Alchemy CATALYST 製品概要

Alchemy CATALYST は、強力なプロジェクト管理機能を備えた総合翻訳環境です。翻訳者、ローカリゼーション エンジニア、QA スペシャリスト、プロジェクト マネージャおよびソフトウェア開発者に必要なツールを統合することで、プロジェクトに費やす時間と経費を大幅に削減することができます。Alchemy CATALYST の統合翻訳環境と独自の Expert テクノロジによって、プロジェクトは短期間で完成し、品質は向上します。また、エンジニアおよび QA サイクルに費やす時間は短縮されそしてローカライズに費やす経費を削減することができます。

Alchemy CATALYST による統合ローカリゼーション環境

Alchemy CATALYST は非常に使いやすい統合ローカリゼーション環境 (ILE) を中心に構築されており、ローカリゼーション ワークフローのすべてのステージにおいて必要なサービスとユーティリティに簡単にアクセスできます。強力かつセキュアな Alchemy の ILE はデータの完全性を常に保ちます。ILE は翻訳パートナーや業者に効率的に配布できる、大きなマルチ言語翻訳ツールキットを作成できる高機能なプロジェクト管理機能と統合されています。

Alchemy CATALYST は、すべての Windows プログラムおよびヘルプ ファイル (DLL、EXE、INI、RTF、CNT、CPP、HPP など) をサポートする環境を提供します。これにより、様々なファイル形式を処理する際に複雑になりがちな配布、翻訳およびアップデートを簡単にします。この統合された環境には、ローカライズのプロジェクトにとって重要なすべてのツールおよびユーティリティが含まれています。

  • Alchemy CATALYST には、プロジェクトの内容をコンテキストおよび WYSIWYG モードで閲覧可能な、翻訳結果を自動的に確認するビジュアル エディタが含まれています。すべてのエディタ環境には、用語集のサポートおよびスペル チェック機能が標準実装されています。これにより、エンジニアおよび QA サイクルに費やす時間が劇的に削減され、ローカライズ プロジェクトのスケジュール期間を短縮することができます。

  • Alchemy CATALYST には、ソフトウェアやヘルプ ファイルを確認する QA ツールのパッケージが含まれています。QA の範囲には、レイアウト、欠けている文字列、重複しているホットキー、損失したパラメータやコントロールの確認そしてスペルチェックが含まれています。Alchemy CATALYST の Runtime Validation Expert 機能を使用して、実際にソフトウェアを実行している時でも自動的にエラーを検出することができます。これにより、QA スペシャリストは、ソフトウェアのインターフェースをチェックする時間を、機能のテストに集中することができます。

  • Alchemy CATALYST には、ユーザー インターフェースやヘルプ ファイルのアップデートに役立つツールおよびユーティリティが含まれています。ソフトウェア エンジニアは、CATALYST SDK を使用してカスタム エディタやバリデータを開発することができます。また、CATALYST の Text Parser Expert 機能を使用することで、どのようなテキスト ファイルでも解析することができ、それらを翻訳環境に含むことができます。エンジニアは、CATALYST の Visual Comparison Expert 機能を使用して製品をアップデート バージョンと比較し、アップデートに必要な時間を割り出すことができます。

  • Alchemy CATALYST には、重要な多くのプロジェクト管理ツールを組み込んでいます。これにより、基本的な文字カウントのレポートからより複雑なアップデートされた文字カウントのレポートも作成することができます。これらのレポートを使用して、ローカライズ プロジェクトの複雑さおよび必要となるコストや時間を割り出すことができます。どのリソースを最初に翻訳するのか優先順位を付けたり、メモ機能を利用して、翻訳者にメッセージを送ったり、すべての翻訳されたオブジェクトのリビジョンや翻訳履歴を追跡することができます。用語集ファイルを TTK (翻訳ツールキット) に添付し、翻訳を業界標準の翻訳メモリ互換ファイル フォーマット (TMX) に抽出することができます。

Alchemy CATALYST の利点

Alchemy CATALYST は、ローカライゼーション ワークフローでの翻訳、エンジニアリング、テスト、ならびにプロジェクト管理などをサポートします。Alchemy CATALYST を使用すると、次を実現できます。

  • ローカライゼーション費用を大幅に削減 : ezMatch 翻訳メモリ テクノロジ を使用することにより、同じ文章を 2 度訳す必要はありません。この機能により、能率よく作業を進めることができ、翻訳にかかる時間と費用を削減することができます。また、ezMatch テクノロジは、書式情報も再利用するためローカリゼーション エンジニアリングやテスト工程を効率よく行うことができます。翻訳メモリの品質により 50-60% の費用を削減することができるでしょう。

  • 高品質な翻訳 : Alchemy CATALYST は複雑な基礎テクノロジやファイルの書式を非表示にし、翻訳作業がしやすい環境を提供します。これにより、翻訳者は翻訳に集中することができ、ソフトウェア アプリケーションの品質向上が実現できます。またこれは、最終的には企業のブランドイメージの向上もつながります。

  • 投資還元 : Alchemy CATALYST を使用してローカリゼーション ワークフローを行った企業は、翻訳費用の削減、エンジニアリング、テスト工程での費用削減ができます。国際市場へのリリース期間を短縮できることから、投資利益を期待することができます。一般的には、3-6 ヶ月またはそれより早く投資還元を実現することができます。

Alchemy CATALYST の紹介ビデオ

Alchemy CATALYST 2019 の新機能

Alchemy CATALYST 2019 でも、引き続き機能の強化が行われています。

Alchemy CATALYST は業界の広範なソフトウェア フォーマットをサポートしていますが、Alchemy CATALYST 2019 ではこのサポートがさらに拡大されました。

このリリースの設計目標はさらなる使いやすさの向上であり、Alchemy CATALYST 2019 には、レイアウトが変更された翻訳者ツールバー、新しいドッキング可能なプロパティ ペインと用語集ペイン高 DPI モニターのサポート新しい [ステータス別グループ] 文字列リスト フィルタなどの機能が含まれています。

主な新機能として、カスタマイズ可能な色分けされたタグでセグメントにラベルを付ける機能、Alchemy .tm ファイルの編集DOC、PDF および XML ファイルのビジュアル表示翻訳者ノートと呼ばれる 2 つ目のメモ フィールドが含まれます。

多くの拡張がテキスト パーサーXML パーサーおよび HTML パーサーに実装され、XML、Resx および WPF ファイルに埋め込まれた HTML コンテンツの構文解析 機能が追加されました。

サイズの小さな TTK ファイルを生成する改良された圧縮アルゴリズムリファレンス ペインのテキストの違いを強調して表示する新しいアルゴリズムを含む、多くのエリアが最適化および改善されました。

このリリースでは、ユーザーからのすべてのフィードバックに注目し、拡張後に要望のあった多くの機能を追加しました。その結果、Alchemy CATALYST 2019 の生産性は大きく向上しました。

Alchemy CATALYST 2019 スクリーンショット

翻訳者ツールバーのレイアウトの変更

翻訳作業により注目できるように翻訳者ツールバーレイアウトが変更されました。ソース テキストとリファレンス テキスト間の違いを簡単に見つけることができるようにリファレンス ペインが変更されました。また、翻訳者の作業がスピードアップできるように、一致率が色分けされました。

テキストの違いをハイライトするアルゴリズムが古い単語ベースのアルゴリズムから新しい文字ベースのアルゴリズムに変更されました。


翻訳者ツールバー



プロパティ ペインと用語集ペイン

プロパティ ペイン

プロパティ ペイン用語集ペインドッキング可能なペインになり、同時に表示したり、任意の場所に移動できるようになりました。

新しいプロパティ ペインは全面的に再設計され、以下の項目が含まれます。

- メイン メモ フィールド

- 新しい翻訳者ノート フィールド。メイン メモを変更することなく、翻訳者やレビュー者がプロジェクト マネージャにノートを追加できます。

フィールドは折りたたむことができます。対象テキストが含まれている場合、フィールドの背景色が変わり、TTK の参照が簡単になります。

プロパティの値が行に表示されるようになり、変更された値(太字で表示)を見つけやすくなりました。


用語集ペイン



TTK 圧縮

Alchemy CATALYST 2019 では、翻訳ツールキット プロジェクトのファイル サイズを大幅に縮小する、TTK ファイルの新しい圧縮アルゴリズムが導入されました。ユーザーは、速度とファイル サイズのどちらで最適化するか、使用する圧縮率を選択できます。

TTK 圧縮


最低圧縮設定でも、以前のバージョンよりも小さな TTK ファイルが生成されます。最高圧縮設定では、処理時間は長くなりますが、ファイル サイズが最小になるため、ネットワーク経由でファイルを転送する前に使用すると便利です。


テキスト パーサーの拡張

Alchemy CATALYST の強力なテキスト パーサーがさらに拡張され、ローカライズ可能なテキストと(イメージ、ビデオまたはドキュメントへの)リファレンス リンクを自動的に解析できるようになりました。

さらに、解析メソッドの順序をドラッグ アンド ドロップで変更できるようになりました。


テキスト パーサー

ラベル

ラベル

これまで、多くのユーザーから、ローカリゼーション プロセスのさまざまな段階でセグメントをマークするためのカスタム ステータスまたはセグメント タグを要望するフィードバックが寄せられました。その答えとして、Alchemy CATALYST 2019 ではセグメント ラベルの概念が導入されました。

Alchemy CATALYST 2019 のラベルは、ローカリゼーション ワークフロー中に文字列を一時的にマークする、レビュー プロセス中に作業を整理する、さまざまな理由により特定のセグメントを永続的にマークするなど、セグメントに適用してさまざまな目的に使用できるカスタマイズ可能な色分けされたタグです。

ラベルは古いプロジェクトから活用され、Alchemy .tm ファイルに格納され、高度な検索と文字列リスト ビューのフィルタとして使用できます。さらに、ラベルは簡単にエクスポートおよびインポートしてチーム内で共有できます。


ラベル マネージャ


TM 編集

Alchemy 多言語 .tm ファイルをクリーンアップ後に Alchemy CATALYST 2019 で直接開いて編集できるようになりました。このインデマンド機能により、独自の TM の管理が簡単になります。


ステータス別グループ

多くのユーザーから要望のあったもう 1 つの機能は、すべてのセグメントをステータス別にグループ化した文字列リスト フィルターの再導入です。Alchemy CATALYST の以前のバージョンに追加されていたこの機能は、何十万ものセグメントをサポートする新しい文字列リスト コントロールの導入と引き換えに削除されました。

Alchemy CATALYST 2019 では、すべてのセグメントを表示する新しいステータス別グループ フィルタが追加され、(何十万もの文字列をサポートする)簡単に展開または折りたたみ可能なステータス グループに分割できるようになりました。


ステータス別グループ


XML パーサーの拡張

Alchemy CATALYST の強力な XML パーサーが大幅に拡張されました。

  • 要素または属性を他の要素のメモとして構文解析可能

  • 要素または属性を他の要素のコンテキスト リンクとして構文解析可能

  • 選択した要素を HTML として構文解析可能

  • 各 CDATA 要素を異なるテキスト パーサーまたは HTML パーサーを使用して構文解析可能

  • 複数の要素を選択して HTML またはテキストとして構文解析するように設定可能

XML パーサー


その他の拡張

Alchemy CATALYST 2019 では、この他にも、ソフトウェアのあらゆる点で多くの拡張が行われました。
一部のリストを次に示します。

  • 高 DPI モニターのサポート

  • ドキュメント ファイル (.doc、.pdf)、Powerpoint ファイル、XML ベース ファイルのビジュアル表示

  • .resx および WPF ファイルに埋め込まれた HTML コンテンツの構文解析。

  • プロジェクト分割の拡張。

  • ファイルとフォルダの挿入のフィルタが可能になり、TTK のサイズが小さくなりました。

  • 重複設定で、テキストの比較中に数字と記号を無視するようにカスタマイズできるようになりました(文字列リストのソート不一致翻訳のテスト翻訳の重複に適用)。

Alchemy CATALYST の対応するソフトウェアとコンテンツ フォーマット

  • Microsoft Visual Studio フォーマット : CSharp C# プロジェクト (*.csproj)、C++ プロジェクト (*.vcproj)、Visual Basic VB プロジェクト (*.vbproj). ソース (コンパイル前) またはバイナリ (コンパイル不要)

  • すべての Microsoft デスクトップ開発プラットフォーム : 9x、NT、2000、XP、Win32、Winx64、VISTA、RC、RESX、.NET Binaries (2.0 以上)、Visual Basic.NET、Microsoft WPF

  • オンライン ヘルプ システム : Doc-2-Help、RoboHelp、MadCap Flare、Sun Help、Oracle Help、Microsoft Help 2.0 および 3.0

  • モバイル プラットフォーム : Android、Windows Mobile、iPhone (ソースファイル)、Windows CE、Symbian、EPOC

  • Java プラットフォーム : J2EE、J2SE、J2ME、JAR、.properties、WAR、EAR

  • JSON : Java Script Object Notation

  • コンテンツ ファイル : HTML (およびすべての派生 PHP、ASP、JSP)、XHTML、XML (派生 ASP.NET、ASP、JSP および XSL を含む)、Microsoft Excel、DITA 1.0

  • ドキュメント形式 : Adobe PDF、Microsoft Word

  • デザイン形式 : Adobe InDesign (*.idml)、Microsoft Power Point (*.ppt(x))

  • データ ソース : すべての Microsoft DB テクノロジ、Oracle 8/9/10 および IBM DB2

  • その他のファイル形式 : ZIP アーカイブ (.zip)、ドライバ ファイル (.sys)、Control Panel Apps (.cpl)、ActiveX (.ocx)、多言語パック (.mui)、コーデック ファイル (.acm、.ax)、スクリーン セーバー (.scr)、および Borland ライブラリ ファイル (.dpl、.bpl)

Alchemy CATALYST のエディション

Translator/Pro Edition は、デジタル コンテンツ、Microsoft デスクトップ、インターネットおよびモバイル アプリケーションなどのビジュアル ソリューションを必要とするプロの翻訳者のためにデザインされています。TRADOS デスクトップおよびエンタープライズ テクノロジと動作するため、一度翻訳した文書は再度翻訳する必要はありません。翻訳メモリから文言を再使用できる Auto-Translate テクノロジも提供されます。バリデート エキスパートを使用すると、翻訳文を検証し、用語の不一致、ホットキーの重複、欠けているテキストおよび重複したコントロールなどのエラーを検出できます。

Localizer Edition は、ソフトウェア開発を行っている企業のうち 80% 以上が使用しているビジュアル ソリューションです。Localizer Edition では、Translator/Pro Edition の機能に加え、以下の強力なエキスパート機能が含まれています。

  • レバレッジ エキスパートは、製品のアップデートや修正に費やす時間およびコストを削減します。この機能を使用すると、前のバージョンからの翻訳を新しいバージョンへ簡単にアップデートできます。CATALYST のレバレッジ エキスパートは、完璧 (Exact)、あいまい (Fuzzy) および学習的 (Heuristic) なテキストの適合技術をサポートし、自動的またはインタラクティブに実行することができます。プロジェクトの統計レポートが自動的に生成されます。このレポートでは、新バージョンでの変更が記載されています。プロジェクト マネージャは、このレポートからレバレッジ プロセスによる翻訳費用への効果を知ることもできます。

  • レバレッジ エキスパートは、アップデート エキスパートの追加で強化されました。インライン タグの置換、TTK ファイル内での各ファイルのレバレッジが可能です。

  • 擬似翻訳エキスパートは、ソフトウェア アプリケーション、またはインターネット ファイルの翻訳の影響をシミュレートし、中間アプリケーションの開発を手助けします。

  • バリデート エキスパートは、ランタイム バリデーション エキスパートの追加で強化されました。アプリケーションが実際に実行されている時にローカリゼーションの一般的なバグを検出します。

  • 比較エキスパートは、ソフトウェアのリビジョンの変更点を瞬時に、正確かつビジュアルに判断することを可能にします。

Developer/Pro Edition には、Localizer Edition の機能に加えて画期的な QuickShip Expert 機能が含まれています。この機能は、必要な TTK、用語集ファイルおよびユーザーへのインストラクションを、圧縮された自動解凍実行ファイルに変換します。そしてこのファイルを電子メールで翻訳者に送付できます。この QuickShip Expert のファイルには翻訳作業を単純化するいくつかの機能が含まれています。まず、含まれるすべてのファイルを展開し、添付されているインストラクションを表示します。次に翻訳者が保有する Alchemy CATALYST Translator/Lite に用語集ファイルを添付し、CATALYST を起動します。Alchemy CATALYST が翻訳者のマシンに存在しない場合は、ブラウザを開き、CATALYST Translator/Lite をダウンロードできるサイトをブラウザに表示します。

Translator/Lite Edition は、Developer/Pro Edition と相互作用する無料の翻訳サポート機能です。 Translator/Lite は、複数の翻訳者に TTK を素早くそして簡単に配布することを可能にし、ビジュアル エディタおよびインタラクティブな検証をサポートします。 この製品にドングルまたはハードウェア キーは必要ありません。ただし、 Developer/Pro Edition を使用して作成された QuickShipTTK でのみ正常に動作します。


機能 Translator/
Lite
Translator/
Pro
Localizer Developer
開発言語とプラットフォーム
Microsoft Win32 アプリケーション (.EXE、DLL、OCX、RC、DLG、MSI、MS Excel、MS Access)
Microsoft .NET 2.x 以上のアプリケーション (.RESX、EXE、DLL、言語アセンブリ)
Microsoft Visual Basic .NET (.RESX、EXE、DLL、言語アセンブリ)
Microsoft WPF アプリケーション(BAML リソース)
Borland Delphi アプリケーション (.EXE、FRM ファイル)
モバイル コンピューティング プラットフォーム (Windows CE、Symbian、EPOC、PalmPilot)
Java 開発プラットフォーム (J2EE、J2SE、J2ME) (Property ファイル、Message ファイル、すべてのエンコーディング)
データベース コンテンツ プラットフォーム (MS SQL および Access、Oracle 8/9/10、IBM DB2)
拡張マークアップ言語 (XML、XHTML、HTML、ASP およびその派生言語)
プログラミング言語 (Microsoft C、C++、Borland C、C++、Java、Javascript、CGI、Perl)
一般的なテキスト ファイル (UTF-8 エンコーディング、UTF-16 エンコーディングを含む)
Visual XLIFF 1.1 (XML Localization Interchange File Format)
Expert テクノロジ
解析エキスパート  
バリデート エキスパート  
クリーンアップ エキスパート  
レバレッジ エキスパート    
アップデート エキスパート    
比較エキスパート    
擬似翻訳エキスパート    
ランタイム バリデーション エキスパート    
ezScript コマンドライン言語    
QuickShip エキスパート      
Layout Manager エキスパート      
ツール
検索と置換
スペルチェック
用語集検索
プロジェクト TTK フィルタ
注釈と改訂情報
作業リスト
ファジー マッチと Auto-Translation 機能
Alchemy TM (*.ttk & *.ppf) の統合利用
スケジューラ  
すべての翻訳メモリの統合利用  
予測テキスト入力 (ezType)  
Language Exchange の統合性  
PowerTranslate 機能  
Alchemy Concordance™ マネージャ  
配置管理  
用語集管理  
翻訳アライメント  
レポートと統計  
用語のエクスポート (タブ区切りテキスト、TMX、TRADOS)  
機会翻訳サービスの統合  
自動オンライン検証  
ダイアログの座標のレイアウト  
無制限のプロジェクト サイズ  
ユーザ プロファイルの管理    
セクションのインポート/エクスポート    
ezParse™ メソッドの作成    
データ ソース メソッドの作成    
SDK (Software Development Kit)      

Alchemy CATALYST 2019 のシステム要件

  • コンピュータ/プロセッサ : Pentium 1 GHz 以上のプロセッサを搭載したコンピュータ

  • メモリ : 最低 2 GB の RAM

  • ハード ディスクの空き容量 : Alchemy CATALYST アプリケーションおよび関連ファイル用に 300 MB の ハード ディスク

  • オペレーティング システム : Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008、Windows Server 2012

  • その他 : Microsoft .NET Framework 4.0