Alchemy CATALYST 製品概要

Alchemy CATALYST は、強力なプロジェクト管理機能を備えた総合翻訳環境です。翻訳者、ローカリゼーション エンジニア、QA スペシャリスト、プロジェクト マネージャおよびソフトウェア開発者に必要なツールを統合することで、プロジェクトに費やす時間と経費を大幅に削減することができます。Alchemy CATALYST の統合翻訳環境と独自の Expert テクノロジによって、プロジェクトは短期間で完成し、品質は向上します。また、エンジニアおよび QA サイクルに費やす時間は短縮されそしてローカライズに費やす経費を削減することができます。

Alchemy CATALYST による統合ローカリゼーション環境

Alchemy CATALYST は非常に使いやすい統合ローカリゼーション環境 (ILE) を中心に構築されており、ローカリゼーション ワークフローのすべてのステージにおいて必要なサービスとユーティリティに簡単にアクセスできます。強力かつセキュアな Alchemy の ILE はデータの完全性を常に保ちます。ILE は翻訳パートナーや業者に効率的に配布できる、大きなマルチ言語翻訳ツールキットを作成できる高機能なプロジェクト管理機能と統合されています。

Alchemy CATALYST は、すべての Windows プログラムおよびヘルプ ファイル (DLL、EXE、INI、RTF、CNT、CPP、HPP など) をサポートする環境を提供します。これにより、様々なファイル形式を処理する際に複雑になりがちな配布、翻訳およびアップデートを簡単にします。この統合された環境には、ローカライズのプロジェクトにとって重要なすべてのツールおよびユーティリティが含まれています。

  • Alchemy CATALYST には、プロジェクトの内容をコンテキストおよび WYSIWYG モードで閲覧可能な、翻訳結果を自動的に確認するビジュアル エディタが含まれています。すべてのエディタ環境には、用語集のサポートおよびスペル チェック機能が標準実装されています。これにより、エンジニアおよび QA サイクルに費やす時間が劇的に削減され、ローカライズ プロジェクトのスケジュール期間を短縮することができます。

  • Alchemy CATALYST には、ソフトウェアやヘルプ ファイルを確認する QA ツールのパッケージが含まれています。QA の範囲には、レイアウト、欠けている文字列、重複しているホットキー、損失したパラメータやコントロールの確認そしてスペルチェックが含まれています。Alchemy CATALYST の Runtime Validation Expert 機能を使用して、実際にソフトウェアを実行している時でも自動的にエラーを検出することができます。これにより、QA スペシャリストは、ソフトウェアのインターフェースをチェックする時間を、機能のテストに集中することができます。

  • Alchemy CATALYST には、ユーザー インターフェースやヘルプ ファイルのアップデートに役立つツールおよびユーティリティが含まれています。ソフトウェア エンジニアは、CATALYST SDK を使用してカスタム エディタやバリデータを開発することができます。また、CATALYST の Text Parser Expert 機能を使用することで、どのようなテキスト ファイルでも解析することができ、それらを翻訳環境に含むことができます。エンジニアは、CATALYST の Visual Comparison Expert 機能を使用して製品をアップデート バージョンと比較し、アップデートに必要な時間を割り出すことができます。

  • Alchemy CATALYST には、重要な多くのプロジェクト管理ツールを組み込んでいます。これにより、基本的な文字カウントのレポートからより複雑なアップデートされた文字カウントのレポートも作成することができます。これらのレポートを使用して、ローカライズ プロジェクトの複雑さおよび必要となるコストや時間を割り出すことができます。どのリソースを最初に翻訳するのか優先順位を付けたり、メモ機能を利用して、翻訳者にメッセージを送ったり、すべての翻訳されたオブジェクトのリビジョンや翻訳履歴を追跡することができます。用語集ファイルを TTK (翻訳ツールキット) に添付し、翻訳を業界標準の翻訳メモリ互換ファイル フォーマット (TMX) に抽出することができます。

Alchemy CATALYST の利点

Alchemy CATALYST は、ローカライゼーション ワークフローでの翻訳、エンジニアリング、テスト、ならびにプロジェクト管理などをサポートします。Alchemy CATALYST を使用すると、次を実現できます。

  • ローカライゼーション費用を大幅に削減 : ezMatch 翻訳メモリ テクノロジ を使用することにより、同じ文章を 2 度訳す必要はありません。この機能により、能率よく作業を進めることができ、翻訳にかかる時間と費用を削減することができます。また、ezMatch テクノロジは、書式情報も再利用するためローカリゼーション エンジニアリングやテスト工程を効率よく行うことができます。翻訳メモリの品質により 50-60% の費用を削減することができるでしょう。

  • 高品質な翻訳 : Alchemy CATALYST は複雑な基礎テクノロジやファイルの書式を非表示にし、翻訳作業がしやすい環境を提供します。これにより、翻訳者は翻訳に集中することができ、ソフトウェア アプリケーションの品質向上が実現できます。またこれは、最終的には企業のブランドイメージの向上もつながります。

  • 投資還元 : Alchemy CATALYST を使用してローカリゼーション ワークフローを行った企業は、翻訳費用の削減、エンジニアリング、テスト工程での費用削減ができます。国際市場へのリリース期間を短縮できることから、投資利益を期待することができます。一般的には、3-6 ヶ月またはそれより早く投資還元を実現することができます。

Alchemy CATALYST の紹介ビデオ

Alchemy CATALYST 12 の新機能

Already recognized for supporting the broadest range of software formats in the industry, Alchemy CATALYST 12 pushes even further ahead. With the addition of more software formats, development teams know they have internationalization and translation covered on any development platform.

With usability a core design goal for this release, Alchemy CATALYST 12 includes a faster string list rendering, new customizable filters, enhanced Find & Replace features and Results window improvements.

Optimization doesn't stop there with a new Leverage Expert engine providing faster performance and improved fuzzy match results. Analysis Expert also made faster with customizable bands to suit your organization's needs.

Adding on to the support for documentation files Catalyst version 12 adds the Framemaker format to ezParse, bringing its superior approach to process automation and translation quality to the domain of documentation formats such as Word and Power Point.

In this release, we have focused on all the feedback from our users and incorporated many enhancements sought after. Alchemy CATALYST 12 greatly increases productivity as a result.

Alchemy CATALYST 12 screenshot

New File Support

  • FrameMaker: Alchemy CATALYST 12 adds the ability to parse FrameMaker documents. From within FrameMaker, documents can be saved to the MIF interchange format. Localize this exchange format in CATALYST along with its software related product files to increase translation consistency and quality. Translated MIF files can be further edited in Adobe FrameMaker for any post-translation layout modification that may be required.

  • SVG: Scalable Vector Graphics are XML based files which are now added to the XML File group in the ezParse rules. Used widely in the web environment for its scalability, include this format to your localization projects and use the Visual View mode to review in your translations in context.
SVG Files

Text based files enhancements

  • Parse memos and max length: The ezParse technology in Alchemy CATALYST 12 has been extended to offer the ability to parse memo and max length information. Using regular expressions and groups, you can now identify localizable segments to have either ID, Max Length and Memo.

    Text parser: memos and max length

  • Encoding selection on file extraction: A text based file can be inserted in Catalyst regardless of its encoding. However, depending on the language you are translating into, the encoding may not be suitable. Catalyst 12 now allows the user to select their desired text file format on extraction, e.g. UTF-8, UTF-8 without BOM, Unicode etc.

  • Visual view: CATALYST 12 enhances its standard as the best Visual Localization tool by adding the text based file format to the visual view. Work in split view mode to select individual segments for translation and instantly view it in context in the Visual View pane. This increases the quality of translations as the active segment is highlighted and reflects any change made in the translation toolbar.

Faster performance

  • New Leverage Expert engine and improved Fuzzy match results: This release introduces a new Leverage Expert engine (DICE). This brings not only faster performance but better matching results for fuzzy matches.

  • Faster string list display: A complete overhaul of the string list (in the workspace window) has been implemented bringing lighting fast speed to selecting resources in the Navigator window and displaying all the localizable strings within.

    String List filters controls

    You will find that coupled with the improvements made to the Filters, QuickFind and the Find & Replace features, this greatly enhances the user's experience working day to day on your CATALYST projects.

  • Faster Startup time: Several changes have been implemented to improve CATALYST 12's startup time.

  • Analysis Expert + customizable Fuzzy bands: As with the Leverage Expert, the Analysis Expert has been optimized for improved performance in calculating the leverage expectations from your available Translation Memory sources. This is reflected in much faster analysis. And to further enhance this invaluable tool, the Fuzzy band brackets are now configurable so you can evaluate word counts on your projects using only the Fuzzy bands agreed at your organisation or with your vendors.

UI Customization

Together with better performance, Catalyst 12 also introduces new ways to let the user customize the User Interface, globally via themes, or down to several single elements of the IDE. More themes and colors customizations will be available in the future.

GlobalLink Project Director connector

Project Director logo

Catalyst 12 introduces a new connector to integrate with GlobalLink Project Director, a web-based platform providing powerful business process automation, flexible integration capabilities, translation vendor management and project workflow capabilities.

Segment History

New Segment History: For the first time, CATALYST 12 will record all the changes made to every segment when saving a TTK. The records also include date/time and the user saving the TTK. This functionality, together with the new Segment History pane and the new Segment History filters in the string list, will allow determining what segments were modified by a certain user, or in a certain time frame, or when is the last date any segment was modified, etc. The new Segment History pane also allows comparing the several versions of a segment translation and re-applying an older version.

Segment History pane

Find and replace

The enhanced Find and Replace now allows searching for text in inline tags, keywords, context links, etc... and in segments filtered out by status or containing flags or locks. In other words, you'll have maximum flexibility in locating and modifying text even in the largest projects. Furthermore, two results windows are now available, allowing the user to move between each set of results without overwriting either.



New Features

  • Customizable string list filters: Filtering the string list to display only strings with specific statuses, locks, memos and other metadata is vital to efficiently manage your work whether you are a translator, reviewer or localization engineer. Together with a comprehensive list of built-in filters, it is now possible to create several custom filters including any possible segment statuses and metadata, for maximum flexibility. You may even share your favorite filters with colleagues by exporting your user settings.

    String List custom filters

  • Prevent modifying locks or MT in TTK projects: In some cases, locks have been removed by translators to translate strings which shouldn't have been. This often results in bugs in the localised version of the project. CATALYST 12 offers the ability to prevent locks from being removed (or added for that matter) in your project TTK. And this can even be password protected! Similarly, you may prevent the use of Machine Translation sources in the project if you do not accept the quality it offers. This is important considering a user can leverage translations from Machine Translation and mark all the strings with the For Review status, overwriting the MT translated status.

  • Add highlighted zone for Context links: In CATALYST 10, Context links were introduced as a new available metadata to add to individual segments. The context link is a great means of attaching visual context information by hosting a screenshot or document online, or alternatively give the reference files along with the TTK. A feature widely appreciated by all our users. With CATALYST 12, you can take this one step further by highlighting a specific section of the screenshot making it easier and faster for the translator or reviewer to see the selected segment in context.

Term Harvest

Term Harvest also gets a major upgrade in Catalyst 12 by producing bilingual terms list, where the translation of terms is detected via a sophisticated identification algorithm. Context is also provided for both source and target text, so the user can manually fix or adjust the automatically generated list of terms.

Term Harvest

Alchemy CATALYST の対応するソフトウェアとコンテンツ フォーマット

  • Microsoft Visual Studio フォーマット : CSharp C# プロジェクト (*.csproj)、C++ プロジェクト (*.vcproj)、Visual Basic VB プロジェクト (*.vbproj). ソース (コンパイル前) またはバイナリ (コンパイル不要)

  • すべての Microsoft デスクトップ開発プラットフォーム : 9x、NT、2000、XP、Win32、Winx64、VISTA、RC、RESX、.NET Binaries (2.0 以上)、Visual Basic.NET、Microsoft WPF

  • オンライン ヘルプ システム : Doc-2-Help、RoboHelp、MadCap Flare、Sun Help、Oracle Help、Microsoft Help 2.0 および 3.0

  • モバイル プラットフォーム : Android、Windows Mobile、iPhone (ソースファイル)、Windows CE、Symbian、EPOC

  • Java プラットフォーム : J2EE、J2SE、J2ME、JAR、.properties、WAR、EAR

  • JSON : Java Script Object Notation

  • コンテンツ ファイル : HTML (およびすべての派生 PHP、ASP、JSP)、XHTML、XML (派生 ASP.NET、ASP、JSP および XSL を含む)、Microsoft Excel、DITA 1.0

  • ドキュメント形式 : Adobe PDF、Microsoft Word

  • デザイン形式 : Adobe InDesign (*.idml), Microsoft Power Point (*.ppt(x))

  • データ ソース : すべての Microsoft DB テクノロジ、Oracle 8/9/10 および IBM DB2

  • その他のファイル形式 : ZIP archives, Multilingual Language Packs(.mui), Drivers (.sys), Control Panel Apps .cpl), ActiveX (.ocx), Multilingual Language Packs (.mui), Codec files (.acm, .ax), Screen Savers (.scr) and Borland Library Files (.dpl, .bpl)

Alchemy CATALYST のエディション

Translator/Pro Edition は、デジタル コンテンツ、Microsoft デスクトップ、インターネットおよびモバイル アプリケーションなどのビジュアル ソリューションを必要とするプロの翻訳者のためにデザインされています。TRADOS デスクトップおよびエンタープライズ テクノロジと動作するため、一度翻訳した文書は再度翻訳する必要はありません。翻訳メモリから文言を再使用できる Auto-Translate テクノロジも提供されます。バリデート エキスパートを使用すると、翻訳文を検証し、用語の不一致、ホットキーの重複、欠けているテキストおよび重複したコントロールなどのエラーを検出できます。

Localizer Edition は、ソフトウェア開発を行っている企業のうち 80% 以上が使用しているビジュアル ソリューションです。Localizer Edition では、Translator/Pro Edition の機能に加え、以下の強力なエキスパート機能が含まれています。

  • レバレッジ エキスパートは、製品のアップデートや修正に費やす時間およびコストを削減します。この機能を使用すると、前のバージョンからの翻訳を新しいバージョンへ簡単にアップデートできます。CATALYST のレバレッジ エキスパートは、完璧 (Exact)、あいまい (Fuzzy) および学習的 (Heuristic) なテキストの適合技術をサポートし、自動的またはインタラクティブに実行することができます。プロジェクトの統計レポートが自動的に生成されます。このレポートでは、新バージョンでの変更が記載されています。プロジェクト マネージャは、このレポートからレバレッジ プロセスによる翻訳費用への効果を知ることもできます。

  • レバレッジ エキスパートは、アップデート エキスパートの追加で強化されました。インライン タグの置換、TTK ファイル内での各ファイルのレバレッジが可能です。

  • 擬似翻訳エキスパートは、ソフトウェア アプリケーション、またはインターネット ファイルの翻訳の影響をシミュレートし、中間アプリケーションの開発を手助けします。

  • バリデート エキスパートは、ランタイム バリデーション エキスパートの追加で強化されました。アプリケーションが実際に実行されている時にローカリゼーションの一般的なバグを検出します。

  • 比較エキスパートは、ソフトウェアのリビジョンの変更点を瞬時に、正確かつビジュアルに判断することを可能にします。

Developer/Pro Edition には、Localizer Edition の機能に加えて画期的な QuickShip Expert 機能が含まれています。この機能は、必要な TTK、用語集ファイルおよびユーザーへのインストラクションを、圧縮された自動解凍実行ファイルに変換します。そしてこのファイルを電子メールで翻訳者に送付できます。この QuickShip Expert のファイルには翻訳作業を単純化するいくつかの機能が含まれています。まず、含まれるすべてのファイルを展開し、添付されているインストラクションを表示します。次に翻訳者が保有する Alchemy CATALYST Translator/Lite に用語集ファイルを添付し、CATALYST を起動します。Alchemy CATALYST が翻訳者のマシンに存在しない場合は、ブラウザを開き、CATALYST Translator/Lite をダウンロードできるサイトをブラウザに表示します。

Translator/Lite Edition は、Developer/Pro Edition と相互作用する無料の翻訳サポート機能です。 Translator/Lite は、複数の翻訳者に TTK を素早くそして簡単に配布することを可能にし、ビジュアル エディタおよびインタラクティブな検証をサポートします。 この製品にドングルまたはハードウェア キーは必要ありません。ただし、 Developer/Pro Edition を使用して作成された QuickShipTTK でのみ正常に動作します。


機能 Translator/
Lite
Translator/
Pro
Localizer Developer
開発言語とプラットフォーム
Microsoft Win32 アプリケーション (.EXE、DLL、OCX、RC、DLG、MSI、MS Excel、MS Access)
Microsoft .NET 2.x 以上のアプリケーション (.RESX、EXE、DLL、言語アセンブリ)
Microsoft Visual Basic .NET (.RESX、EXE、DLL、言語アセンブリ)
Microsoft WPF アプリケーション(BAML リソース)
Borland Delphi アプリケーション (.EXE、FRM ファイル)
モバイル コンピューティング プラットフォーム (Windows CE、Symbian、EPOC、PalmPilot)
Java 開発プラットフォーム (J2EE、J2SE、J2ME) (Property ファイル、Message ファイル、すべてのエンコーディング)
データベース コンテンツ プラットフォーム (MS SQL および Access、Oracle 8/9/10、IBM DB2)
拡張マークアップ言語 (XML、XHTML、HTML、ASP およびその派生言語)
プログラミング言語 (Microsoft C、C++、Borland C、C++、Java、Javascript、CGI、Perl)
一般的なテキスト ファイル (UTF-8 エンコーディング、UTF-16 エンコーディングを含む)
Visual XLIFF 1.1 (XML Localization Interchange File Format)
Expert テクノロジ
解析エキスパート  
バリデート エキスパート  
クリーンアップ エキスパート  
レバレッジ エキスパート    
アップデート エキスパート    
比較エキスパート    
擬似翻訳エキスパート    
ランタイム バリデーション エキスパート    
ezScript コマンドライン言語    
QuickShip エキスパート      
Layout Manager エキスパート      
ツール
検索と置換
スペルチェック
用語集検索
プロジェクト TTK フィルタ
注釈と改訂情報
作業リスト
ファジー マッチと Auto-Translation 機能
Alchemy TM (*.ttk & *.ppf) の統合利用
スケジューラ  
すべての翻訳メモリの統合利用  
予測テキスト入力 (ezType)  
Language Exchange の統合性  
PowerTranslate 機能  
Alchemy Concordance™ マネージャ  
配置管理  
用語集管理  
翻訳アライメント  
レポートと統計  
用語のエクスポート (タブ区切りテキスト、TMX、TRADOS)  
機会翻訳サービスの統合  
自動オンライン検証  
ダイアログの座標のレイアウト  
無制限のプロジェクト サイズ  
ユーザ プロファイルの管理    
セクションのインポート/エクスポート    
ezParse™ メソッドの作成    
データ ソース メソッドの作成    
SDK (Software Development Kit)      

Alchemy CATALYST 12 のシステム要件

  • コンピュータ/プロセッサ : Pentium 1 GHz 以上のプロセッサを搭載したコンピュータ

  • メモリ : 最低 2 GB の RAM

  • ハード ディスクの空き容量 : Alchemy CATALYST アプリケーションおよび関連ファイル用に 125 MB の ハード ディスク

  • オペレーティング システム : Windows 7、Windows 8、Windows 8.1、Windows 10、Windows Server 2008、Windows Server 2012

  • その他 : Microsoft .NET Framework 4.0