Jungo WinDriver: テクニカル ドキュメント #10

WinDriver
テクニカル ドキュメント #10


Doc ID: 10
製品: WinDriver
Version:  7.00 およびそれ以降

WinDriver は、C# での開発をサポートしていますか?

WinDriver バージョン 7.00 から、C# での開発を含む、.NET ドライバの開発に対して特定のサポートを提供しています。
WinDriver の .NET framwork のサポートに関する詳細は、テクニカル ドキュメント #128 を参照してください。

WinDriver .NET API DLL - wdapi<version>_dotnet.dll (たとえば、WinDriver v8.00 では wdapi800_dotnet.dll) は、managed extensions for C++ を使用して実装された高レベルな WinDriver API の .NET バージョンを提供します。この DLL を使用して、C# を含む .NET 言語でドライバを開発することができます。WinDriver\lib\<CPU>\<.NET version> ディレクトリ以下 (例、WinDriver\lib\x86\v1.1.4322) に DLL ファイルがあり、 WinDriver\src\wdapi.net ディレクトリ以下に関連するソースコードがあります。

[v7.0x 注意: WinDriver v8.00 では、DLL にバージョニングと 64-bin のサポートを追加し、バージョンによって名前がそれぞれ異なります。WinDriver 7.01 と 7.02 では、DLL の名前は、wdapi_dotnet で v7.00 では、wdnetlib.dll でした。すべての 7.0x バージョンでは、DLL は、WinDriver\lib and WinDriver\redist ディレクトリ以下にあり、そのソースコードは、WinDriver\wdapi.net ディレクトリ以下にありました。]

WinDriver v8.00 から、WinDriver の Driver Wizard を使用して、USB と PCI デバイスの両方の C# ドライバ コードを生成できるようになりました。

WinDriver にはまた、WinDriver .NET API DLL を使用した以下の .NET C# サンプルが含まれます:

  • USB:
    • WinDriver\csharp.net\usb_sample ディレクトリには、C# USB ライブラリ (usb_lib_dotnet.dll) とサンプルの C# USB 診断アプリケーション (csharp_usb_sample.exe) が含まれます。

  • PCI:
    • WinDriver\csharp.net\pci_sample ディレクトリには、C# PCI ライブラリ (pci_lib.dll) とサンプルの C# PCI 診断アプリケーション (pci_sample.exe) が含まれます。

    • WinDriver\plx\dotnet ディレクトリには、PLX デバイスの処理用に特別にデザインされた C# ライブラリ(plx_lib_dotnet.dll) とサンプルの C# 診断アプリケーション (PLX_Sample.exe) が含まれます。

WinDriver で C# ドライバを開発するには、Driver Wizard を使用して、対象のデバイスの診断 C# ドライバ アプリケーションを生成するか、または多くのドライバ デザインに一致する WinDriver の C# のサンプルを使用し、対象のハードウェアの仕様や必要なドライバ機能に応じて生成された/サンプル コードを修正します。または、生成された/サンプル コードを参考にして、WinDriver C# ドライバを記述します。