LightningChart JS 最新バージョン (v.2.1.0) の新機能


LightningChart JS の最新バージョン 2.1.0 では、3D Surface Series や 3D Box Series などの高度な 3D チャートや、いくつかの新しいテーマが追加され、インタラクティブなチャート一覧には新しいコード サンプルが追加されました。さらに、ハイライトされた Zoom Band Charts Series と、指定した Series の Chart との同期が可能になり、NodeJS が改善されました。Vec3 の API ユーティリティが提供され、AxisgetInterval メソッドも利用できるようになりました。

LightningChart JS v.2.1.0 の主な新機能:

  • 3D チャートの追加
  • テーマの追加
  • インタラクティブなチャート一覧のコード サンプル追加
  • ハイライトされた Zoom Band Charts Series の同期
  • NodeJS の改善
  • Vec3 の API ユーティリティ
  • AxisgetInterval メソッド

整った 3D チャートの向上に焦点を当てており、3D Surface Series3D Box Series などのより高度な 3D チャートが利用可能になりました。

ヒートマップカーソル、カスタム テーマなどいくつかの新しいテーマも導入されました。

インタラクティブなチャート一覧 には、3D 棒グラフ、3D サーフェスおよびスペクトログラム バーなど、多くの新しいコード サンプルが追加されました。

ハイライトされた Zoom Band Charts Series は、割り当てられた Series の Chart と同期され、円/ドーナツ グラフ、およびスパイダー チャートのアニメーションが XY グラフのアニメーションの速度と一致するようになりました。 また、NodeJS のすべての問題が修正されました。

さらに、Vec3 の API ユーティリティが提供されます。これらは 3D チャート、3D Series 、およびカメラで使用するのに役立つユーティリティです。

多くの LightningChart JS ユーザーからリクエストされた AxisgetInterval メソッドと呼ばれる機能も利用できるようになりました。 Axis.getInterval を使用して、現在の軸のスケールの間隔を取得できます。


  • 旧バージョン v.2.0 の新機能は、こちらからご確認いただけます。


ページトップへ