Jungo WinDriver: テクニカル ドキュメント #115

WinDriver
テクニカル ドキュメント #115


Doc ID: 115
製品: WinDriver
Version:  5.22 およびそれ以降

DriverBuilder for VxWorks を使用して、どのように割り込み処理の速度を向上できますか?

WinDriver for VxWorks (別名 DriverBuilder) v5.22 以降、call-back ルーティン - windrvr_isr - (ユーザーが設定した場合、割り込みを受信すると、直ちに実行されます) を実装し、割り込みの検知および処理速度を上げることができます。

WinDriver には、以下の windrvr_isr の宣言があります:
int (__cdecl *windrvr_isr)(void);

windrvr_isr call-back ルーティンを使用するには、以下のように実行します:

  • 割り込み処理ルーティンを実装します:

    int __cdecl my_isr(void)
    {
      // implenet your ISR
      return TRUE; // If TRUE, continue regular
                  // WinDriver hanlding;
                  // If FALSE, exit ISR.
    }

  • コードに以下の宣言を記述します:
    extern int (__cdecl *windrvr_isr)(void);

  • drvrInit() を呼んだ後、割り込み処理ルーティンの部分へ windrvr_isr を設定します:
    windrvr_isr = my_isr;