Jungo WinDriver: テクニカル ドキュメント #108

WinDriver
テクニカル ドキュメント #108


Doc ID: 108
製品: WinDriver
Version:  5.05 およびそれ以前

WinDriver v5.05 およびそれ以前のバージョンを Windows 2000 SP3 で使用する。

バージョン 5.05 またはそれ以前のバージョンの WinDriver は Windows SP3 をサポートしていません。Windows 2000 SP3 マシンにこれらのバージョンの windriver.sys ファイルをインストールしたり、今までのバージョンの WinDriver をインストールしたマシンに SP3 を適用するとブルースクリーンがでる場合が多々あります。その場合は DOS モードで PC を起動し、 windriver.sys ファイルの名前を変更してから Windows を起動する必要があります。

WinDriver 5.05b は、この問題を解決しています。WinDriver 5.05b は、Windows SP3 がリリースされた直後に完成しました。 下記手順に従い、5.05b を使用することを強く推奨します。(ソースコードを再コンパイルする必要はありません) 。

SP3 をインストールしたマシンで Windows を起動した最中にブルー スクリーンが発生した場合:

  1. システムをセーフモードで起動あるいは MS-DOS ブート ディスクを使用して起動します。


  2. WINNT\system32\drivers ディレクトリから windrvr.sys を消去します。


  3. システムを再起動します。
    ノート: セーフモードで windriver.sys を消去し、システムを再起動した後で、ブルースクリーンが発生した場合、再度システムを再起動すると問題が解決されます。


  4. バージョン 5.05b の windrvr.sys を下記手順より 1 つを選択して、インストールします。

Windows SP3 上で WinDriver の既存のドライバを更新

新しい WinDriver 5.05b に更新するかあるいは windrvr.sys ドライバ ファイル (5.05b) だけを更新することもできます。
  • WinDriver 5.05b およびそれ以降に更新する場合:

    1. 現行の WinDriver をアインストールします。この際、windrvr.sys (WINNT\system32\drivers ディレクトリ以下にあります) のアインストールを確実に行います。


    2. WinDriver 5.05b をマニュアルの WinDriver インストール手順に従いインストールします。また対象のコンピュータへドライバを配布する方法は、テクニカル ドキュメント #89 を参照してください。
      WinDriver 5.05b の入手方法は、お問合せください


  • sys ファイル (WinDriver 5.05b) のみを更新する場合:

    1. 現在の windrvr.sys ドライバを WINNT\system32\drivers ディレクトリより削除します。


    2. 新しい 5.05 b の sys ファイルをこちらからダウンロードして Windows のドライバ ディレクトリ (WINNT\system32\drivers) にコピーします。


    3. 新しいドライバ ファイルをインストールするためにシステムを再起動します。

      ドライバが正常にインストールされたか検証するには、windrvr.sys ファイルを "WINNT\system32\drivers" より検出して右クリックします。そして [プロパティ] - [バージョン] を選択して [File version] が "5.0.5.1" または "5.05b"、そして [Description] フィールドの内容を検証します。


    4. Windows 2000 SP3 をインストールします。