高速データ処理で JavaScript チャートを瞬時に生成する LightningChart JS の最新バージョン v.2.2.0 リリース


LightningChart JS 製品の最新バージョン v.2.2.0 では、全体のパフォ-マンスが向上されました。とくに 3D チャートのパフォーマンスは大幅に向上され、以前に増して高性能になりました。
Arction 社では各フレームごとに新しいデータが追加されるアプリケーションでパフォーマンスを測定しています。各フレームに追加されるデータ量は、1 秒間にレンダリングされるフレーム数が約 60 (fps = 60) になるように制御されています。したがって、パフォーマンスの指標は「1 秒間にどれだけのデータを追加できるか」であり、数値が高いほど良いパフォーマンスになります。
LightningChart JS v.2.2.0 では、3D Point および 3D Line シリーズの処理とレンダリングを旧バージョンの 1000 倍以上の速度にすることで、大量のライブデータが入るデータビジュアライゼーション アプリケーションを可能にします。たとえば Point Series 3D では、ハイエンドの PC が 60fps (1秒につき 60 フレーム) の安定したフレームレートとチャートとのスムーズなユーザー エクスペリエンスを維持しながら、100kHz の周波数で新しいデータをチャートに追加することができるようになりました。

実際のパフォーマンスの比較は以下をご確認ください (外部リンク)。
このようにパフォーマンスが一段と向上した LightningChart JS の体験版は、エクセルソフトの Arction 製品ページからダウンロードできます。この機会にぜひ、お試しください。

LightningChart JS 製品に関する詳細は、こちらからご確認ください。
インタラクティブなサンプル チャート一覧もご用意しています。ぜひ、ご活用ください。
 
この記事は、Arction 社で公開されている「Performance improvements in LightningChart JS」の日本語参考訳です。