTools を使用できますか?

はい、SocketTools 9.2 は現在のバージョンの Visual Studio をサポートしています。 SocketTools .NET Edition には、.NET Framework のバージョン 2.0 から 4.7 を対象とすることができ、Visual Studio 2005 から Visual Studio 2017 で使用できるマネージコードクラスが含まれています。

SocketTools Library Edition には、Visual C++ でネイティブアプリケーションを作成するために使用できるライブラリが含まれており、32ビットおよび 64ビット Windows プラットフォームの両方をサポートしています。 ActiveX Edition の ActiveX コントロールは、COM 相互運用機能ラッパーを使用して Visual Studio の現行バージョンでも使用できます。 ただし、マネージコードアプリケーションで ActiveX コントロールを使用すると、パフォーマンスが大幅に低下する可能性があります。 C# または VB.NET を使用している開発者は、SocketTools .NET Edition にアップグレードすることをお勧めします。


  Visual Studio 6.0 で SocketTools を使用できますか?

SocketTools ActiveX Edition と Library Edition は、Visual Studio 6 開発ツールで使用できます。 Microsoft ダウンロードセンターからダウンロードできる Visual Studio 6 用の Service Pack 6 をインストールする必要があります。 SocketTools .NET Edition コンポーネントは管理されたコードクラスであり、.NET Framework と Common Language Runtime を必要とするため、Visual Studio 6.0 ではサポートされていません。


  Visual Studio Community で SocketTools を使用できますか?

はい、SocketTools コンポーネントとライブラリは Visual Studio Community 2017 で使用できます。Visual Basic または Visual C# を使用している場合は、SocketTools .NET Edition をダウンロードすることをお勧めします。 Visual C++ を使用している場合は、SocketTools Library Edition をダウンロードすることをお勧めします。


  SocketTools ActiveX コントロールを .NET で使用できますか?

はい、SocketTools ActiveX Edition のコントロールは、Visual Basic .NET およびC#で使用できます。ただし、.NET プラットフォームで開発する場合は、SocketTools .NET Edition に切り替えることをお勧めします。パフォーマンスが向上し、コンポーネントをより簡単に操作できるインターフェイスが提供されます。

アプリケーションを .NET に移行する予定がある場合、プロパティ、メソッド、およびイベントの多くは ActiveX コントロールに似ています。 2つのエディションの間にインターフェイスの点でいくつかの違いがありますが、それらの違いは比較的小さいです。どちらのエディションも、同じ基本的なコンポーネントのコレクションを含み、同じインターネットアプリケーションプロトコルをサポートします。


  Visual Basic 6 では SocketTools .NET を使用できますか?

SocketTools .NET コンポーネントは、.NET Framework と Common Intermediate Language(CIL)バイトコードを生成するプログラミング言語を必要とするマネージコードクラスです。 COM インターフェイスを公開することはなく、.NET アセンブリの使用をサポートしていない Visual Basic 6.0 またはプログラミング言語では使用できません。開発に必要な Visual Studio の最小バージョンは、Visual Studio 2005 および.NET Framework バージョン 2.0です。


  Active Server Pages で SocketTools を使用できますか?

はい、SocketTools ActiveX Edition コンポーネントは、ASP などのサーバー側のスクリプトホスト環境で使用でき、SocketTools .NET コンポーネントは ASP.NET で使用できます。 SocketTools はサーバー上のネットワーキングサブシステムと直接接続してレジストリにアクセスするため、アプリケーションがサーバー上で完全に信頼される必要があります。 サードパーティのサーバーでコードがホストされている場合は、サービスプロバイダーがこれを許可していることを確認してください。


  Microsoft Azure で SocketTools を使用できますか?

はい、SocketTools を使用するアプリケーションは、Azure クラウドプラットフォームに導入できます。 Azure VM は Windows Server をオペレーティングシステムとして使用することができ、SocketTools は標準 Windows サービスと同様にスタンドアロンプログラムの作成にも使用できます。サービスを公開するには、パブリック IP を割り当てた状態で Azure VM を実行する必要があり、クライアントがサービスに接続できるようにするエンドポイントを定義する必要があります。


  Linux で SocketTools を使用できますか?

SocketTools は、Linux プラットフォームに対する限られたサポートを提供します。 Wine for Linux で動作する Windows アプリケーションで使用するために、ライブラリ(DLL)をテストしました。 Wine で動作するインストーラも正常にテストされているため、Linux システムに SocketTools をインストールすることは可能です。現在サポートされている Linux ディストリビューションで SocketTools Library Edition と Wine 1.6 以降のバージョンを使用することをお勧めします。

Linux 上でいくつかの Windows 開発ツールを使用することは可能ですが、Windows 上でアプリケーションを開発してテストする方が一般的に優れています。作業プログラムを作成したら、Linux システムでデプロイメントをテストします。

Linux システムでプログラムに問題が発生した場合は、まず、サポートされているバージョンの Windows でエラーを再現できるかどうかを確認してください。テクニカルサポートチームがお客様のお手伝いをいたしますが、Linux でのみ再現でき、ネイティブWindows プラットフォームでは発生しない問題を解決できない場合がありますのでご了承ください。


  SocketTools は WinInet ライブラリを使用していますか?

SocketTools のコンポーネントとライブラリは、WinInet ライブラリを使用しません、また Internet Explorer に依存しません。 システムには、TCP/IP ネットワーキングソフトウェアがインストールされ、設定されている必要があります。


  開発にインターネット接続が必要ですか?

インターネットにアクティブに接続していないシステムでアプリケーションを開発することができます。 SocketTools コンポーネントは、プロパティが設定されるか、ネットワークへのアクセスを必要とするメソッドが呼び出されると、適切なネットワーキングライブラリを動的にロードします。 SocketTools Library Edition を使用している場合、アプリケーションによって初期化関数が呼び出されるたびにネットワーキングライブラリがロードされます。


  オープンソースプロジェクトで SocketTools を使用できますか?

SocketTools は、開発者ごとにライセンスされた商用製品です。コンパイルされたバージョンのソフトウェアの再配布には制限がありません。ただし、アプリケーションのソースコードを提供する場合は、SocketTools ランタイムライセンスキーを含めることはできません。あなたのソフトウェアを再コンパイルしたい人は、SocketTools 開発ライセンスを購入する必要があります。


  Library Edition は ActiveX DLL を使用していますか?

Library Edition では、ほとんどの Windows プログラミング言語で使用できるネイティブの Windows DLL が使用されます。 COM インターフェイスを公開する ActiveX DLL ではありません。これにより、最小限のオーバーヘッドで、特定の言語またはプラットフォームとの互換性について懸念することなく、幅広い開発プロジェクトで SocketTools を使用できるようになります。

ネイティブ Windows API 関数を呼び出すことができる言語であれば、SocketTools ライブラリを使用できます。 VBScript と JScript では、ネイティブ DLL からエクスポートされた関数を直接呼び出すことはできないため、代わりに SocketTools ActiveX Edition を使用する必要があります。


  SocketTools コンポーネントはスレッドセーフですか?

はい、SocketTools コンポーネントとライブラリは、マルチスレッドアプリケーションで安全に使用できます。 クライアントセッションが作成されると、スレッドが破棄されるまで、作成されたスレッドに関連付けられます。 ワーカースレッドを作成する場合は、サーバーとの接続が確立された時点からセッションを管理するために同じスレッドを使用することをお薦めします。 代わりに、接続を確立するときにフリースレッドオプションを使用することもできます。 .NET クラスと標準ライブラリでフリースレッドを有効にする方法の詳細については、テクニカル リファレンス ドキュメントを参照してください。


  SocketToolsに はサードパーティのライブラリが必要ですか?

SocketToolsの ライブラリとコンポーネントは完全に自己完結型であり、サードパーティのライブラリをインストールする必要はありません。 ActiveX コンポーネントを使用している場合は、アプリケーションがコンポーネントを登録するだけです。 これは通常、インストーラによって処理されますが、コマンドラインから実行することもできます。 Library Edition のライブラリは COM オブジェクトではないため、それらを登録する必要はありません。


  ライセンスの一般的な条件は何ですか?

製品の完全な使用許諾契約書は、オンラインヘルプに記載されています。一般的には、開発システムに SocketTools をインストールし、製品を使用してアプリケーションソフトウェアを構築し、そのソフトウェアをエンドユーザーに再配布することができます。ランタイムライセンス料は無料で、SocketTools コンポーネントを使用して開発できる製品数に制限はありません。

主に 2つの制限があります.1つは、SocketTools が一人の開発者だけが使用できるようにライセンスされていることです。 2つ目の制約は、コンポーネントを使用して、お客様によって使用および/または再販されるソフトウェア開発製品を作成することは許可されません。

SocketTools を使用してアプリケーションソフトウェアを作成することはできますが、あなたのお客様が独自のソフトウェアを作成してエンドユーザーに配布するために使用されるソフトウェア開発コンポーネントまたはライブラリを作成することは許可されません。 簡単に言えば、市場で競合するために当社のコンポーネントを使用することは許可されていません。ライセンス契約に関するご質問は、お問い合わせください。


  再配布の手数料は請求されますか?

いいえ、絶対にありません。 開発ライセンスでは、SocketTools コンポーネントで任意の数の製品を作成し、それらのコンポーネントを任意の数のエンドユーザーにアプリケーションと共に再配布することができます。


  評価ライセンスの制限は何ですか?

評価期間中に SocketTools のコンポーネントとライブラリは完全に機能し、評価期間中に開発したコードと同じコードをコンパイルして使用することができます。

評価ライセンスを使用してソフトウェアを開発する場合、考慮すべき 2つの制限があります。 まず、評価期間が終了した後、コンポーネントおよび/またはライブラリが機能しなくなります。 つまり、それらを開発環境にロードすることはできず、それらを使用するアプリケーションは機能しなくなります。 次に、SocketTools を使用するアプリケーションを評価ライセンスとともに再配布することはできません。

評価ライセンスを使用して作成されたアプリケーションは、SocketTools をインストールしたユーザーとしてライセンスがインストールされている開発システムでのみ機能します。 ライセンスを購入したら、新しい登録済みライセンスでアプリケーションを再コンパイルするだけで済みます。


  ソフトウェアを再配布するためにライセンスが必要ですか?

SocketTools コンポーネントを使用して構築されたアプリケーションを再配布するには、有効な開発ライセンスが必要です。 購入したライセンスにより、プログラムを無制限に作成することができます。ソフトウェアを任意の数のエンドユーザーに再配布することができます。 ただし、評価ライセンスを使用して作成されたアプリケーションは再配布できません。

開発環境によっては、評価ライセンスを使用して作成したアプリケーションを再配布しようとすると、アプリケーションをコンパイルできないか、正しく初期化できず、アプリケーションをロードできなくなります。 評価期間中、当社のコンポーネントを使用するアプリケーションは、SocketTools をインストールしたユーザーのアカウントで作成された開発システムでのみ機能します。 この制限は、開発ライセンスを購入すると削除されます。


  ランタイムライセンスキーとは何ですか?

製品がシリアル番号でインストールされると、コンポーネントまたはライブラリが製品のライセンスコピーが購入されたことを検証するために使用される一意のランタイムライセンスキーが作成されます。 ActiveX コントロールを使用する Visual Basic のような言語の場合、ライセンスキーは内部的に管理され、開発者は追加のコーディングを必要としません。 ただし、一部の言語ではランタイムライセンスキーの使用を直接サポートしていないため、Initialize メソッドを呼び出してコンポーネントをライセンスキーで初期化する必要があります。 詳細については、テクニカルリファレンス マニュアルを参照してください。

「ライセンスキーの生成」については、ナレッジベースもご参照ください。

製品のシリアル番号がライセンスキーと異なることに注意してください。 評価者にはランタイムライセンスキーはありません。 ライセンスキーがなければ、SocketTools を使用するアプリケーションは開発ライセンスを持つローカルシステム上でのみ動作し、エンドユーザーには再配布できません。


  各開発者にライセンスが必要ですか?

はい、SocketTools を使用している各開発者にはライセンスが必要です。 複数の開発者が同じ製品のコピーを使用することは、使用許諾契約の条項に違反しています。 ただし、同じ開発者が別の開発者が使用する可能性がない限り、複数のシステムに製品をインストールすることができます。

SocketTools コンポーネントのいずれかを使用するソフトウェアを作成または変更していない開発者は、ライセンスを購入する必要はありません。 たとえば、3人の開発者が 1つのアプリケーションを作成していて、2人の開発者が Visual Basic と SocketTools .NET Edition クラスを使用して、1人が Visual C++ を使用している場合、2つのライセンスが必要になります。 開発者が SoketTools コンポーネントやライブラリのいずれかを使用していない限り、C++ 開発者にはライセンスは必要ありません。 使用に関するご質問がある場合、または追加ライセンスの購入に関する情報については、当社までご連絡ください。


  私のラップトップに SocketTools をインストールすることはできますか?

このライセンスでは、開発とテストに使用するデスクトップとラップトップまたはタブレットの両方に SocketTools のコピーをインストールすることができます。ただし、SocketTools を使用するプロジェクトで複数の開発者が作業している場合は、開発者ごとにライセンスを購入する必要があります。


  ビルドシステムには別のライセンスが必要ですか?

SockeTools のライセンスは開発者ごとであるため、他の開発者が使用していない専用のビルドシステムに SocketTools をインストールする必要がある場合は、追加のライセンスは必要ありません。複数の開発者がビルドシステムにアクセスして SocketTools を使用する場合は、開発者ごとにライセンスを購入する必要があります。


  ライセンスを別のエディションに変更することはできますか?

ライセンスは購入した SocketTools のエディションに固有であり、シリアル番号とランタイムライセンスキーの両方を別のエディションで使用することはできません。ライセンスを購入してから 30日以内の場合は、無料で別のエディションに切り替えることができます。現在のライセンスは無効になり、新製品のシリアル番号が発行されます。

最近 SocketTools を購入し、別のエディションに切り替える必要がある場合は、現在のシリアル番号をご連絡ください。


  ライセンスを別の開発者に譲渡することはできますか?

SocketTools で開発しなくなった場合は、別の開発者にライセンスを移すことができます。 弊社に連絡して、製品シリアル番号、連絡先情報、およびライセンスが譲渡される開発者の情報を提供してください。

製品ライセンスは 1回のみ譲渡でき、新しい開発者は別の開発者にライセンスを譲渡することはできません。 例えば、ライセンスを一時的に請負の開発者に移管して、プロジェクトが完了した時点で元の開発者にライセンスを返却することは許されません。 その場合、請負の開発者専用の追加ライセンスを購入する必要があります。


  SocketTools はオンラインでのアクティベーションを必要としますか?

いいえ、SocketTools はオンラインでのアクティベーションや登録を必要としません。 複数のプラットフォームでアプリケーションを頻繁に開発してテストする必要がある開発者にとっては、これはあまりにも制限的だと感じています。 製品登録は必須ではありませんが、これにより開発者は技術サポートと無料アップデートを受けることができます。


  最新のバージョンに無料でアップグレードできますか?

次のメジャーバージョンへのアップグレードは、アクティブなサブスクリプションまたはプレミアム サポート契約を結んでいる開発者に無料で提供されます。 新しいバージョンのリリースの 30日以内に、以前のバージョンのライセンスを購入したお客様にも無料アップグレードが提供されます。 他のすべての開発者には、アップグレードは新しいライセンスを大幅に下回るアップグレード価格で提供されます。

サポートされている現在のバージョンの SocketTools に対する製品のアップデートは無料です。 ライセンスを購入すると、製品の EOL (End of Life) までは、そのバージョンのアップデートを無料で受けることができます。 メジャーバージョンリリースへのアップグレードのみを有料となります。 ライセンスのアップグレードに関するご質問は、弊社までお問い合わせください。


  コンポーネントの後方互換性はありますか?

これは、どの SocketTools コンポーネントが使用されているか、バージョンの違いなど、いくつかの要因によって異なります。以前のバージョンの SocketTools を使用するアプリケーションを更新するには、通常、コントロールやライブラリの新機能を利用するために、ほとんど変更を加える必要がありません。プロジェクトの更新に関する情報をオンラインヘルプに掲載しています。

インターフェイスに加えられた変更は、3つの主要な設計目標に基づいていました。まず、SocketTools をさらに使いやすくするために、特に新しい開発者向けにしたいと考えました。また、IPv6 サポートなどの新機能に対応しながら、さまざまなコントロールとライブラリのプログラミングインターフェイスを可能な限り一貫したものにしたいと考えました。そして最後に、開発者が少ないコード行で多くのことをできるようにしたいと考えました。


  以前のバージョンを同じシステム上に共存させることはできますか?

SocketTools 9.0 のライブラリとコントロールは、モジュール名と GUID が異なるため、以前のバージョンの SocketTools に含まれていたライブラリやコントロールと共存することができます。新しいアプリケーションは、以前のバージョンの SocketTools を使用して作成された古いアプリケーションと競合することなく展開できます。


  以前のバージョンを引き続き販売しますか?

一般的に、SocketTools の以前のバージョンの販売は、新しいリリースが利用可能になると中止されます。 ただし、古いバージョンの SocketTools のライセンスが必要な場合は、弊社にお問い合わせください。 以前のバージョンは要望に応じて提供することができます。 古いバージョンの SocketTools のサポートは制限されることに注意してください。


  以前のバージョンのサポートを提供しますか?

古いバージョンの SocketTools の無料テクニカルサポートは、製品のライフサイクルに基づいています。 通常、そのバージョンのオリジナルリリースされた日から、新しいバージョンがリリースされたときの最後のメジャーアップデートのリリース後約 1年までとなります。 延長されたサポートのための追加のオプションが利用可能な場合があります。 ご不明な点がございましたら、弊社にご連絡ください。

SocketTools 8.0 のテクニカル サポートは、2016年 12月 31日に終了しました。


  以前のバージョンを引き続き使用できますか?

アップグレードでは、現在のライセンスが新しいバージョンの SocketTools のライセンスと交換されます。 以前のバージョンの SocketTools を使用して既存のアプリケーションを修正、コンパイル、再配布することができ、製品の EOL まで、以前のバージョンのテクニカルサポートを受けることができます。 アップグレードした後、別の開発者に前バージョンのライセンスを譲渡または共有することはできません。


ページトップへ