Jungo WinDriver: テクニカル ドキュメント #6

WinDriver
テクニカル ドキュメント #6


Doc ID: 6
製品: WinDriver
Version:  --

WinDriver を使用した GUI Win32 または MFC アプリケーションの開発方法

WinDriver を使用して、簡単に GUI Win32 または MFC アプリケーションを開発できます。

DriverWizard で生成された診断コードおよびサンプル コードは、コンソール モードのアプリケーションですが、サンプルおよび生成されたライブラリ ファイルは、コンソールおよび グラフィカル Windows アプリケーションの両方で使用できます。このため、printf() などのコンソールでのみ使用する関数は使用してないので、そのコードをそのままグラフィカル Windows アプリケーションに使用できます。よって、生成されたまたはサンプルの WinDriver C ファイルを GUI Win32 アプリケーションまたは MFC プロジェクトに追加でき、アプリケーション内から WinDriver API を使用することができます。

メモ: ビルド エラーが発生する可能性があるので、以下の作業を行ってください:
  • #include "stdafx.h" をプロジェクトへ追加する各ファイルのコードの最初の行に追加してください。


  • pre-compiled headers オプションは使用しないで下さい。(Project --> Settings --> C/C++ --> 'Precompiled Headers' category --> choose: 'Not using precompiled headers').