Jungo WinDriver: インストール手順

WinDriver のインストール手順



共通事項

WinDriver: Windows 10 / 10 IoT Core / Server 2016 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008 x86 32 ビットと x64 64 ビット用の WinDriver および他のオペレーティング システム用の WinDriver 製品は以下 URL よりダウンロードのお申込みをしていただけます。
PCI 製品: https://www.xlsoft.com/jp/products/download/index.html?option=Jungo_WinDriver_PCI
USB 製品: https://www.xlsoft.com/jp/products/download/index.html?option=Jungo_WinDriver_USB

Windows のインストール手順

Windows 10 / 10 IoT Core / Server 2016 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008 の必要なシステム

  1. x86 32 ビットまたは 64 ビット (x64: AMD64 または Intel EM64T) プロセッサ
  2. C または .NET をサポートする開発環境
  3. Windows 10 / 10 IoT Core / Server 2016 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008
    注意: Windows 10 IoT Core にドライバ配布する場合は、別途ライセンスの購入が必要になります。
    注意: 64-Bit Windows OS では、デジタル署名の強制を一時的に無効にする設定が必要です。 詳しくは こちらをご覧ください。
インストール

注意:
必ず Administrative 権限を持ったユーザーで WinDriver のインストールを行ってください。
  1. WinDriver を弊社ダウンロードサイトよりご希望の製品をクリックしダウンロードします。

  2. Windows x86 32 ビット OS の場合、WD1411.EXE ファイル、Windows x64 64 ビット OS の場合、WD1411X64.EXE ファイルがダウンロードされます。 Next ボタンをクリックします。

  3. License Agreement を読み、同意する場合は、 Yes をクリックします

  4. WinDriver をインストールする場所を選択します。

  5. Setup Type 画面で、以下の何れか1つを選択します:

    • Typical - WinDriver のすべてのモジュールをインストールします (汎用的な WinDriver ツールキット + 特定のチップセットの API)

    • Compact - 汎用的な WinDriver ツールキットのみをインストールします

    • Custom - インストールする WinDriver のモジュールを選択します; インストールする API を選択します

  6. インストーラが必要なファイルをすべてコピーし終わると、クイック スタート ガイドを表示するか選択します

  7. コンピュータを再起動します
注意: ツールキットを使用するためには、Windows OS 上でデジタル署名の強制を一時的に無効にする設定が必要です。Windows 10 はデジタル署名付きカーネル ドライバーが必要です。WinDriver インストール中にインストールされる WinDriver virutal デバイスは既にデジタル署名されています。しかし、DriverWizard ユーティリティーによって作成された .inf ファイルはデジタル署名されていないため Windows 10 上でインストールすることができません。.inf ファイルをインストールするには、デジタル署名を行うか、または署名せずにデジタル署名の強制を一時的に無効にします。デジタル署名の強制を一時的に無効にするには以下の手順に従ってください。
  1. [スタート] メニューボタンをクリックします。
  2. [シフト] ボタンをキーボード上で押したまま、 [スタート] メニューの左側にある [電源] アイコンをクリックします。
  3. 開いたメニューから [再起動] を選択します。
  4. 開いたスクリーンから [トラブルシューティング] を選択します。
  5. [詳細設定] を選択します。
  6. [スタートアップ設定] を選択します。
  7. コンピューターが再起動し、スタートアップ設定スクリーンが開きます。 [F7] を押しドライバ署名の強制を無効にします。
  8. .inf ファイルがインストールされます。
注意:
WinDriver のインストールでは、 WD_BASEDIR 環境変数を定義します (インストール中に選択した WinDriver のディレクトリの場所を示します)。WinDriver の DriverWizard でコードを生成する際には、この変数を使用します - 生成したコードを保存するデフォルトのディレクトリで、 生成された project / make ファイルの include パスに使用します。サンプルの Kernel PlugIn プロジェクトおよび makefile でも、この変数を使用します。従って、WinDriver のインストール後、 WinDriver のディレクトリの名前 / 場所を変更する場合、 WD_BASEDIR 環境変数の値を変更し、新しい WinDriver のディレクトリの場所を指すように設定する必要があります。 以下の手順で、 WD_BASEDIR の値を変更できます:
  1. システムのプロパティ ダイアログを開きます:
    スタート | 設定| コントロール パネル | システム
  2. 詳細 タブで、 環境変数 ボタンをクリックします
  3. システム環境変数 ボックスで、 WD_BASEDIR 変数を選択し、 編集 ... ボタンをクリックするか、変数をダブル クリックします
  4. システム変数の編集 ダイアログで、 変数値 を新しい WinDriver のディレクトリのフルパスに置き換えて、 OK をクリックし、 環境変数 ダイアログで、 OK ボタンをクリックし、 更に、 システムのプロパティ ダイアログで、 OK ボタンをクリックします

ERROR_FILE_NOT_FOUND エラーでインストールに失敗する場合、Windows のレジストリの HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersionRunOnce キーが存在することをご確認ください。Windows Plug-and-Play で INF ファイルを使用してドライバを正しくインストールする際にこのレジストリ キーが必要です。 RunOnce キーがない場合、作成し、再度 INF ファイルのインストールをお試しください。

以下の手順は、登録版ユーザーのみです:

Jungo から取得したライセンスを WinDriver に登録するには、以下の手順に従ってください:

  1. DriverWizard GUI を起動します ( スタート | プログラム | WinDriver | DriverWizard)

  2. ファイル メニューから Registration Options を選択し、Jungo から取得した license string を入力し、 Activate License ボタンをクリックします

  3. 評価期間中に開発したソース コードを有効にするには:
    • USB 版の場合: ユーザー マニュアルの WDU_Init 関数の説明を参照してください
    • PCI 版の場合: ユーザー マニュアルの WDC_DriverOpen 関数の説明を参照してください

      WDC_xxx (デフォルト) ではなく、低レベルな WD_xxx API を使用してる場合、 ユーザー マニュアルの WD_License 関数の説明を参照してください

注意: カーネル上の現在のライセンスをチェックするには、[ WinDriver Wizard] を実行して、 [ File] メニューから [ Registration Options] を選択してください。 現在、カーネルに設定されている有効なライセンスが表示されます。
ライセンス コードには、スペースおよびピリオドなども含まれますのでライセンス登録の際には、電子メールで受け取ったこの文字列を「コピー&貼り付け」し、手入力によるミスを防いでください。

  1. テーマの設定画面を開きます:
    [スタート] - [設定] - [コントロール パネル] - [個人設定] - [テーマ]
  2. [テーマ] コンボボックスから [Windows クラシック] を選択し、[OK] ボタンをクリックします。

Windows CE のインストール手順

必要なシステム

  • Windows CE (別名 Windows Embedded Compact) 4.x - 8.x (Windows Embedded Compact 2013、Windows Mobile を含む) が起動する x86 / ARMターゲット プラットフォーム

    Windows CE 4.x - 7.x (Windows Mobile を含む) が起動する x86 / MIPS / ARMターゲット プラットフォーム

  • Windows 10 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008 ホスト開発プラットフォーム

  • Windows CE 4.x - 5.x (Windows Mobile を含む) の場合: 対応するターゲット SDK と Microsoft eMbedded Visual C++ または Microsoft Visual Studio 2005 / 2008 またはターゲット プラットフォームに対応する BSP (Board Support Package) と Microsoft Platform Builder

    Windows CE 6.x の場合: 対応するターゲット SDK または Windows CE 6.0 plugin と Microsoft Visual Studio 2005 / 2008

    Windows CE 7.x の場合: Windows CE 7 plugin と Microsoft Visual Studio 2008

    Windows CE 8.x の場合: Application Builder for Windows Embedded Compact 2013 plugin と Microsoft Visual Studio 2012 またはそれ以降

インストール

新規に CE ベースのプラットファームをビルドする際には、以下のように WinDriver CE をインストールします:

注意:
以下の手順は、Windows CE Platform Builder を使用して、または対応する Windows CE plugin と MS Visual Studio 2005 / 2008 を使用して Windows CE カーネル イメージをビルドするプラットフォーム開発者向けです。この手順では、これらのプラットフォームの参照を "Windows CD IDE" の表記を使用します。

インストールを行う前に、Microsoft のドキュメントを読み、Windows CE とデバイス ドライバのインテグレーション手順をよく理解してください。

  1. ターゲット ハードウェアに一致したプロジェクト レジストリ ファイルを編集します。 WinDriver\samples\wince_install\project_wd.reg

    注意: ID の値を定義する場合、project_wd.reg のコメントで使用しているように、正しいフォーマットを使用してください - PCI デバイスの場合は 16 進数、USB デバイスの場合は 10 進数。

  2. 対象の Windows CE プラットフォームをコンパイルします (Sysgen ステージ)。

  3. 対象のプラットフォームを統合します。

    1. Windows CD IDE を実行してプラットフォームを開きます。

    2. Build メニューから Open Build Release Directory を選択します。

    3. WinDriver CE カーネル ファイル - WinDriver\redist\<TARGET_CPU>\windrvr6.dll - を開発プラットフォーム上の %_FLATRELEASEDIR% サブディレクトリにコピーします。

    4. WinDriver\samples\wince_install\project_wd.reg ファイルの内容を %_FLATRELEASEDIR%\project.reg レジストリ ファイルに追加します。

    5. WinDriver\samples\wince_install\project_wd.bib ファイルの内容をバイナリ イメージ ビルダー ファイルの FILES セクション - %_FLATRELEASEDIR%\project.bib ファイルに追加し、ターゲット プラットフォーム (コピーしたテキストの “TODO” コメントを参照) に一致する行のコメントを外します。

      WinDriver CE カーネル ファイル ( windrvr6.dll) を永続的に Windows CE イメージ ( NK.BIN) の一部とする場合にのみこのステップが必要です。例えば、ブート ディスクを使用してターゲット プラットフォームにカーネル ファイルを移す場合などがこれに該当します。オン デマンドで CESH/PPSH サービスを通して windrvr6.dll をロードする場合、永続カーネルをビルドするまでこのステップを実行する必要はありません。

  4. Build メニューより Make Image を選択し、新しいイメージ NK.BIN の名前をつけます。

  5. 新規カーネルをターゲット プラットフォームにダウンロードして初期化します ( Target メニューより Attach Device を選択します。あるいはブートディスクを使用します)。Windows CE 4.x の場合、 Target メニューより Attach Device ではなく Download/Initialize を選択します。

  6. ターゲット CE プラットフォームを再起動します。WinDriver CE カーネルは自動的にロードします。

  7. サンプル プログラムをコンパイルして起動し、WinDriver CE がロードされ、正常に動作するのを確認してください (詳細は WinDriver のユーザー マニュアルを参照してください)。


Windows CE コンピュータのアプリケーションを開発する際に WinDriver CE をインストールする場合:

注意
指定がない限り、このセクションの "Windows CE" の記述は、Windows Mobile を含む、対応するすべての Windows CE プラットフォームを表します。

この手順は Windows CE カーネルをビルドするのではなく、ドライバのダウンロードのみ行うドライバ開発者、または既成の Windows CE プラットフォームに MS eMbedded Visual C++ または MS Visual Studio 2005 / 2008 を使用してビルドするドライバ開発者向けです:

  1. WinDriver を弊社ダウンロードサイトよりご希望の製品をクリックしダウンロードします。

  2. WDxxxxCE.EXE をクリックします。このプログラムは必要な WinDriver のファイルをホスト開発プラットフォームにコピーします。

  3. WinDriver CE カーネル モジュール \WinDriver\redist\TARGET_CPU\windrvr6.dll をターゲットの CE コンピュータの \WINDOWS サブディレクトリにコピーします。

  4. 起動時に Windows CE がロードするデバイス ドライバのリストに WinDriver を追加します:

    • \WinDriver\samples\wince_install\project_wd.reg ファイルに記載されたエントリに従って、レジストリを編集します。ハンドヘルド CE コンピュータの Windows CE Pocket Registry Editor ツールを使用するには、対象の Windows ホスト プラットフォームに Windows CE Services がインストールされている必要があります。Remote CE Registry Editor ツールを使用するには、対象の Windows ホスト プラットフォームに Windows CE Services がインストールされている必要があります。

    • Windows CE の多くのバージョンでは、起動時に OS のセキュリティ スキーマが署名されていないドライバのロードを防ぎます。従って、起動後に、WinDriver のカーネル モジュールを再ロードする必要があります。ターゲットの Windows CE プラットフォームで、OS の起動時に毎回、WinDriver をロードするには、 WinDriver\redist\Windows_Mobile_5_ARMV4I\wdreg.exe ユーティリティをターゲットの Windows\StartUp\ ディレクトリにコピーします。

  5. ターゲット CE コンピュータを再起動します。WinDriver CE カーネルは自動的にロードします。suspend / resume ではなく、システムの再起動を行ってください (ターゲット CE コンピュータのリセットまたは電源ボタンを使用します)。

  6. サンプル プログラムをコンパイルして起動し、WinDriver CE がロードされ、正常に動作するのを確認してください (詳細は WinDriver のユーザー マニュアルを参照してください)。

Windows CE のインストールの注意:

Windows 10 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008 ホスト PC での WinDriver のインストールでは、 WD_BASEDIR 環境変数を定義します (インストール中に選択した WinDriver のディレクトリの場所を示します)。WinDriver の DriverWizard でコードを生成する際には、この変数を使用します - 生成したコードを保存するデフォルトのディレクトリで、 生成された project / make ファイルの include パスに使用します。サンプルの Kernel PlugIn プロジェクトおよび makefile でも、この変数を使用します。従って、WinDriver のインストール後、 WinDriver のディレクトリの名前 / 場所を変更する場合、 WD_BASEDIR 環境変数の値を変更し、新しい WinDriver のディレクトリの場所を指すように設定する必要があります。 以下の手順で、 WD_BASEDIR の値を変更できます:
  1. システムのプロパティ ダイアログを開きます:
    スタート | 設定| コントロール パネル | システム
  2. 詳細 タブで、 環境変数 ボタンをクリックします
  3. システム環境変数 ボックスで、 WD_BASEDIR 変数を選択し、 編集 ... ボタンをクリックするか、変数をダブル クリックします
  4. システム変数の編集 ダイアログで、 変数値 を新しい WinDriver のディレクトリのフルパスに置き換えて、 OK をクリックし、 環境変数 ダイアログで、 OK ボタンをクリックし、 更に、 システムのプロパティ ダイアログで、 OK ボタンをクリックします

WinDriver Windows 10 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008 ツールキットを同じホスト PC にインストールする場合、インストール時に、Windows CE のインストールで設定した WD_BASEDIR 変数の値を上書きするのでご注意ください。

Linux のインストール手順

必要なシステム

  • Linux カーネル 2.6.x またはそれ以降と以下のプロセッサ アーキテクチャ:
    32 ビット x86 プロセッサ
    または、
    64 ビット x86 プロセッサ
    または、
    PowerPC 32 ビットまたは 64 ビット

  • GCC コンパイラ

    注意: GCC コンパイラのバージョンは、起動してる Linux カーネルのビルドに使用したコンパイラと同じバージョンを使用してください。

  • C をサポートする 32 ビットまたは 64 ビット開発環境

  • 開発 PC: glibc2.14.x

  • GUI WinDriver アプリケーション (DriverWizard、Debug Monitor) の起動用に以下のライブラリーが必要:
    • libstdc++.so.6
    • libpng12.so.0
    • libQtGui.so.4
    • libQtCore.so.4
    • libQtNetwork.so.4

インストールの準備

Linux では、カーネル自体をコンパイルした同じヘッダ ファイルでカーネル モジュールをコンパイルする必要があります。 WinDriver は、カーネル モジュールをインストールするので、インストール時に Linux カーネルのヘッダ ファイルでコンパイルする必要があります。

このため、WinDriver for Linux をインストールする前に、マシンに Linux ソース コードとファイル versions.h がインストールされていることを確認してください:

Linux カーネル ソース コードのインストール

  • Linux をインストールしていない場合、ご使用の Linux ディストリビューションのインストール手順に従って、カーネルのソース コードのインストールします

  • すでにマシンに Linux をインストールしてある場合、Linux ソース コードがインストールされているか確認します。 /usr/src ディレクトリで 'linux' を検索します。 ソース コードがインストールされていない場合、ご使用の Linux ディストリビューションのインストール手順に従って、ソース コードをインストールするか、Linux を再インストーしてソース コードをインストールします

version.h のインストール

  • 初めて Linux カーネル ソース コードをコンパイルする際に、ファイル version.h を作成します。 version.h. ファイルなしでカーネルをコンパイルするディストリビューションがあります。このファイルが存在するか、 /usr/src/linux/include/linux/ 以下を確認します。ファイルが存在しない場合、以下の手順を実行します:
    1. スーパーユーザーになります:
      /$ su
    2. Linux のソース ディレクトリへ移動します:
      /$ cd /usr/src/linux
    3. 以下を入力します:
      /$ make xconfig
    4. Save and Exit を選択して、設定を保存します
    5. 以下を入力します:
      /$ make dep .
GUI WinDriver アプリケーション (DriverWizard、Debug Monitor) を起動するには、 libstdc++ ライブラリのバージョン 5 ( libstdc++.so.5) が必要です。このファイルをインストールしてない場合、ご使用の Linux ディストリビューションの関連する RPM ( compat-libstdc++) からインストールしてください。

インストールを行う前に、linux symbolic link が存在することを確認します。存在しない場合、以下を入力して作成します:
/usr/src$ ln -s <target kernel>/ linux
(例: Linux 2.4 kernel の場合、以下のように入力します:
/usr/src$ ln -s linux-2.4/ linux )
インストール

  1. 弊社ダウンロードサイトよりインストール ファイルをダウンロードします。

  2. インストールするディレクトリに移動します (home ディレクトリの場合、以下のように入力します):
    /$ cd ~

    注意: インストール ディレクトリへのパスにはスペースを含めないでください。

  3. ファイル WDxxxxLN.tgz を展開します (xxxx はバージョン番号):
    ~$ tar xvzf /<file location>/WDxxxxLN.tgz
    例:
    • ~$ tar xvzf /home/username/WDxxxxLN.tgz

  4. WinDriver redist/ ディレクトリに移動します (tar で WinDriver/ ディレクトリが作成されます):
    ~$ cd WinDriver/redist

  5. WinDriver のインストール:
    1. ~/WinDriver/redist$ ./configure --disable-usb-support
      注意: configure スクリプトで、起動中のカーネル ベースの makefile を作成します。 インストールした他のカーネル ソース ベースでも configure スクリプトにフラグ
      --with-kernel-source=<path>
      を付けて、configure スクリプトを 起動できます。 <path> はカーネル ソース ディレクトリへのフルパスです。デフォルトのカーネル ソース ディレクトリは /usr/src/linux です。
    2. ~/WinDriver/redist$ make
    3. スーパー ユーザーになります:
      ~/WinDriver/redist$ su
    4. ドライバをインストールします:
      ~/WinDriver/redist# make install

  6. symbolic link を作成すると、簡単に DriverWizard GUI を起動できます
    ~/WinDriver$ ln -s ~/WinDriver/wizard/wdwizard/ usr/bin/wdwizard

  7. ファイル wdwizard の read (読み取り) / execute (実行) 権限を変更します。一般ユーザーがこのプグラムにアクセスできます。

  8. デバイスからハードウェアへアクセスするユーザーに応じて、デバイス ファイル /dev/windrvr6 へのユーザーおよびグループ id を変更し、read (読み取り) / write (書き込み) 権限を指定します。

    udev ファイル システムを持つ Linux 2.6.x カーネルを使用してる場合、 /etc/udev/permissions.d/50-udev.permissions ファイルを編集して、権限を変更します。たとえば、以下の行を追加して、read (読み取り) / write (書き込み) 権限を提供します:
    windrvr6:root:root:0666

    または、以下のように chmod コマンドを使用します。
    chmod /dev/windrvr6 666

  9. WD_BASEDIR 環境変数を定義し、WinDriver ディレクトリの場所を示すように設定します (インストール中に選択した WinDriver のディレクトリの場所を示します)。この変数を WinDriver のサンプルおよび DriverWizard で生成されたコードの make およびソース ファイルで使用し、DriverWizard で生成されたプロジェクトを保存するデフォルトのディレクトリにも使用します。この変数を定義しない場合、WinDriver の makefile を使用して、サンプルおよび DriverWizard で生成されたコードをビルドする際に、定義するように要求されます。
    注意: WinDriver のインストール後、 WinDriver のディレクトリの名前 / 場所を変更する場合、 WD_BASEDIR 環境変数の値を変更し、新しい WinDriver のディレクトリの場所を指すように設定する必要があります。

  10. WinDriver を使用して、ハードウェアにアクセスし、ドライバ コードを生成できます!
TIP!
WinDriver/util/wdreg スクリプトを使用して、WinDriver のカーネル モジュールをロードします。

以下の手順は、登録版ユーザーのみです

Jungo から取得したライセンスを WinDriver に登録するには、以下の手順に従ってください:

  1. DriverWizard GUI を起動します:
    ~/WinDriver/wizard$ ./wdwizard
  2. File メニューから Registration Options を選択し、Jungo から取得した license string を入力します
  3. Activate License ボタンをクリックします
  4. 評価期間中に開発したソース コードを有効にするには:
    • USB 版の場合: ユーザー マニュアルの WDU_Init 関数の説明を参照してください
    • PCI 版の場合: ユーザー マニュアルの WDC_DriverOpen 関数の説明を参照してください

      WDC_xxx (デフォルト) ではなく、低レベルな WD_xxx API を使用してる場合、 ユーザー マニュアルの WD_License 関数の説明を参照してください

Linux のハードウェア アクセスの制限事項

注意:
/dev/windrvr6 は、ユーザー プログラムに直接ハードウェア アクセスを指定するので、マルチ ユーザーの Linux システムでは、カーネルの安定性に問題が生じる場合があります。 DriverWizard およびデバイス ファイル /dev/windrvr6 へのアクセスを trusted ユーザーに制限してください。

セキュリティ上、WinDriver のインストール スクリプトは、自動的に /dev/windrvr6 および DriverWizard の実行ファイル ( wdwizard) の権限を変更しません。


Mac のインストール手順
注意: Mac 版は既に 販売終了となっております。
Mac 版の最終バージョンは v10.40 となります。

必要なシステム

  • CPU と OS:
    32 ビット Mac OS X 10.5.x またはそれ以降が起動する x86 または x86_64 プラットフォーム
    64 ビット Mac OS X 10.6.x またはそれ以降が起動する x86_64 プラットフォーム
    Mac OS X 10.5.x が起動する PowerPC (PPC) プラットフォーム
  • Xcode:
    Mac OS X version 10.6 の場合 - Xcode version 3.2
    Mac OS X version 10.5 の場合 - Xcode version 3.1 または 3.2

インストール

注意:
Mac OS X のドライバのインストールは、必ず root 権限を持ったユーザーで行ってください。

  1. 弊社ダウンロードページよりダウンロードしたインストール パッケージを任意の場所にコピーしてください。


  2. インストール パッケージ - WDxxxxMAC.pkg (xxxx はバージョン番号) - をダブルクリックして、次のインストール手順に進みます。
  3. 注意:
    次の手順は、インストールの一部として自動的に行われます:

    • WinDriver のカーネル モジュール - WinDriver.kext - を /System/Library/Extensions にインストールします
    • WinDriver API のフレームワーク - WDAPI.framework - を /Library/Frameworks へインストールします
    • DriverWizard ( wdwizard.app> や Debug Monitor ( wddebug_gui.app) など、WinDriver の GUI アプリケーションを OS の /Applications フォルダーにコピーします

    以下の手順は、登録版ユーザーのみです

    Jungo から取得したライセンスを WinDriver に登録するには、以下の手順に従ってください:

    1. /Applications/wdwizard.app をダブルクリックするか、コマンドライン プロンプトから以下のコマンドを実行して DriverWizard を起動します:
      $ /Applications/wdwizard.app/Contents/MacOSX/wdwizard
    2. File メニューから Registration Options を選択し、Jungo から取得した license string を入力します
    3. Activate License ボタンをクリックします
    4. 評価期間中に開発したソース コードを有効にするには、ユーザー マニュアルの WDC_DriverOpen 関数の説明を参照してください。
      WDC_xxx (デフォルト) ではなく、低レベルな WD_xxx API を使用してる場合、 ユーザー マニュアルの WD_License 関数の説明を参照してください


Solaris (Sun Sparc または Intel x86) のインストール手順
注意: Solaris 版は既に 販売終了となっております。
Solaris 版の最終バージョンは v9.01 となります。

必要なシステム

  • Solaris 8 / 9 / 10 / OpenSolaris
    Solaris 8 の場合、update #3 またはそれ以降を使用することを推奨します (Sun から入手可能)
  • SPARC プラットファームの場合、64 ビットまたは 32 ビット
    または
    x86 プラットフォームの場合、32 ビット カーネル
  • 開発環境 - C (GCC など)

    注意:
    GCC 以外の開発環境の場合、コンピュータに libgcc がインストールされていることを確認してください。以下のサイトからダウンロードできます: http://www.sunfreeware.com
    libgcc の場所に LD_LIBRARY_PATH を設定します。以下のようになります:
    LD_LIBRARY_PATH= /usr/local/lib:/usr/local/lib/sparcv9
インストール

WinDriver をインストールする際に、カーネル モジュールの windrvr6 をインストールするので、root でログインまたは root 権限で、system administrator として WinDriver のインストールを行ってください。

  1. 弊社ダウンロードページよりダウンロードしたインストール ファイルをコピーします

  2. ディレクトリを移動します (例、home ディレクトリの場合):
    /$ cd ~

  3. ファイル WDxxxSL.tgz (x86) / WDxxxSLS32.tgz (SPARC 32 ビット) / WDxxxSLS64.tgz (SPARC 64 ビット) をコピーします (`xxx' は、バージョン番号を表します):
    ~$ cp /home/username /WDxxxSL.tgz /

  4. ファイルを展開します:
    ~$ gunzip -c WDxxxSL.tgz | tar xvf -

  5. WinDriver ディレクトリに移動します

  6. WinDriver/install_windrvr インストール スクリプトを使用して WinDriver をインストールします :
    ~WinDriver# ./install_windrvr

    WinDriver を使用して、 PCI デバイスをハンドルするには、 インストール コマンドで対象の PCI デバイスの Vendor および Device ID を指定します ( <vid> は、デバイスの Vendor ID を表し、 <did> は、デバイスの Device ID を表します):
    ~WinDriver# ./install_windrvr<vid>,<did>
        [<vid>,<did> ...]

    例えば、WinDriver を使用して PLX 9030 と 9054 デバイスをハンドルするには、 以下のように実行します:
    ~WinDriver# ./install_windrvr 10b5,9030
        10b5,9054

  7. libgcc パッケージをインストールします。以下の Web サイトからダウンロード可能です:
    http://www.sunfreeware.com

  8. 以下の環境変数を追加します:
    • SPARC 32-bit および x86 プラットフォームの場合:
      LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/bin
    • SPARC 64-bit プラットフォームの場合:
      LD_LIBRARY_PATH=/usr/local/lib:/usr/local/lib/sparcv9

    以下の 3 つのステップはオプションです:

  9. Symbolic Link を作成して、DriverWizard GUI を簡単に起動します:
    ~/WinDriver# ln -s ~/WinDriver/wizard/wdwizard /usr/bin/wdwizard

  10. 一般ユーザーがアクセスできるように、ファイル wdwizard の read (読み取り) / execute (実行) 権限を変更します

  11. デバイスからハードウェアへアクセスするユーザーに応じて、デバイス ファイル /dev/windrvr6 へのユーザーおよびグループ id を変更し、read (読み取り) / write (書き込み) 権限を指定します。

  12. WinDriver を使用して、ハードウェアにアクセスし、ドライバ コードを生成できます!
以下の手順は、登録版ユーザーのみです:

Jungo から取得したライセンスを WinDriver に登録するには、以下の手順に従ってください:

  1. DriverWizard GUI を起動します:
    ~/WinDriver/wizard$ ./wdwizard

  2. File メニューから Registration Options を選択し、Jungo から取得した license string を入力します
  3. Activate License ボタンをクリックします

  4. 評価期間中に開発したソース コードを有効にするには、ユーザー マニュアルの WDC_DriverOpen 関数の説明を参照してください

    WDC_xxx (デフォルト) ではなく、低レベルな WD_xxx API を使用してる場合、 ユーザー マニュアルの WD_License 関数の説明を参照してください

Solaris のハードウェア アクセスの制限事項

注意:
/dev/windrvr6 は、ユーザー プログラムに直接ハードウェア アクセスを指定するので、マルチ ユーザーの Linux システムでは、カーネルの安定性に問題が生じる場合があります。 DriverWizard およびデバイス ファイル /dev/windrvr6 へのアクセスを trusted ユーザーに制限してください。

セキュリティ上、WinDriver のインストール スクリプトは、自動的に /dev/windrvr6 および DriverWizard の実行ファイル ( wdwizard) の権限を変更しません。