WHQL Pre-Certification

Windows ロゴの取得はお済ですか?

Windows ロゴの取得には、ドライバ開発のエクスパート Jungo 社が提供する

WHQL Pre-Certification サービスをご利用ください!

概要

Jungo 社のプロフェッショナル サービス チームが、WinDriver および DriverCore 製品のお客様向けに、 WHQL (Windows Hardware Quality Labs) の申請サービスを提供します。

Windows ロゴ プログラムの申請に必要な WHQL のテストを Jungo 社のエンジニアが専用の WHQL テスト環境で行うので、テストに掛かる手間と工数を大幅に軽減できます。
テスト結果を申請に必要なフォーマットにパッケージ化し提供いたします。

WHQL 認定のドライバは、Windows OS との互換性を確保するための手段で、開発者に Windows 互換のドライバの開発を勧めることで、ドライバとデバイスの競合を軽減する狙いがあります。

なぜ WHQL で認定が必要か?

WHQL で認定を受けたドライバは、Windows ロゴ プログラムの一部で、このプログラムには以下のメリットがあります:

Jungo 社の WHQL Pre-Certification サービス

WHQL のテストに必要な複雑なテスト環境を用意するのは、一から始めるには、コストが掛かり、かなりの労力を要します。 Jungo 社では、WinDriver および DriverCore 製品のお客様向けに、サービス パッケージの一つとして、 必要なテスト環境を用意しています。

Jungo 社が用意した専用の WHQL テスト環境と高度な経験を持つエンジニアが、正確にかつ仕様に応じて、 申請に必要なテストをすべて行います。申請パッケージには、デバイスのファームウェアの詳細のログと WinDriver および/または DriverCore ベースのホスト ドライバのテスト結果が含まれます。

申請後、マイクロソフトから認定を受けると、そのドライバは、WHQL テストに合格したことになり、 その製品に Windows ロゴ プログラムのマークを付けることができます。

サービスの流れ

WHQL のテストのため、Jungo 社が用意した専用の WHQL テスト環境下で、以下の厳しいテストを実施します:

合格するまで繰り返し、テストを実行します。テスト結果が不合格の場合、お客様側でデバイスのファームウェアやドライバ アプリケーションに関する問題を修正いただきます。
すべてのテストが完了すると、Jungo 社でマイクロソフトへ申請するための WHQL 申請パッケージを用意し、お客様へ提供します。

マイクロソフトへの申請は、お客様が直接行います。また、VeriSign ID の取得、USB.org 証明書の取得、マイクロソフト WinQual アカウントの作成は、お客様が直接行います。

Jungo 社の WHQL Pre-Certification サービスのフローは、ここをクリックしてください。

Jungo 社の WHQL Pre-Certification サービスを利用するメリット

Jungo 社の WHQL Pre-Certification サービスを利用することで、以下のように高い費用対効果が得られます:

詳細

Jungo 社が提供する WHQL Pre-Certification サービスに関する詳細は、こちらからお問い合わせください!

Windows ロゴ プログラムの詳細は、こちらを参照してください。


ドライバ ソリューション