TestEngine で API テストの実行を一元化および加速化

 

TestEngine は、SoapUI および ReadyAPI テストを大規模に自動化するための最適化されたテスト実行エンジンです。

 

TestEngine は、ReadyAPI、SoapUI Pro、および SoapUI Open Source をサポートし、API テスト プロセスを加速します。

 


 

TestEngine をあらゆる環境に統合

柔軟な展開オプションにより、TestEngine は、Docker、VM、Mac、Linux、または Windows を使用してクラウドまたはオンプレミス環境にインストールでき、集中実行モデルまたは分散オプションをサポートします。


インフラストラクチャをハンドリングすることなくテストを並行して実行

TestEngine で同時にテストを実行することにより、デリバリ パイプラインを高速化します。 インフラストラクチャのメンテナンスを最小限に抑えて、大規模なテストスイートを短いアドホック テストケースとともに実行します。

ジョブキューで実行のボトルネックを回避

TestEngine は、リクエストが到着時にテストを実行するためキューに入れ、ピーク時にサブミットされているプロジェクトをステージングします。 結果は需要の変動に応じて分散クライアントに返されますが、後で消費するために保存されます。


テストによって配信と展開のプロセスを遅くしません

テストは、高品質で安定したアプリケーションとサービスの出荷と維持に不可欠な部分です。 TestEngine により、チームは複雑な環境を避けながらテストの実行を加速できます。

  • テストを並行して実行して、チームおよびプロセス全体のテストサイクルを加速します。
  • 単一のスケーラブルなサービスを通じて、小規模なテストを実行するためのリソースを確保しながら、大規模な回帰スタイルのテストスイートをサポートします。
  • テストのサブセットを選択して、高度に構成可能なパラメーターを使用して環境を実行およびリファクタリングします。

TestEngine を自動化タスクと CI / CD プロセスにシームレスに統合

TestEngine は、どこにでもデプロイできるように設計されており、既存のワークフローに簡単に統合できます。すでに機能しているものをリファクタリングしたり変更したりする必要はありません。

  • 業界をリードする自動化サーバーの任意のジョブまたはパイプラインに TestEngine 実行を追加するネイティブ Jenkins プラグイン。
  • 最新の NPM ベースの CLI を使用すると、動的なクラウドベースの環境であっても、その場でテストを送信できます。
  • 高度に記述的で完全に文書化された RESTful API により、カスタム統合およびワークフロー用の TestEngine の全機能が公開されます。

ページ トップに戻る


 


TestEngine

TestEngine は、ReadyAPI 機能テストのスタンドアロン ランナーであり、インストール済みの ReadyAPI を必要としません。 したがって、CI / CD パイプラインからテストを実行する場合、各ビルドエージェントに ReadyAPI をインストールする必要はありません。 テストを TestEngine に送信し、そこでテストを並行して実行します。

TestEngine は RESTful API を提供するため、希望どおりにテストを実行できます。

  • CI / CDシステムでビルドプロセスの一部としてテストを自動的に実行します。

  • スケジュールに従ってテストを実行します。

  • テストを手動で実行します。

TestEngineは、サポートされているオペレーティングシステム(Windows、Linux、macOS)で実行できます。 web インターフェイス があり、ヘッドレス マシン でも実行できます。

TestEngine を使用する理由

  • 単一のマシンで実行するテスト専用の準備された環境を作成できます。

  • TestEngine のテスト実行は、Jenkins または他の同様のツールを使用して CI / CD フローに簡単に統合できます。

  • TestEngine は複数のジョブを並行して実行できます。

  • TestEngine でテストを実行するときに、自分自身のコンピューターの負荷を減らすことができます。

TestEngine の制限

TestEngine には、ReadyAPI と比較していくつかの制限があります。

  • TestEngine は、負荷 および セキュリティ テストをサポートしません。

  • TestEngine は仮想サービスの実行をサポートしていないため、SOAP VirtResponse, REST VirtResponse, および Virtual Service Runner のテストステップで機能テストを実行することはできません。

  • デフォルトでは、Groovy スクリプトには、プロパティとファイルへのデータの書き込みに制限があります。 詳細については、Configure TestEngine を参照してください。

 

TestEngine ドキュメント

https://support.smartbear.com/readyapi/docs/testengine/index.html

 

ページ トップに戻る

TestEngine - 動作環境

 

サポートするオペレーティング システム

  • Windows 7 Service Pack 1 (便利なロールアップ更新 (KB3125574))、Windows 8、および Windows 10 (64-bit)。

  • Windows Server 2012 - 2019。

  • macOS 10.13 - 10.15。

  • 64-bit Oracle Linux 6 - 8。

  • 64-bit Red Hat Enterprise Linux 6 - 8。

  • 64-bit Suse Linux Enterprise Server 12 - 15。

  • Ubuntu Linux 18.04 - 20.04。

 

サポートする Java バージョン

TestEngine インストール パッケージは、自動的に適切な Java バージョンをインストールします。

バイナリ パッケージを使用している場合は、Java 11 またはそれ以降のバージョンの Java をダウンロードして、手動でインストールしてください。

https://jdk.java.net/archive/

 

推奨システム要件

  • Intel Core i5 または i7 (第3世代以降) または同等の AMD プロセッサー。

  • 4 GB 以上の RAM。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 。

  • 64 ビット オペレーティング システム 。

 

最小システム要件

  • Intel Core i3 (第 3世代以降)。

  • 2 GB 以上の RAM。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 。

 

ページ トップに戻る

TestEngine - 新機能

 

TestEngine バージョン履歴

1.19.0 (2021-02-11)

  • Fixed: Cancelled test jobs were too long. TestEngine did not create reports for such jobs.

 

1.18.0 (2021-02-01)

  • The Overview page now contains information only about not finished test jobs (running and in the queue) as well as the 5 most recent finished test jobs. You can find information about the finished test jobs on the Run History page.

  • Now, you can enable JDBC connections directly in TestEngine’s installation wizard.

  • We have improved the text of the error messages that TestEngine shows when it does not have a valid license or when users send a broken project.

 

1.17.0 (2020-12-17)

  • Now, you can remove test jobs from the web interface. Just click  next to the test job you want to remove.

 

1.16.0 (2020-12-03)

  • The Overview page in the web UI was updated:

    • The new Tags column shows which tags were used to run a test job.

    • Filters now are always visible, and you can filter jobs by tags as well.

    • Besides that, now, you can search for a specific test job by a string included in its project, author, status, type, or tag.

  • A couple of bugs have been fixed:

    • TestEngine responded with 500 Internal Server Error when you sent GET /testjobs/{testjobId}/transactions.

    • TestEngine could not handle property expansions properly.

API Definition v.1.8.0 at SwaggerHub

 

1.15.1 (2020-11-18)

  • Now you can remove a single test job from the TestEngine database. To do this, use the DELETE method of the /testjobs/{testjobId}/delete resource. To learn more, see Remove Jobs.

  • A number of security issues have been fixed.

API Definition v.1.7.0 at SwaggerHub

 

1.14.0 (2020-10-22)

  • Now, by default, TestEngine blocks JDBC connections in tests because they may expose sensitive information. Administrators can enable JDBC connections by using the Allow test steps connecting to databases using JDBC setting.

  • Update the ReadyAPI dependency to 3.4.0.

    Starting from 1.14.0, TestEngine does not support Protection! License Server version 4.x. See Upgrade License Server to 5.x.
  • Jenkins plugin improvements:

    • Now, you do not need to pack a composite project into a zip archive.

    • Now, you can run prioritized tests.

API Definition v.1.6.0 at SwaggerHub

 

1.13.0 (2020-09-23)

  • JSON reports now include information about passed assertions.

  • Fixed: When TestEngine could not access the file, the error was not informative enough.

  • Fixed: When a test contained the Properties test step that did not read properties from a file during a test, TestEngine posted an error.

API Definition v.1.5.0 at SwaggerHub

 

1.12.1 (2020-09-01)

  • The new PUT method of the /testjobs/{testjobId} resource modifies the priority of an existing test job.

  • High-priority jobs are now marked with the  icon in the web UI.

  • When you restart TestEngine, it reconnects to a floating sever automatically.

  • The bug with losing the Environment parameter in the queued job has been fixed.

  • A number of security issues have been fixed.

API Definition v.1.4.0 at SwaggerHub

 

1.11.0 (2020-07-02)

  • A number of security issues have been fixed.

API Definition v.1.3.0 at SwaggerHub

 

1.10.0 (2020-06-04)

  • The POST method of the /testjobs resource has a new parameter - priorityJob. Use it to run a test before other tests in a queue. To learn how to run test jobs, see Run Tests.

  • Now, you can use the tag parameter for running test suites.

  • Update the ReadyAPI dependency to 3.2.5.

API Definition v.1.3.0 at SwaggerHub

 

1.9.1 (2020-05-06)

 

1.8.2 (2020-03-27)

  • The bundled JRE for the Linux installer has been updated.

API Definition v.1.1.0 at SwaggerHub

 

1.8.1 (2020-03-19)

  • Back end:

    • Update the ReadyAPI dependency to 3.1.0.

    • Update the Java version to 11. If the zip distribution is used, a new Java version needs to be set up (Java 11 or later).

    • Stop using "testengine" as the default password. Instead, enter the password in the installer or as startup parameters. If no password is provided, a random password will be generated and printed in the console during the first startup. Old installations are not affected by this when upgrading.

    • The security fix of WebSocket tokens.

API Definition v.1.1.0 at SwaggerHub

 

1.7.0 (2020-02-13)

  • Front end:

    • Minor UI fixes.

  • Back end:

    • It is possible to get a token and use it as a bearer token instead of using basic authorization.

API Definition v.1.1.0 at SwaggerHub

 

1.6.0 (2020-01-15)

  • Front end:

    • Minor UI fixes.

  • Back end:

    • It is possible to install TestEngine as a Windows service.

API Definition v.1.0.4 at SwaggerHub

 

1.5.0 (2019-12-05)

  • Front end:

    • Minor UI fixes.

API Definition v.1.0.4 at SwaggerHub

 

1.4.0 (2019-11-20)

  • Front end:

    • Minor UI fixes.

  • Back end:

    • Reports are in the PDF format.

    • Tuning of groovy script security.

    • The possibility of using a full URL in a transaction log.

API Definition v.1.0.4 at SwaggerHub

 

1.3.0 (2019-11-06)

  • Front end:

    • The third-party libraries have been upgraded to be up to date.

    • Minor UI fixes.

API Definition v.1.0.3 at SwaggerHub

 

1.2.0 (2019-10-23)

  • Back end:

    • The third-party libraries have been upgraded to be up to date.

  • Front end:

    • Part of third-party libraries has been upgraded to be up to date.

    • Minor UI fixes.

API Definition v.1.0.3 at SwaggerHub

 

1.1.0 (2019-10-09)

  • Back end:

    • It is possible to specify a timeout for a job.

  • Front end:

    • A better tooltip in the test jobs graph.

    • Redirecting when opening the application with no license present has been improved.

API Definition v.1.0.3 at SwaggerHub

 

1.0.3 (2019-09-25)

  • Back end:

    • Using ReadyAPI 2.8.2 internally.

    • A floating license can be installed even if the server is not listed in the Allowed connection targets.

  • Front end:

    • The license section has moved to a separate tab.

    • Expose settings for database cleanup on the settings page.

API Definition v.1.0.3 at SwaggerHub

 

1.0.2 (2019-09-13)

  • Back end:

    • Automatic cleanup of test jobs.

    • Negative performance timing has been fixed.

  • Front end:

    • Update the Settings UI.

    • Get a test job ID from the UI.

API Definition v.1.0.2 at SwaggerHub

 

1.0.1 (2019-08-29)

  • Back end:

    • Using ReadyAPI 2.8.0 internally.

    • The bug when installing a floating license after a trial one has been fixed.

    • In JUnit reports, canceled steps have been marked as failed.

    • The TestEngine version is now shown on startup and in /api/v1/version.

    • The API to clean up test results has been improved.

  • Front end:

    • Save Server Settings on the Enter key.

    • Redirect to log in even from the 404 page when logged out.

API Definition v.1.0.1 at SwaggerHub

 

1.0.0 (2019-08-13)

 

 

ページ トップに戻る

TestEngine - 評価版リクエスト

ReadyAPI Dダウンロード センター

https://support.smartbear.com/downloads/readyapi/

 

TestEngine ドキュメント

https://support.smartbear.com/readyapi/docs/testengine/index.html

 

 

Download a 14-Day Free Trial  

ReadyAPI Desktop 3.1.0

ReadyAPI platform, SoapUI Pro, LoadUI Pro, ServiceV Pro

TestEngine 1.7.0

TestEngine Plugins 1.1.2

 

 

SmartBear 製品の評価版申し込みページTestEngine評価版をリクエストしてください。

TestEngine - 製品価格

 

 

TestEngine の 価格表はこちら

 

 

ページ トップに戻る