WinDriver PCI for Windows

Jungo WinDriver PCI for Windows: PCI/PCI-Express ドライバ開発ツールキット - Windows 7, Windows 8, 8.1, 10 32bit および 64bit OS 向けドライバ開発に対応

feature_screen image

製品概要

WinDriver PCI for Windows は、PCI / PCI Express / CardBus / ISA / PCI-104 / PMC / PCI-X および CompactPCI の Windows デバイス ドライバをユーザー モードで自動的に簡単に開発します。WDK の知識またはカーネル レベルのプログラミングは必要ありません。

WinDriver には、ハードウェアの診断、自動的にドライバ コードを生成、ドライバのデバッグおよびハードウェア アクセス API などパワフルなツールがあり、WinDriver を使用して、高性能なドライバおよびカスタム ハードウェアにアクセスするアプリケーションを作成できます。 このため、オペレーティング システムの内部構造を気にせずに、ドライバで実装する機能に集中できます。

注意: Windows x86 32bit OS 用のドライバを開発するには、WinDriver PCI for Windows x86 32bit 版が必要です。
また、同様に Windows x64 64bit OS 用のドライバを開発するには、WinDriver PCI for Windows x64 64bit 版が必要です。

アーキテクチャ

WinDriver_architecture_web

必要なシステム

対応 OS x86 32bit 版: Windows 10 / 8.1 / Server 2012 R2 / 8 / Server 2012 / 7 / Server 2008 R2 / Server 2008
x64 64bit 版: Windows 10 / 8.1 x64 / Server 2012 R2 x64 / 8 x64 / Server 2012 x64 / 7 x64 / Server 2008 R2 x64 / Server 2008 x64

注意: Windows 10 IoT Core のサポートはベータバージョンとなります。
詳細は リリースノートを参照してください。
CPU x86 32bit 版: x86 32 bit プロセッサ
x64 64bit 版: x64 64 bit (x64: Intel EM64T および AMD64) プロセッサ
バス PCI / PCI Express / CardBus / ISA / PMC / PCI-X / PCI-104 または CompactPCI
開発環境 C、C# または GCC をサポートする開発環境
HDD x86 32bit 版: 54MB 以上の空き容量
x64 64bit 版: 50MB 以上の空き容量

テクニカルノート

利点

特長

DriverWizard では、グラフィカルなインターフェースで、ハードウェアの参照および診断、自動的にコードの生成、ドライバのデバッグを行います。


コードを 1行も記述せずに、グラフィカルなユーザー モード アプリケーションで、ハードウェアの診断を行います。


DriverWizard は、ハードウェアの仕様に合わせて、自動的に雛型となるドライバ コードを生成します。


DriverWizard はまた、対象のハードウェアの INF ファイルを生成し、自動的にインストールします。


WinDriver は、チップ ベンダーに依存しない汎用的な PCI ブリッジのサポートに加え、さらに、PLXAlteraXilinx などの主要な PCI ベンダーを拡張対応しています。この拡張対応で、これらのチップの仕様に応じた実装を行い、ドライバ開発の時間を短縮します。Altera Qsys、Xilinx BMD (Bus Master DMA Demo)、PLX 各チップのサポート サンプルを提供します。


Debug Monitor で、リアル タイムにドライバの動作を監視できます。


Kernel PlugIn で、ユーザー モードでコードを作成してデバッグし、コードのパフォーマンスの重要な部分 (割り込み処理、I/O マップ メモリ範囲など) をカーネル モードで実行します。 これによって、カーネル モードのパフォーマンスを実現できます (パフォーマンスの低下 0)。


32 ビット システムで 64 ビット ハードウェア対応: 64 ビット ハードウェアが提供している広帯域を使用して、 32 ビット オペレーティング システムが起動する x86 プラットフォームで 64 ビット データ転送が可能です。 WinDriver で開発したドライバは、64 ビットに対応していない WDK またはその他のドライバ開発ツール キットで開発したドライバに比べて遥かに高いパフォーマンスを持っています。


WinDriver は、64-bit AMD64 および Intel EM64T CPU アーキテクチャ ("x64") をサポートします。


マイクロソフト社の WHQL テストに申請し、Windows ドライバのデジタル署名を取得することができます。
Jungo 社では、Windows ロゴ取得のための WHQL pre-certificate サービスを提供しています。詳細は、 こちらを参照してください。


.NET Framework のサポート: Managed Extensions for C++ で実装された強力な WinDriver API .NET ライブラリを使用して、 WinDriver の C# コードを簡単に既存の .NET アプリケーションに組み込むことができます。


  • 日本語のユーザー マニュアル
  • WinDriver の C、C# および GCC のサンプル ソース コード
  • 2ヶ月間のインストール、ライセンスおよび配布に関する質問
  • 2ヶ月間のマイナーおよびメジャーバージョンのアップグレードの提供
  • ランタイムをロイヤリティ無料で配布

詳細

WinDriver PCI for Windows 製品に関する詳細は、こちらからお問い合わせください!

USB のお客様は
こちらから




DMA 転送のデモ


WinDriver PCI デモ


モジュール構成図 (PCI)



テクニカル リファレンス

WinDriver 製品に関する詳細なテクニカル リファレンスを用意しています。ドライバ開発のさまざまな段階で役に立つ情報を提供しています。

WinDriver を評価および使用し始める際には、クイックスタート ガイド (PCI / USB) が役立ちます。

WinDriver に関する詳細情報、技術仕様、関数リファレンスなどが必要な場合には、ユーザー マニュアルを参照してください。

WinDriver の一般的な質問、ドライバ開発の手法、インストール、ドライバの配布方法や、割り込み処理などに関する情報は、テクニカル情報ページを参照してください。