Advanced Image Management ダッシュボード

Advanced Image Management (高度なイメージ管理) ダッシュボードでは、すべてのリポジトリの Docker イメージを管理できます。

Advanced Image Management ダッシュボードには、既存のイメージのスナップショットが表示され、タグ、アクティビティ ステータス、日付などでイメージを表示、並べ替え、フィルターできるだけでなく、不要になったイメージを削除してワークスペースをクリーンアップするオプションも含まれています。

リポジトリ内のイメージの状態が可視化されるため、アクティビティ ステータスを確認することで、Docker Hub に保存されているイメージの数を減らすことができます。過去 1 か月間にプルまたはプッシュされたイメージは「active」ステータスを保持し、そうでないものは「inactive」と見なされます。

アクティビティ ステータスとタグにより、既存のイメージの確認と不要になったイメージの削除が容易になります。特に、これまでにプッシュされた多数のイメージがリポジトリにあり、Docker Hub のストレージを効率化したい場合に役立ちます。

ダッシュボードには、プッシュされたイメージの古いバージョンも表示されます。Docker Hub にイメージをプッシュする場合、マニフェスト、イメージのすべてのレイヤーのリスト、およびレイヤーをプッシュします。既存のタグを更新すると、新しいレイヤーとこれらのレイヤーを参照する新しいマニフェストのみがプッシュされます。この新しいマニフェストは、myNamespace/mytag:latest のように、イメージのプッシュ時に指定するタグを取得します。これにより、古いマニフェストやそれらが参照する固有のレイヤーが Hub から削除されることはありません。これらは、SHA を知っていれば、マニフェストのダイジェストを使って、引き続き使用したり、参照できます。

新しい Advanced Image Management ダッシュボードでは、これらすべてがよりシンプルになり、簡単に表示、使用、クリーンアップできます。

Advanced Image Management ダッシュボードにアクセスするには、次の操作を行います。

  1. Docker Hub にログインします。
  2. メイン メニューから [Repositories] をクリックして、リストからリポジトリを選択します。リポジトリ内のアクティブでないイメージの数を示すバナーが表示されます。
  3. [View inactive images] をクリックします。Advanced Image Management ダッシュボードが表示されます。リポジトリ内のイメージを一覧表示して、タグ、アクティビティ ステータス、最終アクティビティ日付でイメージを並べ替えたり、フィルターできます。

    Advanced Image Management ダッシュボードを利用するには、Docker Pro、Team、または Business ユーザーとしてログインする必要があります。

イメージの表示

Advanced Image Management ダッシュボードでは、既存のイメージのスナップショットが表示され、タグやアクティビティ ステータス、日付ごとにイメージを確認できるほか、不要になった画像を削除してワークスペースをクリーンアップすることもできます。

Advanced Image Management ダッシュボード

イメージの削除

イメージを削除するには、Docker Pro、Team、または Business ユーザーとしてログインし、リポジトリへの管理者権限がなければなりません。

デフォルトでは、Advanced Image Management ダッシュボードはリポジトリ内のアクティブでないイメージを表示します。アクティブでないイメージを削除するには、次の操作を行います。

  1. Docker Hub にログインします。
  2. メイン メニューから [Repositories] をクリックして、リストからリポジトリを選択します。リポジトリ内のアクティブでないイメージの数を示すバナーが表示されます。
  3. [View inactive images] をクリックします。Advanced Image Management ダッシュボードが表示されます。
  4. リポジトリから削除するイメージを選択します。
  5. イメージ リストの上にある削除アイコンをクリックします。

    Advanced Image Management ダッシュボード

  6. 選択したイメージの削除に関するアドバイスを注意深く確認してください。
  7. 削除を確認するチェックボックスをオンにしてから、[Delete] をクリックします。

タグ付きイメージの削除

Docker イメージには複数のタグが付けられていることがあります。「tag (タグ)」とは、イメージに関連付けられたアーティファクトやラベルの組み合わせです。タグ付きイメージを削除すると、イメージに関連付けられたタグも削除されます。つまり、リポジトリに同じタグが付けらたイメージがある場合、非アクティブでなくてもそれらのイメージも削除されます。そのため、タグ付きイメージを削除する際には注意が必要です。

たとえば、イメージ A に「latest」というタグが付けられているとします。別のイメージ B をプッシュして新たに「latest」というタグを付けます。イメージ B を削除すると、「latest」タグとこのタグが付けられたすべてのイメージ (イメージ A を含む) も削除されます。しかし、イメージ A に追加のタグ (たとえば、「1.5.0」) が付けられていれば、イメージ A が削除されることはありません。

Advanced Image Management API

Advanced Image Management API エンドポイントを利用して、すべてのリポジトリの Docker イメージを管理できます。詳細は、「Advanced Image Management API」を参照してください。

フィードバック

Advanced Image Management ダッシュボードをご利用いただき、ありがとうございます。お客様からのフィードバックは、我々にとって非常に重要です。hub-feedback GitHub リポジトリで New issue を作成して、フィードバックをお寄せください。