TestEngine で API テストの実行を一元化および加速化

 

TestEngine は、SoapUI および ReadyAPI テストを大規模に自動化するための最適化されたテスト実行エンジンです。

 

TestEngine は、ReadyAPI、SoapUI Pro、および SoapUI Open Source をサポートし、API テスト プロセスを加速します。

 


 

TestEngine をあらゆる環境に統合

柔軟な展開オプションにより、TestEngine は、Docker、VM、Mac、Linux、または Windows を使用してクラウドまたはオンプレミス環境にインストールでき、集中実行モデルまたは分散オプションをサポートします。


インフラストラクチャをハンドリングすることなくテストを並行して実行

TestEngine で同時にテストを実行することにより、デリバリ パイプラインを高速化します。 インフラストラクチャのメンテナンスを最小限に抑えて、大規模なテストスイートを短いアドホック テストケースとともに実行します。

ジョブキューで実行のボトルネックを回避

TestEngine は、リクエストが到着時にテストを実行するためキューに入れ、ピーク時にサブミットされているプロジェクトをステージングします。 結果は需要の変動に応じて分散クライアントに返されますが、後で消費するために保存されます。


テストによって配信と展開のプロセスを遅くしません

テストは、高品質で安定したアプリケーションとサービスの出荷と維持に不可欠な部分です。 TestEngine により、チームは複雑な環境を避けながらテストの実行を加速できます。

  • テストを並行して実行して、チームおよびプロセス全体のテストサイクルを加速します。
  • 単一のスケーラブルなサービスを通じて、小規模なテストを実行するためのリソースを確保しながら、大規模な回帰スタイルのテストスイートをサポートします。
  • テストのサブセットを選択して、高度に構成可能なパラメーターを使用して環境を実行およびリファクタリングします。

TestEngine を自動化タスクと CI / CD プロセスにシームレスに統合

TestEngine は、どこにでもデプロイできるように設計されており、既存のワークフローに簡単に統合できます。すでに機能しているものをリファクタリングしたり変更したりする必要はありません。

  • 業界をリードする自動化サーバーの任意のジョブまたはパイプラインに TestEngine 実行を追加するネイティブ Jenkins プラグイン。
  • 最新の NPM ベースの CLI を使用すると、動的なクラウドベースの環境であっても、その場でテストを送信できます。
  • 高度に記述的で完全に文書化された RESTful API により、カスタム統合およびワークフロー用の TestEngine の全機能が公開されます。

 

ページ トップに戻る

TestEngine - 動作環境

 

サポートするオペレーティング システム

ReadyAPI プラットフォーム

  • Windows 7 Service Pack 1 (便利なロールアップ更新 (KB3125574)) またはそれ以降の Windows オペレーティング システム (64 ビット)。

  • Windows Server 2008 R2 SP1 (便利なロールアップ更新 (KB3125574)) またはそれ以降の Windows Server オペレーティング システム。

  • OS X 10.7.3 (Lion) またはそれ以降の macOS オペレーティング システム。

  • OS X Server 10.7 (Lion) またはそれ以降の macOS Server オペレーティング システム。

  • 64-bit Oracle Linux 6 またはそれ以降。

  • 64-bit Red Hat Enterprise Linux 6 またはそれ以降。

  • 64-bit Suse Linux Enterprise Server 10 SP2 またはそれ以降。

  • Ubuntu Linux 10.04 またはそれ以降。

 

サポートする Java バージョン

ReadyAPI は、自動的に適切な Java バージョンをインストールします。

バイナリ パッケージを使用している場合は、Java 8 (JRE 1.8.0.181) またはそれ以降のバージョンの Java を Oracle website からダウンロードして、手動でインストールしてください。

注意 Java 9 および 10 は現在サポートされておりません。

 

推奨システム要件

  • Intel Core i5 または i7 (第3世代以降) または同等の AMD プロセッサー。

  • 4 GB 以上の RAM。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 。

 

最小システム要件

  • Intel Core i3 (第 3世代以降)。

  • 2 GB 以上の RAM。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 。

 

ページ トップに戻る

TestServer - 新機能

 

TestEngine - (2020.2.14)

 

TestEngine は、ReadyAPI 機能テストのスタンドアロン ランナーであり、インストール済みの ReadyAPI を必要としません。 したがって、CI / CD パイプラインからテストを実行する場合、各ビルドエージェントに ReadyAPI をインストールする必要はありません。 テストを TestEngine に送信し、そこでテストを並行して実行します。

TestEngine は RESTful API を提供するため、希望どおりにテストを実行できます。

  • CI / CDシステムでビルドプロセスの一部としてテストを自動的に実行します。

  • スケジュールに従ってテストを実行します。

  • テストを手動で実行します。

TestEngineは、サポートされているオペレーティングシステム(Windows、Linux、macOS)で実行できます。 web インターフェイス があり、ヘッドレス マシン でも実行できます。

TestEngine を使用する理由

  • 単一のマシンで実行するテスト専用の準備された環境を作成できます。

  • TestEngine のテスト実行は、Jenkins または他の同様のツールを使用して CI / CD フローに簡単に統合できます。

  • TestEngine は複数のジョブを並行して実行できます。

  • TestEngine でテストを実行するときに、自分自身のコンピューターの負荷を減らすことができます。

TestEngine の制限

TestEngine には、ReadyAPI と比較していくつかの制限があります。

  • TestEngine は、負荷 および セキュリティ テストをサポートしません。

  • TestEngine は仮想サービスの実行をサポートしていないため、SOAP VirtResponse, REST VirtResponse, および Virtual Service Runner のテストステップで機能テストを実行することはできません。

  • デフォルトでは、Groovy スクリプトには、プロパティとファイルへのデータの書き込みに制限があります。 詳細については、Configure TestEngine を参照してください。

 

TestEngine ドキュメント

https://support.smartbear.com/readyapi/docs/testengine/index.html

 

ページ トップに戻る

TestEngine - 評価版リクエスト

ReadyAPI Dダウンロード センター

https://support.smartbear.com/downloads/readyapi/

 

TestEngine ドキュメント

https://support.smartbear.com/readyapi/docs/testengine/index.html

 

 

Download a 14-Day Free Trial  

ReadyAPI Desktop 3.1.0

ReadyAPI platform, SoapUI Pro, LoadUI Pro, ServiceV Pro

TestEngine 1.7.0

TestEngine Plugins 1.1.2

 

 

SmartBear 製品の評価版ダウンロードリクエスト ページTestEngine評価版をリクエストしてください。

TestEngine - 製品価格

 

 

TestEngine の 価格表はこちら

 

 

ページ トップに戻る