ReadyAPI Virtualization - 強力なモッキングとサービス仮想化をデリバリ パイプラインで提供

REST と SOAP の API、TCP、JDBC などを仮想化して開発とテストのサイクルを加速します。

迅速に動的なモック作成

動的で仮想化された API、DB、および UI の作成を、ほぼ瞬時に誰でも開始できます。作成またはデプロイに必要な深い技術的知識やコーディング経験は不要です。 OAS、WSDL、その他の API 定義をインポートしたり、ライブ API や UI トラフィックを記録して作業を開始することができます。


ネットワークとサーバーサイドのパフォーマンスを設定

エッジケース、エラー状態、および複製が困難なシナリオの開発とテストが、数回クリックするだけで簡単になりました。 ReadyAPI Virtualization を使用すると、各エンドポイントからの応答のロジックを編集し、ネットワークの待ち時間とサーバーのキャパシティを設定し、一般的に API のパフォーマンスを制限して、現実のあらゆるシナリオに備えることができます。


ローカルまたはクラウド対応のデプロイメント

Web ブラウザーまたは他のローカル クライアントから仮想化された Web サービスを実行して共有、または、プライベート クラウドまたはパブリック クラウドにデプロイします。 ローカル マシンで作成、構成、およびデプロイしてから、適切なサーバーにドラッグするだけでチーム全体で共有できます。 Web UI からトラフィックとパフォーマンスを分析することにより、仮想サービスを追跡および管理することができます。


 

 


マイクロサービス、コンテナー、およびサードパーティー製 API の不便さを減らす

利用できない Web サービスにより、開発やテストのワークフローを遅延させないようにしてください。Web サービスの準備ができていない、または使用できない場合でも、ReadyAPI Virtualization を使用して仮想サービスを生成して、実稼働対応の統合、パフォーマンステスト、または機能テストの作成を始められます。 サービスレイヤー全体を仮想化することで、マイクロサービス アーキテクチャのボトルネックを解消しましょう。

  • サードパーティ製 API のダウンタイム、レート制限、超過料金の克服
  • 利用できない内部データベースやサービスからあなた自身のプロセスを切り離す
  • 統合および負荷テスト中のパフォーマンス低下を迅速に特定

定義ドリブンの開発とサービス仮想化を組み合わせる

実際にビルドする前に、フル バージョンの API をアプリケーションに統合できると想像してみてください。 あるいは、まだ完成していない Web サービスや UI のための本番用の機能テストや負荷テストを書くのはどうでしょうか?

定義ドリブンの開発を使用すると、API 定義 (OAS、WSDL) をインポートして仮想化し、並行してテストと開発を開始できます。 実際の API が完成する前に、開発とテストをすぐに始められます。

 


心配せずに Web サービスの負荷テスト

組織の最も重要な API に加えられた変更のパフォーマンスとスケーラビリティを知る必要があるだけで、本当にサービス拒否攻撃と見なされたり、他のユーザーのサービス (API またはデータベース) へのアクセスを遮断したいですか? ReadyAPI Virtualization は劇的に簡素化します。

  • 負荷テストの特定の API またはデータベースへの悪影響を最小限に抑える
  • 特定のサードパーティ製サービスにパフォーマンスの問題を特定する
  • より回復力のあるアプリケーションと統合を構築するために低パフォーマンスの API をシミュレート

 

ページ トップに戻る

ReadyAPI Virtualization - 主な機能

迅速な開発を可能にする手頃な価格でパワフルなサービス仮想化

今日のアプリケーションは、API に大きく依存しています。それは、これらのアプリケーションのテストは、API に依存しているということを意味します。ReadyAPI Virtualization ツールを使用すると、これらの API の代役として仮想サービスを使用して、日程通りに予算内でプロジェクトを維持できます。

  • API へのアプリケーションの応答をテストするための調整とサーバー設定を追加。

  • アプリケーションが利用できない API を処理するための機能を検証するためのエラー条件を設定。

  • ビルドおよびテストのためにパートナーおよび外部の開発者への仮想サービスを提供。


 


API 定義から仮想サービスを作成するか、既存のサービスを記録して使用するか、またはゼロから仮想サービスを生成します。

すぐに始めるための 3 つの方法

仮想サービスを作成および定義するための ReadyAPI Virtualization の使いやすいインターフェースを使用したサービス仮想化を始めましょう。 Ready API は、Pro モジュールを購入したかどうかにかかわらず、仮想サービスを作成して使用するための基本機能を提供します。 ReadyAPI Virtualization で仮想サービスを作成するためのこれらの簡単な方法のいずれかを使用して、今日から始めましょう。

API 定義をインポート

OAS (旧 Swagger)、WSDL、WADL などの API 定義をインポートして、ReadyAPI Virtualization でモック API をわずか数秒で生成します。 それから、実施すべきことは、仮想サービスがどのように振る舞うことを望むかの詳細を設定することだけです。

記録とディスカバリ

SoapUI Pro と同じ強力な API Discovery 機能を使用すると、SmartBear 社の内部ブラウザーを使用して HTTP/S トラフィックを記録し、ReadyAPI Virtualization にアプリケーションとの対話中に発生するすべての API トランザクションを識別させることができます。 レコーディングを使用すると、テストに含める特定の種類のイベントをシミュレートするサードパーティ API の仮想サービスをビルドできます。

  • 内部ブラウザーで URL を入力して、あなたの行動を記録します。
  • アクションを記録するときにキャプチャしたいコンテンツ タイプとレスポンス コードをフィルタリングして、特定のシミュレーションを作成します。

ゼロから

最大限の制御のために、設定した空の SOAP、REST、または JDBC 仮想サービスから始めることを選択できます。 ReadyAPI Virtualization は、仮想サービス (virt) を定義して実行するために必要なすべての情報を入力するように促します。

 

ページ トップに戻る


モックを作成し、設定して、ローカルマシンにデプロイする、あるいは、パブリックまたはプライベート クラウド内にデプロイして共有します。 Web UI から各仮想サービスのトラフィックとパフォーマンスを分析します。

無駄を減らし、組織周辺のモックを共有する

サービス仮想化の最も強力な側面の 1 つは、サードパーティの開発者や組織内の他のチームに仮想サービスを提供できることです。 ReadyAPI VirtualizationVirtServer を組み合わせることで、API とデータベースを使用するすべての人との間で virt (仮想サービス) を作成および共有することの力を引き出すことができます。

  • 仮想サービスを他のチームと共有することで、テストチームは、アプリケーションが依存するサービスを使用してさまざまな条件をシミュレートする強力で柔軟なテストを構築できます。
  • パートナー側の開発者に仮想サービスを提供してコードを作成したりテストしたりすることで、開発者側のコストや混乱を招くことなく、パートナー開発者の作業をはかどらせることもできます。
  • パフォーマンス テスターが仮想サービスを使用できるようにすることで、サーバー上で時間をスケジュールしたり、アプリケーションが依存している API に対する負荷シミュレーションのための広範な環境を構築したりする必要がなくなります。
  • リモートの VirtServer から自分のローカルの virt に virt をダウンロードして、独立して作業できるようにします。

 

ページ トップに戻る


一連の基準に基づいて長期にわたるテスト用のデータをオンザフライで生成します。 定義済みのデータ型を使用することで、仮想 API から応答を生成する機能をすばやく設定できます。

動的モック データを即座に生成

データベースにアクセスできない場合や、データベースに含まれている以上のデータが必要な場合のテストをサポートするために、データモデルを使用して仮想サービス応答をその場で生成します。

ReadyAPI Virtualization は、以下の最も一般的に使用されるデータ タイプを提供します:

識別データ タイプ

  • Name (名前)
  • Phone Number (電話番号)
  • E-mail
  • Social Security Number (社会保障番号)
  • Date and Time (日付と時間)

位置データ タイプ

  • Street Address (番地)
  • City (市町村)
  • State (州、県)
  • Country (国名)
  • United Kingdom Postcode (英国郵便番号)
  • United States ZIP Code (米国郵便番号)
  • IP Address (IP アドレス)

値データ タイプ

  • GUID
  • Integer
  • Real
  • String
  • Value
  • Boolean

カスタム データ タイプ

  • Custom
  • Custom String

 

データベースまたはファイルからのサードパーティ データのインポート

API に対する機能テストから直接得られるメリットが、virts に対するテストからも得られます。 ReadyAPI Virtualization を使用すると、自分の virt が応答に使用する外部データソースを識別できるため、アプリケーションのテストで実際の例をより正確に反映できます。 

データソースとしてこれらのフォーマットのどれでも使用できます:

  • データベース
  • JDBC
  • Excel スプレッドシート
  • XML ファイル
  • グリッド

データソースを特定したら、簡単なインターフェイスを使用してそれらのデータソースに含まれるプロパティを指定します。 リクエストがあなたの virt に渡されるとき、リクエスト パラメータに基づいて適切なコンテキスト特有のレスポンスを生成するためにこのデータソースを使うことができます。 これらのデータセットを変更すると、virt レスポンスが自動的に更新されます。

 

ページ トップに戻る


完全なテストの柔軟性を得るために、ReadyAPI Virtualization を使用して、帯域幅の制約、エラー条件、および応答時間範囲を設定して特定の動作を設定します。

シミュレート

API に依存するアプリケーションをテストするための課題の 1 つは、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があるさまざまな条件をシミュレートできることです。 ReadyAPI Virtualization を使用すると、サーバーの条件をいくつでも設定できるので、アプリケーションの強度を検証して、最適ではない API 応答に対応することができます。

サーバー能力

サーバー構成をシミュレートするために、あらかじめ設定されたサーバーサイズから選択するか、スレッド容量と応答時間に独自のパラメーターを設定します。

ネットワーク

さまざまなネットワーク能力をシミュレートするために、接続速度、待ち時間、および混雑率を特定します。

エラー

API の失敗をシミュレートするためにエラー応答を設定します。

 

ページ トップに戻る


ReadyAPI Virtualization の高性能ルーティング機能を使用して、トラフィックをモックとして記録し、障害分離を実行します。

リアルタイムのサービス記録と切り替え

高度なモックだけではなく、ReadyAPI Virtualization には高性能プロキシとして機能する機能が含まれています。 これにより、2 つの非常に重要な活動が可能になります:

仮想サービスへの記録

仮想サービスをルーティング モードに設定すると、ReadyAPI Virtualization が API または JDBC サービス レコーダーになり、実際のトラフィックに基づいて仮想サービスのアクションとエンドポイントが自動的に構築されます。 これにより、ディスクリプターがなくても仮想サービスを手動で作成しなくてすみます。 仮想サービスを早く構築するほど、優れたテストを構築し、その素晴らしいアプリケーションを早く出荷することができます。

実サービスと仮想サービス間の高速切り替え

ルーティング機能を切り替えると、リアルタイムで問題を迅速にテストおよび診断できます。 アジャイル ショップやDevOps ショップで特に役立ちます。ReadyAPI Virtualization を組み合わせて使用すると、モデル化、コーディング、および統合が非常に簡単になります。 パートナー、サードパーティの開発者、あるいは単にチームの他のメンバーからの問題のあるサービス呼び出しを視覚化して診断する必要があるときに、共有サービス (他人が使用するために VirtServer にデプロイされた仮想サービス) にも非常に役立ちます。

 

ページ トップに戻る

ReadyAPI Virtualization - 動作環境

 

サポートするオペレーティング システム

ReadyAPI プラットフォーム (v3.10.0 - 2021.9.23 リリース)

  • Windows 8.1 および Windows 10 (64 ビット)。

  • Windows Server 2012 - 2019。

  • macOS 10.13 (High Sierra) - 10.15 (Catalina)。

  • 64-bit Oracle Linux 6 - 8。

  • 64-bit Red Hat Enterprise Linux 6 - 8。

  • 64-bit Suse Linux Enterprise Server 12 - 15。

  • Ubuntu Linux 20.04。

 

推奨システム要件

  • Intel Core i5 または i7 (第3世代以降) または同等の AMD プロセッサー。

  • 6 GB 以上の RAM。ReadyAPI を起動するには、少なくとも 1GB の利用可能な RAM が必要です。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 (ReadyAPI および HermesJMS)。

  • 64-bit オペレーティング システム

  • 1920 × 1080 ディスプレイ。

 

最小システム要件

  • Intel Core i3, i5 または i7 (第 3世代以降)。

  • 4 GB 以上の RAM。 ReadyAPI を起動するには、少なくとも 500MB の利用可能な RAM が必要です。

  • インストール用に 500 MB の空きディスク容量 (ReadyAPI および HermesJMS)。

  • 1280 × 1024 ディスプレイ (ワイドスクリーン モニターを推奨)。

 

Groovy デバッグ要件

Groovy デバッグを実行するには、ReadyAPI は Java JDK の tools.jar と attach.dll ファイルを使用します。これらのファイルは、インストール パッケージと Win-32 アーカイブにのみ含まれています。これは、ご利用のコンピューターにインストールされている JRE との競合を避けるためです。

バイナリ パッケージのデバッグを有効にするには:

  • tools.jar ファイルを <ReadyAPI installation folder>\lib フォルダーに置きます。このファイルは、<JDK installation folder>\lib フォルダーから取得できます。

  • attach.dll ファイルを <ReadyAPI installation folder>\bin フォルダーに置きます。このファイルは、<JDK installation folder>\jre\bin フォルダーから取得できます。

 

ページ トップに戻る

ReadyAPI Virtualization - 新機能

評価版

SoapUI Pro の評価版を取得するには、以下のボタンをクリックしてください。

 

ReadyAPI Virtualization の評価版は、14日間有効です。

 

導入事例

ReadyAPI (SoapUI Pro、LoadUI Pro、ServiceV Pro) の導入事例 (海外) をご紹介。

5つの理由

ReadyAPI が世界中の何千もの企業/組織から信頼され、選ばれる理由をご覧ください。

 


 

  • Validate your API early in the project by making virts available to product managers and testers while you keep coding 

  • Load test dependent third-party APIs without incurring costs associated with rate limits

  • Create a variety of environment simulations to validate your application's behavior when the API it depends on misbehaves

 

■ ReadyAPI 3.0 スタート ガイド (PDF, 日本語) を公開 (2020.1.10) ⇒ ダウンロードはこちら。

■ ReadyAPI 3.0 ライセンス アクティベート ガイド (PDF, 日本語) (2019.12.13) ⇒ ダウンロードはこちら。

 

ページ トップに戻る

ReadyAPI Virtualization - 製品価格

迅速な開発を可能にする手頃な価格でパワフルなサービス仮想化

ReadyAPI Virtualization は、1年間または複数年のサブスクリプション契約です。(年間ライセンスを更新する必要がございます)

 

ReadyAPI Virtualization の 価格表はこちら

 

ReadyAPI - Virtualization

SoapUI Open Source
(モック)
ReadyAPI Virtualization ReadyAPI Virtualization Pro
無料 他の任意の ReadyAPI ツールを購入すると含まれます。 1年間または複数年のサブスクリプション
固定ユーザーまたはフローティング ライセンス
  • Create virts from SOAP or REST APIs
  • Create virt from service descriptions
  • Custom Responses
  • Multiple dispatching
  • SSL Support
  • Save as WAR
  • Static content
  • SOAP recording to virt
  • Single user access
  • Create virts from SOAP or REST APIs
  • Create virt from service descriptions
  • Custom Responses
  • Multiple dispatching
  • SSL Support
  • Save as WAR
  • Static content
  • SOAP recording to virt
  • Single user access
  • Groovy script library
  • Create virts from SOAP or REST APIs
  • Create virt from service descriptions
  • Custom Responses
  • Multiple dispatching
  • SSL Support
  • Save as WAR
  • Static content
  • SOAP recording to virt
  • Single user access
  • SOAP discovery to virt
  • REST discovery to virt
  • Deploy virt to server
  • Virt assertions
  • Server-side behavior simulation
  • Usage metrics
  • Virt execution reporting
  • Data Driven virts
  • Online Support

 

ReadyAPI Virtualization の 価格表はこちら


    VirtServer
(オプション購入)
   
  • Deploy virt to server
  • Multi-user access to virts
  • Activate/de-activate virts
  • Usage reporting
  • Online Support

VirtServer の 価格表はこちら


 

ReadyAPI パッケージ (SoapUI, LoadUI, Secure または ServiceV) の基本機能と Pro 機能の違いについてこちら。

 

ページ トップに戻る