Arction 製品のリソース



オンライン マニュアル


LightningChart .NET v.8 日本語スタート ガイド


LightningChart .NET v.8 ユーザー マニュアル (英語版)

  • LightningChart .NET v.8 の日本語版ユーザー マニュアルは提供されていません。

LightningChart JS v.1 API ドキュメント (英語版)

  • LightningChart JS v.1 の日本語版 API ドキュメントは提供されていません。

オンライン チュートリアル

このチュートリアルでは、さまざまな分野において動的でインタラクティブなデータ視覚化を必要とする初心者から、高性能なコンピューター グラフィックに詳しい専門家向けに、LightningChart .NET を使用する方法を紹介しています。



ベンチマーク

パフォーマンス比較ページ (英語) では、テストに基づいた LightningChart .NET の性能に関する情報を掲載しています。

  • 折れ線グラフで 10 億を超えるデータ ポイントを瞬時に描画
    折れ線グラフが画面全体に表示された際、ビューが自動でスクロールされる様子を動画とともに紹介しています。デフォルトでは、10 の系列および 1 億のデータ ポイントを表示可能な X 軸が表示されるため、合計 10 億のデータ ポイントを一度に描画できます。

    デモと Visual Studio のプロジェクトは、こちらのページからダウンロードできます。

    テストの詳細はこちら »

  • 2016 年実施 LightningChart vs SciChart 性能比較テスト
    2016 年 Arction 社によって実施された LightningChart .NET v.6.5.1. および v.7.1. と、SciChart 社による SciChart v.4 (当時の最新バージョン) の性能比較テストの結果を紹介しています。

    テストの詳細はこちら »

パフォーマンス テスト結果ページ (英語) では、テストに基づいた LightningChart JS の性能に関する情報を掲載しています。

  • 2019 年 7 月実施 LightningChart JS 性能テスト
    デスクトップ、ラップトップ、タブレット、スマートホンを含むあらゆるデバイスで、LightningChart JS の 8 種類の異なるチャート系列のパフォーマンスをテストした結果を紹介しています。これらのデバイスにおいて、最大で数百万のデータ ポイントを処理できることが確認されました。

    テスト結果の完全なレポートは、こちらのページからダウンロードできます。

    テストの詳細はこちら »


サポート フォーラム

Arction 社のフォーラムは、Arction Support Forums (英語) からご利用いただけます。

このフォーラムでは、Arction 製品に関連する Q&A、最新情報、ブログ記事、およびバグ レポートなどが英語で共有されています。

Arction 社の CEO 兼 CTO である Pasi Tuomainen 氏によるチャートの生成方法をご覧いただけます。

  • ガント チャート:
    スケジュール、タスク、プロジェクトなど、さまざまな生産、工程管理の際に便利なチャートです。サンプルで使用されている Annotations の他にも、テキスト付きの四角形のバーを生成可能な PolygonSeries や、大量のバーをテキスト無しで簡素化できる LineCollections を使用できます。
  • 夏時間の適用:
    夏時間は、特定の地域のマシン設定によって有効化/非有効化されます。サンプルでは、X 軸に ValueType = DateTime を使用して DateTime.Now などで現地時間をモニタリングする場合に、xAxis.DateTimeToAxisValue を利用して X 軸の値に変換することで、1 時間前または 1 時間後に時間を設定できます。
  • 閾値による面および High-Low 系列グラフの色付け:
    面および High-Low 系列グラフには、グラデーションや複数の色を含むカラー パレットが備えつけられています。サンプルでは、閾値の範囲を設定し、その値を超えた場合に新しい系列を作成します。
  • 3D サーフェス メッシュの値による色付けと勾配 :
    LightningChart .NET は、v7.1 以降 SurfaceGridSurfaceMesh 系列で値をベースとした色と勾配の追加機能を備えています。サンプルでは、SurfaceMeshSeries3D を使用して、温度などのデータを表示するジオメトリ パイプを作成します。

※ これらのサンプルは、LightningChart .NET の過去のバージョンを使用して作成されたものです。プロジェクトの参考としてご覧ください。

ページトップへ