Jungo WinDriver: テクニカル ドキュメント #82

WinDriver
テクニカル ドキュメント #82


Doc ID: 82
製品: WinDriver
Version:  --

読み込み速度を上げるためには、どのように PLX バースト モードを使用しますか?

バーストで PLX レジスタにビットを設定できます。P9050_ReadReg() および P9050_WriteReg() 関数を使用して、PLX レジスタを read (読み込み) /write (書き込み) できます。または、他の PLX ボードの場合、WinDriver のライブラリ関数を使用できます。

バースト転送を実行するには、連続アドレスから read (読み込み) /write (書き込み) する必要があります。WinDriver の PLX API のブロック転送関数は、これを実装しています。

今日、多くの PCI チップセットは、書き込みを検知し、それらをバーストに変換します。
この方法で、60MB/S を達成した実績があります。
ただし、多くのチップセットは、読み込みは検知せず、このため、これらのチップセットでバーストの読み込みを実行することはできません。

PLX 9050 チップで達成できる転送率は、8-10MB/S です。
読み込みで 20MB/S を達成するように設定 (pre-fetching) できる設定もあります。pre-fetching オプションの設定に関する詳細は、PLX の Web サイト を参照してください。ただし、このモードで PLX 9050 は、必要以上に多くのデータを読込むので、pre-fetching は FIFO バッファから情報を読み込むのは最適ではないのでご注意ください。