デスクトップ ファイル管理ソフトウェアで作業効率化

PDF ファイルの変換・圧縮・セキュア・アクセシビリティ・OCR・結合・比較・スタンプ・墨消し・抽出などのアクションを組み合わせて、強力なマルチステップタスクを作成

強力なコネクタを使用して、タスクを簡単に実行し、ローカルまたはクラウドでファイルにアクセス


Windows 版 (日本語) 無料トライアル

短時間でより多くの PDF ファイルとドキュメントを処理

数十のアクションとコネクタを備えた DocSpace は、ワンステップのタスクから複雑なワークフローまで、1つのアプリケーションですべてを実行するため、誰でも簡単に使用できます。

処理前にファイルをプレビュー

選択したアクションがドキュメントの出力にどのような変更を与えるか、処理前に確認できます。

Windows エクスプローラでファイルとフォルダを右クリックしてオンデマンド処理

ファイルやフォルダを右クリックすることで、Windows ファイル エクスプローラから直接 DocSpace アクションを実行して、すぐに処理を行うことができます。1つ、数個、または数千のファイルを 2回のクリックで簡単に処理できます。

3つの異なる方法でファイルを簡単に管理

基本タスク、カスタム タスク、および自動化タスクの中から、お好みの機能を選択できます。

ドキュメント変換タスクを簡単に

無限の組み合わせでお気に入りのファイルを PDF に変換したり、PDF から変換したりできます。

肥大化した PDF ファイルを圧縮

DocSpace は、最大 95% ファイルを小さくする強力な圧縮を実現します。

スキャンしたファイルを再入力不要

DocSpace には、130以上の言語に対応した最先端の OCR が含まれています。

機密データを含む PDF ファイルの編集

データ、テキスト、数字、画像などを完全に編集して機密情報を保護します。

PDF ドキュメントの一括スタンプ

画像でもテキストでも問題ありません。DocSpace には、PDF ファイルをスタンプするための多くのオプションが用意されています。

256 ビット AES 暗号化を使用した PDF ファイルの保護

パスワードをすばやく割り当て、デジタル署名を使用した暗号化を機密性の高い PDF ファイルに追加します。

ローカルだけでなく、クラウド内のファイルまでカバー

ローカルドライブやネットワークドライブに加えて、Box、Dropbox、Google Drive、OneDrive などにロードして保存することができます。





参考動画

こちらの動画では、DocSpace の使い方をご紹介しております。(英語)


Windows 版 (日本語) 無料トライアル

DocSpace オンラインで試す!(無料)

DocSpace は RPA テクノロジーを使用してファイルを自動的に管理します

ファイルを簡単に管理

UI でファイルをドラッグ アンド ドロップ、または独自の Robotic Process Automation (RPA) タスクをすばやく作成できます。

デスクトップとサーバー

DocSpace は、1対1 のニーズに対応するインタラクティブなデスクトップアプリケーションとして、または数千人のユーザーを処理する自動 Windows® サービスとして実行されます。

リスクのないグローバルなリーチ

ローカルまたはクラウドに保存されたファイルは、世界中のランダムなサーバーではなく、管理している環境で処理されます。

真の「コードなし」ソリューション

開発者は、ドラッグ アンド ドロップ インターフェイスを使用して、特定のニーズを満たす複雑なマルチステップ タスクを定義する必要はありません。

どこでも接続

デスクトップ、ネットワーク、クラウド、さらにはデータベース ストレージの場所を選択してドキュメントをプッシュおよびプルします。

RPA を使用したインスタント ROI

基本的な RPA タスクと強力な RPA タスクの両方により、ドキュメント作業時間を節約できます。

DocSpace アクション

PDF ファイルに変換

Word、Excel、PowerPoint、および Visio ドキュメントを PDF ファイルに変換します。 JPEG、BMP、PNG、TIFF などの画像形式もサポートされています。

PDF を圧縮

JPEG 2000 および JBIG2 画像へのダイナミック変換のサポートを含む圧縮設定を完全に制御し、PDF ファイルのサイズを最大 95% 削減します。

PDF から編集可能な形式に変換

PDF ファイルを Word、Excel、PowerPoint に変換し、ネイティブのフォーマット、画像、レイアウトを保持します。

スキャンした画像を検索可能な PDF に変換

DocSpace OCR は、アジアの文字セットを含む 130 以上の言語をサポートしています。


PDF から画像形式に変換

PDF をフラット化し、JPEG、BMP、PNG、TIFF、画像のみの PDF ファイルなどのさまざまな画像形式に変換します。


インスタント PDF/UA アクセシビリティ

DocSpace Logical Content Analysis エンジンを使用して、ヘッダー、列、テーブルなどを即座に認識するアクセス可能な PDF ファイルを作成します。


PDF ページの操作

PDF ページの追加、削除、抽出、追加、置換、回転、およびステッチなどの操作が可能です。

PDF にスタンプと透かしを追加

フォント、場所、回転などを完全に制御して、既存の PDF にテキストまたは画像を自動的に配置します。

PDF の比較と検証

変更をハイライト表示する PDF ファイルを比較し、PDF コンテンツを完全な PDF/A 標準に対して検証します。

PDF ファイルをセキュア

40、128、256ビットで PDF ファイルを暗号化し、印刷、コピー、変更などの権限を指定します。

テキストと画像を抽出

PDF ファイルのドキュメント分類およびサムネイル化のための全ページ範囲サポートを備えています。

墨消しをフルサポート

柔軟な文字列式を使用して、テキスト、画像、ブックマーク、メタデータ、フォームフィールドを永続的に編集します。

Excel → PDF 変換アクション設定の構成

Excel のアクションは、Excel ドキュメントを PDF ファイルに変換するなど、Microsoft Excel 関連の機能を実行します。

ツールバー オプション

  • 新規: 新しいプロファイルを作成します (Alt Ctrl N)
  • アクション設定: グローバルアクション設定を表示します (Alt Enter)
  • 削除: 選択したプロファイルを削除します (Ctrl Del)
  • 保存: 選択したプロファイルを保存します (Ctrl S)

プロファイルの設定

  • プロファイル名: プロファイルの名前
  • プロファイルの説明: プロファイルの説明
  • Excel→PDF オプション
    • シートごとに 1ページのすべての列: true の場合、1つのシートのすべての列コンテンツが結果として1ページのみに出力されます。
    • 計算式: PDF ファイルを保存する前に式を計算するかどうかを示します。
    • フォントの互換性を確認する: テキスト内のすべての文字のフォント互換性をチェックするかどうかを示します。 このプロパティを無効にするとパフォーマンスが向上しますが、テキストまたは文字のデフォルトまたは指定されたフォントを使用してそれをレンダリングできない場合、生成された PDF で読み取り不能な文字 (ブロックなど) が発生する可能性があります。 これらの状況では、プロパティを True に設定して代替テキストを検索し、代わりにテキストをレンダリングします。
    • ワークブックのデフォルトのフォントを確認する: Excel の文字が Unicode であり、正しいフォントが設定されていない場合、PDFでブロックとして表示されることがあります。 これを True に設定すると、ブックのデフォルトのフォントを使用して、これらの文字が最初に表示されます。
    • PDF 準拠レベル: PDF 標準準拠レベルを指定します。
      • PDF 1.5 - PDF 1.5 規格に準拠した出力ファイルです。
      • PDF/A-1a - 出力ファイルは、PDF/A-1a 規格に準拠しています。このレベルには、PDF/A-1b のすべての要件が含まれており、さらに、ドキュメントを検索して再利用できるようにするために、 (タグ付けされている) ドキュメントを含める必要があります。
      • PDF/A-1b - 出力ファイルは、PDF/A-1b 規格に準拠しています。PDF/A-1b は、 ドキュメントの外観を確実に再現します。
    • カスタムプロパティのエクスポート: カスタムプロパティを PDF ファイルにエクスポートする方法を指定します。
      • なし: カスタムプロパティは許可されていません。
      • 標準: カスタムプロパティは、/Info 辞書のエントリとしてエクスポートされます。
    • 標準の Windows フォントを埋め込む: TrueType フォントを埋め込むにはTrue。 ASCII 文字 32-127 のみに影響します。 127 より大きい文字のフォントは常に埋め込まれます。 PDF/A-1b は埋め込みフォントである必要があります。
    • ドキュメント構造のエクスポート: ドキュメント構造をエクスポートするかどうかを決定します。
    • グリッドラインタイプ: グリッド線のタイプを設定します。
    • エラーを無視: レンダリング中に、形状、画像、チャートレンダリングなどのエラーを非表示にするかどうかを示します。
    • 画像タイプ: チャートと形状を変換するときの画像タイプを表します。
      • BMP
      • EMF
      • EXIF
      • GIF
      • ICO (Windows アイコン)
      • JPEG
      • PNG
      • TIFF
      • WMF
    • フォントの代替: セルフォントに互換性がない場合に文字フォントを置き換えるかどうかを示します。
    • シートごとに 1ページ: OnePagePerSheet が true の場合、1つのシートのすべてのコンテンツが結果の 1つのページにのみ出力されます。
    • 組織タイプ: PDF 最適化タイプを設定します。
      • 標準: 高い印刷品質。
      • 最小サイズ: 印刷品質よりもファイルサイズを優先します。
    • 空白ページを出力: 印刷するものが何もないときに空白ページを出力するかどうかを示します。
    • テキストクロスタイプ: テキストの幅がセルの幅より大きい場合、テキストの種類を表示します。
      • デフォルト: Microsoft Excel のようにテキストを表示します。
      • 交差したテキストを保持: 他のセルと交差してすべてのテキストを表示し、交差したセルのテキストを保持します。
      • 交差したテキストを上書き: 他のセルと交差してすべてのテキストを表示し、交差したセルのテキストを上書きします。
      • 厳格なセル: セルの幅内のテキストのみを表示します。

ActivePDF DocSpace のシステム要件

ソフトウェア要件

  • Windows 10
  • Windows Server 2012 R2、2016、2019
  • Microsoft .NET Framework 4.6.2
  • 対応ブラウザ: Google Chrome、Firefox、または Microsoft Edge
  • Microsoft Visual C ++ Redistributable 2015-2019 x64
    DocSpace はインストール中にランタイムファイルを更新します。

注意 1: DocSpace をご使用の際には、オンライン環境 (インターネットに接続された状態) が必要となります。

注意 2: ActivePDF 製品を Windows 2012 R2 サーバーに初めてインストールする場合、Windows 2012 R2 サーバー用の 2つの Microsoft 更新をダウンロードしてインストールする必要があります。この更新プログラムは、Microsoft Visual C ++ 再頒布可能ランタイム コンポーネントの問題を解決します。詳細な手順については、ActivePDF ナレッジベースの記事「Windows 2012 R2 サーバーへの製品のインストール」を参照してください。

ハードウェア要件

  • 4GB 以上のメモリ
  • 1GB 以上のハードディスクの空き容量 (アプリケーション用)
  • 処理後の出力ファイル用の追加ディスクスペース

入出力コネクタの要件

入出力コネクタには、既存のアカウントと、コネクタに関連付けられたプログラムを使用した知識が必要です。DocSpace でアクセスする前に、コネクタタイプのアカウントが必要です。コネクタのアカウントを既にお持ちでない限り、コネクタの種類を選択しないでください。

たとえば、SharePoint Online コネクターを使用するには、SharePoint Online アカウントが必要であり、URL、ファイルへの相対パス、アカウントユーザー名、パスワードなどの SharePoint アカウント設定を事前に確認している必要があります。また、SharePoint (またはコネクタに関連付けられている他のプログラム) をコネクタとして設定する前に、SharePoint の使用方法も知っている必要があります。


DocSpace コネクタ

Class A コネクタ 入力 出力
ローカルフォルダ    
ネットワークフォルダ    
Dropbox    
Google Drive    
OneDrive    
Class B コネクタ 入力 出力
Box    
IMAP Server  
POP3 Server  
SharePoint Online    
SMTP Server  
Class C コネクタ 入力 出力
Amazon S3    
FTP Server    
Google Cloud Storage    
Class D コネクタ 入力 出力
Azure BLOB Service    
Azure File Service    
SQL Server    

DocSpace 年間プラン

プラン 15日トライアル Terra (年間) Kronos (年間) Sol (年間)
年間価格 (税抜) 無料 ¥57,600 ¥278,400 ¥549,900
処理量と制限1
タスクの起動 150 75,000 400,000 1,000,000
OCR ページ2 25 30,000 175,000 450,000
Logical Content ページ3 25 8,000 45,000 120,000
その他の機能
デプロイメント デスクトップのみ デスクトップまたはサーバー デスクトップまたはサーバー デスクトップまたはサーバー
デバイス数 1 3 10 25
最大同時タスク 1 4 8 無制限
タスクごとのアクション数 無制限 10 無制限 無制限
タスク定義 無制限 無制限 無制限 無制限
含まれるコネクタ クラス A,B,C,D A,B A,B,C A,B,C,D
1表示されているすべての制限数は、該当する年間プランで使用する全デバイスでの合計です。
プランをカスタムすることも可能です。詳しくはお問い合わせください。

2OCR ページ制限はタスクの起動に依存せず、テキスト認識と検索可能な PDF が含まれます。
3Logical Content ページ制限はタスクの起動に依存せず、アクセシビリティ、自動タグ付け、PDF/UA へのアクセスが含まれます。

ライセンス、価格、お見積りなど、本製品に関するご質問、ご不明な点はエクセルソフトまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

ページトップへ